両国どすこい!チラシ配り公式ブログ

大相撲千秋楽の両国でチラシ配り!マスコミの偏向に気づいてほしい。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

2013年10月06日

←2013年10月5日 | 2013年10月7日→

全1ページ

[1]

イメージ 2
 
ビラを受け取る層は (私の場合)60〜70代くらいが多いかな という感じでした 若くなるほど女性より男性かな 今日は話込まれるパターンが多めでした そういう場合は敵意じゃなくNHKに思う所があるという感じ あとは私達が完全に自発的に自腹なのを驚いた男性が居ました。(まるちゃんさん)
 
★おじいさんから、「後でゆっくり読むからね!」と言って頂きました。また、NHKと言う文字・声を聞いてわざわざ振り返って戻って「ちょうだい!NHKはほんとにひどいよねぇ!」と言ってくださる方もいました!   1月に参加した時より、確実に反応が増えた気がします!良い人たちばかりでした!私の感想ですが、「NHKの・・・」という一言が効いた気がします!言わない時と言った時で反応が違った気がしますね。(Tommyさん)
 
ガード下近くで一人で街宣していました。せっかく両国でやるのだから相撲がらみのトピックを加えようと思い、NHKが朝青龍を叩いた→渋谷のNHK放送センター内に、中国中央電視台(CCTV)の日本支局がある事を話したところ、客待ちのタクシーから運転手が降りてきて、チラシ頂戴とのこと。話を聞いてみると中国が大嫌いとのことでした。仕事中であるにも拘わらず手を止めて、チラシを取って下さったわけで、主催者冥利に尽きますね。本当に嬉しいです。(山猫)
 
タクシードライバーさんが2人、わざわざ降りてきてチラシをもってってくれました。そのうちのお一人は、満洲生まれだと仰ってましたが、慰安婦のこともひどいよねと仰ってました。満洲生まれ、、、最低でも69歳ぐらいですよね。そんな年寄りでもなさそうだったけど、物心つく前に引き上げてきたのかな。詳しく聞けばよかった。(とりぱんさん)
 
打ち上げのちゃんこ鍋屋で。隣のテーブルはお父さんと20代ぐらいの(たぶん)子ども二人。我々のテーブルに立ててあった卓上スタンド型のミニ旭日旗を見て、子どもの一人が「あれ何?」と。お父さんは「あれは旭日旗と言って、大漁旗が元になっていて・・・」と説明していた。帰りしなに、我々に向かって「頑張ってください」と。我々のうち数人がNHK批判のTシャツを着ていたからかも。もしかしたらチラシを受け取ってくれた人だった…?(直樹さん)
 
イメージ 3
 
夕方の帰宅ラッシュの際にチラシを配っていたら、男女三人組みの人たちがチラシを受け取って下さり、『有り難う。チャンネル桜の関係者の方ですか?』と声を掛けられました。そこで私は桜の関係者ではなく、応援団としてチラシを配っていますとお答えしました。そうしたところ、今回の千秋楽の観客の中に、チャンネル桜のことを知っている人が結構いましたよ、とのこと。国技館の中で、私達のチラシを受け取って下さった観客同士で、チャンネル桜のことが話題になっていたなんて、主催者冥利に尽きるというものです。(山猫)
 
 
引き続きガード下で街宣をしていたのですが、後ろからチラシ下さいとの声が聞こえました。振り返ってみると学生服を着た、12歳位の男の子5人組がいました。全員がチラシを下さいとのことなので、話を聞いてみると、近くにあるY学園の生徒さん達でした。前回のチラシ配りでも、ここの生徒さん達は、よくチラシを受け取ってくれたのを憶えています。ひょっとしたら生徒さん達の間で、NHKの番組内容が酷いことが、話題になり始めたのかも知れません。 (山猫)
 
お疲れさまでした☆ 有意義な体験をさせていただきました♪ 私はその前の拉致デモに参加した際 パワさんや山猫さんに お誘いのチラシを頂いて 行ってみようかな、と思い参加してみました♪ 思えばそうやって繋がっていたんですねぇ! 面白いものです^^ 参加の項目に「チラシ折り」とありますが そういうのも興味あります また機会があるようでしたら 宜しくですっ(まるちゃんさん)
 
★2日間で5,6回、背後から「ください」と言われました。なぜ背後から?と思ったけど、あのNHK批判のTシャツを着ていたからかも?ちなみに背中は「NHK職員平均年収1780万円。受信料でボロもうけ どーも♪どーも♪」でしたw(パワ)
 
70代ぐらいの女性。「NHKは変わったわね。昔は商品の固有名詞を出さないようにすごく気を使っていたのに、今は平気で出していて…おかしいわよ」NHKニュース9のトップニュースで韓流タレントの宣伝してた話をしたら、「私、それ見ました」と大きく頷いていて「これ、読むわね」とチラシを持って行ってくれました。(パワ)
 
★今回特筆すべき点の一点目:後ろから声を掛けられることが多かった。これはNHK批判のTシャツを着て配っていたことや、持っていた『NHKがひどい』チラシが、人目をすごく引いた為と思われます。(山猫)
 
イメージ 1
特筆すべき点の二点目:今回、40〜50歳代のお父さん方から、チラシ頂戴と言われることが多かったです。前回(第三回)は、お母さん方からチラシ下さいと言われることが多く、お父さん方から言われることは少なかったと思います。こう言ったお父さん方の中には、『NHKは、その後どうなったの?』と言って下さる方もいて、たぶんこの方は前回もチラシを受け取って、読んで下さった方じゃないかと思います。そろそろ我々のことを憶えて下さっている人たちが、両国場所の観客の中に増えてきたのかも知れません。継続はやはり力になるんだと実感した瞬間でした。(山猫)
 
★受け取った人からの反応
 ・NHKのなにがひどいの?
 ↑説明すると「あぁなるほどね。」との反応が返ってきました。
 ・シリアの問題とか原発とかの話題はしないの?
 ↑あれもこれも説明していくとかえって話がぼやけるのでと説明しています。
 ・あなたたちはどこかからお金をもらってやってるの?(NHKの職員なの?)
 ↑危機感を持ってる個人でボランティアで賄ってると答えると、大変だねぇ
 ・うちの家族がNHKの職員なんです!と睨みつけられました。(だからちょっと答えられないねぇと苦笑されている方もいました)
 ↑あ、是非よろしくお願いします〜と返しています。
 ・知り合いがNHKに勤めているけど、そんなに高給取りじゃないと思うよ。
 ↑平均ですからと伝えると納得されてました。
 あと、NHKの平均収入のプラカードは結構目を引きました。(福留さん)
 
2度ほど、受け取った方から「がんばってください」と言われました。「いえ、もう頑張っている人に頑張って、と言うのもなんだけど・・・がんばってね」と50〜60代ぐらいの女性。ハイ、頑張ります(^^ゞ(パワ)

この記事に

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事