ここから本文です
当事務所では立川・小平周辺で借金問題について任意整理、自己破産、民事再生などの債務整理を希望される方のお手伝いに力を入れています

エール立川司法書士事務所の萩原です。

本日の報道によると、日米通算安打でメジャー記録を超えたイチロー選手の記録がギネス世界記録に認定された、とのことですね。

とても嬉しいニュースなわけですが、なんとイチロー選手はこれで7つ目のギネス記録になるそうで、これはビックリですね。。

記録もどんどん伸びていくので追いかけたくなりますが、何よりもこの先1年でも長く素晴らしいプレーを見せて欲しいと応援しています。

さて、債務整理についてご検討中の方からよく頂くご質問として、

「最後に返したときから5年が経てば自動的に借金はなくなるのですか?」

というものがあります。

お返事は、

「自動的にというわけではありません。」

です。

ご自身の収入で返済出来る金額を超えた借金が出来てしまった方の中には、その対処に前向きになれず、放置してしまうという方もいらっしゃることと思います。

お借入の問題を放置してしまうことには、訴訟を起こされるリスクや財産を差し押えられてしまうリスクがあるので、基本的にはお勧めをしないのですが、訴訟を起こされずに5年が経過すると消滅時効の制度が利用出来る可能性が出てくる、ということは覚えておきたいところではないでしょうか。

消滅時効の制度とは、一定の権利を有している人がその権利を行使せずに一定期間が経過した場合、その権利を行使することが出来なくなる、というもので、会社が業としてお金を貸している場合の「一定期間」は最後の取引から5年とされています。

この5年の間に、貸金について裁判を起こすなど、時効中断事由とされていることをしない債権者に対しては、消滅時効の主張をすることが出来ますね。

一点注意点としては、消滅時効の制度は自動的に適用されるのではなく、消滅時効の主張をする、という行為が必要で、通常、この主張は内容証明郵便で行います。

この主張をする前に、一部弁済をしたり、返済の猶予の申込をしたりすると、時効の主張が出来なくなることもありますので、ご心配な方はまずはご相談頂き、時効の主張が出来るかどうかを一緒に検討しましょう。

債務整理について、
ご不明な点やご不安な点が
おありになる方も、
お気軽にご相談頂ければと思います。



お気軽にご相談下さい。

電話受付 午前9時30分〜午後10時 042-533-4711

24時間受付のメール相談 soudan.s@air-tachikawa.com

http://www.air-tachikawa.com 債務整理・自己破産・個人再生・過払い請求の無料相談 立川駅南口徒歩3分 エール立川司法書士事務所
スマートフォンでも見やすい債務整理ページを作りました。
http://www.saimuseiritachikawa.com 借金問題・借金返済・多重債務・過払いの無料相談 立川駅南口徒歩3分 エール立川司法書士事務所

この記事に

エール立川司法書士事務所の萩原です。

昨日は、昼頃に予定が当初の目論見よりもだいぶタイトになってしまい、裁判所から駅までダッシュをしたのですが、やはり運動不足なのか、足がついてこない、という現象を体験しました。。

午後は基本的に休み休み移動していたのですが、キャパを超えたダッシュをした影響は夜まで続き、なかなか回復せず、ということに。

知的労働半分、体力勝負半分の司法書士業では、日頃の鍛錬が大事だ、と痛感した1日になりましたので、また体力作りに励みたいと思います。

さて、債務整理についてご検討中の方からよく頂くご質問として、

「携帯電話の本体代金も債務整理の対象に出来ますか?」

というものがあります。

お返事は、

「大丈夫です。」

です。

以前に比べるとそれほど聞かなくなったものの、まだまだあるのが、インターネット上で募集をかけて、連絡をしてきた人に対し、携帯電話やタブレットを買ってくるように指示して、買った携帯電話やタブレットを指定の場所に送らせる、というもの。

もちろん、その対価は払うという触れ込みなのですが、振り込まれる金額は当初聞いていたものよりもかなり安く、二束三文であることも少なくないのだとか。

そして後に残るものは、携帯電話やタブレットの本体代金の分割代金のみ、ということになります。

現代では1台10万円を超えるものも珍しくない携帯電話やタブレットですから、数台買えば数十万になりますので、日々の生活から支出するお金としては少なくないものになります。

