ここから本文です
当事務所では立川・小平周辺で借金問題について任意整理、自己破産、民事再生などの債務整理を希望される方のお手伝いに力を入れています

エール立川司法書士事務所の萩原です。

U16サッカー日本代表は、U16アジア選手権のベスト4に勝ち進み、U17ワールドカップへの出場権を手に入れましたね。

グループステージでは大勝大勝で勝ち進んできましたが、昨日の試合では1対0という緊迫の展開が最後まで続く、という中を勝ち上がりましたから、今後にも期待出来ますよね。

次の目標は大会優勝でしょうから、あと2試合、頑張って欲しいと応援しております。

さて、自己破産についてご検討中の方からよく頂くご質問として、

「自己破産の手続で裁判所に行く日は全て裁判所が決めるのですか?」

というものがあります。

お返事は、

「お手続の中で、最後に行く日は裁判所の指定の日です。」

です。

自己破産の手続がどのような手順で進むのかは、自己破産の手続をする裁判所ごとに異なるのですが、自己破産の手続に破産管財人が付かない場合は、裁判所に行く回数が最も多いところでも3回です。

つまり、破産の申立をする日、裁判官との面接1回目、裁判官との面接2回目、の3回ですね。

この中で裁判所の指定する日は基本的には、最後の裁判官との面接2回目の日です。

破産の申立をする日は自分で選べますから、お休みの日や休みやすい日を選んでいくことが出来ますし、裁判官との面接1回目の日は「毎週何曜日の何時から」というような指定がありますが、その指定の範囲内であれば、ある程度は選ばせてもらえます。

一方、最後の、裁判官との面接2回目の日は、裁判所の指定の日になりますので、余程のことがない限り変更ができない、ということには注意が必要ですね。

それでも、最後に裁判所に行く日は、その日の前2ヶ月くらいの日に指定されますので、何とかご都合をつけて頂いて、裁判所に行けるようにご調整頂ければと思います。

自己破産について、
ご不明な点やご不安な点が
おありになる方も、
お気軽にご相談下さい。






お気軽にご相談下さい。

電話受付 午前9時30分〜午後10時 042-533-4711

24時間受付のメール相談 soudan.s@air-tachikawa.com

http://www.air-tachikawa.com 立川で借金問題(債務整理・自己破産・個人再生)の無料相談 エール立川司法書士事務所

スマートフォンでも見やすい債務整理ページを作りました。
http://www.saimuseiritachikawa.com 借金問題・借金返済・多重債務・過払いの無料相談 立川駅南口徒歩3分 エール立川司法書士事務所

この記事に

エール立川司法書士事務所の萩原です。

U16アジア選手権に出場中のU16サッカー日本代表は、昨日のオーストラリア戦も6対0の大勝でしたね。

昨日の試合はこれまで出番のなかった選手が中心の構成でしたが、それでもこれだけの結果を出せるのは本当に素晴らしい。試合勘は普通はあるものなのでしょうが、控えメンバーも過去2戦、しっかり試合に集中していたということでしょうね。

次はいよいよU17ワールドカップの出場権がかかる試合ですから、しっかり勝って出場権を得て欲しいと応援しております。

さて、自己破産についてご検討中の方からよく頂くご質問として、

「社宅や官舎に住んでいると、自己破産したことが職場にばれやすいですか?」

というものがあります。

お返事は、

「民間の賃貸住宅に比べるとやや可能性は高まるように思います。」

です。

一棟まるごと社宅という物件を所有している会社や官舎に住んでいる自衛官の方に特有の論点として、自己破産の際に官報に掲載される住所が目立ちやすいということが挙げられますすね。

自己破産の申立をすると、官報に住所と氏名が掲載されるのですが、その住所に「○○株式会社社宅」「○○株式会社寮」などが入っていると、その住所も官報に掲載されてしまいます。

官報は基本的にはあまり読んでいる人がいない紙面であるとは思いますが、誰でも購入して読めるものではありますので、職場の方がたまたま読んでしまっているということは可能性が0ではありませんね。

