ここから本文です
当事務所では立川・小平周辺で借金問題について任意整理、自己破産、民事再生などの債務整理を希望される方のお手伝いに力を入れています

エール立川司法書士事務所の萩原です。

本日24日にWBC日本代表が発表されるそうですね。

19選手は既に発表されているので、残る9選手が新たに発表されるとのこと。

事前報道で結構出てしまっているので、ビッグサプライズはないのかもしれませんが、正式発表や背番号が発表されるのは見る側からするとワクワクしますよね。

さて、個人再生をご検討中の方からよく頂くご質問として、

「持家があれば債務整理は個人再生にした方が良いのですか?」

というものがあります。

お返事は、

「家を残すメリットがあるかどうかにもよります。」

です。

個人再生のお手続きをすると、
借金の金額が、
5分の1(最低100万円)

持っている資産の額
のどちらか高い方まで減る、
という効果が得られます。

例えば、
借金の額が600万円

資産価値150万円の車(原則残ローンなし)を持っている
という場合、

600万円の5分の1である120万円

資産である車150万円
を比べると、車の方が高いので、

この場合は、150万円を
原則3年で分割弁済する
という結論になりますね。

毎月の支払額は、
150万円÷36で
4万2000円くらいです。

こう考えると、
もともとあった借金600万円のうち150万円だけ払えば
残りの450万円は免除され、かつ車も残せる、
というとてもありがたい制度が個人再生ですね。

さらに、個人再生には、住宅資金特別条項を付けることができ、
これを付けると、
カードローンは上記のとおり減額され、
住宅ローンは今まで通り支払って持家を守ることができる、
というさらにありがたい制度です。

ということで、持家がある場合は、この住宅資金特別条項付個人再生が第一選択肢になることも多いことと思いますが、そうするかどうかは家を残すメリットがあるかどうか、というところもよく吟味したいところではないでしょうか。

家を残しても、住宅ローンを支払いながらでは生活の再建が難しい場合や、今のライフスタイルからすると、家を売って賃貸住宅に引っ越した方が合理的である場合など、家を手放してしまった方がより良い今後のために資することもありますよね。

ですから、持家=住宅資金特別条項付個人再生というのはあくまでも第一選択肢、ということで、それだけが選択肢とするのではなく、より良い今後のためのより良い選択をしていきましょう。

個人再生について、
ご不明な点やご不安な点が
おありになる方も、
お気軽にご相談頂ければと思います。


お気軽にご相談下さい。

電話受付 午前9時30分〜午後10時 042-533-4711

24時間受付のメール相談 soudan.s@air-tachikawa.com

http://www.air-tachikawa.com 債務整理・自己破産・個人再生・過払い請求の無料相談 立川駅南口徒歩3分 エール立川司法書士事務所
スマートフォンでも見やすい債務整理ページを作りました。
http://www.saimuseiritachikawa.com 借金問題・借金返済・多重債務・過払いの無料相談 立川駅南口徒歩3分 エール立川司法書士事務所

この記事に

エール立川司法書士事務所の萩原です。

大相撲初場所で、大関稀勢の里が優勝し、横綱昇格が決定的になりましたね。

千秋楽で白鵬関にも見事勝ちましたし、文句なしといったところでしょうか。

実現すれば実に19年ぶりの日本出身横綱誕生ということですから、期待して応援したいですね。

さて、自己破産についてご検討中の方からよく頂くご質問として、

「自己破産の申立には家の賃貸借契約書が必要ですか?」

というものがあります。

お返事は、

「必要です。」

です。

自己破産の申立書には、色々と添付書類を付ける必要があるのですが、賃貸住宅にお住まいの方は、その添付書類の中に、家の賃貸借契約書が含まれます。

家の賃貸借契約書は、日頃はあまり使わない書類ですし、家の契約が終わった後は基本的にはあまり目につかないところにしまっていることと思いますが、自己破産の手続には必要なものですので、何とか探して頂ければと思います。

また、公営住宅にお住まいの方などは、都知事等の住宅使用許可書などの形の場合もありますので、その書類で良いのかご不安な場合はお早めにご相談頂ければ幸いです。

なお、賃貸借契約書等を紛失してしまった、という場合は、仲介の不動産業者さんがいらっしゃれば、まずは不動産業者さんに連絡をとって、賃貸借契約書のコピーをもらえないか相談してみて頂ければと思います。

