カレー&スパイス伝道師☆ブログ

クッキングスタジオ「サザンスパイス」主宰、渡辺玲のカレーな日常

全体表示

[ リスト ]

7月1日午後3時55分より

 BSTBSでヱスビー食品が提供するスパイスとハーブをテーマにした料理番組『魔法のワンプレート』、本日から毎週計5回、私が担当することになった。

 初回の今日は南インド料理の代表的メニューの1つ「チキン・ペッパー・フライ」と「クミン・ペッパー・ライス」をご紹介する。

 フライというのはこの場合、揚げものではなくマサラ・グレービーの料理、つまりはいつものカレーより濃厚なソースのぜいたくなスパイス煮込みを指す。

 つまり、ブラック・ペパーの利いた南インド風濃厚ソースのチキンカレーである。

 一方のクミン・ペッパー・ライス、現地では「ギー・ライス」と呼ばれる、南インド独特の有名な混ぜご飯の1つだ。

 炊いたご飯に、ギーやバターで炒めたクミン・シード、ブラック・ペパーの粗砕きを混ぜて仕上げる。

 これらを実質3分でご紹介だが、なかなかいい線行っているはず。乞うご期待だ。

 なお、テレビで見られない方は、番組サイトでアーカイヴとして動画閲覧が可能。うれしいことだ。

★『魔法のワンプレート』エスビー食品によるサイト。番組が動画で見られる。
http://www.sbfoods.co.jp/oneplate/

イメージ 1
 グレービー(カレーソース)多めに仕上げた「チキン・ペッパー・フライ」。サザンスパイスにて。

《このブログを書いているときのBGM》
THE ELVIN BISHOP GROUP『PARTY TILL THE COWS COME HOME』(2004)
 1969〜72年、フィルモア・レーベルとエピックに残した3枚のアルバムのオムニバス。この時期、女性ボーカル、ジョー・ベイカーを前面に出した作品はメチャクチャカッコいい。
https://www.youtube.com/watch?v=NrC0CRakEno
 フィルモアでのライヴ。完全に過小評価でしょ。

★本場仕込みのインド料理、簡単でおいしいスパイス料理の教室なら「サザンスパイス」へ!



この記事に

閉じる コメント(1)

 とても楽しみです   チキン・ペッパーフライは渡辺さんの本の中で写真でしか見た事がなかったので渡辺さんが調理をしているのを見るのははじめてです

渡辺さんに質問なのですがよく、“アーンドラ・キッチン”の日替わりに“チキン・ペッパーフライ”がね出ますが南インドのペッパーフライとして同一視を、しても大丈夫でしょうか?たまに、“チキン・チェティナドゥ”と“チキン・ペッパーフライ”を同一視している人がいますけれど、

ペッパーフライとチェティナドゥは違うのは分かるんですけどね…。使用スパイスにも多少違いがありますよね?アーンドラ・キッチンではアーンドラスパイスというの大事にしてますね

2013/7/1(月) 午前 9:31 [ リラックマ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事