Sweets♪

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全54ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

お道具大臣

イメージ 1


ずっとインスパイヤーされたままの私💦

「いざ、クグロフ!」と言わんばかりに今日は朝一で実行にこぎつけました

あら、不思議な解放感( ̄ー+ ̄)

やっとのクグロフ妄想から脱出いたしました(笑)

イメージ 2

お菓子の世界に足を踏み入れるとあれやこれやと欲しいものが出てきます

たぶんどなたもはまるであろう焼き菓子の型収集編

私の場合、ジェノワーズの型は12cm、15cm、18cm、21cm

なんと30cmの型まで持ってます(^。^;)

他にはマーガレット、スクエア、マドレーヌ、フィナンシェ、シフォン大中小

パウンド型の大中小、それも2個づつ

大量のお道具に愕然としたあの日・・・でもこのクグロフ型も欲しかった・・・・

この形の可愛さって、他の追随を許さない感じですよね(笑)

イメージ 3

食べれば普通のパウンドと味は変わりません(T▽T)アハハ!

今日はオレンジピール入りの甘酸っぱいケーキです

大の甘党だった主人も歳のせいか以前ほどケーキを食べなくなった昨今

大量の型の収納場所に困りいっそ処分してしまおうかと思ったりもしましたが

今回の様に突然作りたくなるという可能性もあります

まして来月はホワイトデーが控えています

いつまた眠っているお道具に出番が回ってこないとも限りません

ここは一応、自称「お道具大臣」とでも言っておきましょう(笑)

noriranちゃんのおかげで久しぶりに出番が回ってきたクグロフ型

可愛くできました(人''▽`)ありがとう☆




この記事に

開く コメント(12)[NEW]

開く トラックバック(1) [NEW]

イメージ 1

ネギってどうやってストックしてますか?

以前、ネギの記事を書いた時にそんなご質問がありました

「いつか私のネギのストックの方法をご紹介しますね」とお約束した気がするので

どうぞ!これです(笑)

洗って皮をむきジップロックの大きさカットして、すぐ使えるように野菜室に常備してあります

ここ一か月以上ネギのストックを欠かしたこと無し

単純と言われるかもしれませんが、私はネギの効能を固く信じてまだ食べ続けています

そして取り敢えずクラマのインフルに勝利しました<o( ̄^ ̄)o>

イメージ 2

ネギといえばマカロン! 

エ〜〜、そんな馬鹿な・・・思いっきりハテナ?ですよね(笑)

理由は卵白

毎朝、刻んだネギと卵黄をいれた納豆で朝食をとると、否が応でも卵白がたぶついてきます

そこでマカロン登場〜〜☆

ネギとマカロンの強引な因果関係がここで成り立つわけなんです(*≧m≦*)プッ 

イメージ 3

ありゃ、久しぶりに作ったら日焼けサロンに行ったようなマカロンになっちゃいました💦

焼き時間が少し長かったようです

「ホワイデーにはオレ、絶対マカロン持ってくから」

と今日やたら鼻息も荒く宣言するクラマ

ま、卵白消費も大きな私の課題ですからご協力いたしましょう🍁

それよりちゃんとチョコもらえるのかしら?( ´艸`)

イメージ 4

あっ!ネギだ!!

マカロンの写真を撮ろうと思ってパラパラッとめくったフランスの雑誌にネギが!!(笑)

本当にたまたま開いたページがここだったんです

もしかしてマカロンとネギって因果係ありかも?o(*^▽^*)oあはは♪

イメージ 5

簡単そうだったので即実践♪

ネギの焼き色がお手本のほうはこんがりといい感じですが

グリルに突っ込んだだけではこうはいかないみたい

次回はオーブントースターできれいな焼き色を作ろうと思います

というのも、適当に作ったこのソースがバカうまだったから(笑)

