ここから本文です
こもれび庵
穏やかな1年になりますように〜

京都の雪

数年来の寒波到来で、
イメージ 1

京都もすっぽり雪につつまれました。
イメージ 2

イメージ 3

センター試験、そして15日は女子駅伝もあり

駅伝を支える地元住民やボランティア、当局の熱い想いで

猛吹雪のなか、

イメージ 4

トラブルも事故もなく、

皆様無事完走出来てホントよかったです。

雪の金閣寺は大勢の人で混み合ったとか・・・。

豪雪地帯の方々には申し訳ありませんが、

久しぶりの京都の雪は

ちらつく粉雪とともに、冬の日差しが差し込む今です。

昨夜は、雪で外に出るのをあきらめたおっちゃん(夫)が

マーマレードを作り始めました。
イメージ 5
これから、本格的に寒さが増す寒の入りになります。

立春まで、あと少し、

元気に冬を乗り越えていきましょう。
イメージ 6

この記事に

開くトラックバック(0)

新しい年へ〜

2016年も、残すことあと一日で暮れていき、

この地に越して来て3年目の年の暮れです。

この一年、ノラネコちゃんの小さな命と向き合うことになり
イメージ 8
イメージ 1

この小さな命が愛おしくて、切なくて・・・

イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4

そして1匹の人懐っこいノラネコとの出会いから

新しい家族になったコバン君です。
イメージ 5

グレ(先住ネコ)に嫌がられながらも

しっかりと我が家で、自分の居場所を作った甲斐性あるネコです。
イメージ 6

そんな想い出多い年となりました。

そしてずっと更新出来なかったオサボリの年でもありました。

こんな気まぐれなブログに、

いつも温かい励ましのお言葉を頂き

ありがとうございました。

また来年も変わらずよろしくお願い申します。

そして来る年も

いい年になりますようにと想いを込めて

2016年、さようなら〜〜
イメージ 7

この記事に

我が家のド根性

台風や長雨が続き、そして暑さも残っていた9月も

今日からぐっと冷え込み、秋が深まった京都です。

ホトトギス咲いて、本格的秋へGOでしょうか。
イメージ 2


イメージ 1

なのに、へそ曲がりの我が家の庭では

まだまだマイクロトマトが、
イメージ 3

実をつけて、紅く熟れるには時間がかかりますが

それでも最後の力を振り絞っているようで、愛らしいです。

そして、真打ちは・・・何を思ったのか、

庭の片隅に置きっぱなしの破れたバケツをのぞくと
イメージ 4

まぁナント、垂れ朝顔のこぼれ種が、

2株も芽を出して、小さな蕾までつけています。
イメージ 5

こんなバケツの中で・・・、根性あるね〜、君達! 

朝顔のこぼれ種に元気をもらって、

さぁ、いい秋に巡り会えますように。
イメージ 6

この記事に

開くトラックバック(0)

秋風も

雨や台風と異変続きの9月も

10月へと秋は移っていきます。

おっちゃん(夫)の染工場のある亀岡も、黄金の稲田や
イメージ 1

イメージ 2

あぜ道に行列のごとく咲き誇る曼珠沙華(彼岸花)の

紅にハッと息をのむほど見事な風物詩真っ盛りです。

ノラのシロちゃんも

亀岡の工場で飼うことにして、あれから2ヶ月が経ちました。

工場の階段でマイフェアレディのように
イメージ 3

ポーズをとるシロちゃんです。

夜は無人になるけれど、時々おっちゃんの事務所に来て、

餌をねだったり、シャッターを開けてと言う時もあるそうです。

少しずつ工場にも、おっちゃんにも慣れてきてるようですが、

それはおっちゃんが餌をくれるからで、

職人さんにはまだまだ懐いていませんが・・・


工場にはミツバチもいます。
イメージ 4

おっちゃんはこのミツバチとシロちゃんのために

休日も返上して、工場通いで、

蜜を集めてくれている蜂さんの観察に余念がありません。

私は亀岡の土地で出来る京野菜や、蕎麦が美味しくて、
イメージ 5

イメージ 6

毎週土曜日に、亀岡へ行くのがちょっぴり楽しみなのです。
イメージ 7

イメージ 8

この記事に

開くトラックバック(0)

過ぎゆく季節に庭ネコ

猛暑を通り越した過酷な夏も

9月へと移ろうとしています。

とにかく暑い!!!の京都でした。

我が家の庭も、3年も経つと
イメージ 1

もじゃもじゃになりました。
イメージ 2

季語の「木下闇」を感じるほど、ちょっと不気味?に、

通路からは目隠しになりました。

日当たりが良すぎる庭では
イメージ 3

壬生から引っ越してきた日陰好きの植物が

お日様大好き植物に、すっかり取って変わられ、

そしてこの庭で、数々のネコ物語を見てきたのです。

たった3年しか経っていないのに・・・。

私の何気ない想いが

哀しくも、逞しいネコワールドが日夜展開されたのです。

そのちょっとした想いは、まずミーちゃんに

その日の魚の頭をあげたことから始まりました。
イメージ 4

この庭でつかの間の幸せを夢見たミーちゃん。

そして数匹のネコ変遷を経て
イメージ 8

イメージ 9

イメージ 13

こんな光景も見せられてしまって、
イメージ 5

イメージ 6

この子達の幸せ探しと、責任の重さを痛感するはめになり

最終的に一番幸せを掴んだのは

我が家に来るべくして出会ったコバンと
イメージ 10

シロちゃんが命を削って産んでくれた4匹の仔猫のうち、

ネコエイズ陽性を承知のうえで、
イメージ 11

2匹を迎入れてくださり、幸せをゲットした月見とトロロちゃん。

今はシロちゃん母と、2匹の仔猫は

おっちゃん(夫)の染工場に移住させ、

工場の中で、それなりに居場所を見つけて
イメージ 7

シロちゃんは教育ママを発揮して、元気に暮らしています。

あとのドットさん親子は、

何処で仔猫を産んだのかわかりませんが、

シロちゃんを移住させたあと、

2匹仔猫を連れて我が庭に来たので、

なんとか保護を試みたのですが、

うまくいかず、
ほどなくしてドッドさんは足に怪我をして、

そのあと仔猫も全く来なくなりました。

辛いですが、ノラネコの宿命でしょう・・・。

壬生から一緒に越してきたグレも、

そんなネコたちの庭で繰り広げるバトルを見守り続け

イメージ 12

やがて秋風の季節へと変わっていくのでしょうが

それにしてもまだまだ暑い〜〜〜〜!!
イメージ 14

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事