ここから本文です
Ancienne Bicyclette
自転車で幸せになる

書庫全体表示

記事検索
検索

全89ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

Le Miroir des Sports誌
1935年7月25日号
ツール・ド・フランス第16ステージ








ーーー ◇ ーーー ◇ ーーー ◇ ーーー

12〜13ページの続きです。
(茶色の文字が解読結果です。)

イメージ 1


ポーへのステージ よもやま話

−5− フランスチームの課題













では、われらフランス勢の課題は何だろうか?


みなもう、やる気が失せているかと心配したが、雰囲気は妙に明るい。

彼らはまだ、スペシェがツールの総合優勝者になるかもしれないと、
希望を捨てていないようにも見える。


しかしそれをやってのけるための、マキャヴェリなみの秘策(※1)
あるとも思えない。 全く謎だ!


(※1)裏切りや欺きもいとわないような、
  びっくりする戦略という意味ですね。



ルデュック、ル・グレヴェ、モアノー、ヴィエト、フォントネー、アーシャンボー
と同じように、スペシェまでもが皆一様に、こう言っている。


「まあ見てろって。
 まだ何が起こるかわからないし、みんなもそれを期待しているんだろ。」

イメージ 2
1935年7月2日 第29回ツール・ド・フランス直前号の表紙
フランスナショナルチーム集合写真

イメージ 3
左から、アーシャンボー、(まじめで賢そうな)マーニュ、
(王選手に似た)スペシェ、ルデュック、(クラーク・ケント風の)ドゥベンヌ、
ル・グレヴェ、(男前)ヴィエト、メルヴィエル


イメージ 4
表紙をめくると、各選手の走っている姿が並べられた洒落た誌面



フランスチームの戦略は、
アントナン・マーニュが怪我で戦線離脱した後受け持っているのだが、
選手たちの様子を見ていると有効な手が打てているのか
心配になる。


アーシャンボーは、l’U.V.F.(※2)から推挙されて、
スペシェやル・グレヴェと一緒に、ツール後に、
ブリュッセルで開催されるトラック世界選手権に出場することになっているのだが、
マーニュが特に指導しているはずなのにこんな冗談まで言い出す始末だ。

(※2)l’U.V.F Union Vélocipédique de France
 フランス自転車連合 今のFFCの前身です。



「あーついてない。
 この大会が終わったら釣りにでも行こうと思っていたのに、
 パリまで戻ったらその足で次の大会に出発するんだよ。
 ああ忙しい!」


レイモン・ユティエ


(※)レイモン・ユティエは、
 自国チームの選手たちが、必ずしもツールに集中できていないことを
 嘆いているようです。


この記事に

Le Miroir des Sports誌
1935年7月25日号
ツール・ド・フランス第16ステージ








ーーー ◇ ーーー ◇ ーーー ◇ ーーー

12〜13ページの続きです。
(茶色の文字が解読結果です。)
イメージ 1




ポーへのステージ よもやま話

−4− 休息日


ポーでの休息日は、これまでのものとは様子が違う。

好成績に向けてやる気満々の選手もいれば、
巻き返しが難しく半ばあきらめかかっている選手もいるが、
皆の表情には、おしなべて
文字通り最後の”山場”、それがもう過ぎたという安堵感がうかがわれる。


山岳地は息つく暇もなく、あらん限りの力を振り絞って走らなければならないが、
平地のコースなら、タイムトライアルだろうが、通常のレースだろうが、
消耗も大したことはない。

選手みなにある同じ思いは、今日はひと心地つける日だという事だ。
「やっと、苦しみと畏さから解放された〜。」


山岳地では、命の危機でもなければ、だれも助けてはくれない。

曲がり角で、狭い道で、車体が跳ねたり、滑ったり。
彼らはいつも、転倒の、転落の、
そしてその結果、怪我で競技ができなくなる脅威にさらされている。


あるベルギー選手などは、
ガップの出口、ヴァール峠とアロ峠の手前で、
べそをかきながらもがいているのだ。
一国の代表たる者がここまで苦しんでいるのを見たことがなかった。

