ここから本文です
食っちゃ寝生活を見守る日々
インドホシガメのスミ、ロンダ、、ミツオビアルマジロのふーも君もいるよ!

書庫ブログトップページ

すべて表示


<<お知らせ>>                           

ブログの記事を一部「ファン・友人まで公開」とさせていただいておりましたが、解除して全てに公開に戻しました。今後も状況により公開制限を設ける可能性はありますが極力無しでやらせていただくのでご面倒ですがよろしくお願いします。

[連絡先]
尚、当ブログに関するご連絡はゲストブックで鍵付きでコメント頂くか、ヤフーブログのメッセージ機能をご利用ください。ゲストブックを利用される場合はこちらからの返信メッセージは公開されてしまいますので必ずご連絡先メールアドレスをご記載ください。そちらにご連絡をさせていただきます。

イメージ 1

不確かな情報は必ず自分でも調べましょう

 このブログはペットを飼育している個人の気ままな感想や飼育の日々を綴った日記です。記事の情報は極力正確を記しますが、不確かな憶測が含まれることもありますので予めご了承下さい。

怪しい業者とは取引しないようにしましょう

珍しい動物は時に密輸されてくることもあります。このような行為に加担しないよう業者やお店から話をよく聞き、不安があったら取引はしないようにしましょう。そうでなくても不誠実なお店は動物の取り扱いも杜撰であると僕は考えます。とは言え中々判断出来ないこともあると思いますので僕なりに気をつけてるのは…


◆なるべく即決はしない。
イベントやセール等で機会が少ない場合もありますので(なるべく)と書きましたが、とにかくお店の人とコミュニケーションを取る時間を増やしてその業者さんが信頼に足るのかを確かめます。逆に執拗に即決を迫る業者さんは要注意。

◆お店の情報を調べる。
店舗に行って実際にストックの状態をチェックすれば管理が一目瞭然でしょう。無店舗型の場合でもストックを見学するのに難癖を付けたり、嫌な顔をされるような事があればいくら好きな動物でも後悔すると思います。またwebで評判を調べるのも良いでしょう。全てを鵜呑みは出来ませんがあまりに悪評が多い所は止した方がいいかと思います。

こちらのペースでも話しよう。
どんな業者さんにとっても買ってくれるお客さんは有難いものです。業者さんが自分のペースで話をしている間はきっとご機嫌でしょう。頷くだけではコミュニケーションになりません。時に難色を示して相手の様子を窺って下さい。別に要求に応えなかったら悪い業者さんというわけではありません。相手がどういう風に反応して対応するかで質が分かります。


…とりあえず皆さんにも折角動物を飼う出会いの一歩で嫌な思いをしてほしくないし、そんな業者は居なくなってしまえばいいと思ってこれを書きました。

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 雨だけどBLACKOUT

    2017/3/26(日) 午後 6:57

    ◆行こうか行くまいか迷ったんだけど、迷った時は行ったほうがいいかなと思って都産貿台東館でやってたBLACKOUT!へ行ってきました。もう勝手知ったるイベントですし、そもそもお迎えしようと思ってる動物がいるわけでもないので午後3時以降で入場料が半額になってからゆっくりと参加。 この風景も恒例ですねえ。目玉商品などは早い時間に売れてしまって ...すべて表示すべて表示

  • 難易度の高い撮影会

    2017/3/20(月) 午後 9:04

    ◆前回の記事から大分空いてしまいましたがせっかく弟から一眼レフ、もちろんふーも君の撮影もしました。薄暗い我が家のリビングで、ひたすら動き回るふーもくんの撮影は初心者には大分難易度が高かったー(TT 僕の椅子の上に乗せて撮影したんですが、撮影用の照明がまぶしかったのかな?ちょっと目を細めていますね。でもぶれないでピントもバッチリで撮れま ...すべて表示すべて表示

  • 被写体はたくさんいます

    2017/3/2(木) 午前 10:22

    ◆少し仕事の事情でカメラに付いて基礎的なことを勉強したくて弟から一眼レフを借りてきました。原理はわかっていても実際に撮影する時はどんな設定でどう撮影すればいいのか中々奥深いものですね。…そりゃ、沼に嵌まる人が続出しますわ。 普段はipodのカメラで撮影して、この手のカメラも中々クオリティ高い写真が撮れるなあと喜んでいたのですがやっぱり一眼で ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事