ここから本文です
Ancienne Bicyclette
自転車で幸せになる

書庫全体表示

記事検索
検索

全88ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

Le Miroir des Sports誌
1935年7月25日号
ツール・ド・フランス第16ステージ








ーーー ◇ ーーー ◇ ーーー ◇ ーーー

12〜13ページの続きです。
(茶色の文字が解読結果です。)

イメージ 1

ポーへのステージ よもやま話

−2− ついてないリュオズィ


ニースっ子、ギャビー・リュオズィは、
今回のツールドフランスの間ずっと、信じられない不運に付きまとわれた。

どの山岳ステージでも彼は間違いなくトップクライマーの一人だったが、
同時にどうしようもなくツキのない選手でもあった。

他のどの山岳ステージより厳しいピレネーステージでも、
それは相変わらずだった。


ペルスールド峠で、リュオズィはフェルファッケと共に先頭で通過したが、
その下りで1回目のパンク。

アスパン峠の頂上では、先頭から3分30秒差で通過した直後に再度パンク。
そして、気を取り直して下りはじめて300mで、またパンク。

もう予備タイヤも底をつき、手の施しようがなくなって、
さすがにこの時は、自転車を側溝に落としたまま頭を抱え、
リタイヤを覚悟した。


捨てる神あれば拾う神あり。

その時、心優しいベノア・フォーレが立ち止まり、
ツーリスト・ルーティエクラスのライバルでもあるリュオズィに、
予備のタイヤを投げ渡してくれたのだった。

まるで、溺れる者に浮き輪を投げるように。


(※)Miroir des Sportsではパンクは不運で片づけられてますが、
 Match l'Intranではパンクの様子がいっぱいレポートされています。

イメージ 2
待ちかまえていたかのような手際良さ!
ロマン・マースは、パンクに次ぐパンクでタイヤ交換に追われた。


イメージ 3
ペルスールド峠への登りで、アーシャンボーがパンクでタイヤ交換。
モアノーは一緒に行こうと、向こうでゆっくり走って待っている。


イメージ 4
シルフェーレ・マースは、トゥルマレ峠からの下りでパンクするが、
わき目もふらず必死でタイヤ交換した。


(※)この当時、山岳ステージは舗装されているわけでもなく、
 パンクは不運というよりはむしろ、想定すべき出来事だったようです。
 パンクしないように注意して走るとか、素早くタイヤ交換できることも
 大切なテクニックの一つだったかもしれません。

 単なる想像ですが、もしかすると、
 モレリ、ティアーニなどイタリア勢が勝ったのも、
 Giro d'Italiaで悪路の山岳ステージに慣れていて、
 多少重くても丈夫なタイヤを使っていたというようなこともあったのかも。




−つづく−

この記事に

Le Miroir des Sports誌
1935年7月25日号
ツール・ド・フランス第16ステージ








ーーー ◇ ーーー ◇ ーーー ◇ ーーー

12〜13ページの続きです。
(茶色の文字が解読結果です。)

イメージ 1


ポーへのステージ よもやま話

−1− イタリア勢のしたたかさ


今回のツールで生き残っているイタリア人、
と言うよりアルプスの向こう側の麓の住人、モレリとティアーニ、
どんな時も力を合わせて助け合うこの同郷の二人の追撃者たちが、
まぎれもなく、このリュション−ポーのステージの主役だった。


トゥルマレ峠を過ぎてから、この二人は、
まごついているベルギー勢を置き去りにし、
オービスク峠でトップ通過のボーナスタイムをやすやすと獲得し、
総合順位でもモレリが首位に立つ勢いだった。

イメージ 2

トゥルマレ峠へ向かうモレリ、ティアーニ、シルフェーレ・マース。

(※)これは、Match l'Intranという別の写真スポーツ新聞の同日号です。
 Match l'Intranとは「妥協のない戦い」という意味で、
 近頃の言い方で言うと「絶対に負けられないたたかい」でしょうか。
 見開きが写真ページが60cmもありド迫力なスポーツ新聞です。



ツールのルールで、
大きな峠の頂上をトップで通過した選手は、
2番目に通過した選手との時間差の分、
最大2分までのボーナスタイムを上積みすることができる。


このルールを最大限活用するため、
屈強ティアーニは、オービスク峠で、
相棒モレリを献身的に引っ張った後、峠の手前で自ら数十メートル後退し、
わざとモレリに2分10秒の差をつけさせた。

