C21日記でもトイガン大好きさ!

サバゲーは遊びだからこそ良い!全力で遊ぶ!えっ、C21は・・?

CNVD−T

サーマルビジョンCNVD-Tレプリカを手に入れました
イメージ 1

こいつを
こう言う風に載せるらしいですね
イメージ 2
超格好いいです!!
ホロサイトに被せる用のキャップ?カバー?が欲しいところですね〜
本体がプラスチックでダミーモデルなのでガワと向こう側が見えるギミック程度な為か
写真の様にゴテ盛りでも見た目ほど重くありません

そして、これ接眼レンズと対物レンズが上下で違うのですが
覗いてみると接眼レンズ側に合った位置に向こうが見える様になっています。
イメージ 3
本物を見た事ないんですが完全な円ではなく上下に少し視野が少ないです。
ダミーモデルなので照準機能も倍率機能もありません。等倍です(笑
イメージ 4
この写真の一番上に映っているMP7に載っかってるのがCNVD-Tぽいんですが
これ格好いいんですが、どうしようか考え中><;
中をくりぬいて小さいドットサイトでも仕込もうかと「一瞬」だけ思いましたが
かなりリスクが高いと思ったので無理ぽいです

MP7は、以前持っていたんですが、グリップ角度が好みじゃないので売ったんですよね・・・OTL
でも上の方の写真のライフルより軽いんですよね〜
「かなり」悩みます。買うとすればオールシーズンいける電動ガンが良いんですが・・・。

この記事に

開く コメント(0)

M14DMR

今回は、M14DMRを組みました。
イメージ 1
ベースは、東京マルイのM14です
DMRストックはG&Pです
しかしモーターはストックキットについてきたG&P付けてしまった為か
ギアノイズが大きめです・・・OTL

スコープとか本当は参考にした画像の様に
イメージ 2
リューポルドM1ぽいスコープが良いんでしょうね・・・
今回僕が選んだのはガチ好みのシルエットと理由で選んでしまった為
今後リューポルドM1レプリカスコープに変更したいと思います
スコープ調整も済ませてしまった後で気づく愚か者でしたOTL

参考にした画像のスリングはVTACぽいのですが・・。
M14系と言えば昔から専用のレザースリングが鉄板と言う事でほかにggっていただくと結構出てきます
正直VTACスリングの方が「かなり」使いやすそうですOTL
スイベルの位置が真下だから携行時の使いづらさは一緒かな・・?)

プレキャリとか腰ベルトにポーチとかいっぱいつけてたらレザースリングで肩にかけても
装備品に引っかかってしまってわずらわしいです

「格好良いんですけどね」

古い銃と装備だから使いづらさは目をつむるしかなさそうですね・・。
(そのうちVTACスリングぽいやつ使ってみます)
新しめの装備の快適さを知ってしまっている以上仕方のないことですね(自業自得です、はい)
サバゲでは「格好いい補正」でなんとか1日中持って遊べるので結果オーライ♪・・・と言い張る

重量に関しては最初の写真の状態で4.3KG程です(バッテリーなし、空マガジン含む)
M14にしては軽い方です。
普段EBR持ってる人からすると超軽量です!
んで、セミオートでチマチマ撃つくらいの人間なのでコンパクト電動ガン用の超小さいリポバッテリーを
使っても1日持ちます(ヒットされるの早すぎなのも影響してか)
そんなもんでバッテリー重量を気にしていません

この記事に

開く コメント(0)

サバゲーネタばかり続きました。
久々C21ネタを投稿します。
4〜5年前からずっと主力機の中でも一番頼りになるメデュルさん(キュレ+ピアショα)を
追い抜こうとしている性能を備えてしまったアルシパさん(1秒オーラ機)です。
イメージ 1
ギャラクシーコマンドAM2を付けて防御値をあげました。
それと、画像では見えませんがキュレーネBSも付けてしまいました。
(以前付けてたスゼクBS2と入れ替え)
歩行積載1.8tオーバーしましたが、許容範囲なので良しとします。

この記事に

開く コメント(0)

次世代MK18MOD1

次世代M4をベースにMK18MOD1風に組んで貰いました。
イメージ 1
いや〜、格好良いですねぇ〜。

かなり満足しています。
M4系の短いやつって416デブグルカスタムしか持ってなかったんですけど
こっちの方が軽いしハンドガード細いし4面すべてに20mmレイルが付いてるのに細く感じます。
フォアグリップにはMARSOC隊員が映っていると思われる写真でも使用例が見れるAFG2を付けました。
既に書きましたが、ハンドガードが細い分余裕があるのでAFG2を付けても握りこみが可能です。
よく言う「コスタ撃ち」の構えでも違和感を感じにくい細さだと感じました。
(415がごんぶとだからそう感じるだけかもしれない・・・いや普通のM4よりも細いです!)