やはり自分の職場などは何となく目を通している書類であっても目に留まりやすいワードですから、住所に社宅名や官舎名が載っている場合は、その他の場合に比べて職場に自己破産をしていることが知れてしまう可能性はやや高まると考えておいた方が良いでしょう。

自己破産について、
ご不明な点やご不安な点が
おありになる方も、
お気軽にご相談頂ければと思います。





お気軽にご相談下さい。

電話受付 午前9時30分〜午後10時 042-533-4711

24時間受付のメール相談 soudan.s@air-tachikawa.com

http://www.air-tachikawa.com 立川で借金問題(債務整理・自己破産・個人再生)の無料相談 エール立川司法書士事務所

スマートフォンでも見やすい債務整理ページを作りました。
http://www.saimuseiritachikawa.com 借金問題・借金返済・多重債務・過払いの無料相談 立川駅南口徒歩3分 エール立川司法書士事務所

この記事に

エール立川司法書士事務所の萩原です。

台風が過ぎ去った朝の立川は風が冷たくなっていて、過ごしやすい朝になっていたような気がします。

そろそろネクタイ締めてジャケットを着る季節になってきそうですが、クールビズに慣れてしまうと装備品を増やすのもなかなか大変ですよね。

とは言っても、いわゆる正装には厳しい業界なので、時と場合に応じた服装をきちんとしたいものです。

さて、債務整理についてご検討中の方からよく頂くご質問として、

「債務整理をしていても家を担保にすればお金が借りられますか?」

というものがあります。

お返事は、

「原則難しいと思います。」

です。

債務整理をすることのデメリットのひとつに、債務整理後しばらくの間はお金が借りられない、ということがありますね。

いわゆるキャッシングだけでなく、分割払いで物を買ったりすることもできなくなると考えておいた方が良いので、このデメリットがあるということが債務整理をするかどうかの判断材料のひとつになるという方も少なくないことと思います。

これは、家を担保にしてお金を借りようとする場合も同じですので、この点には注意が必要ですね。

もちろん、その人にお金を貸すかどうかは、最終的には、審査をして貸出をする会社の判断によりますので、債務整理をしていてもお金が借りられる可能性が全くないとは言えませんが、いわゆる大手企業は信用情報を見て一律に審査をしていることが多いと思います。

ですから、信用情報に債務整理の記録が残っている間に受けられそうな融資の話には、危険がないかをよく判断する必要がありますね。

債務整理について、
ご不明な点やご不安な点が
おありになる方も、
お気軽にご相談頂ければと思います。





お気軽にご相談下さい。

電話受付 午前9時30分〜午後10時 042-533-4711

24時間受付のメール相談 soudan.s@air-tachikawa.com

http://www.air-tachikawa.com 立川で借金問題(債務整理・自己破産・個人再生)の無料相談 エール立川司法書士事務所

スマートフォンでも見やすい債務整理ページを作りました。
http://www.saimuseiritachikawa.com 借金問題・借金返済・多重債務・過払いの無料相談 立川駅南口徒歩3分 エール立川司法書士事務所

この記事に

エール立川司法書士事務所の萩原です。

またも台風が日本列島に迫っておりまして、東京は今夜あたりに直撃の予想になっております。

9月もそろそろ終わるので、これが今年最後の台風と信じたいですよね。。

何にしても、帰宅困難にならないように気をつけて、早め早めの行動をしたいものですね。

さて、自己破産についてご検討中の方からよく頂くご質問として、

「住宅ローンの保証人になっているので自己破産しようとする場合、管財人は付くのですか?」

というものがあります。

お返事は、

「住宅ローンの保証人というだけで破産管財人が付くわけではありません。」

です。

自己破産の手続には同時廃止と個人管財がありまして、個人管財になりますと裁判所から破産管財人が選任されることになりますね。

破産管財人が選任されると、申立人は破産管財人の報酬相当の金額を予納しなければならず、これが数十万円になることから、負担が大きく、個人管財になるのか否かというのは、申立をする側としては重大な関心事です。

