ここから本文です
バンコクで生きる!
乾季なのに雨が降る。

書庫全体表示

タイ人が地方に行って買って来てくれたお土産を紹介したいと思います。

ไข่เค็ม カイケム(塩漬け玉子)。郊外のドライブインに行くと何故か必ず売っている・・・。このまま食べるにはしょっぱ過ぎるぐらい「塩味」しかしない。中華おこわや肉まんやお粥やヤムやソムタムに入れて食べると美味しい。・・・けどもらうと割ともてあましてしまう。あまりにも使い道がなかったんでマヨネーズと和えてパンに載せて焼いてみたけど・・・すごーくしょっぱかった。
イメージ 1

ทอดมันปลา トートマンプラー(タイの薩摩揚げ)を串に刺して揚げずに炭火焼にしたもの。これはちょっと日本の竹輪に似た味でなかなか美味しかった。
イメージ 2

หอยดอง ホイ・ドーンบหอยแมลงภู่ ホイ・メンプー(ミドリイガイ)を日本のイカの塩辛みたいに塩漬けにして保存させたもの。私はこれが大好きで、職場の近くのソムタム屋台ではこれを入れたソムタムが大人気。マハーチャイ市場ではこれが沢山売られてたけど、バンコクでは入手困難。
イメージ 3

なんとこれはしらす干し。タイにあるとは知らなかった・・・!味は日本のものよりもかなり塩気が強い。でもしらす干しの味。タイ語の商品名が書いてなくて「อาหารทะเลแห้ง アハン・タレー・ヘン(乾燥シーフード)」としか書いてないけど、恐らくタイ人は魚を干したものはすべて「ปลาแห้ง プラー・ヘン(魚干し)」と呼ぶんだろうな・・・。大根おろしで食べたら美味しかった。
イメージ 4

この木の枝みたいな物は何??最初爪楊枝かと思った。なんと砂糖菓子。味は千歳飴みたい。
イメージ 5

พายสับปะรด パイサッパロッ(パイナップルパイ)。プーケットのお土産。なかに水飴みたいに硬いジャムが入ってる。歯にくっ付く。美味しくない。
イメージ 6

ขนมเต้าส้อ カノム・タオソー。また饅頭系。これは中国の饅頭の味。皮がパサパサ。中の黄豆の餡に塩漬け卵カイケムが混ぜてある。
イメージ 7

ขนมเปี๊ยะ カノム・ピヤ。「見た目メチャクチャ美味しそう!アンパン?」かと思ったら・・・タイのお菓子でした・・・。中国のお饅頭みたいなパサパサの皮の中にロウソクで花の香りをつけた(!)黄豆の餡の中に塩漬け玉子が・・・うぇっ!マッズーイ!トイレの芳香剤のニオイ。すごい見掛け倒し。
イメージ 8

ขนมเปี๊ยะ カノム・ピヤ。またカノムピヤっ!!(これで大体カノム・ピヤって「お饅頭」って意味なのかな?と気付く。日本人もすぐお土産に温泉饅頭とか買ってくるけど・・・どこも同じだね)これは硬い皮の中にまたまた黄豆の餡をギューっと詰めたもの。食感としてはカバンの底で潰れたアンパンを二日ぐらい干したような固さ。日本のお茶菓子でこんなのあったな・・・って思うんだけど・・・。ちょっと違うんだよね。惜しいー。
イメージ 9

หมี่กรอบ ミー・グローップ。これは細米麺をカリカリに揚げて雷おこしのように砂糖で固めたもの。サムンプライ(バイマクルー、唐辛子、ピーナツ、グリンピース)味。「甘いけど辛くて」って味付け、タイ人大好き。・・・これは未だに馴染めない味。
イメージ 10



・・・以上です。

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事