参考にした画像がこちらなんですが
イメージ 2
この写真に写っている彼らの持ってるMK18のシルエットが気に入りました。
特に手前の彼が持っている銃に付いてるライトの斜め付け。
ライトマウントが見えなくて困ったんですがどうせ目立たない部品だと思い適当に選びました^^;
色はダークアース系の方がよかったかなぁ・・。
げげっこの写真ではAFG2付けてなかった;;
(ほかの写真ではAFG2付けてる隊員が写っている写真があるので気になる方は
MARSOCで画像検索すると結構出てきます)

しかし、いろんな画像をあさっていると兵士ごとにいろんなカスタムが施されている様です。
MARSOCに限らず特殊部隊はそれぞれの使いやすさに応じてカスタム自由だそうな
なので今まで集めたMARSOC隊員と思われる兵士が写った写真の中で装備しているパーツなどを
好みで選びました。

この記事に

開く コメント(0)

MERRELL MOAB MID GORE-TEX

またMERRELL!!
今度はMOABシリーズのミドルカットでGORE−TEX版!
イメージ 1
ちょい古モデルになるのかな随分前から欲しかったのですがなかなか踏ん切りが付かずに
お気に入りに登録したまま経っていました。
正直、既に持っているブーツで満足していて新たに買う必要性を失っていたのかもしれません。

しかし、最近安くなっていたので買ってみました。
早速履いてみたんですが、(自分の中で)MERRELL独特の土踏まずの部分にグッとくる感触が
また良いですね。今回もサイズはUS7を選びましたがカメレオン3のUS7よりは指先に5mm程
余裕がある感じでした。

寒い季節で靴下2枚履きとかするとちょうど良いと思いました。
まだ開封したばかりなので、これからサバゲで馴染ませて行きたいですね。

この記事に

開く コメント(0)

ミディアムカットのウォータープルーフver.です。
手に入れた後に知ったのですが、ウォータープルーフ版は国内未発売品だそうです。
それを知って更に愛着がわきました!
イメージ 1
メレルは小さめに作ってあると思うのでUS7を選びました(カメレオン3もUS7を履いています)
足の保持と余裕を考えた上でぴったりフィットでした。(普段他のブーツは6Wを履いています。)
国内の靴は普段24.5cmを履いています。

このモデルは米軍特殊部隊でも使っている隊員がいるそうです。
DEVGRUやMARSOCの隊員が履いてるかどうかは分かりませんが・・。
ggってみるとマルチカム装備の兵士達が履いている画像がありましたがどこの所属かわかりませんでした;

でも格好良いので都合良く脳内変換してサバゲにも履いていきます。
履き心地はフカフカしていて踝(くるぶし)から足首にかけての内側が非常に柔らかいです。
斜面を歩行する時もソフトにサポートしてくれます。
これでまたお気に入りのブーツが1つ増えました。

格好良いし、履き心地も良いし履いてて幸せです(*´∀`*)

この記事に

開く コメント(0)

今回はG19にスピードプレートを取り付けました。
イメージ 1
ちと面倒くさかったんですが
週末雨でサバゲ中止の日が続き暇だったのでちんたらやってみました。

ベースはノンブランドのスピードプレートレプリカ(東京マルイ対応版)を使いました。
付くかどうかは、気にせず購入しました。

届き次第、取り付けできない事を体感しました。
そもそも幅が合っていませんでした。がプラハンマーで叩くとはいっ・・・ひび割れました
ヒビをパテと瞬間接着剤を駆使し埋めましたが
今度はグリップとスピードプレートの間に2〜3mmの隙間が出来てしまいました。
それもパテで埋めます。

まずマスキングテープで養生します。(パテが他のところに付か無いようにする為)
イメージ 2
マガジンもパテ盛りするところの周辺を養生します。

この状態でマガジンを挿入します。
同色で見辛いかもしれませんが隙間が生じています
イメージ 3

パテを盛るところはマスキングテープを貼っていない
スピードプレートの上部だけ
イメージ 4

パテの硬化が始まるのが早かったのでパテ盛り最中の画像は撮っていません。
固まったときにでも撮ればよかったですね;;;

次にスピードプレートの際に合わせて削ります。
意外とスピードプレートにパテがくっついてくれていなかったので
瞬間接着剤を付けました。ついでにパテとスピードプレートとの隙間にも塗って
継ぎ目消しをします。(プラモデル作ってた頃を思い出すなぁ・・)

面倒くさいけどこの部分は結構ハードに扱う為、隙間がなくなるまで重ね塗りします。
イメージ 5
水色のところがパテです。
継ぎ目が消えるまで塗って削ってを繰り返します。(と言っても2〜3回)
出来たら塗装なんですが・・。
スプレーとか面倒臭かったので車用のカラータッチつや消し黒を使いました。
キャップに筆が付いてるので楽チンでした。(スプレーばりにシンナー臭がするので換気は大切)

そして、上記の写真でチラッと写っていますが2個作りました。
イメージ 6

G19のマガジンは2個しか持っていないので今回はこれで終了。
ハンドガン戦の時に心もとないので、もう1個いるかなぁ・・・。
KSCがG19再生産してくれればそっちが欲しいけど
マルイがG19出したら勿論そっちに!

