ここから本文です
雲三昧 −雲と空の記録と独り言−
雲好き高じて気象予報士(No.6926)に。2016年2月25日7冊目の雲の本「雲の見本帳」発売!

書庫飛行機雲

記事検索
検索

全9ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

[ 次のページ ]

飛行機雲の組織

飛行機雲の組織です。
氷晶が成長して、塊状に丸く垂れ下がるように落ちて膨らんでいます。
同時に周囲にある雲を「食べて」まわりの雲が消えてしまっているのがわかります。
 
イメージ 1
 
イメージ 2

この記事に

開くトラックバック(0)

飛行機雲とハロ

今日は午前10時頃から急速に飛行機雲が発生しはじめ、あっという間に空を埋め尽くしていきました。
 
1枚目の写真は何本も見えている飛行機雲と飛行機雲が広がってできた巻層雲による22°ハロ。放射状に見えていますが、これは単に遠近法でそう見えているだけ。実際はほぼ並行に並んでいます。
 
イメージ 1
 
飛行機雲のラインを横方向から見るとこの通り、ほぼl平行に五線譜のように見えます。
イメージ 2

この記事に

開くトラックバック(0)

今日はさわやかな天気。飛行機雲がたくさんできて広がっていました。
 
写真は発達中の飛行機雲。写真上に伸びているコブ状のかたまりは、飛行機雲が凍結し氷晶化して成長し、落下している状態です。視線方向の関係で写真では上に見えますが、飛行機雲本体より下にあります。
 
イメージ 1

この記事に

開くトラックバック(0)

飛行機雲がどんどんできては消え、、、、その内の一本が広がって環水平アークを作り出していました。
 
イメージ 1
 
イメージ 2

この記事に

開くトラックバック(0)

不安定な天気が続いています。
夕方近くの光景です。
 
イメージ 1
 
イメージ 2

この記事に

開くトラックバック(0)

全9ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事