フランス語のレシピは理解不能だったので色で推察(*≧m≦*)プッ 

マヨネーズに調味料入りのカレーパウダーを少々、生クリームで濃度を調節しました

これが焼いたネギによく合いました♪

今日はバレンタインデー、ネギとマカロンはまったく関係がないと思われますが

我が家のバレンタインはこんなんです

('-'*)ヨロシク♪


この記事に

開く コメント(17)

時をいつくしむ

イメージ 1

茶こしでお抹茶を濾したら、85度前後のお湯を注ぎ

数字の「1」の字を書くように素早く茶筅を動かします

程よく泡が立ったら今度は泡の表面を撫でるように茶筅を動かし泡のきめを整えたら

「の」の字を書くように泡を撫でながら茶碗の中央からまっすぐにあげます

だったかな?遠い昔の記憶(笑)

イメージ 2

今日は節分、お日柄もよろしく?和の気分満載のお茶会がありました(*^-^)

と申し上げたいところですが実はここ、お菓子教室です

いつものレッスン室のお隣にはそれはそれは素敵な和空間があります

お義父様から譲り受けたという立派なお道具に迎えられて

思わず背過ぎが伸びる思いです

イメージ 3

お点前に使わせていただいたのは

はな先生のお母様がお作りになったという、これまた大変お姿の美しいお茶碗です

色といい、形といい、口当たりの良さそうなその椀の厚み

申し分のないセッティングに言葉もありません🍁

イメージ 4

やっとお菓子教室らしいシーンの登場!(笑)

今日は贅沢に和三盆を使ったサブレとこのダコワーズの2品のレッスンです

サブレは卵黄のみ、ダコワーズは卵白のみ使用

無駄のない効率的な卵の使い方を改めて学習いたしました

イメージ 5

Sable Wasanbon と名付けられた

上品な和三盆の香りと甘さが際立つ上等なサブレです

食べても絶対に太らないという確約があったら

一気に10枚はいける美味しさ(*≧m≦*)プッ 

サクサクッとほおばった後のお抹茶の美味しい事!!

日頃の憂さや悩みも吹き飛ぶといううものです

イメージ 6

このダコワーズ、頂きものの詰め合わせに入っているそこいらへんのものとは

一線を画します"\( ̄^ ̄)

生地は勿論ですがサンドされたクリームが美味しいのです

バターとアーモンドプラリネ(アーモンドをクリーム状にして濃縮したようなもの)

をホイップして挟んであります

でも・・・実を申しますと私はダコワーズがキライなんですε=(>ε<) プーッ!!

でもこのダコワーズはうまい(爆)

美味しいく作ればダコワーズも美味いお菓子でした@@

🌸🌸🌸🌸
お夕飯の前に済ませた豆まき
開け放った窓から見える夜のとばりの奥から
「福は〜うち!鬼は〜そと!」と」亡くなった父の声が聞こえてくるようでした
🌸🌸🌸🌸

楽しい時間はあっという間、気の合うお仲間と過ごす時間は特別です

言うなれば時をいつくしむ、そんなひと時

はなちゃん、大変結構なお点前でした(*^^*)

素敵なはな先生のブログはこちらhttp://hanayonakazawa.lafleur-sweets.com/

ご一緒したキヨミンの今日はこちらですhttp://watakura1.exblog.jp/26375008/


この記事に

開く コメント(11)

開く トラックバック(1)

趣味に乾杯

イメージ 1

お風呂上りに雪山用のカンジキをチェックをするわが夫

「風邪ひくわよ!」という私の声にも聞く耳持たず、ももしき一丁でシュミレーションに余念がありません💦

そして一夜明け、本日早朝の便で北海道に旅経ちました

朝8時半には「札幌に着きました」のライン

極寒の北海道は彼にとってはもう第2の故郷と化しております

3泊4日の鳥見一人旅、どうぞ楽しんでいらっしゃい♪

私も独り身を楽しみます!