住宅ローンがあり、住宅を持ったまま自己破産をするという場合は、オーバーローンでない限り、破産管財人が選任されて、住宅を売却するというのが原則なのですが、住宅ローンの保証人であるだけで、住宅の持分は持っていないなどの場合は、破産管財人が選任されず、同時廃止で進むことも多々あります。

ですから、まずはご相談頂き、破産管財人が付きそうかどうかという点を吟味して、付きそうならば予納金の算段を考え、付かなそうであれば、同時廃止を目指して準備を進めていくというように整理して頂ければ幸いです。

自己破産について、
ご不明な点やご不安な点が
おありになる方も、
お気軽にご相談頂ければと思います。




お気軽にご相談下さい。

電話受付 午前9時30分〜午後10時 042-533-4711

24時間受付のメール相談 soudan.s@air-tachikawa.com

http://www.air-tachikawa.com 立川で借金問題(債務整理・自己破産・個人再生)の無料相談 エール立川司法書士事務所

スマートフォンでも見やすい債務整理ページを作りました。
http://www.saimuseiritachikawa.com 借金問題・借金返済・多重債務・過払いの無料相談 立川駅南口徒歩3分 エール立川司法書士事務所

この記事に

エール立川司法書士事務所の萩原です。

U17ワールドカップを目指すU16日本代表は、昨日のベトナム戦に7-0で圧勝しましたね。

先制の直接フリーキックを決めたのは注目の久保選手でしたが、終了間際に怪我をしたらしく、担架で運ばれてしまいました。

詳細な情報は出てこないので心配ですが、本人も監督も大丈夫、というコメントを出しているので、大丈夫と信じましょう。

しかし、このチームは、監督が元サンフレッチェの森山、コーチが元エスパルスの齊藤、元アントラーズの高桑、とコーチ陣も豪華ですね!

さて、個人再生についてご検討中の方からよく頂くご質問として、

「個人再生の準備をなかなかしない場合は何かデメリットがありますか?」

というものがあります。

お返事は、

「債権者から訴えられる可能性があります。」

です。

個人再生のお手続きをすると、
借金の金額が、
5分の1(最低100万円)

持っている資産の額
のどちらか高い方まで減る、
という効果が得られます。

例えば、
借金の額が600万円

資産価値150万円の車(原則残ローンなし)を持っている
という場合、

600万円の5分の1である120万円

資産である車150万円
を比べると、車の方が高いので、

この場合は、150万円を
原則3年で分割弁済する
という結論になりますね。

毎月の支払額は、
150万円÷36で
4万2000円くらいです。

こう考えると、
もともとあった借金600万円のうち150万円だけ払えば
残りの450万円は免除され、かつ車も残せる、
というとてもありがたい制度が個人再生ですね。

個人再生の申立には申立書に添付する書類の収集などが必要ですし、債権者側からも債権届出を頂く必要がありますので、ご依頼をお受けしてから申立までは、概ね3ヶ月ほど時間がかかります。

もちろん、この期間は、ご本人に書類を集めて頂けないとどんどん伸びていってしまうので、ズルズルといってしまわないように注意したいところですね。

特に、一定の債権者は、返済の停止から4ヶ月くらい経ちますと、貸金の返還を求めて民事訴訟を起こしてくることがありますので、お借入先にそういった債権者がある場合は注意が必要です。

もちろん、個人再生の申立をすれば、多くの債権者が民事訴訟を取り下げてくれるのですが、取り下げてくれない場合もありますので、個人再生の手続をすると決めたらサッと準備を進めていくということが肝要ですね。

個人再生について、
ご不明な点やご不安な点が
おありになる方も、
お気軽にご相談頂ければと思います。


お気軽にご相談下さい。

電話受付 午前9時30分〜午後10時 042-533-4711

24時間受付のメール相談 soudan.s@air-tachikawa.com

http://www.air-tachikawa.com 債務整理・自己破産・個人再生・過払い請求の無料相談 立川駅南口徒歩3分 エール立川司法書士事務所
スマートフォンでも見やすい債務整理ページを作りました。
http://www.saimuseiritachikawa.com 借金問題・借金返済・多重債務・過払いの無料相談 立川駅南口徒歩3分 エール立川司法書士事務所

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事