信州小諸論壇

平和を脅かす昨今の風潮にストップ!(姉妹ブログ「信州小諸通信」)

全体表示

[ リスト ]

葬式仏教現世事情

  昨年12月に、91歳の母を送り、この1年、何となく、砂を噛むような満たされない日々を過ごすようでした。やっとこの頃、母の部屋を片付ける気が出てきて、日々少しづつ整理を始めたのですが、やはりちょっとしたものでも感慨に耽ってしまう、気の弱い息子になってしまいました。
 
  母一人子一人の家庭にとって、その母を送ることは、予想以上に重荷なものでした。亡くなる前日に、「神さま」と口にしていたのは何だったのか、未だに分からない
イメージ 1
のです。教会に行っていたことから、キリストに対する信仰告白だとも考えられるかもしれません。しかし、戦死した父を靖国に祀って来た母の生き様からすれば、やはり亡夫のもとに行きたかったことでしょう。戦死者の墓には、遺骨も何もないのですが、それでも亡夫と共に入るべき墓を、菩提寺に造っていったのを考えると、とりあえずは亡夫のもとに送るべきだろうと考え、仏式での葬儀をして、形を整えました。90を越えてのお迎えとなれば、今やおめでたいのだからと、身内だけで送ることにし、孫たちと家族葬でつつがなく執行できました。公式にやるとなれば、遺族会など大勢の方が来られることが予想できたのでそれを避け、静かな葬送にしたのでした。まだ小さい曾孫たちもかわいい手を合わせてくれました
 
  ところで、身内の葬送となると、初めてですから、どうしても葬儀業者に相談の上で進めなければならないのです。なるべく質素に、しかし荘厳にと注文をつけて行ったのですが、結局、すべてが終って、掛かった費用が百万円をとうに越えてしまうのでした。特に、寺に対する支払いが予想以上に掛かっています。戒名をもらうためだけに40万円。これでも相場からすると安い方のようです。この上の戒名だと80万円と言われて退けてしまいました。供養読経はまた別です。寺と一体になっていると思われる葬儀社への支払いが、総計で90万円を越えています。他に墓所での納棺に関して20万円ほどになるという状況でした
 
  老齢時代となり、葬儀事業は今盛んのようです。メディアでも葬儀事情を取り上げイメージ 2る機会が増え、問題意識を刺激されますが、やはり一遍は考えてみる必要があると
思いました。人の不幸に付け込んで商売する魂胆には感心できません。公園墓地に墓を移したので、他の墓石を見て回ると、意外にも墓誌に戒名ではなく俗名で刻んであるものが多くありました。墓碑もユニークな工夫を凝らしたものが増えています。都会だけの現象かもしれませんが、確実に時代は変わっているのを知りました。 
                                                        同じ問題意識から、イオンが葬儀関係に掛かる費用について、お布施の目安を公にしたそうですが、寺院からの反対で撤回に追い込まれてしまったとのことです。それによると、読経一式と普通戒名(信士、信女)で25万円、居士大姉戒名で40万円とのこと。だとすると、安いと思っていた母の場合も実際は高かったのかとお口あんぐりです

この記事に

開く コメント(4) ログインしてすべて表示


.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2016 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事