イメージ 2

そしてここは春爛漫、暖かい日差しに映えるラナンキュラスが美しい事♡

極寒の豪雪地帯をカンジキ履いてさまよう夫はさておいて

本日、私は快適な環境でお菓子のレッスンを受けてまいりました( ̄皿 ̄)

イメージ 3

今日のシュー生地は砕いたアーモンドを加えた

見た目もゴツゴツとした男らしいシュー、その名もシュー・パリゴー

フランス語でパリゴーというのは「パリ野郎」という意味だそうで

アラン・ドロンというよりはジャン・ギャバンといった風情のシュークリームでしょうか

え? 古すぎて誰だかわかんない?

じゃ、ここは軽く聞き流してくださいε=(>ε<) プーッ!!

イメージ 4

そのジャン・ギャバン出来上がりの図
まだ言ってる( ≧∇≦)ブ

ふんわりとしたシュークリームも美味しいですが、私は断然こっちのほうが好みです

香ばしいアーモンドの風味も相まって最高♪

大変結構なシュー・ア・ラ・クレームでございました

イメージ 5

思えばお菓子を作り始めてかなりの歳月が経ちますが

お教室に通うと毎回新しい発見や、なるほど!と膝を打つこともしばしばです

いつもは顔を真っ赤にしてこういう状態になるまでお鍋の中のシュー生地と格闘するのですが

「みんな大変そうだからハンドミキサーを使います」と はな先生

工エエェェ(´д`)ェェエエ工

さすがでございます!いとも簡単に素晴らしいシュー生地が完成いたしました

今日もまた一つ賢くなった実感あり(笑)

夫はケアシノスリだかエゾナントカを求めて冬の北海道の地にあり

私はシュークリームを作るべく卵黄を泡立てる・・・

ああ、楽しきかなシニアエイジ

趣味に乾杯でございます(*^-゜)vィェィ♪


本日のご指導

仲良しお菓子仲間キヨミンのブログはこちら★★★





この記事に

開く コメント(10)

イメージ 1

いただいたアレンジメントにポインセチアを加えたら一気にクリスマスカラー

唯一ここだけが我が家のクリスマスゾーンです(笑)

イメージ 2

今宵世間は何かとにぎわっているクリスマスイブですが

我が家は夫婦二人のなんの変哲もない、静かなOne  of the 年の瀬 Day

クラマはガールフレンドと門限8時のイルミネーション見学デートに出かけ

息子一家は9CAの庭で友人を招いての冬季バーベキュー

私はとりあえずジイサンの今夜のデザートを作ることにしました

好物のブルーべりータルトです

イメージ 3
 
き〜よし〜こ〜の夜〜♪

必ずクリスマスには耳にするこの「聖夜」

この歌はネズミがいなかったら生まれなかったってご存知でした?

その昔ヨーロッパのある教会でクリスマスの朝

ピアノがネズミにかじられて音が出なくなってしまったそうな

「讃美歌が歌えない!」

と慌てた神父さんが即興で詩を書き、ギターの弾ける友人に作曲を頼んでできたのがこの曲

そして使ったギターのコードはC.G.Fの3つだけ

当日ギターの伴奏で歌ったこの歌は、そのシンプルさが多くの人に受け入れられ

現在に至ると今朝ラジオで聞きました

ネズミの偉業?と言わざるをえませんね(笑)

そしてシニア夫婦二人のブルーベリータルトが出来上がりました(*^-^)

イメージ 4

ここでネタばらし!!実は今日のタルトの土台はKiriのレアチーズタルトなんです

タルトを袋から出してブルーベリーを並べて粉糖をかけただけ

手順がシンプルでしょう?((ヾ(≧∇≦)〃))

とりあえず我が家のイブはこのタルトでごまかします

皆様のお宅のケーキはどんな具合でしょうか?

このタルト、バナナやイチゴや缶詰の栗っていう手もありです

お急ぎのお正月のお客様用にお薦めです

結構おいしいです(#^_^#)

皆様素敵なクリスマスをお過ごしくださいませ🍁

この記事に

開く コメント(15)

全54ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事