全体表示

[ リスト ]

箱根駅伝復路終了

毎年のことながら、箱根駅伝が終わったときの喪失感は半端ないです・・・

明日から何を楽しみにしたらいいんですか。
オセロするしかないですね(汗

さて、ここからは、箱根駅伝のガチなファンには軽く流していただきたいと予防線を張りつつ(汗)感想戦をば・・・

青山学院大学の皆様、三冠&三連覇おめでとうございます。
7区の脱水症状の際はヒヤリとしましたが、大事に至らなくてホッとしています。給水のルール変更を把握している実況に感心しながら、なぜあの場面で監督が車を降りて選手に給水できないルール変更がなされたのか疑問を抱きました。

2位の東洋大は、目標が常に優勝でありながらも、優勝が無理のタイム差をつけられた場合でも戦意喪失せずにコツコツと順位を上げ続ける強さに驚かされました。
3位の早大は往路より1つ順位を下げましたが、復路のエース井戸選手を9区でなく7区に投入したのは、やるべきことはした感じがあります。あの状況で優勝を狙うには早い段階でのエース投入で青学大を慌てさせるしかないですから。

4位の順大は不思議なチームですよね・・・・
シード権争いかと思ってましたが、また予想の上を行かれました。不思議な強さについて、以前は当時の監督の名前を使って「沢木マジック」とか言われていましたが、未だにマジックは健在のようです。

5位の神大はホント見事。今年は久々にシード権取れるんじゃないかな・・・とは思ってましたが、シード権争いどころか上位に入りました。関係者・ファンはお祭り騒ぎじゃないかしら(汗

6位・7位にはダークホース視していた中学大と日体大が入りました。日体大は往路13位からのシード権ですから力を持っていたとはいえ見事だったと思います。

8位には法大。
シード権候補にも入れてなくて、本当にごめんなさい。参りました(汗
山下りに1年生の良い選手いたんですね・・・。6区は持ちタイムをあてにしちゃいけないと改めて思い知りました。

9区には駒大。
10,000mの持ちタイムは良くなくても、距離が長くなると持ち味が出るんじゃないかと思ってましたが、東洋大の逆で往路の順位に常勝軍団としてはチト戦意喪失しちゃったのかなぁ・・・。

10位には東海大。
復路に持ちタイムのいい選手が揃っていたとは言え、往路15位からよくぞここまで順位を上げてきたと思います。下馬評が高かった分、往路順位に心が折られてしまっても不思議が無かったのに・・・。
今の1年生たちが上級生になったら、恐ろしいチームになっているんじゃないかしら。

シード権を獲得したチームの皆様、おめでとうございます。


16位の山学大、佐藤選手は結局走らなかったんですね・・・。故障があったのかしら・・・。
優勝を狙えるチームと思ってましたが、往路16位、復路もすべての区間で区間2桁順位は、全くの予想外。
箱根に棲む魔物を全部呼び集めたとでもいうのだろうか・・・
※1/4 0:15加筆
佐藤選手など主力がインフルエンザにやられてしまったようです。


さて、箱根駅伝ロスを乗り越えて、オセロ頑張るか・・・

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事