TOEIC A GO! GO! 目指せTOEIC990点の道!

現在TOEICスコア990。著書『3週間で攻略 TOEICテスト900点!』好評発売中です!

無題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全794ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

出口


 
 昨日の23:53ころ、




 あるメールを送付して、





 概ね提出する原稿の9割を終えました。






 昨年よりもボリュームがちょっと増えてしまったことで、






 自分自身、これ終わんのか?






 そう思いながら、進めていたものの、昨年秋くらいから仕事が変わり、
 そちらの調整も考えながら進めてきた関係もあり、予定より遅れながら進み、
 その間、もう1つ本を書いてほしい、という依頼も受け、
 それでも何とかここまで来ました。








 一時は、いやマジでこれはキツいなあ、と思いつつ、









 一瞬、今回はギブアップかな、という言葉もかすめたのですが、







 それでも、編集者、校正者の真摯な姿勢に心を打たれ、





 何とかここまで来たなあ、という感じです。






 今年の年末年始も原稿まみれになっていたのですが、




 昨年と違い、今回は長いトンネルに入った感じで、





 なかなか筆が進まず、




 書いた英文もいろいろとネイティブチェックを受けてはヘコみ・・・、






 さすがに難航しました。







 一番心がけたのは、どんなに忙しくても、『とにかく前に進むこと』








 停滞ではなく、少しずつ前に進むことで、ゴールに
 近づくのであれば、進む。






 それを続けることで、何とか出口の光が見えてきた感じです。





 さて、今日は久々に天気もいいので、洗車をしてワックスをかけて、
 リラックスして、それから残りのコラムを仕上げる予定です。




 来週からはゲラチェックや動画の撮影がどんどん入ってくるので、
 何とか今週中に終わらせられるように、頑張ります。






 
イメージ 1

  最近、よく立ち寄る朝のソバ屋で、ミニカツ丼をよく食べています。
 なんとなくご飯の気分、ガッツリいきたくないけど、やや肉が、という
 時にいいですね。
 気分的にはミニじゃなくてもいいが、もうご飯をガッツリ食べられなく
 なった。もうトシのせいか・・・。



 Tommy





この記事に

開く コメント(0)

色に秘めた思い


 セミナーに関して多方面から連絡いただきありがとうございます。
 730点〜950点くらいを狙う方向けにちょっと企画を考えます。
 ※今回の募集はこのブログのみで行いますのでよろしくお願いします。






 さて、







 今回のカバーの色なんですが、
 ターコイズブルーという色を選択しました。





  いくつかの色候補を考えながら、一番いいものにしたいなあ、と思っていた
 のですが、共著者のトニーと第一印象でこの色が『なんかこの色いいね』
 と言っていたのがひとつ。






