弁護士阪口徳雄の自由発言

裁判・社会活動の中で感じたことを発言します

全体表示

[ リスト ]

本日,行われている小沢秘書政治資金規正法違反事件の争点は
(1)献金の主体が西松かどうか
(2)献金の主体が西松だと認識していたかどうか
(3)起訴が公訴権の乱用に当たるかどうか―
の3点であると報道されている。

法律家からみると(1)は客観的な事実の問題であるから、献金した側の西松建設が認めている以上、これを反論しても殆ど無意味である。

(3)の公訴権乱用問題は「市民の常識」からみると何故小沢が選挙前に強制捜査され、他方政権与党の二階議員らの事件を一端ボツにしたのかが最大の関心事である。
すなわち、検察捜査権の乱用=国策捜査であるのかどうかは重要問題と映る。

しかし「裁判所の常識」は違う。

共産党の議員が、マンションでの郵便受付口にビラを配布した事件で警察が商業ビラの配布は咎めないのに他方で政治的なビラを狙いうちした事件で最高裁は公訴権の乱用を認めなかった。

小沢の秘書の受け取った金額がすくないとかならば公訴権乱用法理も適用される場面があるが、2000万円とか3000万円となると公訴権乱用は難しい。

仮に(殆どあり得ないが)一審で公訴権乱用に近い法理で、無罪があっても、高裁、最高裁といけばおよそ通用しない。「市民の常識」が上に行けば行くほど刑事事件では「裁判所の常識」が濃厚になる。

本当の争点は(2)である。

この事件は西松からのダミー団体を通じた寄付に関する秘書の故意(認識)が最大の争点。

虚偽記載罪の故意は西松建設が主導的に作った団体とか、実質支配する団体とかいうレベルの認識では足りないだろう。

そのような政治団体は結構あるからだ。医師会が作った医師政治連盟とか自動車業界が作った業界の政治連盟など・・・・

秘書が有罪になるためには、カネのでどころが、直接西松建設から支出されたという認識が秘書に要求される。そうすると西松建設のダミー団体への寄付行為のからくりを秘書がどこまで「認識」していたかどうかである。

小沢の秘書が、今回の「新政治問題研究会」又は「未来産業研究会」⇒陸山会のカネが、西松建設から≪ストレート≫にでていると認識して初めて西松の企業献金の認識となり虚偽記載罪が成立する。

ダミー団体という認識は多義的であり、この認識=西松建設の献金という故意にはならない。又「秘書が請求書を西松建設に送った」という事実程度位の認識では足りないだろう。

生保、ゼネコンの企業献金事件の裁判を通じて判ったことは、自民党は国民政治協会から寄付を受けているが、実際は自民党が企業、業界団体に直接寄付(請求書)を要求していることを知った。国民政治協会でも企業、業界の「トンネル団体」であったことである。

西松の役員と小沢の秘書との間で、ダミー政治団体の金の調達の仕方まで話しているような「ズブズブ」の関係であるなら、完全にアウトである。

アウトの可能性は相当高い。
西松献金の小沢関連団体への寄付金額が多く、かつ寄付期間が長すぎる。

それにしても、民主党の鳩山党首、小沢幹事長と、政治とカネ問題で、何故、ここまで揺れるのか。国民の期待に反する。

元自民党議員が主導する民主党では、自民党の母斑(DNA)を生まれながらにして持っているためであろう。

この際、鳩山党首も小沢幹事長も一緒になって、自民党的母斑(DNA)を断ち切るために、企業・団体献金を、どこかの学者に調査など依頼しないで、直ちに止めると宣言をしてはどうか。そうすれば、今回の秘書事件で有罪でも、国民は、政権交代して間もないこともあるので支持率は低下するが、民主党を許すだろう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(注)このブログを書いたあと産経新聞の法廷での秘書の調書の内容が報道された(12.18 18:26)http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/091218/trl0912181828029-n1.htm

*「新政研も未来研も、政治資金規正法にもとづいた政治団体を装っているが、真実は西松側からのものと認識していました」
*「(新政研と未来研の2団体は)表面上は健全を装っていますが、西松の意思に基づき、献金が行われていることは分かっていました。2団体の代表が出てこないこともあり、実体のない(団体)ことにはうすうす察しがついていました」
*「法律の網の目をくぐったダミー団体で、形式上あるだけ。政治活動の実体がない『トンネル(団体)』に過ぎないと思ったのです

この内容が事実なら秘書は真っ黒に近い。
さて弁護側がこれらにどう反論するか?