イメージ 2

「ウォー! もうやめたい! もうたくさんだ。
 俺には、かみさんも子供もいるんだぞ。
 何かあったらどうしてくれるんだ〜。
 昨日、タイヤ外れが相次いで、頭から血を流して運び出された奴もいたが、
 俺もいつかそうなってしまう!」

とは言え、泣き言の本人は今も元気で走っていて、
大した事故には会っていない。


こんな感じなので、
最後の山場も何とか凌いでポーにたどり着いたという
選手たちのホッとした気持ちはよくわかる。


しかし、ただのんびりムードとは少し違う。
レースの前日は、大抵ワクワクし、目を輝かせ、誇らしげで明るい雰囲気だが、
今日の各チームは決してそうではない。

今この時、残りの5ステージをどのように挑むのか、
それぞれの課題を抱えて、重苦しい空気が漂っている。



ベルギー勢の課題は、チームのまとまりを今一度強めることだが、
それほど案ずることはない。

ロマン・マースが2分57秒の差をつけて総合首位を保っている。
フラマン人選手に先導させて、着々とレースをこなせばよい。

実際、ベルギー勢にはそれほど追い詰められた様子は見受けられない。
山岳ステージを乗り切った今となっては、
平坦なステージにもタイムトライアルにも強いロマン・マースが、
そうやすやすと大敗するとも思えない。


では対するイタリア勢の課題はというと、
自分だけでは何とも解決しづらい、変な問題に直面しているという事だ。

第19ステージの後半、
ロシュ=シュル=ヨンからナントへのコースで
チームタイムトライアルが行われる予定だが、
イタリア選手はモレリとティアーニの二人しか残っておらず、
チームそのものが組めないのだ。

人数が足りないのに、いったいどうしろというのだ?
イタリアの二人の困惑する顔が目に浮かぶ。


これに対しては、
ベルギー、イタリア、ドイツ、そしてフランスのコミッショナーが、
何度も顔を突き合わせて話し合いを重ね、
ドイツ選手、スペイン選手、スイス選手を交代で、
あるいは、
イタリアチームによってピックアップされたツーリストルーティエクラスの選手を
加えることを提案した。


しかしそういうやり方で人数合わせはできるとしても、
二人のイタリア人をはじめ、他の選手やファンは、それで納得できるだろうか?

一番わかりやすいやり方は、
ポー以降に予定されているタイムトライアルステージ全てを無くしてしまう
事のように思う。


ツールのルールを変更することは容易ではないが、
選手が声を上げればよい。

「あのー、私がサインした参加誓約書には
 決められたルールに従い異議は申し立てないと書いてありました。

 でも、ツールに勝つよう全力を尽くせって言うためのルールなんだから、
 今回のタイムトライアルステージのように、
 選手がなんだかなぁと感じるような状況なら
 やめてしまってもいいのではないでしょうか。」

なんてね。 それしかないだろ?


(※)チームタイムトライアルをなくしてしまえという論調のようですが、
 実際にはその後1回のタイムトライアルと2回のチームタイムトライアルが
 おこなわれました。

 しかも第20ステージの第2レースでは、
 急造チームのはずのイタリアのアンブロッジオ・モレリが勝っています。


この記事に

Le Miroir des Sports誌
1935年7月25日号
ツール・ド・フランス第16ステージ








ーーー ◇ ーーー ◇ ーーー ◇ ーーー

12〜13ページの続きです。
(茶色の文字が解読結果です。)
イメージ 1


ポーへのステージ よもやま話

−3− ロマン・マースは叫んだ


リュションをスタートする時、
ツールの事務責任者のリュシアン・キャザリス(※1)は、
ロマン・マースがゼッケンを付けていないのをじっと目で追いかけ、
古風な呼び止め方をした。