自己破産について、
ご不明な点やご不安な点が
おありになる方も、
お気軽にご相談下さい。


お気軽にご相談下さい。

電話受付 午前9時30分〜午後10時 042-533-4711

24時間受付のメール相談 soudan.s@air-tachikawa.com

http://www.air-tachikawa.com 債務整理・自己破産・個人再生・過払い請求の無料相談 立川駅南口徒歩3分 エール立川司法書士事務所
スマートフォンでも見やすい債務整理ページを作りました。
http://www.saimuseiritachikawa.com 借金問題・借金返済・多重債務・過払いの無料相談 立川駅南口徒歩3分 エール立川司法書士事務所

この記事に

エール立川司法書士事務所の萩原です。

元巨人、ヤンキースの松井秀喜さんが来年でメジャーリーグの野球殿堂入り候補者になるそうですね。

インパクトのある打席はあるものの、純粋なメジャーリーグでの成績を見ると殿堂入りまでは、という声も多いようですが、日本のファンとすると選ばれて欲しいと期待してしまいますよね。

成績だけでなく、品格や貢献度も選考対象だそうですし、少なからずの期待を持って見守りたいです。

さて、自己破産についてご検討中の方からよく頂くご質問として、

「自己破産の依頼をしたことによる督促の停止に期限はあるのですか?」

というものがあります。

お返事は、

「期限はありませんが、長期間経過すると訴えられてしまうことはあります。」

です。

自己破産の手続を含む債務整理のご依頼を頂くと、債権者からご本人宛の督促は停止しますね。

これは貸金業法に定められた貸金業者の義務ですので、いわゆる事務的なタイムラグを除けば、ご依頼後すぐに督促の停止がされます。

これにより、ご依頼者様は一旦平穏な暮らしを取り戻して頂けますね。

一方、この督促の停止という効果は、依頼後何ヶ月間、何年間、という期限があるのか、というと、そういった期限は設けられていません。

ですから、ご依頼後、何ヶ月以内に自己破産の手続を終わらせないと督促が再開するということはありませんね。

しかしながら、自己破産の手続が終わらない限り、督促がない場合でも債権者は債権者であることに変わりはないので、支払の停止後一定期間が経過すると債権者から貸金請求訴訟を起こされてしまうことはあります。

最近では、訴えるまでの期間が、支払停止後4ヶ月から6ヶ月という比較的短期間の債権者も増えてきているように思いますので、自己破産の手続をすると決めたら、どんどん準備をしていって、訴えられてしまうことを予防していくと良いですね。

自己破産について、
ご不明な点やご不安な点が
おありになる方も、
お気軽にご相談頂ければと思います。


お気軽にご相談下さい。

電話受付 午前9時30分〜午後10時 042-533-4711

24時間受付のメール相談 soudan.s@air-tachikawa.com

http://www.air-tachikawa.com 債務整理・自己破産・個人再生・過払い請求の無料相談 立川駅南口徒歩3分 エール立川司法書士事務所
スマートフォンでも見やすい債務整理ページを作りました。
http://www.saimuseiritachikawa.com 借金問題・借金返済・多重債務・過払いの無料相談 立川駅南口徒歩3分 エール立川司法書士事務所

この記事に

エール立川司法書士事務所の萩原です。

本日の報道によると、プロ野球西武のドラフト1位、今井投手がキャンプ1軍スタートに向けて良いスタートを切っているとのことですね。

高卒ドラフト1位でこれほどの評価を受けるのは、ここ最近なかったように思いますが、さすが甲子園優勝投手といったところではないでしょうか。

1月で既にブルペン入りしているので、怪我だけはしないように開幕を迎えて欲しいと応援しています。

さて、個人再生についてご検討中の方からよく頂くご質問として、

「個人再生手続前に生命保険を解約すると問題になりますか?」

というものがあります。

お返事は、

「解約返戻金の金額によっては、個人再生後の支払額に影響があることがあります。」

です。

個人再生のお手続きをすると、
借金の金額が、
5分の1(最低100万円)

持っている資産の額
のどちらか高い方まで減る、
という効果が得られます。

例えば、
借金の額が600万円

資産価値150万円の車(原則残ローンなし)を持っている
という場合、

600万円の5分の1である120万円

資産である車150万円
を比べると、車の方が高いので、

この場合は、150万円を
原則3年で分割弁済する
という結論になりますね。

毎月の支払額は、
150万円÷36で
4万2000円くらいです。

こう考えると、
もともとあった借金600万円のうち150万円だけ払えば
残りの450万円は免除され、かつ車も残せる、
というとてもありがたい制度が個人再生ですね。