また、こうしたいわゆる現金化業者を使うという時点では、クレジットカードの枠も使い切っていることも多いことと思いますので、債務整理をする必要が生じている、ということも少なくないですね。

そこで、こうした携帯電話等の本体代金も債務整理の対象に出来るか、というと、これは大丈夫ですので、ご相談の際にはクレジットカード等の負債と合わせて教えて頂ければと思います。

特に、債務整理の方針が自己破産や個人再生の場合は、お借り入れなどの払わなければならないお金があるところは全て手続に乗せる必要がありますので、裁判所に対する債権者の報告漏れがないように気をつけたいところですね。

債務整理について、
ご不明な点やご不安な点が
おありになる方も、
お気軽にご相談頂ければと思います。







お気軽にご相談下さい。

電話受付 午前9時30分〜午後10時 042-533-4711

24時間受付のメール相談 soudan.s@air-tachikawa.com

http://www.air-tachikawa.com 立川で借金問題(債務整理・自己破産・個人再生)の無料相談 エール立川司法書士事務所

スマートフォンでも見やすい債務整理ページを作りました。
http://www.saimuseiritachikawa.com 借金問題・借金返済・多重債務・過払いの無料相談 立川駅南口徒歩3分 エール立川司法書士事務所

この記事に

エール立川司法書士事務所の萩原です。

プロ野球ヤクルトの由規投手が支配下登録選手に復帰する、との報道がなされていますね。

2軍の試合で、5回2失点と好投して、ストレートも151キロを計測したとのこと。

ダイナミックはフォームから出てくるストレートは本当に素晴らしいものがありますし、故障した後に覚えた変化球もあるようですから、これは期待して応援したいですね!

さて、自己破産についてご検討中の方からよく頂くご質問として、

「年金を滞納していると自己破産出来ないのですか?」

というものがあります。

お返事は、

「大丈夫です。」

です。

負債の返済に追われていると、どうしても督促が厳しい返済を優先にしてしまい、督促の連絡がそれほど頻繁ではないことも多い年金、国民健康保険、税金などを後回しにしてしまう、という方も少なくないのではないでしょうか。

そういうこともあり、債務整理のご相談にお越し頂く方の中には、年金、保険、税金も滞納しておられるという方も少なくありません。

そこで、年金や保険、税金の滞納があると、それらを払い終わるまで自己破産の手続はできないのか、とご心配される方もいらっしゃることと思いますが、これについては大丈夫ですのでご安心下さい。

つまり、年金、保険、税金の滞納があっても自己破産の手続をすることはできる、ということですね。

一方、年金、保険、税金の支払義務は自己破産をしても免責されるわけではないので、自己破産の手続とは別に分納相談をするなどしてお支払いの算段をつける必要がありますから、この点だけはご注意頂ければ幸いです。

自己破産について、
ご不明な点やご不安な点が
おありになる方も、
お気軽にご相談頂ければと思います。







お気軽にご相談下さい。

電話受付 午前9時30分〜午後10時 042-533-4711

24時間受付のメール相談 soudan.s@air-tachikawa.com

http://www.air-tachikawa.com 立川で借金問題(債務整理・自己破産・個人再生)の無料相談 エール立川司法書士事務所

スマートフォンでも見やすい債務整理ページを作りました。
http://www.saimuseiritachikawa.com 借金問題・借金返済・多重債務・過払いの無料相談 立川駅南口徒歩3分 エール立川司法書士事務所

