ここから本文です

サークル[NEW]

サークルとはヘルプ

カテゴリ内の記事を人気のキーワードごとに集めました

同じ興味をもったユーザーや記事に出会える場です

カテゴリ

トップ>  カテゴリトップ>  芸術と人文>  文学>  

SF・ファンタジー

3498件の登録された記事があります。そのうち1〜20件を表示しています。

全175ページ[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10]次へ

[次のページ]

  • SF・ファンタジーに登録されている記事
  • RSS ヘルプ
  • 昼はほのかに
    3月26日 23:50
    昼はほのかに暖かくなり、丘の向こうまで春はたどり着いて、この胸をわくわくとさせてくれる。春は微笑みのように訪ねてきて、ある日、玄関の前に立っているだろう。戸をあ ...
  • 結ばれる手紙-3
    3月26日 16:25
    『今夜、夢で逢いましょう。母さんの笑った顔が見られたらいいと、心から願っています。私も、笑顔で母さんに逢いにいきますから。今夜は、ゆっくり眠ってください』その手 ...
    結ばれる手紙-3
  • 助けてマルタ星!45
    3月26日 00:00
    「何してんの?」セイラは由紀夫をみつけて声をかけた。短パンにTシャツでリラックスしている。子犬を連れて散歩中の様子だ。「春樹とちょっとあってた。あいつら、今にな ...
  • 朝から朝
    3月25日 09:17
    今日は朝から朝。不思議なこともあるものだ。朝がこんなにあってはつらいものだ。
  • 第11話:『ポドルの棲む衛星』(11)
    3月25日 00:43
    ≪前回までのあらすじ≫ジョプッチのはからいで地球へ行く準備が整い、コデルを後にしたマリオンたちは火星の衛星ダイモスに着陸した。マリオンたちがネックスに襲われたと ...
  • 3時
    3月25日 00:06
    春の一日前の日が終わった。時計は、明日を示して、ゆっくりと眠りの方へ傾いていく。長針が3時頃に横たわるころ、長針は本当に眠たそう。その頃になると長針の針の先も溶 ...
  • 助けてマルタ星!44
    3月25日 00:00
    「隕石ですごいのがあるって、聞いたことはある。でっかい穴があいて、クレーターになるってね」達也の話だ。由紀夫も少しくらいならしっていた。「ここにある隕石は、特別 ...
  • 思い残すこと
    3月24日 12:55
    君、これを使ってくれ。何とWindowsのXPだ。大した作業はないけれど、こんな古いPCで、なんかあったらどうすんだよ。俺の責任?新入社員として扱ってくれるのは ...
  • 雨の日の涙
    3月24日 01:36
    雨の日の涙。雨は何を泣いているのか。窓を伝う雨のしずくに打たれて、ガラス窓が聞いている。開きはじめた花びらが受け止めている。春に散水して、ふりまいて、それは大地 ...
  • 助けてマルタ星!43
    3月24日 00:00
    神社の敷地に入ると、日陰が涼しい。駅近くにあるが、ここにきてしまうと人は普段はほとんどいない。4人は木陰で待っていた。「由紀夫、ほんとにごめんな。ぼくらが悪かっ ...
  • なっぴの昆虫王国 復活編ビドル.2
    3月23日 21:43
    「何だその姿は、エレファスお前に何があったのだ」「これは身から出た錆、しかしそれどころではない。すぐにでもあの舞いを止めさせるのだシルティ」「それは叶いません、 ...
    なっぴの昆虫王国 復活編ビドル.2
  • 心の深い水の流れ
    3月23日 00:34
    胸がいっぱい何かで溢れているのに、何も言えない。溢れくるものがあって、胸が抑えられない。心の下の方に、深く流れる河があって、それは夜ともなく昼ともなく、静々と流 ...
  • たすけてマルタ星42
    3月23日 00:00
    その日は珍しく、以前のグループの皆がそろって由紀夫の引っ越し先のアパートにやってきた。「皆そろって、一体何?」由紀夫はわざとそっ気なくいった。春樹はあいかわらず ...
  • 結ばれる手紙-2
    3月22日 13:28
    『我が子へ、夢でも良い。お前の顔が見たいと願っています。母を一人残して、お前もさぞかし心残りでしょうね。私は、母は、生きていてもいいのでしょうか』今にも消えてし ...
    結ばれる手紙-2
  • 第11話:『ポドルの棲む衛星』(10)
    3月22日 00:27
    ≪前回までのあらすじ≫ジョプッチのはからいで地球へ行く準備が整い、コデルを後にしたマリオンたちは火星の衛星ダイモスに着陸した。そこでネックスに襲われた親子を救出 ...
    第11話:『ポドルの棲む衛星』(10)
  • 助けてマルタ星! 41
    3月22日 00:00
    8痣の謎由紀夫もセイラも七夕の話を聞いて以来、宇宙への興味がますます深くなった。星のことは普段あまり考えないが、夜空を見ているうちに青空や星空にの向こうに何があ ...
  • 大人の短編創作童話「蝶と蛇の会話」
    3月21日 19:39
    蛇「蝶よ。君は身が軽くて好きなところに自由に飛び回れて、その上多くの生き物から愛される。幸せだろうな」蝶「蛇よ。あなたは確かに多くの生き物から愛されず、身の重さ ...
  • まだ春浅き岸辺にて
    3月21日 10:43
    春の岸辺にうちつける波。遠く空はかすんでいるが、よもやまの波が打ちつけ、足元に囁いていく。波は打ちつけていつのまにか引いている。打ちつけるときの荒々しい波立ちと ...
  • 村上春樹の小説や言説こそ「安酒の酔い」しかもメチ...
    3月21日 10:24
    【上島嘉郎】中国人に「さすが」と言われるハルキさん↓https://38news.jp/column/10187是非とも読んでいただきたい。永久保存南京の真実− ...
  • 助けてマルタ星!40
    3月21日 00:00
    七夕伝説(中国)参考資料インターネット天文学より昔中国に大変働き者の娘がいたそうだ。この娘の織る布のできばえはすばらしく、その名も織女、という。父である天帝のい ...

全175ページ[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10]次へ

[次のページ]