こうして、モレリは目いっぱいのボーナスタイム2分を手に入れた。


さらにゴールでは、もっと良いコンビネーションを見せた。

峠での1位と2位の差に応じて与えられる最大2分のボーナスタイム、
ステージ勝者に与えられる通常の1分30秒のボーナスタイムの他に、
さらに別のボーナスもある。


今回ツールの全21ステージの各勝者の中で、
2位に最も大きなタイム差をつけた勝者には
1万フラン(※1)の懸賞金が贈られる。

このリュションーポーのステージでの勝利をほぼ手中にした
二人のイタリア人選手は、
名高いこの懸賞金を獲得する千載一遇のチャンスも逃さなかった。


(※1)当時の1万フランはどれくらいなのか調べてみると、
1920年の1フランは約0.16円、戦前の1円は現在の価値で3000〜7000円
らしいので、当時の1万フランは、現在の800万〜1千万円くらいかな?
 また当時、フランス人選手よりイタリア人選手の方が、
1万フランという金額に、より大きな魅力を感じていたでしょう。たぶん。



ティアーニは急ブレーキをかけ、
ひたすら前を向いて進んでいるスプリンターでもあるモレリを
先へ行かせたのだ。

ゴールでは、二人の差は5分10秒となり、
この時点でモレリはあの莫大な賞金を手にする最右翼に躍り出ることになった。


(※)後で山分けする算段だったんでしょうね。


この記事に

Le Miroir des Sports誌
1935年7月25日号
ツール・ド・フランス第16ステージ








ーーー ◇ ーーー ◇ ーーー ◇ ーーー

12〜13ページの続きです。
(茶色の文字が写真の説明文です。)


イメージ 1

ポーの青空のもと、テラスでのひとコマ。
左から右へ、
ベルギー人ディグネフ(※1)と、3人のツーリストルーティエ達、
ファヨル(ニース)、リュオズィ(ニース)、ユベツ(ラン)(※2)。

彼らはデッドラインタイムをオーバーしてポーに到着したが、
コミッショナーによって救済されることになった。


(※1)Antoine Dignef アントワーヌ・ディグネフ
 ベルギー人、個人参加。
 この年から開催されたプエルタ・ア・エスパーニャの第1ステージで勝利。
 したがって、大会史上初めてマイヨ・ロホの袖に手を通した男。

(※2)Georges Hubatz ジョルジュ・ユベツ
 フランス人、ツーリストルーティエ参加


イメージ 2
シャルル・ペリシェ
ピレネーで隠遁生活を決め込んでいた彼は、
スポーツ勘を呼び戻すことができるだろうか?

人気者シャルロ(※3)は、
1929年のツールで最終成績26位、
1930年は8つもステージ勝利を挙げたにも関わらず、
優勝のリュデュック(※4)、マーニュ、グエッラ(※5)らに及ばず9位
1931年は13位、
久々の出場となった今年は、初心に戻って出直しの年のようだ。


(※3)シャルロ
 チャールズ・チャップリンのフランスでの愛称ですが、
 ファーストネームのスペルが同じなので、
 シャルル・ペリシェにも使われたようです。

(※4)André Leducq アンドレ・リュデュック
 フランスナショナルチーム参加

(※5)Learco Guerra  レアルコ・グエッラ
 イタリア人。人間機関車と言われた名選手だそうです。


−つづく−

この記事に

Le Miroir des Sports誌
1935年7月25日号
ツール・ド・フランス第16ステージ








ーーー ◇ ーーー ◇ ーーー ◇ ーーー

12〜13ページです。

イメージ 2

(茶色の文字が写真の説明文です。)


イメージ 1

ピレネーの峠、そしてポーへ、ずっと励まし合ったコンビ
ティアーニはロシアンビリヤードに興じ、
さらに日焼けしたモレリは自分の番を待っている。

(※)キューを立て気味に持っているのがモレリ


イメージ 3

左写真:
アンリ王時代の古都(※1)の当時の二頭立て荷車
アールツは、二頭の牛と遅さ比べを始めた。

右写真:
荷台に乗っかっているのは、左から右へ、
ベルトッコ(※2)、ガルシア(※3)、ベノワ・フォーレ(立っている人)、
ポール・ショック、ジャン・アールツ

(※1)ポーは、アンリ4世の生まれ故郷のようです。
 アンリ4世は、日本でいうと安土桃山時代から江戸時代初期の人物で、
 在位中から現代に至るまでフランス国民の間で人気の高い王の一人
 だそうです。

