俺様ぐうたら山歩き

俺様の心温まる珠玉のエッセイ

全体表示

[ リスト ]

ハイドレーションシステム

イメージ 1

イメージ 2


今まで500mlのペットボトルを3本〜4本くらい持って行き、
登山中に一本をボトルホルダーに入れていた。

例えばこんな感じ
 
 スポーツドリンク  2本 登山用
   お  茶    1本 食事用
 ミネラルウォーター 1本 緊急用

これだとザックの中がボトルだらけで踊ってしまい
パッキングが難しくコンプレッションベルトを締め上げても落ち着かなかった。
冬だと荷物が増えるので使い勝手に影響していたのだ。

そこでハイドレーションを導入してみることにした。
過去コンバーチューブなる似たような方法を利用してみたんだけど
あれは使い勝手がイマイチでボトルホルダーに戻っていたのだ。

2リットルパックなので、同じ味をずっと2リットルということになる。
てか、中身は水じゃないとダメなの?

これまでの500mlの小分け方式だと味を変えることが出来たし、
開栓していないボトルは新品のままで汚染されないのが良かった。
あと中身の残量が分らないのも欠点ではある。

でもストレスフリーで給水できるのは魅力だ。
いきなり山で試すのもなんだから、近所を徘徊しながら使い勝手を確めてみよう。

この記事に

閉じる コメント(14)

私はハイキングくらいしかしないので500ミリのペットボトル1〜2本くらい持ち歩いてます。水筒だとちょっと重いんですよね〜。

2011/1/16(日) 午後 8:12 草加のすぎ

顔アイコン

すぎさん、こんばんは。今日は本当に寒いですね〜

登山中は少量を口にする、ボトルホルダーに戻す、
これを数えきれないほど繰り返すので、ハイドレーションにすると楽だと思います。

で、さっき部屋の中で試しにやってみたのですが、使い勝手はいいですね。
ただこれ、手入れが難しそうでカビ対策とか大変そうです。

2011/1/16(日) 午後 8:42 俺  様

顔アイコン

おおっ!着々と充実していますね(^^)/

確かに、歩いてる最中によく取り出すものって悩ましいですね〜。
飲み物・お菓子・地図・カメラなどと思われますが、
自分は中型のウエストバッグを追加しまして、
その中に押し込んでます。(バッグは腹の前に廻す)(^^;)

この方法の弱点は・・・そうです前が重い!で大げさなんです!^^;
フル装備な人に見えるみたいで、この間なんか京王線車中で
「雲取山に行くんですか?」とか聞かれたり。行けませんて(笑)

ハイドレーション、自分も考えてみようかなぁ。
使われて具合が良かったら、またレポしてくださいませm(_ _)m

あとカメラとかお菓子類など、俺様さんはどうされてますか?(^^)

2011/1/16(日) 午後 9:10 [ yok*11*6s*c ]

顔アイコン

恐縮ですが・・・
ハイドレーションは以下の理由で、2年位で卒業しました。
・衛生管理が難しい。カビや藻が発生しやすい。
・常温の水しか使えない。
・トレランでもあるまいし休憩した時に飲めばいい。

今は象印のタフマグ500mlを家族で7本所有しています。
調べた範囲では登山用の高いテルモスより軽量コンパクトで性能は変わらない優れものです。
夏は氷専用で、他にその時の気分のペットボトルを持参してます。デザートも入れれます。
冬はお湯を入れておけば昼は熱々、夕方もそこそこの感じで暖かいです。
今の時期だと1本がコーヒーでもう1本がカップ麺用のお湯です。
以前お湯は雪を溶かして現地調達していたのですが、時間がかかって面倒なので持参して沸かすようにしています。
実は、山はおろか普段からも持ち歩いていてとても重宝しています!

メリットは多いので管理のしかた次第では、ハイドレーションも魅力のアイテムには違いありませんね!

2011/1/16(日) 午後 10:19 徒然

顔アイコン

普段はわたしもボトルです
けれど
槍ヶ岳の登りくだりの各9時間は
こういうのが欲しかった〜

2011/1/16(日) 午後 10:24 [ KAZU ]

顔アイコン

おぉ、ハイドレーション導入ですか!

