全体表示

[ リスト ]

明日から箱根駅伝

明けましておめでとうございます。

いよいよ明日から箱根駅伝が始まります。
これから勝手な予想など書き連ねますが、各チームのガチなファンの方、素人のたわ言として軽く流してくださいませ(汗

優勝候補筆頭・三冠&三連覇を目指す青学大ですが、なんか監督の口から故障者の存在を匂わせる発言があったようで、必ずしも絶対的な優勝候補とは言えなくなったかもしれません。でも、あれだけの選手層ですから優勝はかなりの確率と思っとります。

青学大を脅かす可能性のあるのは早大・山学大・東海大。

早大は往路に主力を投入しながらも、復路に昨年の9区区間1位の井戸選手を残しています(補欠エントリーだが当日エントリー変更で9区を走る可能性が高いと思います)。特殊区間の5区・6区は、5区に昨年の経験者がエントリー済み、6区も昨年の経験者が当日エントリー変更で走る可能性があります。加えて20キロやハーフの持ちタイム平均はむしろ青学大を上回っているのは好材料です。

山学大は5区に1区を走ると思われていた上田選手をエントリー。絶対的エースの2区ニャイロ選手の存在は大きく、もし1区に当日エントリー変更で佐藤選手が入ってきたら、往路逃げて逃げて逃げまくる展開も予想できます。毎年、留学生に注目が集まり勝ちのチームですが、日本人選手も充実している今回は優勝のチャンスがあります。

東海大は1年生が多いですが、その1年生達の早いこと早いこと・・・。スカウトが上手くいったのか、入学してから伸びたのか、これだけ多くの1年生が充実しているチームはほんと珍しいんじゃないかしら。先行して流れに乗っちゃうと怖いもの知らずでそのまま行っちゃうかもしれません。怖いのは「怖いもの知らず」がいったん怖いものを知っちゃった場合。若い分だけ予想の付きにくいチームです。


ここ数年、優勝候補に名前が入り続けている東洋大・駒澤大は、今大会はその次のグループかなぁ・・・

東洋大は1区に服部弾馬選手を入れて来ました。1区はスローペースも予想されていましたが、服部選手のエントリーによって一転ハイペースの予想になりました。3区に口町選手が復帰して、上位を狙う体制は戻ってきました。

駒澤大も中谷選手が復帰して上位を狙う体制が整った感じです。中谷選手は補欠に回っているので、まだどの区間を走るのかわかりませんが、それが逆に他チームにとって不気味かも・・・。


ダークホースなのは日体大・中学大。

日体大は持ちタイムが良いから、中学大は持ちタイムは良くないにもかかわらず出雲4位・全日本5位と駅伝に強そうだからという相反する理由で上位の可能性ありと思っとります。


総合優勝という点では、早大・山学大・東海大・東洋大・駒澤大・日体大・中学大の各チームは往路終了の時点で青学大より前にいることがほぼ必須となります。往路終了の時点で青学大が1位なら、往路優勝争いはほぼ終わりです。総合力という点では早大もかなりの戦力とは思いますが、その早大でさえ相良監督の談話では青学大より2分前にいたいとのことのようですので、やはり青学大の優位は動きません。



ここまで名前を挙げたチームは8。シードは10位以内なので他のチームのシード争いはし烈です。

シード入りの可能性がありそうなのが、順大・拓大・大東大・帝京大・神大・明大の6チームでしょうか。
毎年順大には注目していますが、今回は神大にも注目したいと思っています。
かつては憎たらしいほど強い時期もあった神大ですが、2005年の10位を最後にシード権から遠ざかています。
今回はチャンスあると思ってますが・・・、明大も大東大も強そうだし、帝京大も層が厚そうだし、拓大も岡田監督になってから怖いし、シード権争いはホント不透明です。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事