この記事に

エール立川司法書士事務所の萩原です。

本日の報道によると、プロ野球楽天は、コボスタ宮城にメリーゴーランドを設置するとのことですね。

既に観覧車が完成しているところ、さらにメリーゴーランドとは、テーマパーク化へのチャレンジは続く、というところでしょうか。

しかし、野球場+観覧車は良い組み合わせな気もしますので、色々な球場で取り入れられると面白いですよね。

さて、債務整理についてご検討中の方からよく頂くご質問として、

「夫名義のカードを妻が使ったら、債務整理をするのは妻ですか?」

というものがあります。

お返事は、

「カードの名義人であるご主人です。」

です。

親子、夫婦などの間では、自分名義のカードを自分以外が使っているというケースも多いように思います。

その代表例が、ご主人名義のカードを奥様が使っている、というものですね。

専業主婦の奥様は消費者金融等との契約がしにくくなっている、という現状からしても、こういった例は比較的多いように思います。

そうした、ご自身以外の名義での借入が増えていって、債務整理を要するほどまでになってしまった場合、債務整理は誰がしなかればならないのか、というと、これは実際にカードを使っていた人ではなく、カードの名義人がする、ということになりますので、注意が必要ですね。

上記の例で言えば、奥様ではなくご主人が債務整理のお手続をする必要がありますので、ご相談の際には、ご主人がお越し下さいますようお願い申し上げます。

ですから、ご相談の前提として、ご夫婦でのお話し合いをしておいて頂くことが肝要と考えますので、まずは現状把握と今後のご相談をご夫婦の間でして頂ければ幸いです。

債務整理について、
ご不明な点やご不安な点が
おありになる方も、
お気軽にご相談頂ければと思います。







お気軽にご相談下さい。

電話受付 午前9時30分〜午後10時 042-533-4711

24時間受付のメール相談 soudan.s@air-tachikawa.com

http://www.air-tachikawa.com 立川で借金問題(債務整理・自己破産・個人再生)の無料相談 エール立川司法書士事務所

スマートフォンでも見やすい債務整理ページを作りました。
http://www.saimuseiritachikawa.com 借金問題・借金返済・多重債務・過払いの無料相談 立川駅南口徒歩3分 エール立川司法書士事務所

この記事に

エール立川司法書士事務所の萩原です。

本日の報道によると、サッカー日本代表の宇佐美選手がブンデスリーガ、アウクスブルクへの移籍が決まったとのこと。

宇佐美選手は2度目のドイツ移籍ですし、1度目の経験を活かして、今回はレギュラーを取るなどした活躍をして欲しいと応援しています!

しかし、1回目の移籍がバイエルンだった、というのは、今考えても凄いですよね。。

さて、自己破産についてご検討中の方からよく頂くご質問として、

「親が奨学金の保証人だと、自己破産をした旨の通知は親にも届きますか?」

というものがあります。

お返事は、

「届きます。」

です。

日本学生支援機構などの奨学金の多くは、貸付の際に学生の親御さんや親族を保証人としていますね。

そういった状態で借主本人である学生が自己破産をすると、保証人宛に請求が行くので、借主本人が払えなかった分については、保証人が支払義務を負うことになります。

ということで、保証人は将来、自己破産をした借主本人に代わって債権者に支払をしなければならない可能性があるので、自己破産の手続に債権者の1人として組み込んでおく必要があり、債権者一覧には保証人の住所氏名も記載することになっています。

そうなると、裁判所は債権者である保証人にも、自己破産の手続について意見を述べる機会を与えるために、保証人宛に通知を出すことになりますので、保証人になっておられる方には予めこの旨をお伝えしておくことが肝要ですね。

いきなり裁判所から通知が来ると誰しも驚くものですし、今後の支払の相談もしなければならないと思いますから、可能であれば予め保証人の方にはお話を通しておくと良いのではないでしょうか。

自己破産について、
ご不明な点やご不安な点が
おありになる方も、
お気軽にご相談頂ければと思います。






お気軽にご相談下さい。

電話受付 午前9時30分〜午後10時 042-533-4711

24時間受付のメール相談 soudan.s@air-tachikawa.com

http://www.air-tachikawa.com 立川で借金問題(債務整理・自己破産・個人再生)の無料相談 エール立川司法書士事務所

スマートフォンでも見やすい債務整理ページを作りました。
http://www.saimuseiritachikawa.com 借金問題・借金返済・多重債務・過払いの無料相談 立川駅南口徒歩3分 エール立川司法書士事務所

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事