 もう1つはターコイズの持つそのパワー。








イメージ 1



             ターコイズ(トルコ石)の持つ意味とは・・・、








 ターコイズは、





 その空色を思わせる色彩のように非常に明るいエネルギーをもち、



 
 ネガティブなエネルギーを払いのけ、困難を乗り越えて願望を達成
 するためのサポートをしてくれます。






 勇気と行動力をもたらし、





 はつらつとした積極性を与えてくれますので、





 新しいことに対して臆病になってしまう人には、
 大切な一歩を踏み出す力を貸してくれるでしょう。







 また、大空にむかい深呼吸するように、








 蓄積したストレスを解消させるパワーで、
 波立った感情を穏やかに鎮めるといわれます。








 またこの石は、危険や邪悪なエネルギーから持ち主を守るとされ







 古くから、持ち主に危険が及ぶと変色したり欠けてしまったりという
 神秘的な伝承も数多く残っている石です。





 危険から身を守るため、ある部族はこの石を盾にはめ込んで戦に
 臨んだといわれています。






 トラブルや災難を回避したい旅行などにアクセサリーとして
 身につけていくと良いでしょう。







 ターコイズは、身につけることで、揺るぎない信念を貫き、
 夢や目標を達成させるパワーストーンともいわれているのです。







 これを眺めたときに、もうこの色しかないな、と決めました。












 さらに、






 この石は『友情の石』。






 人にプレゼントし、されることにより、心と心をつなぐ絆をよりいっそう深め、
 パワーアップさせる石ともいわれています。







 赤本、黒本、トラ本が皆さんの夢をかなえるための本だったので、





 それを通じて、あるいは古くからブログを通じてつながっていた、
 直接的であれ、間接的であれ、私と繋がってくださるみなさんの絆を
 深め、お互いがパワーアップしてくれるのであれば言うまでもないな、
 








 それがこの色を決めた大きな理由の1つです。






 なので、この本をしっかりやりこむことで、





 勇気や自信を兼ね備え、




 大きな一歩を踏み出す力になり、





 揺ぎ無い信念を貫いて、夢や目標をかなえてくれるとうれしく思います。




 
イメージ 2



 Tommy

この記事に

開く コメント(0)

ありがとうさぎ


 昨日、新書のカバーをアップしたところ、いろいろと反響をいただきました。
 特にたくさんのコメントを頂き本当にありがとうございます。
 




 
 セミナーも一緒に!というお声も頂戴しました。
 本当にありがとうございます!
 ※実はまだまだ生み出す作品があるので、開催は厳しかもしれませんが、
  出来れば発売後にでもやれればと思います。







 『ロクは地味だが役に立つ、セミナー』。
 なんつってwww。






 でも、適度に希望者がいますので、あと2,3人くらい声を上げて
 くれれば検討します。



 

 どうやって学習するかとか、とくに読解やアウトプットに役立てる方法
  とかも示せるかもしれませんし(パート6は本当に使えるパートだし)
 作成過程の面白話とかも出来ると思います。
 今回はやるとしても10名前後の小教室でこじんまりとやります。
 東京と大阪でやろうかな?
 (もしくはco-author移住地の静岡とか。)






 さてさて、






 遅ればせながら、1月の公開テスト、続々とベストスコア更新
 されている方から報告を頂きます。
 





 本当におめでとうございます。
 





 また3月以降のTOEIC(R)L&Rテスト、もしくは他の分野での活躍を
 視野に入れていらっしゃる方がいれば、是非成功を願っております。







 またベストスコアを超えることが出来なかったみなさま、
 何かしら課題があるかもしれません。本番のパフォーマンス、
 知識、技能、集中力。
 






 是非次回以降に向けて挽回していただければと思います。応援しています。





 私の方は、




 あと模試3セット分の確認と、動画収録や、複数冊程度の仕上げが
 残っていますので、相変わらずのてんてこまいですが、なんとか頑張ります。
 (さすがに1日5分睡眠とかもうやめたい。)









イメージ 1

 
  疲れたカラダにパルムが効く。
  このアイス本当にコスパ高いし、OECなー。
  自宅常備品の1つです。


 Tommy

この記事に

開く コメント(1)



 いやあ、朝方まで最終チェックしていました。
 夜が明けるのは早いなあ。
 やっと皆さんのところにお届けが出来そうです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 




 昨年2,3月から構想を練りつつ、





 パートナーを選定し、




 ステキな編集者と巡り合い、






 新形式を半年以上受験しながら徹底的に研究し、

 




 そして、珠玉の作品が完成しました。






 パート6・・・・・・。







 それは、7つのパートで取り組みはしたいものの問題数も少なく、
 なかなか対策が難しかったはす。






 今回そこに特化した本を作ることが出来て本当によかったと思います。








 パート6はそれこそ、
 地味。






 でも地味なんですが、味があるんです。
 学習すればいろいろなメリットがあるはず。







 今回、友人かつ静岡で英語講師をしているトニー・クックさん
 と問題を作成し、





 最新のポイントを踏まえ作成した30セットのパート6。






 いわば、我々からの挑戦状みたいなものです。





 人によっては骨があると感じるかもしれませんが、








 最新の傾向を出来るだけ盛り込みました。







 そして、ポケットサイズで手軽に『遊べる感覚』で取り組めるはず。
 1セット4問ですから、5,6分で、ご飯を食べた後の昼休みに。
 ちょっとした休憩に、いつでもどこでも使えるはずです。









