ここから本文です
壁、壁、壁の日々
(社)日本山岳ガイド協会認定山岳ガイド

アイルビーバック!

イメージ 1



イメージ 2

 雑踏と混沌はスタミナの証し。

 お菓子がやたら甘いと、その国にはパワーがまだ有り余っている証し。
 
 そんなホンコンに戻ることに、ビビるワタシ・・・(ちょいラップ気味)

 今週末のアジア選手権、ランタウ50k。

 ジワる暑さ、高いロード率、そしてそもそも明らかにパワーが落ちている自分。

 正直、圧倒され気味・・・。若いときだったら楽しかったはずなのに・・・。

 誰か偉い人が書いていた自然体で生きるコツ・・・

「自然体で生きることは実は簡単で、自分が一番認めたくないことを開き直って認めてしまえばよい。」

 なかなか含蓄があるお言葉です。まー別に余裕で認めますけどね。笑

 あなたが認めたくないことはなんですか?(なんだこの気持ち悪いメッセージ性!!?)

 そんなこんなで、楽しんで行ってまいります。

 別にホンコンにばっかり行って、タイガーバームはすべての病気に効く!とか信憑性のないことを自信を持って語る人間になるつもりはないです。(←小学校のときの同級生の実話・・・)

 ちなみに甘いものを食って「甘すぎなくて美味しい!」というセリフは、別に食わなくていいものを食べることで、資本主義経済を回すシステムに組しているからだよね、ということにホンコンのウラ街を歩いていて気が付きました。

 あなたが最近気づいたことはなんですか?(なんだこの気持ち悪いシリーズ!!)

 有名なパティシエの店じゃなくても、身体使ったら甘いものはウマイ!!

 以上!!

 

 

 

 


この記事に

ホンコン、一人旅

イメージ 1

 みんなより一日多く休みをとって、最終日は一人、古道を走って奥地の村を目指した。

イメージ 2

 トレイルから見えた建造中の橋。なんとホンコンとマカオの間の43kをつなぐ橋だという。

イメージ 3

 その名も「大奥=タイ・オー」という漁村に辿り着いた。

イメージ 4

 


イメージ 5

 輸送手段もなかった時代の名残なのか、村の特産品は干物。

 とにかく村全体が魚臭い。そして新鮮な魚介類が安くておいしい。牡蠣、アワビ、ホタテをツマミにビールをいただく。


イメージ 6

 小さなポンポン舟でオバアとオジイが漁に出るスタイル。


イメージ 7

 懐かしいニオイがした。


イメージ 8

 大都会・ホンコンにも、のどかな村が残っていて、少しほっとした。

 野菜や果物の無人販売というシステムとか、日本でしかありえないって聞いたことあったけど、大奥にもありましたよー。笑

この記事に

ホンコンの日々

イメージ 1

 香港のトレイル4大大会のひとつ、オックスファムトレイルウォーカー100K。4人チームで出場してきました。

 私だけ「なぁーにぃ?やっちまったな!!」な結果に・・・。あまりの暑さに40kで潰れ、リタイヤ。

 1名まではリタイヤOKなルールで残った3名でゴールしてくれました。

 個人のレースでもそうですが、3回に1回はまったくエネルギーが生み出されない体調に陥ってしまうワタクシ・・・・。この大事な一戦で、このいつもの持病が・・・・(悲)

 サポートメンバーや応援していただいた方々には本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。できるだけ早くリタイヤすることでしかチームに貢献できなかったことが一番残念です。




イメージ 2

 街もトレイルもなかなかのクセ・・・・。

 
イメージ 3

 福島大会と同じく今回も、キャプテン高橋フォンコンが、チームを笑いだけでまとめてくれました。まとめる気もなんもないのに、なぜか勝手にまとまってしまう・・・やはり恐るべき高橋フォンコンのポテンシャルよ・・・・。


イメージ 4


 リタイヤしてから5時間近く、チェックポイントの仮設ベッドでただただテントの天井を眺めていました。

 学生時代に観た「堕落天使(邦題 天使の涙)」っちゅー香港映画は、終始ツマラナイ内容だったが、ラストシーンだけは今まで観た映画でも有数の切なさと美しさだったと、なぜかそのことばかり思い出してしまったり・・・。

 あー、また懐かしいジャッキー・チェン、サモハンキンポー、ユンピョウの映画なんかも見たいですわー。

 我々世代にはお馴染みなカルチャーも満載のホンコン、ピーチエアーならお手軽価格でひとっ飛びなんで、ぜひ一度訪れる価値はありますよー!

 今回は我々が暑さに順化してなかったからかもしれないが、とにかくトレランのレベルも高い!!




この記事に

イメージ 1


 伊豆の夜。

 シケた安いバンガローで、猪肉を食う・・・・。

 本当の食い物の味がした・・・・。

イメージ 2

 そんなこんなで、慰安旅行・・・じゃなくって東海地区の撮影は無事完了!

 2か月で16コースを撮影。関西版のときよりも、写真はパワーアップしてお届けできそうな感じです・・・・。

この記事に

イメージ 1

 伊豆へ、商店街の仲間と慰安旅行に行ってました!!

 あ、間違えました。

 仕事は商店街カンケーじゃないし、お仕事でした・・・。


イメージ 2

 メンバーはいつものヤローどもでーす!!

イメージ 3

 好きな森は、赤系ですか?

イメージ 4

 それとも黄色系ですか?

イメージ 5

 素晴らしい写真がたくさん撮れました・・・・。

 えーのんは来春発売の「中京・東海トレイルランニングコースガイド」にて。

 






この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事