全体表示

[ リスト ]

Windows 8のWindows転送ツールを使ってWindows XPのデーターや設定を移行する

Windows転送ツールではファイルやフォルダ、電子メールの設定 (連絡先やメッセージ)、プログラムの設定、ユーザー アカウントおよび設定、インターネット アカウントおよび設定、などを移行するのに非常な便利なツールです。

まず、Windows8側で操作します。

Windows転送ツールはすべてのプログラムからシステムツールの中にあります。
起動したら、以下の画面が出ますので、そのまま「次へ」を押します。

イメージ 1

転送方法を選びます。「今回はネットワーク」を選びます。

イメージ 2

「これは新しいPCです」を選びます。

イメージ 3

Windows 8のDVDメディアがある場合は、support\migwizの下のMigsetup.exeがあるのでそれを利用する方法もありますが、プリロードのマシン等でDVDが添付されていない場合には、「今までのPCではWindows XPまたはWindows Vistaを実行しています」を選びます。

イメージ 4

今回はUSBフラッシュドライブをセットし、「USBフラッシュドライバう」を選択します。

イメージ 5

USBフラッシュドライブがセットしたドライブを指定し、OKを押します。

イメージ 6

そのまま、「次へ」を押します。

イメージ 7

この画面が出たら、先ほどのUSBフラッシュドライブを外し、Windows XP側にセットします。

イメージ 8

Windows XP側でセットしたフラッシュドライブの「Windows転送ツール」のショートカットを起動します。

イメージ 9

そのまま、「次へ」を押します。

イメージ 10

「ネットワーク」を選びます。

イメージ 11

「これは今までのPCです」を選びます、

イメージ 12

左下の数字を含め記録します。

イメージ 13

Windows 8側のPCに戻り、先ほどの記録した数字を入力し、「次へ」を押します。

イメージ 14

ファイアーウォールのブロックの警告が出た場合には、「アクセスを許可する」を選びます。
双方のPCの通信が取れると自動的に転送内容の検索が始まります。

イメージ 15

検索が終わると以下のような画面が出ますので転送出来る内容を確認します。
その場合には「ユーザー設定」を選びます。

イメージ 16

以下のような内容が転送できる内容です。
転送したくない項目がある場合にはチェックを外します。
さらに詳しく知りたい場合には、詳細設定を押します。

イメージ 17

以下のようにエクスプローラのような画面が出て送信したい項目にチェックを入れます。
設定が終わったら、保存を押します。

イメージ 18

転送ツールの画面が終わったら、転送を押すと転送が始まります。

イメージ 16

転送が終わったら、転送内容の確認や新しいコンピューターにインストールするプログラムの一覧を参照してください。

Windows 転送ツールは、移行作業を簡単にしかもその指針を手助けしてくれるのでぜひ利用してみてください。

http://x8.koiwazurai.com/bin/ll?10884350s

アフィリエイト   私のおすすめ:
富士通 タブレットパソコン FMV QH77/ J(タッチパネル)(Office Home and Business搭載) STYLESTIC FMVQ77J 返品種別A


オークションアフィリエイト   私のおすすめオークション:

閉じる コメント(0) ※投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。

コメント投稿
名前パスワードブログ
絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

閉じる トラックバック(0) ※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。

トラックバックされた記事

トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。

.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事