西東京 まちかどニュース

まちの今を記録します。待ち遠しくなる明日のために。

ニュース

すべて表示

雑誌「谷根千」の26年と今とこれから 編集者・山さん語る

 柳沢公民館主催の編集講座「地域雑誌『谷根千』がやってきたこと・できたこと〜地域誌でまちづくり〜」(全2回)の1回目が2月 23 日、同公民館で開かれた。  「谷根千(やねせん)」は「地域雑誌 谷中・根津・千駄木」の名前を縮めたものが地域を指す言葉として定着したという。雑誌は1984年、菊まつりを特集して創刊、2009年に販売不振により 94 号で終刊となった。  講座は、雑誌の創刊から終刊まで編集に携わり、雑誌がなくなってからも地域活動に取り組む谷根千工房代表取締役・山範子(やまさきのりこ)さん= 写真 =を招き、地域誌の役割や可能性を考えるのがねらい。市民 17 人と「公民館だより」を担当する各館の職員が参加した。  山さんは東京の下町の歴史や情緒を残す谷すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

平成24年度郷土文化会総会

2012/4/3(火) 午後 9:16

 西東京市郷土文化会の本年度総会は4月3日、保谷駅前公民館で開かれ、2012年度の予算、活動計画などを原案通り決めた。  会員37人中27人が出席。岸本堅治会長は、この日の大嵐の天気予報と昨年の総会の波乱を念頭に「1年前は嵐の中を進むような多難なスタートだったが、無事に活動できたことを感謝します」とあいさつした。  議長に安場 ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事