あなたの知らない視点で語りたい〜詩 小説 エッセイ

理想がなければ自らが作ればいい。自由と愛と尊厳のある世界を、このブログのから発信していきます。

全体表示

[ リスト ]

『最大幸福原理』は正しいのか?

今回は「これから正義の話をしよう」Mサンデルの第二章からの政治哲学の考察です。
さまざまな道徳的概念は、私達の考えの土台となり法律となって政治を動かします。
本当の社会の幸福の追求とは、そういったひとつひとつの概念を受け入れるべきかどうかを考えることなのかもしれません。
 

ジェレミー・ベンサムは道徳の至高の原理は幸福、すなわち苦痛に対する快楽の割合を最大化することだと言った。正しい行いとは「効用」を最大にするあらゆるものだという。誰もが快楽を好み苦痛を嫌う。功利主義哲学はこの事実を認め。それを道徳生活と政治生活の基本に据える。もし功利主義が正しいなら道徳は幸福のコストと利益である。

たとえばあなたがCIAのトップであるとしよう。一人のテロ容疑者を逮捕した。その男はその日のうちに爆発するようマンハッタンに仕掛けられた核爆弾の情報を持っている。時間は刻々と過ぎてゆく。あなたは拷問を加えることを許可するだろうか?

 
功利主義の倫理とは、拷問は容疑者に苦痛を与えその男の幸福や効用を著しく減少させる。だが爆弾が爆発すれば何千もの命が失われる。ならば一人の人間に激しい苦痛を与えても、それによって大勢の人々の死や苦しみを妨げるなら道徳的に正しいことになる。つまりここに多くの命という数が重要視されているわけだが、ひとつこの男が悪人であるという前提が関係してくる。

この要素は非功利主義的でありこの条件を排除するために、シナリオを変えてみる。たとえば悪人の口を割らせる唯一の方法が彼の幼い娘を拷問することだとしよう。それは道徳的に許されるだろうか? このシナリオはある作家の短編小説を思い出させる。


その子がその部屋にいること、いなければならないことを町のひとびとはみんな知っていた。
自分たちの幸福、町の美しさ、親密な友人関係、子供達の健康、豊かな収穫や穏やかな気候といったものまでが、その子のおぞましく悲惨な生活に全面的に依存していることを理解していた。もしその子が不潔な地下から太陽のもとへ連れ出されたら、それは実に善いことに違いない。だがもし本当にそうなったら、その瞬間に町の繁栄、美しさ、喜びはすべて色褪せ消えてなくなる。それが子供を救う条件なのだ。〜ル・グイン「オメラスから歩み去る人々」より

ベンサムの功利主義に対する反論である。つまりは多数の幸福のためであろうとも、ひとりの人権を侵害するのは、道徳的に受け入れられないということだ。
 
こぼれ話だがこのベンサムという方「死者が生者の役に立つには遺体を解剖学の研究に利用してもらうのが一番だが、偉大な哲学者の場合は肉体そのものを保存して未来の思想家たちにインスピレーションを与えるほうがいいはずだ」と防腐処理を施して自分の遺体をロンドンの大学に展示した。ところが学生たちが彼の頭を盗み出し身代金として慈善活動への寄付を大学に要求するという事件が起きた。
死してなおベンサムは最大多数の最大幸福を促進しているのである。
 
以上すべて「これから自由の話をしよう」からの抜粋です。
『哲学』を楽しんでいただけたら幸いです^^

閉じる コメント(21)

江戸時代で「武断政治」から「文知政治」へ移り変わる経緯というのを習ったような記憶がありますが、僕は理想を求めてしまう性格なので、例えテロリストに対してであっても「自分がされたくない行為」を行うことはできないと思います。

「”大儀”があれば”非人道的な行為”も許されるのか?」
という考えです。

「いくら遠回りな方法だとしても、自分が間違っていると思ったことはしない」

僕は誰に非難されても、自分が後で後悔しないような選択をすると思います。

2010/7/13(火) 午前 10:15 [ チャリ乗り ]

あ、よく読みなおすと、きちんと(?)条件が指定されているんですね……。

意地悪な問いかけですね〜〜。

で、僕の回答は、
「いくら”何千人の命を助ける”という大儀があったとしても、”一人の罪の無い少女を犠牲にする”ことなんてできない」
が僕の回答です。

「馬鹿なことはやめるんだ!罪の無い人を殺して何が大儀だ!」(引用)

という感じ(?)です。

2010/7/13(火) 午前 10:26 [ チャリ乗り ]

オレだったら・・・本人を拷問します。
パンイチで台の上に磔状態にして、
鳥の羽でこちょこちょこちょこちょこちょこちょ。。。

2010/7/13(火) 午前 11:54 ☆かっちゃん☆

顔アイコン

YADAさん。日本的「他人に迷惑をかけるな」ああ、ほんとにそれって必ず教えられますよね。個人的にはこの言葉はあまり好きになれませんでした。なにか卑屈なイメージがあって(笑)
このあとこの書籍に「自由至上主義」という概念が出てまいります。これまた別の意味で極端で面白いのですよ^^

2010/7/13(火) 午後 7:10 都環 咲耶子(とわさくやこ)

顔アイコン

自転車愛好家さん。そうなのです。この意地悪な問いかけこそが哲学しているってことなのですよ。哲学者は言葉尻をとらえて相手の理論を突き崩して満足を得る。理論のバトルですね^^

2010/7/13(火) 午後 7:13 都環 咲耶子(とわさくやこ)

顔アイコン

かっちゃん!な!なんて卑劣で残酷な!
ああ!考えただけで、こそばゆい。やめてそこだけは!なんでも白状しますう(爆)