 是非いろいろと体験してもらえればな、と思っています。











 やっと表紙デザインも完成しました。







 魅惑かつ神秘的な色です・・・・・。インパクトはあります。
 オビもメッセージ性があります。







 そういえば、私の著作は赤本、黒本、虎本とニックネームを
 頂いておりますが、







 この本もまたいい意味で愛称をつけていただき、






 かつ、パート6に愛着を持って、






 パート6ならいつでも大丈夫。
 常に16問全問正解!







 それを目標にしていただければと思います。








 今週から絶賛印刷され、来週には全国に運ばれ、
 再来週に店頭に並びます。






 もうしばらくお待ちください。






 
イメージ 1





 Tommy

 

この記事に

開く コメント(3)

ぽん


 昨日は、午前中から複数の出版社と打ち合わせ、午後は
 スタジオ収録が複数あって忙しい日々を過ごしていました。
 (おかげ様でいいモノが出来そうな予感がしますが)





 そんな中、1月の結果が出たとのことで、ポンと見てみました。
 







 ポン!













イメージ 1










 いつもの画面と違うやつで見てみました。








 はっきりいって1月のTOEIC(R)L&Rテストは、史上まれに見るくらい
 学習していなくて、
 (史上まれにみるくらい生きていませんが)








 やべー、というよりも、もういいや、自分自身が楽しんでやるべし、
 と思っていました。










 なので、結果は素直にうれしいです。
 (何問間違っているんだろうな、とは思いますが)











 そういえば、先ほどみたスコア画面は、








 2006年から2009年か2010年くらいまではあの画面しかなかった
 と記憶しています。







 スコア速報をクリックしても、すぐには出てこず、
 今まで受験した結果の年月が出現し、





 『NEW!』の欄をクリックすると見えるという、





 今よりもう少しお楽しみ感がある仕様でした。
 (今は結果をクリックするとすぐ出てくるからねー)





 当時は縦ではなく、横にリスニング、リーディングスコアがあったので、





 人によっては、画面を紙で隠してちょっとずつ見るとか、
 いろんなことをやっていました。いい思い出です。









 でも、今回満点を取ったのは自分にとって、いろいろと考えさせられる
 のですが、







 ・ほぼ全くと言っていいほどTOEIC(R)L&Rの学習をしていない
 ・ただ、プロジェクト生の監視と、執筆を鬼のようにしていた。
 ・心の底から楽しもうと思った。








 この3点です。







 うーん、特に2点目がよかったのかな、特に昨年も執筆に明け暮れていて、
 まともな学習をしていなかったけど、問題に深く接していた分、解答が
 すぐ選べる思考になっていた気がします。たぶん。








 そういう意味で言うと、今回は、執筆の量も多く、TOEIC(R)L&Rテスト
 の世界に棲みこんでやろうというくらい問題を解析していたので、







 いい意味で解答を求める感覚が身についていたのでしょう。







 いずれにしても3月から書籍を出す立場で、2017年でも満点取ってます!
 と言えるのでまずはよかったです。





 まあ、いろいろ言ってますが、今回の満点を受けて、問題集とどのように
 付き合っていくか、特に解き方、質、量含めて何が効果的な
 再認識するきっかけになったような気もしますので、
 そのあたりを何かしらの場で披露出来ればと思います。






 そして、







 自分にとっても新たなステージを迎えているような気もしますので、
 もっともっと精進したいと思います。




 おっしゃ、今日も頑張るぜ!


 Tommy

この記事に

開く コメント(0)

全794ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事