ここから本文です
当事務所では立川・小平周辺で借金問題について任意整理、自己破産、民事再生などの債務整理を希望される方のお手伝いに力を入れています

エール立川司法書士事務所の萩原です。

サッカー日本代表はワールドカップアジア最終予選のタイ戦に臨み、4対0で快勝、グループ首位に躍り出ましたね。

この2試合、右サイドで先発した久保選手が多くの特典に絡む大活躍でした!

香川選手、岡崎選手といった従来からの中心選手にも得点が生まれましたし、ベテラン、中堅、若手とうまく融合したチームになってきたのではないでしょうか。

さて、個人再生についてご検討中の方からよく頂くご質問として、

「子どもための学資保険も個人再生の際の資産とされますか?」

というものがあります。

お返事は、

「保険契約の名義がご本人であれば、資産としてカウントされます。」

です。

個人再生のお手続きをすると、
借金の金額が、
5分の1(最低100万円)

持っている資産の額
のどちらか高い方まで減る、
という効果が得られます。

例えば、
借金の額が600万円

資産価値150万円の車(原則残ローンなし)を持っている
という場合、

600万円の5分の1である120万円

資産である車150万円
を比べると、車の方が高いので、

この場合は、150万円を
原則3年で分割弁済する
という結論になりますね。

毎月の支払額は、
150万円÷36で
4万2000円くらいです。

こう考えると、
もともとあった借金600万円のうち150万円だけ払えば
残りの450万円は免除され、かつ車も残せる、
というとてもありがたい制度が個人再生ですね。

そこで、この「資産」に何が含まれるかというと、代表例は以下のものです。
・預金
・保険
・車
・退職金の8分の1
・株
など。

保険は、仮に現時点で解約をしたら返金される解約返戻金の金額で資産の価値が計上されるのですが、この保険は名義が個人再生の申立をされる方のものであれば、基本的にその方の財産として扱われるので、お子さんのための学資保険であっても名義が個人再生の申立をされるお父様のものであれば、個人再生手続上の財産として扱われます。

もちろん、個人再生の場合は財産に計上されるからといって処分されるわけではないので、お手続上、解約されてしまうということはありませんが、長い間契約している学資保険ですと解約返戻金も高額になっていることもありますので、まずは一度、解約返戻金の金額を確認してみて頂けると良いと思います。

個人再生について、
ご不明な点やご不安な点が
おありになる方も、
お気軽にご相談下さい。

お気軽にご相談下さい。

電話受付 午前9時30分〜午後10時 042-533-4711

24時間受付のメール相談 soudan.s@air-tachikawa.com

http://www.air-tachikawa.com 債務整理・自己破産・個人再生・過払い請求の無料相談 立川駅南口徒歩3分 エール立川司法書士事務所
スマートフォンでも見やすい債務整理ページを作りました。
http://www.saimuseiritachikawa.com 借金問題・借金返済・多重債務・過払いの無料相談 立川駅南口徒歩3分 エール立川司法書士事務所

この記事に

エール立川司法書士事務所の萩原です。

春のセンバツ高校野球は、昨日の試合で東海大福岡が早稲田実業を破り、注目の清宮選手の春は2試合で終了ということになりましたね。

注目選手のチームの敗退は残念ではあるのですが、東海大福岡の安田投手の右サイドハンドからのキレのあるボールが勝った、ということでしょうか。

横や下からキレの良い球を投げられるとなかなか打つのも難しい、、ということを考えていたら、自分の最後の試合も相手ピッチャーは左のアンダースローだったことを思い出しました。

さて、自己破産についてご検討中の方からよく頂くご質問として、

「自己破産すると住所名前が掲載される官報で自分の自己破産が知人に知れてしまうことはありますか?」

というものがあります。

お返事は、

「可能性は低いと言って良いと思いますが、ゼロとまでは言えません。」

です。

自己破産の申立をし、破産手続開始決定が出ると、自己破産の申立をした方の住所と名前が官報に掲載されますね。

官報は、政府からのお知らせが多く掲載されている新聞みたいなもので、平日は毎日発行されていますし、インターネットでも数日間は内容を閲覧することが出来ます。

もちろん、官報には自己破産の情報以外にも、法令の改正や企業の決算公告など色々な情報が載っていますし、まだまだ自己破産や個人再生の申立をされる方の数は年間で万を下らないので、ご自身の住所氏名が自己破産の欄に載ったからといって、それがとても目立つということはないと思いますが、それでも公開されている情報である以上、人の目にふれてしまうことはあります。

