ここから本文です
ウッドホーンのマルチシステムを構築しています。アクセス22万4千オーバーありがとうございます4

書庫Speaker system

すべて表示

やっと涼しくなってきたので、久しぶりに火を入れる(電源ON) 電源の入れ方は覚えていた。・・・マルチでアンプの数も多いので、少しでもクリック音(ボコツ!)を抑えるため、電源のONとOFFはそれぞれの機器のON、OFFの順番を決めてある。 しかし、音のバランスを少々触ろうとしたら、どこを、どのツマミ調整するのか、忘れていることに気づく。 こういう場合、システム図(接続図)が役立つが、PCの中のデータを探すか、ブログの前記事を探す必要がある。 同じ探すにしてもブログ内に備忘録を残しておくほうが、探しやすい、と思った。 そこで、最新のシステム図を備忘録として残すことにした。 最新のは今年7月のもの。 これに伴う、ケーブルとスピーカーユニット類。

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 4way化とAmp

    2015/2/15(日) 午後 3:56

    SPの構成を変更するのにあたり、これらを繋ぐインターケーブルと駆動パワーアンプも検討してみた。 プリアンプ-チャンデバ間は、VITAL VAM-265(5m)を2008年3月から使用。この5mのは、他にBerden 8412と9 ...すべて表示すべて表示

  • 改良した窪田式アンプ

    2013/10/7(月) 午前 0:40

    先月入手した窪田式モノラルパワーアンプは、快調に良い音で作動していて、とても気に入っていた。 ただ、気になったことが2つ。 一つは、筐体の高さが185mmあって、足の厚みを含めると187mmほどあったこと。 自作して ...すべて表示すべて表示

  • 窪田式反転増幅型MOS-FETアンプ

    2013/9/22(日) 午後 9:24

    今月初めヤフオクをウオッチしていたら、窪田式反転増幅型MOS-FETアンプを自作して出品されている方を見つけた。 窪田式のアンプは、以前より気になっていたが自分で作る自信も技量もない。かといってヤフオクのようなサイトに出品される自作 ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事