水分の持ち方って結構悩む所ですよね。
ワタシは3Lのプラティパスをバックパックの中に入れ、750mlの水筒(ナルゲンボトル)をバックパック前面の「Wetrib」に取り付けています。
内容物は食事の関係ですべて水。
でも、ナルゲンボトルの方はお茶でもスポーツドリンクでも良いんですよねぇ〜。
たまぁ〜に粉末のスポーツドリンクにするときがありますよ。

2011/1/17(月) 午後 0:06 ty_FIRELIGHTS

顔アイコン

yok*11*6s*cさん、こんばんは

カメラは首からぶら下げて胸ポケットにしまっています
これだと直ぐに使えて直ぐに収納出来ます
で、歩行中に胸元で安定しているので邪魔にならないのです。

お菓子は食べた回数だけ包み紙などのゴミがその都度出るので
最近は食べなくなりました。少しずつゴミがあちこちのポケットに
増えていくのが嫌なんですよ(苦笑)

2011/1/18(火) 午前 0:08 俺  様

顔アイコン

然草子さん、こんばんは〜ご指摘の点はもっともですね。。

僕も現品を見たとき手入れが大変そうだなと思いました。
真水限定なのもツライです。
高くはない物なのでスポーツドリンクを入れて使い捨て感覚で試してやろうと思ってます。
あとチューブが意思を持っているように結構暴れますね。。

タフマグやテルモスって初めて知りましたよ。
検索すると冬山必携アイテムのような魔法瓶ですね、
教えていただいてありがとうございます。
これだと手軽に熱湯やホットコーヒーをを山中で用意できますね。

2011/1/18(火) 午前 0:20 俺  様

顔アイコン

KAZUさん、不都合を感じなければボトルホルダーでバッチリですよ
慣れている方法が一番ですからね。
片道9時間だと口にされる回数も凄そうですね。

2011/1/18(火) 午前 0:22 俺  様

顔アイコン

lupin the FIRELIGHTSさん、こんばんは〜
以前携行する水の量は凄く多いと紹介されてましたね

全部水なのはつらいので、スポーツドリンクを入れてやろうと思います。
それか固形物をかじって水を飲んだら、スポーツドリンクを
飲んだのと同じ効果があるものを利用しようと思います。

このリザーバーはオスプレーとナルゲンとの共同開発らしいです。

2011/1/18(火) 午前 0:33 俺  様

私もハイドレーションを使用してます。
基本的には、便利かなと思ってます。
ただし 厳冬期はちょっと厳しいかな
チューブに凍結防止のオプションを付ければ飲めないことはないですが 中身が冷たいです。
私は3リットルのパックに保冷カバーを付けて使用してます。
中身の残量は、デジタルの専用フローメーターで簡単に確認できます。
その他は、サーモスの山専ボトルを2つ持ち歩いています。

2011/1/18(火) 午後 6:28 [ 青い巨星 ]

顔アイコン

実は私も年末からハイドレーションを使っています。
スポーツドリンク等を入れたときの後を考えて洗浄用のブラシも購入したのですが咥えるところなど、ブラシが入らないところは洗浄が難しそうですね。
哺乳瓶なんかを殺菌する薬剤があるので、今度実験的に使ってみようかと思っています。

2011/1/18(火) 午後 9:01 [ ろば ]

顔アイコン

青い巨星さん、こんばんは
冬では凍結に気をつけたいですね。イザ飲もうとしたら凍ってるなんて最悪です。
そうそう、フローメーターって道具です、これがあると便利です。
ありがとうございます。

2011/1/19(水) 午後 9:58 俺  様

顔アイコン

ろばさん、こんばんは
洗浄して乾かすのが難しいですよね。これはチューブが別売りで交換できます。
そういえば、まだ山でハイドレーションやってる人を見かけたことないな〜

2011/1/19(水) 午後 10:12 俺  様

コメント投稿
名前パスワードブログ
絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

閉じる トラックバック(0)

トラックバックされた記事

トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。

.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事