ここから本文です
大阪でセラミックの歯にするためのブログ
大阪にあるJDFはセラミック歯の値段が非常に安いクリニックとして知られています。


本来、セラミック治療は1本あたり10万円はするのですが、JDFは1本47,000円から可能です。

相場の半値で治療できるので、他院で2〜3本の治療で終わるところが、JDFなら4〜6本の治療ができます。

セラミック歯は耐久性も高いので、保険治療の差し歯から変えると違いをハッキリと実感できるでしょう。

とにかく歯並びが理想的な状態になるので、噛みやすくて顎が快適になります。

歯並びが改善すると歯磨きするときも楽であり、口臭を抑えるためにも役立つのです。

セラミック治療をした方は、性格が前向きになったと答えるほどです。

口元がキレイになると鏡映りもよくなり、容姿に自信を持てると気持ちが明るくなります。

これは実際にセラミック治療を受けた方ならよくわかることでしょう。

大阪のJDFは安い値段でセラミックにできるので、今まで高くて諦めていた方にもおすすめです。

口元を改善したことで口臭が改善したという方もおり、そのメリットは計り知れません。

特に前歯に悩みを持っている方は、1日も早く治療を受けるべきでしょう。

セラミック治療を受けてから、急にモテるようになったという方も少なくありません。

この記事に

金属アレルギーの方が自分の歯を美しくしたいと思う場合、いくつかの治療法が考えられます。
例えば、オールセラミックやメタルボンドにするという方法です。
両者は共に自由診療の審美歯科での治療になりますが、本物の歯と見た目が変わらない美しい仕上がりになります。
ただしいくつかの点で両者には違いがありますので、あらかじめよく調べておく必要があります。
まずオールセラミックとはなにかといえば、金属をしようせずにセラミックだけで人工歯を形成していく治療のことです。
メタルフリーなので金属アレルギーを心配する必要がなく、治療期間は短くてすむのが特徴です。
メタルボンドとはなにかといえば、中身は金属を使用して外側はセラミックを被せるという治療法のことです。
こちらはメタルフリーではないため、金属アレルギーの心配を完全に払しょくすることはできませんが、見た目は自然な仕上がりにすることができます。
そして使用する金属の種類によっては、金属アレルギーが起こる可能性を抑えることができます。
こうした両者の違いをよく学んでおく必要があります。
共に自由診療なので、価格はどちらも高額になります。
保険治療ではないため費用の分担ができないことを知っておく必要がありますが、自由診療は医院ごとに価格を自由に設定できることも知っておきましょう。
大都市など激戦区で探していけば安い医院を探すこともできますし、治療費ドットコムの情報を参考にすることもできます。
金属アレルギーの症状が特にひどい方は、オールセラミックを選択するほうがいいかもしれません。
金属アレルギーは種々のものがあり、ニキビ、かぶれ、口角炎、肌荒れなどがあります。
メタルボンドでは貴金属を使用することで症状が起こる可能性を低くすることはできますが、それでも絶対的に抑えるというわけではありません。
また治療費に関しては、安い医院が良いというわけではなく、歯科医の治療技術も推察しなければなりません。
メタルボンドもオールセラミックも、共に医師の技術によって完成度が左右されます。


この記事に

大阪の審美歯科などで健康保険の利用できない自由診療としてオールセラミック矯正をする場合に、高額の治療費が必要になりますが、安いセラミック素材を用いた場合には8万円程度で、上質な素材を使用した場合には15万円程度の金額がかかります。オールセラミック矯正というのはセラミック素材を使った差し歯なので、型取りをして完成するとすぐに装着できるので、仮止めの期間がありません。

差し歯に関しては歯を削った部分に差し歯を装着してしまうので仮止めをして調節することができないので、型取りを慎重に行うので、装着が完了した後になってから歯のサイズが合わないことが起きる事がありません。

オールセラミック矯正は歯の色が真っ白になるので見た目が非常に良いのが特徴で、セラミックの表面には歯垢などの汚れが付きにくいので虫歯になることが無く、半永久的に使用することができます。また金属で補強などをしないので、銀などの金属が口の中に溶け出すことによるアレルギー反応などが起こりません。

オールセラミック矯正は仮止めで様子を見る事ができないので、事前の無料相談やカウンセリングなどを通じてどのような歯にしたいのかという希望を伝えることが非常に重要で、担当する歯科医との話し合いが不十分な状態では装着に不備があっても気が付かない場合があります。

また天然の歯よりも硬い素材で作られているので、周囲の歯や噛み合う歯を破損することがあるので、差し歯を装着する前の段階で噛みあわせが正常な状態かどうかを判断することが重要です。

オールセラミック矯正は長期的な予後については分からないので、歯茎のケアなどをしっかりとしておかないと歯槽膿漏などによって歯茎が下がってしまうので、歯と歯茎の境目が露出してしまうことがあります。

セラミックという素材は天然の歯よりも硬いのですが、氷などの硬い固形物を何度も噛んでいると破損したり割れてしまうことがあるので、事前のカウンセリングなどに参加をして使用上の注意点を把握しておく必要があります。

この記事に

オールセラミック矯正は比較的新しい技術を使った矯正方法で、輝くような白色の差し歯を使用するので非常に見た目が良く、長期間使用し続けたとしても変色や黄ばみがほとんどないこと、歯垢などの汚れが表面に付着しにくいので虫歯になったりすることがないなどのメリットがあり、また金属アレルギーなどで悩んでいる人などにとっては、金属を使用しないオールセラミック矯正は銀などの金属が溶け出してしまうことが無いので、歯が黄ばんでしまったり、歯茎が黒く変色するなどの金属アレルギーの症状が出ることがありません。

オールセラミック矯正の仮止めはセラミック素材の差し歯を使うので、行われることがないので、他のセラミックを用いた治療法のように、少しの期間を仮止めで過ごして調整することができません。

大阪などでオールセラミック矯正をする場合でもこれに関しては同じで、セラミック製の差し歯を作製したらそのまま装着するので歯を削ることで調整は行いますが、差し歯を仮止めして後から調整することはありません。

セラミック素材は天然の歯よりも硬いので壊れにくいと思われていますが、硬い氷などを無理をして噛んでいると氷の角ばった部分などの強い圧力が一箇所にかかってしまって、セラミック素材が割れてしまうことがあります。

このようなことを防ぐためには事前のカウンセリングなどでしっかりとセラミック素材に関する説明を受けておくことが重要で、アフターケアや定期的な通院の重要性に関しても理解をする必要があります。このことをおろそかにしてしまうと、いざセラミックの差し歯が割れてしまったときに、大慌てで歯科医院を受診して新しいものを作り直して15万円の高額な治療費の請求を受けてしまうことになります。

担当の歯科医としっかりとコミュニケーションを取っておいて、割れたり破損した場合の治療費などに関しての取り決めなどをしておくことで、アフターケアに関する不安がなくなります。



この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事