ともあれ国産のが欲しいところですね〜。
HW製はなんで買ったかと言うと
外見の仕上げや刻印が超リアル!と言う記事を見て影響されました。
実際手に取ってみると・・・実銃のことも知らないのにリアルなところがどう良いか
解っていなかったことに気付き、別にHW製でなければならない理由が薄れてきました・・。


それと、これからガスガンにとってはシーズンOFFな季節になりますね。
エアーコッキングでもいいからG19出してくれないかなーって感じですね。
(G19はグリップちっさいので電動ハンドガンは構造的に無理)
P226Rも人気モデルだと思うし冬用にエアコキ版でもどこかのメーカーで出してくれればなー・・・。
あ、P226Rはグリップ大きいし電動ハンドガンにしt・・ry

と、妄想は膨らみますが冬の季節はガスガン(固定スライドは少々使えるけど)は動かないからなぁ。
電動ハンドガン・固定スライドガスガン・エアコッキングガンのモデルを使用して対応しようと思います。

この記事に

開く コメント(0)

前回ハンドガンを紹介してからサバゲーでフロントサイトを無くしました><;
どうやらスタークアームズ製と同じでフロントサイトはスライド裏から接着剤で付けてるだけだそうです。

せっかくなのでオシャレなサイトを付けました!
イメージ 1

ちょっとリアサイトが影で見づらくなっていますが・・・。
これ、ナイト(蓄光)サイトなんです!
でもトリチウム版を買う勇気が出なかったので
クルセイダーと言うメーカー(?)が出してる
スタークアームズやホグワーツ(?)のG19用でナイトサイトっつーのがあってそれの安い方を買いました。
なんかすり合わせとか難しそうで、スチール製という事なので買ったところで組むだけ組んで貰いました^^;

実はこれ、なんちゃって蓄光サイトらしく光らないらしいですOTL

そこで、ggったら良さそうなものを付けてる先駆者がいてその真似をしました。
ルミンレイと言うものをつけていました。
自分もそれを選びました丁度良いサイズがあったので買ってみました。
イメージ 2
そして、かなり光ります。
2〜300lm(ルーメン)のフラッシュライトで10秒程照射して
カメラのピントやアングルを調整するのに10〜20秒程経ってからの撮影です
余裕で明るいです。周りが明るくても、ちょっと影にするとわかります。
持続時間はわかりませんが、かなりオシャレなんじゃないでしょうか。

かなり満足しました。

この記事に

開く コメント(0)

M40モドキその後

予定通りスコープを付け直して調整依頼していた物が帰ってきました。
イメージ 1
雨や台風でなかなか調整が出来ず。雨や風の合間見てしてくれたそうです。

前回のと見比べないとあまりわからないところですが
スコープを同社ノーベルアームズのSUREHITシリーズ41650モデルに変更しました。
個人的な好みでテーパー形状の部分が急な方が良いと感じました。
よって、かなり満足しています。

そしてボルトハンドルもノーマルタイプに変更しました。
マウントベースが高い為、このハンドル角度でも操作し難いとは感じませんでした。
G-SPECのより出っぱりが少なく持ち運びの時、装備に引っ掛かりにくいので良いと感じました。

それと、今回のスコープは前回のより小さいので
総重量5.0kgになり100g軽くなりました。

後は東京マルイのM40がどんな感じか気になりますね。
もちろん買うつもりです。

この記事に

開く コメント(0)

早速実戦投入

前回の記事で書いた超軽量M203をサバゲーで実際に使ってみました。
イメージ 1

装備とは合わないかもしれませんが。(海兵隊や陸軍一般兵士のコスプレに合いそうですね。)
MK18MOD1が出来るまでM4(ランチャー付きか普通の)で行こうと思います。
丸1日使っても特別疲れたって感じはしませんでした。
やっぱランチャーにしては軽いですね!
今度はランチャーグリップも外して使ってみるのもいいですね。さらに軽くて良いかもしれません。

実はCAWのモスカートは入りません。他のメーカーの40mmガスカートリッジが必要です。
この日は、カートリッジを使う予定はなかったので家に帰ってアローダイナミック製の40mmガスカートリッジを
入れてみるとちゃんと入りました。
しかも、差し込んだ時に落ない様にカートリッジを保持するツメが機能します!!
そしてちゃんと発射も出来ました。
カートリッジを取り出す時もリムにかかるツメが機能して弧を描く様に落ちます。
動作的にはリアルなんじゃないのでしょうか^^
これを知って、更に気に入りました!

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事