この記事に

閉じる コメント(11)

顔アイコン

政治とカネ131からの引用です。
>東京地検特捜部は、まともに捜査もせず「惠 友 会」が、実質小渕の「未来産業研究会」などのダミー政治団体かどうかも調べず、自治省に届けがあり、規約があり、代表、会計責任者などが選ばれ、一応の外形があれば独立の政治団体であるという解釈で、それらの政治団体の団体性を肯定して、この告発を全部不起訴にした。<

東京地検はダミー団体の解釈を変えて実質で判断するようにしたのでしょうか?
そうであるならば解釈を変えた理由を説明してもらいたいです。
ある日突然、解釈を変えアウトだと逮捕されるなら誰でもやられてしまいます。
こんな恐ろしい事はないと思います。

2009/12/20(日) 午前 8:49 [ war*ga*i75* ] 返信する

顔アイコン

東京地検はこの団体性の認定の解釈を変えると、業界団体が作った政治団体からの寄付が殆どアウトになる可能性があります(それはそれで歓迎ですが)。そこまで踏み込むのは地検も難しいので、その為に本来なら起訴事実と無関係な「天の声」などを立証しようとし、小沢は例外という扱いにしようとしている印象を持ちます。「天の声」とかに惑わされず、小沢の秘書の弁護士らがこの業界の多くのダミー団体性=秘書の認識の点をどう裁判官に説明し、反証するかでしょう。その為には、業界の政治団体に通じた小沢本人が反論にたち、この事件が有罪なら、業界の政治団体の●●、××、▼▼・・・が実名を挙げ、全てアウトになると証言するしか裁判官を説得する方法がないように思います。

2009/12/20(日) 午前 10:29 [ abc*de*6 ] 返信する

顔アイコン

自民党の国民政治協会でも、一応役員はおり、総会などを開いています。この団体は西松ほどダミー性がひどくはありませんが、実際、自民党が寄付を要請する場合は業界団体と交渉し、今年は●億円寄付をして欲しいと要請しています。その決まった金額を業界団体が各企業に割り振り、各企業が国民政治協会に寄付をしています。そして国民政治協会が自民党に寄付をしています。寄付金額の実際の決定は業界団体と自民党の間で決定しているので(国民政治協会はトンネル団体)この面だけを見れば虚偽記載罪が自民党にも成立します。小沢さんこそ、このような業界団体のダミー性をよく知っていたからこそ、西松のようなダミー団体でも規約があり、代表がおり、一応総務省に届け出がある以上、政治団体に違いがない=合法と考えていたのでしょう。それが世間の常識と自民党などの古い体質を持つ国会議員の常識の違いです。

2009/12/20(日) 午前 10:50 [ abc*de*6 ] 返信する

顔アイコン

小沢さんの秘書が無罪になる為には、捜査段階でブログに書いたような認識を有していると供述調書に取られている以上、上記のような業界の政治団体の実態を反証し、そのような団体から寄付を受ける場合は自民党の国会議員の間では常識であり許されるという認識=違法の認識=責任故意がないと反論するしか方法がないでしょう。違法の認識=責任故意がないという反論が成立すかかどうは、このような規範的構成要件の場合は刑法学者の鑑定書などを出し、裁判官を説得することですが、さて弁護側の反論は?? それでも裁判官はOKするかどうか?

2009/12/20(日) 午前 11:05 [ abc*de*6 ] 返信する

顔アイコン

小沢さんの秘書が無罪になるためには、最後は小沢さんが自ら法廷で証言することです。
ゞ罰Δ寮治団体の実態
∪治団体の組織となる為に要件(規約、代表・・・)総務省に届け出があり、収支報告書がキチント報告があればOKであったこと。
政治活動の自由から国家権力が、団体のダミー性に介入すべきでないこと。
ずまで東京地検は上記の実態があったが法的に問題にしなかった
ス餡餤聴の秘書は上記´↓い亮詑屬ら違法の認識がなかった=責任故意がなかった

と証言してはどうかな?
そして、企業・団体献金がこの背景にあり政権与党の幹事長として、今後このようなことをしない、させない法律=風土を作ると証言すれば、裁判官も、≪実態はよく判ったと≫今回は秘書を無罪にするだろう。

2009/12/20(日) 午前 11:23 [ abc*de*6 ] 返信する

顔アイコン

自民党的母斑と言う評価が世論・風潮をつくり「雪崩」現象で、日本を経済・外交で迷走に導いています。
小沢の金権体質は、親分の田中角栄や師匠に金丸信から受け継いだもので、政治と金を全部自民党に結びつけたことから起こった迷走でしょう。弁護士ともあろう人が、先入観のもつ判断への影響の怖さは判っているでしょう。
小沢のケースは特異で、今後も関係ありそうなゼネコン側からの証言・情報の流出が多いことに、この政治家の信義の低さを感じます。
裁判所が、どう判断を下そうと、小沢が無罪を主張しようが、どうでも良いのです。
公設秘書は有罪で、かれが小沢亡き後の人生の長さを良心で感じるかどうかだけでしょう。小沢も遠くないうちに引退sするでしょう。

2009/12/21(月) 午前 10:37 [ 一陽来復 ] 返信する

顔アイコン

19日付西日本新聞朝刊に面白い記事がありました。
ネットで公開されていませんので、部分的に抜粋。

検察は証人テストを行い、意に沿わない答えをすると検事に怒られたと大手ゼネコン関係者が証言。

天の声も大久保被告と関係ない話だと弁護団が反論し、せめぎ合いが続き、検察が用意した証人2人が証言台に立つ事はなくなった。

最後に専門家2人がコメントしてますが、1人が実質的な献金者を記載する事まで要求されていないから虚偽とは言い切れないだろう。
もう1人は犯罪が成立するか微妙。虚偽記載の立証としては十分とは言えないのではないか。

専門家でもこれだけ意見が割れているようですので、裁判官の判断を待ちたいと思います。
(1審で結論が出るのでしょうか?)