(※2)Aldo Bertocco アルド・ベルトッコ
 フランス ツーリストルーティエクラス参加

(※3)Manuel Garcia マヌエル・ガルシア
 フランス ツーリストルーティエクラス参加


イメージ 4

ピレネーでの自分の記憶を思い起こしながら、興味津々に記事読む。

左から右へ、3人のツーリスト・ルーティエ選手、
ベノワ・フォーレ、モクレール(※4)、ショック。
モン=ルイ、ピュイモラン、ポリテ・ダスペ峠、アル峠のステージ(※5)の
写真を見ながら思い出している。

(※4)Joseph Mauclair ジョゼフ・モクレール
 フランス ツーリスト・ルーティエ参加
 L’Union Vélocipédique de Reims ランス・ヴェロシペド連合のメンバー
 だそうです。

(※5)一つ前のステージ、第15ステージです。


この記事に

Le Miroir des Sports誌
1935年7月25日号
ツール・ド・フランス第16ステージ








ーーー ◇ ーーー ◇ ーーー ◇ ーーー

10〜11ページの右の④⑤です。

イメージ 1

(茶色の文字が解読結果です。)

[特別配信]ポー、火曜夜
モレリ、リールで39位も、ポーでは2位に躍進


アルプスの向こう側の麓、ネルビアーノっ子のアンブロッジオ・モレリは、
パリでは、イタリアナショナルチームをサポートする個人参加に過ぎなかったが、
過酷なツールを生き残り、
リュション−ポーのステージでは勝利をもぎ取り、
ついにトップに2分57秒差の総合2位につけた。


しかし、このイタリア人アスリートはスロースタートだった。
最初のステージ、パリ−リールで39位、トップから12分遅れだった。

そこから、モレリは総合順位をじりじりと上げる。
シャルルヴィルで20位、メッスで20位、ベルフォールで17位、エヴィアンで15位。


イメージ 2

(※)この年の7月2日号の記事の中にある小さなルートマップです。
 パリから北のリールに向けて出発し、
 そこからベルギー、スイス、イタリアとの国境に沿って南下し、
 時計回りに進みます。
 余談ですが、よく雑誌に綴じ込んであるようなポスターサイズの地図は、
 コレクターに人気があってなかなか手に入りません。


そして、アルプスの最初のステージで大きく飛躍した結果、
エクス=レ=バンでは総合9位につけ、
さらにそこからグルノーブルへのステージでは、
同胞カムッソ(※1)に続いて2位でゴール。


(※1)Francesco Camusso フランチェスコ・カムッソ
 イタリアナショナルチーム
 第7ステージ勝利 第15ステージで棄権
 現役時代はクライマーとして名を馳せたそうです。


そのあたりから、彼は、
スペシェ、カムッソ、シルフェーレ・マース、フェルファッケ達と共闘しながら、
上位4人に残るよう戦法をとった。

これがうまく行って、
ニース、このカドリーユ(※2)のシャッセクロス発祥の地では、
首尾よく6分55秒遅れにまで挽回した。

(※2)男女4組で踊るダンスのことで、
 シャッセクロスはその中の型の一つだそうです。


ピレネーの麓、ペリピニャンではまた14分19秒遅れに後退してしまったが、
この遅れが、たまたまグルノーブルでのタイム差と同じであったのは、
この先また彼の進撃を予感させるようだった。

そしてその予感は、
オービスク峠での神がかった登りとして現実のものとなり、
マイヨジョーヌの運び屋、ロマンマースに2分57秒差に迫り、
彼を慌てさせることになった。


しかし、モレリも若手ではない。もう30歳、ツールも3回目だ。
昨年も、デーニュでは
アントナン・マーニュ、マルターノに次いで総合3位まで詰め寄るも、
最終順位は6位に終わっている。


−まあ見てろって。

これまでの戦いを振り返りながら、彼は言い放った。

−俺はエンジンのかかりが遅いので、
 ツールの最初の数ステージで不調なのはいつものことだし、
 今日2位になったのも驚くほどのことではないよ。

 ツールはまだこれからだ。
 パリに着くときには俺が一番になっているから楽しみにしていろよ。


期待しよう。

JEAN ROUTIER.
ジャン・ルティエ(※3)

(※3)先のレイモン・ユティエと同じく、
 この時代のスポーツジャーナリストです。
 検索してみても、ポツポツと引っかかるのですが、
 著作もあるのかどうかなど詳細は不明です。

この記事に

全88ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事