2010/7/13(火) 午後 7:15 都環 咲耶子(とわさくやこ)

> だがもし本当にそうなったら、その瞬間に町の繁栄、美しさ、喜び> はすべて色褪せ消えてなくなる。それが子供を救う条件なのだ。

う〜ん、、、そういうものかなぁ。。。
多くの人の倫理観が問われるところですね。

2010/7/13(火) 午後 10:47 おたけ

顔アイコン

おたけさん。まことにそうです。大多数の人間が幸せだと少数の不幸は忘れられてしまうことがあります。

2010/7/14(水) 午後 0:10 都環 咲耶子(とわさくやこ)

顔アイコン

再放送ですが、BShiで8月11日の零時15分から、ご紹介のサンデル教授のハーバード大での講義が放送されます。ご興味がおありでしたらご覧ください。12回にわたってあります。私もこの講義についてBlogで書き込みたいと考えています。
http://www.nhk.or.jp/harvard/

夏休み特選!ハーバード白熱教室 集中放送 第1回「殺人に正義はあるか」

2010/8/8(日) 午前 0:59 [ Yeats ]

顔アイコン

えっー!みたいみたい!でもBShiがまだ見れないんですう。
悔しいですう。泣きです。

2010/8/8(日) 午後 6:30 都環 咲耶子(とわさくやこ)

顔アイコン

「人に迷惑をかけることをするな」
「自分がされて嫌なことはするな」

どっちもセットでよく聞きます。

どちらも有効化するには「自分がされると嫌なこと」「他人がされると嫌なこと」これを一致させる「社会的概念」の一致が必要です。

それなしにみんなばらばらなまま「他人に迷惑をかけるな」とばかり言うから、わけわからないままやって怒らせたら結果責任みたいな不安定な土壌を産んでるんじゃないかと思えます。

2010/8/8(日) 午後 8:38 Yada

顔アイコン

YADAさん。こんなのはどうでしょう? 「自分がされたいことをしろ」「人がして欲しいとおもうことをせよ」世の中否定形ばかりで
す。ならば逆転してしまうのも面白いかと^^

2010/8/9(月) 午後 11:51 都環 咲耶子(とわさくやこ)

顔アイコン

それは残念ですね。16日から再再放送のようですが。

記事に書かれている「ジェレミー・ベンサムは道徳の至高の原理は幸福、・・・〜ル・グイン「オメラスから歩み去る人々」より」は、サンデルの引用ですか?

2010/8/10(火) 午後 9:54 [ Yeats ]

顔アイコン

Yeats さん。ぜひ講義の様子を記事できかせてくださいね。
ル・グイン「オメラスから〜」もサンデルの本の中で書かれていたものです。
ル・グインといえば「闇の左手」が大好きでした。この作品は読んだことがありません。

2010/8/10(火) 午後 10:03 都環 咲耶子(とわさくやこ)

顔アイコン

はい、そうします。自分なりの思考過程を書ければと思います。

2010/8/10(火) 午後 11:03 [ Yeats ]

顔アイコン

Sの人もMの人もいますから、それまた妙なことになりそう(笑)

2010/8/11(水) 午前 8:05 Yada

顔アイコン

アクセスありがとうございます。残暑お見舞い申し上げます。「清水中世史研究所」からも残暑お見舞い申し上げます。

2010/8/11(水) 午後 1:06 [ 清水太郎の部屋 ]

顔アイコン

最大幸福原理について調べていてこのブログにたどり着きました
おもしろいテーマだと思います
僕自身はこの種の反論には否定的な考えです
なぜなら幼い娘を拷問にかけることを許すことによる長期的な功利減少を考慮にいれていないと思うからです
自身のブログに、サンデル著書の抜粋を引用させていただきます 削除

2011/4/16(土) 午前 2:23 [ utilitackey ]

顔アイコン

utilitackey さん。訪問コメントありがとうございます。確かに大変難しい問題ですね。サンデルさんの良いところは誰にでもわかる例をあげて、問題提起しているところだと思います。哲学するとは、ひとりひとりが自分の考えを再考して、さらに洗練されたものにすることではないかと思いました。

2011/4/16(土) 午後 11:54 都環 咲耶子(とわさくやこ)

顔アイコン

そうですね。
一見正しく、道徳規則を当てはめたのにギャグのような結論が出ることを示して、一体何が問題であるのか考えたり彼の授業はとにかくおもしろい。エンターテイメントになってる。
多くの人が興味をもつような形で問題提起するから
いろいろな人の意見が聞ける。
その意見が違いがどこから生まれるのか考えることができる。
それは自分の持つ信念を自分で理解し、さらに洗練させることにつながっていく…
そしてそれは民主主義社会においてよりよい政治の実現につながっていく
そういうことを考えると人の意見を聞くことや
楽しく、わかりやすく簡潔に意見をいうことは大事だなぁと思います 削除

2011/4/17(日) 午前 2:13 [ utilitackey ]

コメント投稿
名前パスワードブログ
絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

閉じる トラックバック(1)

トラックバックされた記事

功利主義に対するよくある反論?

「これから正義の話をしよう」Mサンデルより抜粋 ジェレミー・ベンサムは道徳の至高の原理は幸福、すなわち苦痛に対する快楽の割合を最大化することだと言った。正しい行いとは「効用」を最大にするあらゆ...

2011/4/16(土) 午前 2:16 [ 功利主義を中心に哲学全般について語り合うサイトです ]

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。

.

よしもとタレントがコンテストに挑戦
楽しい話題がいっぱい(Y! Suica)

プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事