「エーラ! 君君!ゼッケンを付け忘れたのか!」


(※1)Lucien Cazalis こんな堅物のイメージの人物だったようです。
Mon Tour de France 1959 : la suite のちょうど真ん中あたりの漫画↓
イメージ 2


小柄なロマン・マースは、乗車したまま若鶏のように上体で向きなおり、
着ているマイヨジョーヌを指でつまんで、笑ったような怒ったような表情で答えた。

「そっちからこの黄色いのを着ろと言われたんだが、
 こいつにまでナンバーが要るのか?」



−4− キャプテンはなんとか首位を守った。

そのロマン・マースだが、
リュション−ポーのステージで彼がマイヨジョーヌを失わなかったのは、
繰り返すようだが、本当に奇跡としか言いようがない。

ベルギーチームのキャプテンである彼は、
前のステージでのくたくたの状態のままで、このレースに臨んでいたからだ。


昨夜もポーで、それを裏付けるような話を耳にした。

バテバテのロマン・マースは、
こっそりサポートカーに引っぱってもらっていたらしく、
間の悪いことに、その様子が写真にしっかり撮られていたというのだ。


ほかにも、
年配の観客の頭の上に空のボトルを置こうとして、
誤って彼の眼鏡を壊し、あやうく事故になりかけたらしい。


これはまあファンサービス、シャッターチャンスサービスの
つもりだったのだろうという事で笑い話で済んだが、
車に引っぱってもらった件については、
コミッショナーとしても大袈裟にはしたなかったものの
写真が撮られてしまった以上放っておくわけにもいかず、
結局、サポートカーにペナルティーが科せられた。


そのサポートカーは、
ジャン・アールツ、シルフェーレ・マース、フェルファッケなど
ロマン・マースと同じフラマン人のための車であり、
ペナルティの内容によっては、さらに自分たちが苦しくなる。


こんな風にロマン・マースが何とか首位にいるのは、
チームメートやスタッフの並々ならぬ支えによるものなのだ。


イメージ 3

(※)ペナルティを受けたサポートカーは、こんなクラシックカーなんでしょうね。



この記事に

Le Miroir des Sports誌
1935年7月25日号
ツール・ド・フランス第16ステージ








ーーー ◇ ーーー ◇ ーーー ◇ ーーー

12〜13ページの続きです。
(茶色の文字が解読結果です。)

イメージ 1

ポーへのステージ よもやま話

−2− ついてないリュオズィ


ニースっ子、ギャビー・リュオズィは、
今回のツールドフランスの間ずっと、信じられない不運に付きまとわれた。

どの山岳ステージでも彼は間違いなくトップクライマーの一人だったが、
同時にどうしようもなくツキのない選手でもあった。

他のどの山岳ステージより厳しいピレネーステージでも、
それは相変わらずだった。


ペルスールド峠で、リュオズィはフェルファッケと共に先頭で通過したが、
その下りで1回目のパンク。

アスパン峠の頂上では、先頭から3分30秒差で通過した直後に再度パンク。
そして、気を取り直して下りはじめて300mで、またパンク。

もう予備タイヤも底をつき、手の施しようがなくなって、
さすがにこの時は、自転車を側溝に落としたまま頭を抱え、
リタイヤを覚悟した。


捨てる神あれば拾う神あり。

その時、心優しいベノア・フォーレが立ち止まり、
ツーリスト・ルーティエクラスのライバルでもあるリュオズィに、
予備のタイヤを投げ渡してくれたのだった。

まるで、溺れる者に浮き輪を投げるように。


(※)Miroir des Sportsではパンクは不運で片づけられてますが、
 Match l'Intranではパンクの様子がいっぱいレポートされています。

イメージ 2
待ちかまえていたかのような手際良さ!
ロマン・マースは、パンクに次ぐパンクでタイヤ交換に追われた。


イメージ 3
ペルスールド峠への登りで、アーシャンボーがパンクでタイヤ交換。
モアノーは一緒に行こうと、向こうでゆっくり走って待っている。


イメージ 4
シルフェーレ・マースは、トゥルマレ峠からの下りでパンクするが、
わき目もふらず必死でタイヤ交換した。


(※)この当時、山岳ステージは舗装されているわけでもなく、
 パンクは不運というよりはむしろ、想定すべき出来事だったようです。
 パンクしないように注意して走るとか、素早くタイヤ交換できることも
 大切なテクニックの一つだったかもしれません。