また、自己破産の情報は概ね裁判所の管轄ごとに官報に掲載されますので、申立の数が多い都市部の裁判所で自己破産の手続をされる方は、地方の裁判所よりも多くの名前の中に紛れ込むという可能性も高まりますね。

そもそも官報を毎日じっくりご覧になっている方というのは、一部の職種の方を除き少ないと思いますので、過度に官報への掲載を意識する必要はありませんが、官報への掲載をきっかけに人に知れてしまう可能性がゼロではない、ということはご理解頂いてお手続をして頂ければと存じます。

自己破産について、
ご不明な点やご不安な点が
おありになる方も、
お気軽にご相談頂ければと思います。


お気軽にご相談下さい。

電話受付 午前9時30分〜午後10時 042-533-4711

24時間受付のメール相談 soudan.s@air-tachikawa.com

http://www.air-tachikawa.com 債務整理・自己破産・個人再生・過払い請求の無料相談 立川駅南口徒歩3分 エール立川司法書士事務所
スマートフォンでも見やすい債務整理ページを作りました。
http://www.saimuseiritachikawa.com 借金問題・借金返済・多重債務・過払いの無料相談 立川駅南口徒歩3分 エール立川司法書士事務所

この記事に

エール立川司法書士事務所の萩原です。

本日の報道によると、サッカーJ3藤枝のシジマールゴールキーパーコーチが現役復帰する可能性があるとのことです。

御年54歳のシジマールコーチが現役復帰となると、J草創期からのファンはアツくなりますよね。

しかし、ブランクもあるでしょうから、実際に試合に出るとなるとハードルは高そうなイメージもありますね。

さて、自己破産についてご検討中の方からよく頂くご質問として、

「自己破産前に作ったデビットカードは使えるのですか?」

というものがあります。

お返事は、

「使えます。」

です。

デビットカードはクレジットカードとは似て非なるもので、クレジットカードが預金残高に関係なく買い物等に使える一方、デビットカードは預金残高の範囲内で買い物等に使えるというものですね。

つまり、クレジットカードの買い物はいわゆる借金で、デビットカードの買い物は自分の預金で物を買っているだけ、ということです。

ということもありますので、デビットカードは自己破産などの債務整理手続をした後であっても使えますね。

借金であるクレジットカードの利用は出来なくなるのとは区別して考えて頂いて大丈夫です。

一方、自己破産の手続では、通帳のコピーを裁判所に出す必要があり、この通帳にデビットカードの利用履歴がたくさん載っている場合は要するに買い物の履歴がそのまま通帳に載っていることになりますから、いついくら使っているのか、ということが裁判所にも分かりやすくなります。

分かりやすくなるのが良いということも出来ますし、目立つのでひとつひとつ説明しなければならなくなるということもありますので、そのあたりも考えながらデビットカードを利用して生活するかを検討して頂ければ幸いです。

自己破産について、
ご不明な点やご不安な点が
おありになる方も、
お気軽にご相談頂ければと思います。



お気軽にご相談下さい。

電話受付 午前9時30分〜午後10時 042-533-4711

24時間受付のメール相談 soudan.s@air-tachikawa.com

http://www.air-tachikawa.com 債務整理・自己破産・個人再生・過払い請求の無料相談 立川駅南口徒歩3分 エール立川司法書士事務所
スマートフォンでも見やすい債務整理ページを作りました。
http://www.saimuseiritachikawa.com 借金問題・借金返済・多重債務・過払いの無料相談 立川駅南口徒歩3分 エール立川司法書士事務所

この記事に

エール立川司法書士事務所の萩原です。

春のセンバツ高校野球は昨日、清宮選手率いる早稲田実業が登場し、明徳義塾に終盤までリードされながらも9回2アウトから同点に追いつき、延長で逆転するというゲームを見せてくれましたね。

試合では9番の野田選手が4打点という活躍でしたし、ラッキーボーイ的な存在になるかもしれませんね。

さて、個人再生についてご検討中の方からよく頂くご質問として、

「土地は親の名義で建物が自分の名義ですが、家を残した個人再生は出来ますか?」

というものがあります。

お返事は、

「建物と住宅ローンの借主の名義がご自身であるご自宅であれば概ね大丈夫です。」

です。

個人再生のお手続きをすると、
借金の金額が、
5分の1(最低100万円)

