福島かんたん滝めぐり

癒しの滝と風景へ!!! 福島県の滝と近隣県の滝と風景を訪ねて。

全体表示

[ リスト ]

梅雨が開けた途端一気に暑くなりましたね。こんな時は滝の前で涼しくなりましょう。 

約50分ほど歩くと万年雪が見れる新潟県は魚沼市の「荒沢岳 万年雪遊歩道」に行き、3段の滝を見てきました。

名前は「本城の滝」です。
展望台(草の無い斜面)からの風景です。・・・・・・・写真クリックで大きくなります。
イメージ 1



ここは荒沢岳とその周囲からの雪解け水の沢になっていて、例年ですと8月中旬以降にならないと雪渓の雪が溶けず滝を見ることができません。

今年は雪が少なかったこともあり多分見れるんじゃないかということで7月30日に訪れました。

あたりです。過去3度ほど訪れているんですが、その時はいずれも8月中旬から以降でした。その時と同じぐらいの量の雪渓で滝は3段すべて見ることができました。


縦位置で。全景ですね。
正面の連山になっているのが荒沢岳のようです。北向きの斜面でなかなか溶けず、それに山が切れ込んでいるので雪はすべてこの沢に集まるようです。雪渓は正面だけでなく、途中から右の方向の斜面に続いています。
イメージ 2



雪渓をアップで。雪渓から煙が?。いえいえ温度差で水蒸気が霧となって上がっています。滝の上の丸い巨岩はだいぶ前からありますね。転がって落ちないのかな。
イメージ 3



これはポットホールですね。中にある石が小さくなるにはあとどれぐらいの年月がかかるんだろう?

暑い日でしたが展望台(草の無い斜面)には風が吹いてきて、涼しさを通り越し寒いぐらいになります。それで歩きだすとまたものすごい汗が出てくるんです。
イメージ 4



ここに行くには銀山平キャンプ場から入っていきます。ゲートがあり¥200を払って林道に入っていきます。5分も走ると終点いなり、そこから遊歩道になります。

遊歩道といっても登山道と同じで、装備はそれなりに必要です。約50分ぐらいで展望台(草の無い斜面)に着きます。


       −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


キャンプ場の受付のある建物の正面には、ブナの「美女林」があります。

新潟県十日町市の松之山には、超有名な「美人林」がありますが、ここは規模は小さいですがよく似た、スラ〜っとした、ブナの2次林の森です。確かにブナの美女林です。

ちょっと太めになったブナ林は「熟女林」と呼びますか?
イメージ 5


ブナ林の中を遊歩道があります。こういうのって癒されますね。
イメージ 6


上を向いて撮ってみました。それも明るく。
イメージ 7



ここに行くときは、檜枝岐・御池経由で約4時間で銀山平へ。帰りはシルバーラインを通って小出に出て田子倉湖を見ながらの帰途でした。途中は美味しい「へぎ蕎麦」です。このシルバーラインと名付けられたトンネルの真夏はいいですね。必ず涼しくなりますね。

案内図です(新潟県のHPから)
イメージ 8


ーーーーーーーーーーーー2016.7.30−−−−−−−−−−

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

こりゃぁ絶景ですね〜!
雪渓からの3段の滝、、迫力ありますね。

2016/7/31(日) 午後 10:37 つる 返信する

顔アイコン

つるさん、こんばんは。滝前まで行くと冷気とともにしぶきで寒くなってしまいます。また、川沿いに滝前に行くと上部の滝が見えなくなってしまいます。

2016/8/1(月) 午後 7:37 [ きださん ] 返信する

顔アイコン

滝も素晴らしいけど、福島にも美人林と言われる場所があったと知り驚きました。

2016/8/3(水) 午後 0:00 tobetobedokoe2000 返信する

顔アイコン

tobetobedokoe2000さん、こんばんは。勘違いなさらないでください、美人林も美女林も新潟県です。福島県は桧枝岐と只見にあるブナの巨木林です。

2016/8/3(水) 午後 9:23 [ きださん ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事