 単なる想像ですが、もしかすると、
 モレリ、ティアーニなどイタリア勢が勝ったのも、
 Giro d'Italiaで悪路の山岳ステージに慣れていて、
 多少重くても丈夫なタイヤを使っていたというようなこともあったのかも。




−つづく−

この記事に

Le Miroir des Sports誌
1935年7月25日号
ツール・ド・フランス第16ステージ








ーーー ◇ ーーー ◇ ーーー ◇ ーーー

12〜13ページの続きです。
(茶色の文字が解読結果です。)

イメージ 1


ポーへのステージ よもやま話

−1− イタリア勢のしたたかさ


今回のツールで生き残っているイタリア人、
と言うよりアルプスの向こう側の麓の住人、モレリとティアーニ、
どんな時も力を合わせて助け合うこの同郷の二人の追撃者たちが、
まぎれもなく、このリュション−ポーのステージの主役だった。


トゥルマレ峠を過ぎてから、この二人は、
まごついているベルギー勢を置き去りにし、
オービスク峠でトップ通過のボーナスタイムをやすやすと獲得し、
総合順位でもモレリが首位に立つ勢いだった。

イメージ 2

トゥルマレ峠へ向かうモレリ、ティアーニ、シルフェーレ・マース。

(※)これは、Match l'Intranという別の写真スポーツ新聞の同日号です。
 Match l'Intranとは「妥協のない戦い」という意味で、
 近頃の言い方で言うと「絶対に負けられないたたかい」でしょうか。
 見開きが写真ページが60cmもありド迫力なスポーツ新聞です。



ツールのルールで、
大きな峠の頂上をトップで通過した選手は、
2番目に通過した選手との時間差の分、
最大2分までのボーナスタイムを上積みすることができる。


このルールを最大限活用するため、
屈強ティアーニは、オービスク峠で、
相棒モレリを献身的に引っ張った後、峠の手前で自ら数十メートル後退し、
わざとモレリに2分10秒の差をつけさせた。

こうして、モレリは目いっぱいのボーナスタイム2分を手に入れた。


さらにゴールでは、もっと良いコンビネーションを見せた。

峠での1位と2位の差に応じて与えられる最大2分のボーナスタイム、
ステージ勝者に与えられる通常の1分30秒のボーナスタイムの他に、
さらに別のボーナスもある。


今回ツールの全21ステージの各勝者の中で、
2位に最も大きなタイム差をつけた勝者には
1万フラン(※1)の懸賞金が贈られる。

このリュションーポーのステージでの勝利をほぼ手中にした
二人のイタリア人選手は、
名高いこの懸賞金を獲得する千載一遇のチャンスも逃さなかった。


(※1)当時の1万フランはどれくらいなのか調べてみると、
1920年の1フランは約0.16円、戦前の1円は現在の価値で3000〜7000円
らしいので、当時の1万フランは、現在の800万〜1千万円くらいかな?
 また当時、フランス人選手よりイタリア人選手の方が、
1万フランという金額に、より大きな魅力を感じていたでしょう。たぶん。



ティアーニは急ブレーキをかけ、
ひたすら前を向いて進んでいるスプリンターでもあるモレリを
先へ行かせたのだ。

ゴールでは、二人の差は5分10秒となり、
この時点でモレリはあの莫大な賞金を手にする最右翼に躍り出ることになった。


(※)後で山分けする算段だったんでしょうね。


この記事に

全89ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事