持っている資産の額
のどちらか高い方まで減る、
という効果が得られます。

例えば、
借金の額が600万円

資産価値150万円の車(原則残ローンなし)を持っている
という場合、

600万円の5分の1である120万円

資産である車150万円
を比べると、車の方が高いので、

この場合は、150万円を
原則3年で分割弁済する
という結論になりますね。

毎月の支払額は、
150万円÷36で
4万2000円くらいです。

こう考えると、
もともとあった借金600万円のうち150万円だけ払えば
残りの450万円は免除され、かつ車も残せる、
というとてもありがたい制度が個人再生ですね。

さらに、個人再生には、住宅資金特別条項を付けることができ、
これを付けると、
カードローンは上記のとおり減額され、
住宅ローンは今まで通り支払って持家を守ることができる、
というさらにありがたい制度です。

この住宅資金特別条項を付けるには、色々と要件があるので、まずはご相談頂きたいところですが、まずチェックするのは家と住宅ローンの名義ですね。

住宅資金特別条項の主な要件としては、

1、自分名義の持家であること

2、そこに住んでいること

3、住宅ローンの抵当権が設定されていること

4、住宅ローン以外の抵当権が設定されていないこと

ですが、1の要件は建物についてですので、建物がご自身の名義であるものの土地が親御様の名義であっても問題なく利用出来ますね。

また、個人再生の申立をされる方が住宅ローンの借主になっていることも要件ですので、ご自身が債務者とされているのか、保証人とされているのかもよく確認をすることが必要です。

カードローンなどを返済可能な金額に減額出来る一方、マイホームは残せる、というありがたい制度である住宅資金特別条項付個人再生ですから、きちんと要件を精査して、利用出来る場合は積極的に利用をしていきましょう。

個人再生について、
ご不明な点やご不安な点が
おありになる方も、
お気軽にご相談頂ければと思います。


お気軽にご相談下さい。

電話受付 午前9時30分〜午後10時 042-533-4711

24時間受付のメール相談 soudan.s@air-tachikawa.com

http://www.air-tachikawa.com 債務整理・自己破産・個人再生・過払い請求の無料相談 立川駅南口徒歩3分 エール立川司法書士事務所
スマートフォンでも見やすい債務整理ページを作りました。
http://www.saimuseiritachikawa.com 借金問題・借金返済・多重債務・過払いの無料相談 立川駅南口徒歩3分 エール立川司法書士事務所

この記事に

エール立川司法書士事務所の萩原です。

サッカーワールドカップアジア最終予選のUAE戦に臨んだ日本代表は、2対0の快勝で難しいアウェー戦を制しましたね。

スタメンで起用された川島選手と今野選手の両ベテランの活躍もあり、長谷部選手の不在をみんなでカバーした感じです。

代表でのブランクがあってもこれだけの活躍を見せてくれるベテラン選手はやはりまだまだ欠かせない存在ですね。

さて、自己破産についてご検討中の方からよく頂くご質問として、

「自己破産の相談に行く前に、返済出来るところは返済しておいた方が良いですか?」

というものがあります。

お返事は、

「督促の厳しさなどにもよりますが、無理をする必要はないように思います。」

です。

自己破産の申立は、全ての債権者に対して負債の免責を求める手続ですので、無事に自己破産の手続が認められると全ての負債の支払義務がなくなります。

ですから、経済的合理性を考えると、これから自己破産の手続を始める、という相談に行く前に、債権者に1回分などの返済をすることはややもったいないことになります。
1回分の返済をしてもしなくても、最終的には支払義務がなくなるということになるからですね。

もちろん、心情的に自己破産の手続に支障が出ない範囲で返済をしておきたい、督促が厳しいので止めたいなど、経済的合理性以外の部分を重視して返済をすることは差し支えないと思いますので、何を重視するかをご検討頂いて決めて頂ければと思います。

自己破産について、
ご不明な点やご不安な点が
おありになる方も、
お気軽にご相談下さい。


お気軽にご相談下さい。

電話受付 午前9時30分〜午後10時 042-533-4711

24時間受付のメール相談 soudan.s@air-tachikawa.com

http://www.air-tachikawa.com 債務整理・自己破産・個人再生・過払い請求の無料相談 立川駅南口徒歩3分 エール立川司法書士事務所
スマートフォンでも見やすい債務整理ページを作りました。
http://www.saimuseiritachikawa.com 借金問題・借金返済・多重債務・過払いの無料相談 立川駅南口徒歩3分 エール立川司法書士事務所

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事