北関東医療相談会のブログ

ジオブログからヤフーブログへ移行しました。

全体表示

[ リスト ]

医療相談会備忘録

皆様へ
6月の医療相談会の報告を致します。
 受診者数 78人(男46名 女32名)
 国籍   18ヶ国
 (ペルー人14人、ブラジル人9名、ネパール8人、ベトナム人7名、バングラ7人、スリランカ人、5人、パキスタン4人、3人:ナイジェリア、イラン、2人:韓国、インドネシア以下1人インド、中国、日本、トルキスタン、メキシコ)
群馬県42(太田市17勢崎市13大泉町10桐生市2
埼玉県13(熊谷市4草加市2越谷市2川越市1所沢市1深谷市1本庄市1戸田市1川越市1)
栃木県12(足利市9佐野市2小山市1
東京都3(江戸川区2福生市1)
茨城県3(坂東市3)
千葉県4(千葉市若松区1我孫子市1八千代市1八街市1
長野県1(松本市1)
当日の対応からイメージ 1
 ・B人 ホームレス 所持金0円
  6月10日頃 足をくじき 骨折 当会に診察に来たので即日当番医の病院へ治療に行く、レントゲンを撮り松葉づえを借りる、当会から診察料金(健康保険がないので10割負担)と松葉づえの借料を負担しました。6月14日に再度受診をさせるも本人が断ってきたので現在は調整中。
 ・日系B人、自国からから日本へ戻ってきたのは6月11日とのこと、機内でエコノミー症候群となった様子、当会から紹介状を出したので6月20日に連絡を取ると入院中であった。紹介状を持ち近くの総合病院へ診察に行き、即入院となり一命を取り留めたとのこと社会保険があったので費用は本人が支払いました。本人から感謝されました。
 ・I人頸椎症で、千葉県八代市在住 仮放免者7月4日に連絡を取ったところほとんど動けない状況であったので初期診察を行えるように準備を始め、診断書を書いた病院へ連絡をとり診療情報提供書を揃えていただいた。
 本人に連絡をして同意書を取り八千代市まで取りに行きます。その時点でMRIの準備をします。
 ・ネパール人、仮放免者 入管に収容されている間に左目を失明、先はわからないが診察の準備を開始する。
 ・612日の太田会場の検査結果が返ってきているのでそちらの作業を優先しました
 
・太田会場にも仮放免者は沢山きました。仮放免者の3割前後は入管中に発症していることのようです。しかし、医者はいても機械的な対応しかしないとの声を良く聞きます。
川口会場の後に越谷のアフリカ人男性が亡くなりました。死因は糖尿病ということで収監中の人達が一斉に心配しだしたのことです。同時に糖尿病でも死ぬという現実に監督する側も気づき注意するようになった、という情報が漏れ聞こえてきています。
人柱が立たなければ注意できない状況に追い込まれている施設、そこには監督側の疑心暗鬼が漂っているこを察することが出来ます。
 
同じように病気を放置することは周囲も鈍感になりやすいのではないだろうか。放射能を放置している福島の垂れ流しも同じように思えます。
 
監督する側が、しっかり病気の管理を行っているとように見えても実態は嘘を言わない、病気は放置すると悪くはなるばかりで良くはならないからです。
 
4月にベトナム人の仮放免者が自殺し亡くなりました。原因はうつ病による忌避行動だと思います。病院にも通っていましたが孤独と病気のことにもっと気を付けていれば死ぬことは無かったと思えます。
5月にも同じようなベトナム人が自殺しました。私たちは、本当はやることがもっとあるような気がします。
 
  どこの国の人もそんなに強くありません。日本の難民問題は遠いヨーロッパやIS国の出来事ではないようです。日本の難民問題はそれ以前に人権を無視され、もっと身近に密かに命を落としているのは間違いないようです。
  管理する側と市民の目線が良く相互理解をおこない、対話するところからはじめなければならないと思います。
どんな形にせよ旅先で命を落とすことが良くないと思います。仮放免者の多くは自国から事情があって出てきているのです。日本にいて命を落とすことのない社会の構築をしなければ本当の意味での多文化共生は無いだろうと思うのです。
 
日本の難民問題は、病気になったら放置することではなく、できるだけ早く医者に診させるという課題ではないだろうか?多くの支援団体は資金的にも人材的にもギリギリで廻しているのが現状です。
 
せめて収監中に病気が発見されて仮放免する人々には健康保険を持たせる配慮があってこそ国家が担う施策ではないだろうか。

反省点、多くの反省がでました。今回も感染症に関して働く側の考え方に温度差があるということとチェックリストの確認がありました。針刺し事故ではないがそれに近い状況があったとの事です。感染症に関しては多くの課題があって当会の実力でこのまま継続して良いのか議論をしていかなければなりません。また、診察する人への配慮が欠けていたように思えます。マスク、アルコール除菌の設置など本当に休み明けの小学生みたいに薄ぼんやりした意識でしていたような配慮の仕方でした。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事