2009/12/21(月) 午後 1:49 [ war*ga*i75* ] 返信する

顔アイコン

[warugaki758 ]さん
貴方の意見は冷静です。法律議論は冷静な議論が必要。虚偽記載の虚偽という概念が本件の場合に西松建設から寄付を受けたというのに「未来産業研究会」と収支報告書に記載した事実が「虚偽」と検察が主張しています。しかしカネは一旦西松からこの政治団体に入った以上、カネにイロはついていないのでその「所有権」はこの団体に帰属します。その団体から寄付を受けた以上、この団体を報告書に記載しても虚偽でないという説が十分成り立ちます。他方、この団体の形骸化された実態を知り、しかもカネの捻出方法まで知っているなど「ズブズブ」の関係であれば、これは「隠ぺい」している事実を秘書が十分承知していたとなれば、これは有罪となる。カネの本当の所有権は西松にあることを承知していたことになるからです。
普通なら「無罪」でしょう。ただ、秘書の認識=供述調書の内容を弁護側がどう反論するかでしょう。
この調書に有効な反論ができないと、裁判官は検察の起訴事実を無罪にしない「体質」があります。どっちにしても1審では確定しないで、最高裁まで行く事件です。

2009/12/21(月) 午後 9:25 [ abc*de*6 ] 返信する

顔アイコン

>普通なら「無罪」でしょう。ただ、秘書の認識=供述調書の内容を弁護側がどう反論するかでしょう。

あなたはご自分で「ダミー団体という認識は多義的であり、この認識=西松建設の献金という故意にはならない。又『秘書が請求書を西松建設に送った』という事実程度位の認識では足りないだろう。とおっしゃってるじゃありませんか。

「供述調書の内容を弁護側がどう反論するかでしょう。」などとおっしゃるが、供述調書に小沢秘書が「西松の役員と小沢秘書との間で、ダミー政治団体の金の調達の仕方まで話しているような『ズブズブ』の関係」を自供していることが書かれているんですかな?
それが事実なら、裁判での勝ち目は薄いかもですが、それが事実とはとうてい信じられませんが。

実際にはそういう供述は全く得られていないのに無理矢理立件したわけでしょう。「西松献金の小沢関連団体への寄付金額が多く、かつ寄付期間が長すぎる。」ぐらいでは「西松の役員と小沢の秘書との間が『ズブズブ』の関係」の証拠になるわけがない。つまり、証拠がないからそういう立証は無理。おそらく無罪の判決が出ることでしょう。

2010/2/15(月) 午前 4:03 [ ult*raw*o ] 返信する

顔アイコン

私が口を挟む事は大変恐縮ですが、当初は何年もかかると言われた全面対決が数ヶ月で結審する見通しとなったと報道されていました。
何があったのか?
専門家の見解が欲しいぐらいです。
私の想像では専門家でも意見の割れていた構成要件を裁判官が示されたのではないかと思っているんです。
(こんな事があるのでしょうか?)
そして検察側証人のダミーとは思っていなかった証言により、検察が新たな動きに出て現在の状況は一体どうなっている事か?
裁判官を信じたいのですが、ロッキード事件で最初に嘱託尋問調書を認めた最高裁判所裁判官によれば「世論が異常だった。冷静に考えれば別の結果になっていたかもしれなかった」
世論で判決が変わる事もありうるという事ではないでしょうか?

2010/2/16(火) 午前 10:41 [ war*ga*i75* ] 返信する

顔アイコン

[ warugaki758 ] さん
何年もかかるというのは最高裁までの話ではないかな?
一審では恐らく本来だと今年の春には終結、判決となっていた様子です。
≫検察側証人のダミーとは思っていなかった証言により、

私達にはこの裁判の経過とかは全く情報が入らない。
別件の追起訴があるので、これを併合すると、あと判決まで1年はかかるのではないか?
≫構成要件を裁判官が示されたのではないかと
一般的にはあり得ないことです。
≫世論で判決が変わる事もありうるという事

裁判官は世間の動きとは比較的に独立しているように思えるが、実際は社会の動き、世論に無意識に支配されている。新聞は読むしテレビは見る。しかしこれらにはストレートには世論のように左右はされない。
証拠で判断はする。証拠がない事件を有罪にはしない。しかしある証拠の評価ををどう評価するかは個人の価値判断になる場合が多い。プラスと見るかマイナスとみるかは、その裁判官の人生・社会経験、今までの同種の事件の関与の有無、程度、社会の動きなどに支配される。
これが私のような年寄り弁護士の経験からくる「常識」

2010/2/18(木) 午後 9:40 [ abc*de*6 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事