そこで、この「資産」に何が含まれるかというと、代表例は以下のものです。
・預金
・保険
・車
・退職金の8分の1
・株
など。

ということで、保険は個人再生手続の支払額を決める基準になる財産に含まれますので、解約しないで個人再生手続を始める場合は、その解約返戻金の金額が財産に計上されます。

一方、個人再生手続を始める前に生命保険を解約して現金化したような場合は、生命保険としては持っていないものの、現預金としては持っているはずなので、基本的には保険としてではなく現預金として財産に計上するというのが裁判所の考え方ですね。

もちろん、解約返戻金を使って各社に平等に返済をしたなどの場合は、財産計上されない可能性もありますが、そもそも個人再生手続は財産処分を前提とした手続ではありませんので、せっかくの生命保険を解約してしまわれる前にまずはご相談頂いて、生命保険を解約せずに進められないか、情報を仕入れて頂ければ幸いです。

個人再生について、
ご不明な点やご不安な点が
おありになる方も、
お気軽にご相談頂ければと思います。


お気軽にご相談下さい。

電話受付 午前9時30分〜午後10時 042-533-4711

24時間受付のメール相談 soudan.s@air-tachikawa.com

http://www.air-tachikawa.com 債務整理・自己破産・個人再生・過払い請求の無料相談 立川駅南口徒歩3分 エール立川司法書士事務所
スマートフォンでも見やすい債務整理ページを作りました。
http://www.saimuseiritachikawa.com 借金問題・借金返済・多重債務・過払いの無料相談 立川駅南口徒歩3分 エール立川司法書士事務所

この記事に

エール立川司法書士事務所の萩原です。

サッカーJ1神戸は三木谷会長主導で元ドイツ代表のポドルスキ選手に接触していることを認めたとのことですね。

地元ドイツの新聞でも移籍の可能性が報じられているのだとか。

素人目に見ると、こういう移籍の話は、話がまとまる前はオープンにしないものであるように思うのですが、このように情報を開示することも駆け引きのひとつなのでしょうかね。

移籍が実現すると良いな、と思って見守りましょう。

さて、自己破産についてご検討中の方からよく頂くご質問として、

「自己破産の依頼後、なかなか書類が集められないとどうなりますか?」

というものがあります。

お返事は、

「債権者から訴えられることもあります。」

です。

自己破産のご依頼を頂くと、ご依頼者様宛の債権者からの督促は止まりますよね。

それまで厳しい督促が続いていた生活がここで落ち着くので、ホッと一息つく、というのはそのとおりですので、まずは一息ついて頂ければと思います。

一方、督促は止まったとはいえ、自己破産の手続をして免責されるまでは負債がなくなったわけではないので、一息ついたら自己破産の手続に必要な準備をしていく必要はありますね。

といっても、なかなか毎日の生活の中に自己破産の手続を組み込んでいけない場合は、書類の準備などがどんどん遅れてしまいます。

そのまま長期間準備が進まないとどうなるか、というと、一定期間が過ぎると債権者から貸金請求訴訟を起こされて、ご自宅に裁判所から訴状が届くこともあります。

どれくらいの期間が経過すると訴えられるかは、各債権者ごとに異なりますが、最近はいくつかの会社が訴えるまでの期間を短く設定してきているように思います。

ですから、概ねご依頼から3〜4ヶ月を目処に書類を集めて頂き、裁判所へ自己破産の申立ができる準備をしていきましょう。

自己破産について、
ご不明な点やご不安な点が
おありになる方も、
お気軽にご相談頂ければと思います。


お気軽にご相談下さい。

電話受付 午前9時30分〜午後10時 042-533-4711

24時間受付のメール相談 soudan.s@air-tachikawa.com

http://www.air-tachikawa.com 債務整理・自己破産・個人再生・過払い請求の無料相談 立川駅南口徒歩3分 エール立川司法書士事務所
スマートフォンでも見やすい債務整理ページを作りました。
http://www.saimuseiritachikawa.com 借金問題・借金返済・多重債務・過払いの無料相談 立川駅南口徒歩3分 エール立川司法書士事務所

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事