ここから本文です
積みプラ 賽の河原
ひとつ積んでは父の為〜。プラモ在庫を積み上げ続ける日々の記録。

書庫全体表示

先月発売されたホビー誌にて、驚きの企画が発表されました。
イメージ 1
誰が得するのか、さっぱりわからないですが、エヴァンゲリオンとトランスフォーマーがまさかのコラボ、だそうです。
正直ファン層的にも全く被らないというか、TF好きは別にエヴァ初号機カラーのコンボイなんて欲しくない気がするし、エヴァファンはもっとトランスフォーマーなんて要らないだろうしw
まぁ、一部両方のファンも居ないワケじゃないだろうから、そういう極めてニッチな層を狙っての企画なんでしょうかね?w
 
一般的な知名度としては、日本国内なら圧倒的にエヴァンゲリオンだと思うので、ハリウッドで実写映画が3本も製作されて、今夏には4作目が公開されるワリに、メーカーのマーケティングの下手さもあってイマイチどこまでもマイナー作品から脱却出来無いトランスフォーマーとしては、日本国内のアニメオタク向けだけでも、少しでも知名度を上げようとしての苦肉の策のコラボなのかもしれません。
 
もっとも、トランスフォーマーって、これまで誰とでも寝るクソビッチのキ○ィほどでは無いにしろ、結構いろんなところとコラボ企画ってしてるんですよね。
古くはペプシに始まり、ディズニーやナイキ、アパレルメーカーのBAPEや果てはエグザイル、スターウォーズやマーベルヒーローなんかともコラボしてたりします。
 
そう考えれば、まぁ今回のコラボも、版権的にタカラトミーの枠を飛び越えてしまってるし、ある意味凄いというか、ありえないラインでは無いのかもしれません。
 
しかしまぁ、この告知イラストを見る限りだと、例によってコラボカラーにコンボイを塗るだけ、という非常に安易な、タカラトミーお得意のお金をかけないリペイント商法のニオイがぷんぷんします。
これまでにも前述のペプシ、BAPE、エグザイルなんかでは、初代コンボイのトイをリペイントして限定品として発売してますし。
今回のは、イラストのコンボイのディテールを見る限りだと、どうやらマスターピース2.0準拠のデザインになってるので、マスターピースのお高いリペイント品をネット通販限定で販売する形になるかもですが…。
 
…というワケで、長々と能書き垂れてきましたけど、先日の記事で、エヴァ嫌いを公言してる俺が、なんで今わざわざエヴァの食玩キットなんかを突然作り始めたのか、という理由がこれだったりしますw
 
エヴァカラーのコンボイがコラボ商品で出るなら、コンボイカラーのエヴァもアリじゃね?
 
結構誰でも思いつきそうなネタだから、これは先に作ったもの勝ち!?
 
そう思い立って、食玩ミニプラのエヴァ初号機をちまちまと作り、実は前回記事の後に細部を改造までして、塗装して夕べ完成。
撮った写真を使って、上の告知記事の画像を使いつつ、雑誌を写メったみたいに作ったコラがこちらw
イメージ 2
今日のお昼頃に、こそっとツイッターに投下したところ、なんか物凄い勢いでリツイートされまくってしまい、あっという間に拡散。なんか、自作プラモを使ったコラ、と言いにくい状況に…www
それっぽくする為に、わざと画像を微妙に斜めにしたり、照り返しっぽく白ハイライトを載せたり、解像度をわざわざ下げたりと、小細工を弄したおかげで、一部信じた人も居たっぽいw
よく見ると「かたまりWEB商店」とか、おかしい事書いてるんですけどねーww
 
さすがに1時間ぐらいしてから、ネタバレツイートしましたけどもw
 
でも、ネタバレ込みで今なお拡散が続いてるので、ツイッターって本当怖いですね。
 
マジに受け取った人に「馬鹿にしやがって!」と突撃されて炎上しなくて本当に良かったです。
 
…というワケで、以下詳細画像w
イメージ 3
イメージ 4
オプティマスEVAプライム、前後ろ。基本的には肉抜き埋めたぐらいでほぼ素組みなんですが、コンボイっぽさを出すためにベストメカコレのダイナロボの車輪を脚部に配置、頭部もコンボイの頭部デザインをモチーフにして、初号機から微妙に改造してあります。
両肩のオートボット(サイバトロン)エンブレムは、リプロラベルというトイ用のシールを出してるメーカーが注文時にオマケで配布してる白ラインの両軍エンブレムシールを使用してます。
 
イメージ 5
元のキットの可動範囲が広いので、立て膝も出来ます。ポリパーツ無しの、ABSによるパーツかみ合わせのテンションのみで保持されてる為、実は股関節やら太ももの回転軸やら、そろそろ擦れてクタクタになってきてますがw
イメージ 6
実際に塗ってみて、思ってたより全然違和感が無いのは、コンボイのカラーリングの包容力なのか、エヴァのデザインによるものなのか、どっちなんですかねww
当初はムービー版準拠でファイヤーパターン描いたりも考えたんですけど、面倒くさすぎてやめましたw
その方が情報量は増えるから、よりそれっぽくなるだろうとは思うんですけどね。
イメージ 7
エナジーナイフも装備可能。コンボイではエナジーアックス、エヴァではプログレッシブナイフですが、まぁ混ぜてエナジーナイフって事でww
イメージ 8
胸周りは、形状は弄らずに塗り分けただけなんですが、穴になってる部分を埋めて平らに均して、窓っぽい枠やワイパーをつけたら、もっとそれっぽくなったかもですね。
 
イメージ 9
そしてまさかのトランスフォーム!(爆
ただ座るだけですがw
全然トレーラーキャブには見えないですが、なんとなく劇場版1作目で出てきたプロトフォーム(エントリーフォーム)っぽく見えない事は無いです。
 
イメージ 10
元のキットのギミックとして、アゴ部分を開いて暴走モードにすることも出来ます。
イメージ 12
実写映画版3作目では敵の顔面を剥いで倒す非道の限りを尽くしたオプティマスなので、暴走モードでディセプティコンを食いちぎるのも…アリかも?w
 
イメージ 11
…というワケで、今年最初(?)のネタ作品、オプティマスEVAプライムでしたw

この記事に

開くトラックバック(0)ログインしてすべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事