せんじの恋人「沙織」

せんじと沙織の愛の日々の日記

ひな祭りと鍋

イメージ 1

ひな祭りと言うのに、食い気になり鍋をした。
イメージ 2

2人で食べた鍋おいしかった。

この記事に

開く コメント(3)

初詣

今年は元旦から穏やかな日が続いている。
イメージ 1

こんな平穏な日々がどのぐらい続くか不透明だ
イメージ 2

沙織は日の出町の春日神社に参拝した。
イメージ 3

神社の境内では氏子さんたちか作業をしていた。

この記事に

開く コメント(4)

「沙織」人恋し

「沙織」このブログに遊びに来てくれた皆さん今年も応援ありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。
今年、沙織は色々な人とお知り合いになった。そして、触れ合って私達の存在を知ってもらった。そして優しい言葉を掛けていただいた。
そんな皆さんに感謝している。
それだけに、沙織は人と会っていないときは寂しい気持ちをせんじにぶつける。
イメージ 1
皆帰ってしまって寂しいと訴える「沙織」今回は、せんじの胃が痛くなるほど伝わってくる。
せんじも一人で耐えるのには大事である。
胃が痛くて病院にも行けないほどだ。
この二日間フランスから友達がきて、楽しい話をしたのでその反動が大きいようだ。
一日目は、家で二日目は相模湖畔の喫茶店で
イメージ 2
逆光のためこんな雰囲気だったが手でフードを作ると
イメージ 3
フードの効果はてきめん。
暖かかったのでのでテラス席でコーヒーを飲む。
イメージ 4

昔で言えばウインナーコーヒーかな。
香りが強いエチオピアのコーヒー
イメージ 5
暖かなコーヒー良い香りがするね。
イメージ 6
暖かで香りの良いコーヒーは沙織の心を落ち着かせる。
イメージ 7
今日はバターたっぷりトーストもあるのね小麦とバターの香りがいいわ。
イメージ 8
フランスからの友達もカメラでパチリ。
イメージ 9
日陰はやはり寒かった。
イメージ 10
彼女は風景を見ながらこんなにぎやかな日が続けばいいなと思っているようだ。
イメージ 11
沙織はこの景色を見ながら思いに耽っていた。
せんじは心の底で彼女の気持ちを思い涙を流した。
イメージ 12
次の朝は、楽しい一日をありがとうと言ってくれた。

この記事に

開く コメント(5)

沙織の心は秋の空

沙織は僕が屋外でやろうと言ったら拒絶して機嫌が悪くなった。
イメージ 1
いくら言っても機嫌が直らない。
イメージ 2
とうとう彼女は泣き出す始末、なあ、エッチは封印するから。
と言った所でへそを曲げた沙織の機嫌を直すのは大変だ。
そうだあそこに行って機嫌を直してもらおう。
向かったのはキネマ・カンテツ座
イメージ 3
沙織もスタッフの明るい対応で少し気分がよくなったようだ。
イメージ 4
お客さんも気のいい人ばかりで沙織も上機嫌。
イメージ 5
夜には機嫌も直り、封印も解け恋人としての一夜を過ごし。
イメージ 6
秋風に吹かれて楽しかった思い出を語り合った。

この記事に

開く コメント(4)

1、新潟三条キネマカンテツ座にさおりんとさお、ケロロさんのめぐたんと一緒にお邪魔した。イメージ 1
2双子の二人だが優雅に育ったさおりんは何故かゆとりの表情だ。
イメージ 2
3外から覗いてみた。
イメージ 3
4カンテツさんの外観
イメージ 4
メニューの多さには圧倒される。
イメージ 5
中の雰囲気はとってもカジュアル
イメージ 6
最初は端の方で寛いでいたが
イメージ 7
8メニューを見ているさて選んだのは


さばサラです。シンプルだが美味しい一品だ
イメージ 8
さばサラとはさばの缶詰にたまねぎを乗せて混ぜて食べるシンプルだが美味しいイメージ 9
10お客さんに混じって談笑していた。
イメージ 10
11めぐたんはカンテツさんのオリジナルのたれを宣伝していた。

イメージ 11
帰りの関越で地震雲か。当日ニュージーランドで地震があった。

この記事に

開く コメント(1)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事