ここから本文です
アンダンテ あっち行って ホイ♪
ご訪問、ありがとうございます!

書庫全体表示

「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」で気になっていた事
トラの名前の由来ですが 作中では「川に水を飲みに来た喉の渇いてトラの『サースティー』から
『リチャード・パーカー』になった」
と説明されていました
未読なのですが原作でもそうなのでしょう 原作者はなぜリチャード・パーカーにしたのか?
ちょっと調べてみると
 
19世紀に実際に起こった海難事故「ミニョネット号事件」がヒットしました
イギリスからオーストラリアに向かうヨットが難破し 船長1・船員2・少年給仕1が 救命艇に乗り移り漂流
しかし備品は殆ど無く食糧難に 結果 衰弱していた17歳の少年給仕が殺害され・・・という事件
その少年の名前がリチャード・パーカーでした
ドイツ船に救助された生存者3名は 帰国後殺人罪で裁判にかけられ有罪になりましたが 
衰弱した少年の死を待ってからでは 3人は生き延びられなかった等 世論は同情的な意見も多く
ヴィクトリア女王の特赦で釈放された ということです
 
これを知って やはり シマウマは日本人 オランウータンは母 ハイエナはコックなのだろうか と考えました
トラはパイの心の拠り所となった「神」  
幼い頃に友になれると思ったものの父にたしなめられた「強き物」 人間の感情や感傷を越えた存在として
具体的に彼の前に現れた〜そして実際彼には見えていた存在だと・・・
パイがメキシコに辿りつき 生存が確信できた時 彼に付き添った神は彼の元を去った
この時 彼は具体的な神が見えなくても 既に十分だったのかな?と
 
キリスト教 ヒンドゥ教 イスラム教のどれも信じたかった彼 パイの 
全ての神を体現したのが『リチャード・パーカー』 
パーカーの存在が彼に生きる意欲と様々な知恵を絞る事を要求したし 慰めも与えた
 
これはあくまでもアンダンテの考えたことで 多分 見た人一人一人が それぞれの思いを抱くし
又 その余地が沢山残された作品は 後々まで心に残るのだろうな と思います 
 
「リチャード・パーカーの目に友情を見たんだ」という少年に 言った父の言葉は印象的です
「人間は自分の見たいものを相手に見るんだ」
 
 
 

この記事に

閉じるコメント(20)

  • 顔アイコン

    大体話のあらすじは見えていた。。

    masatopapa

    2013/1/30(水) 午前 10:49

    <<コメントに返信する
  • 顔アイコン

    これね、見終わって何の疑いも無く2番目の話が事実で、最初のストーリーは
    神が極限状態に置かれたパイに見せたもうひとつの真実なのだと思ったのですよ。
    ところが、オージーの友人の受け取り方は全く違ったもので、最初の話が真実で
    2番目は日本人の調査隊のために作った作り話だと受け取ったと…。
    思わず自分のリアリスト振りに凹まされました…

    [ ピアソラ ]

    2013/1/30(水) 午後 1:40

    <<コメントに返信する
  • ああ、マイケル・サンデルの本にミニョネット事件出てました。

    chokobo

    2013/1/30(水) 午後 4:56

    <<コメントに返信する
  • なるほど、トラのネーミングにもそういう裏がありましたか….
    動物への人間の比喩、上手い原作だしアン・リー監督は上手く表現してましたね.個人的にはトラの仕草がまるで猫だなぁ…って(笑).猫パンチやシッポ巻いて逃げ込むシーンなんか、毎日家で観ている…気がします(笑)

    チャコティ副長

    2013/1/31(木) 午前 5:27

    <<コメントに返信する
  • 顔アイコン

    MAsatopapaさん♪
    色々考えさせられます

    アンダンテ

    2013/1/31(木) 午前 10:02

    <<コメントに返信する
  • 顔アイコン

    ピアソラさん♪
    ですよね。ピアソラさんと同じく私も現実主義者?!ストーリー前半の色々な挿話が伏線になっていましたね。
    受け取り方は様々、そこに宗教観(特にないのも含めて)や性格が現れるのでしょう。

    アンダンテ

    2013/1/31(木) 午前 10:04

    <<コメントに返信する
  • 顔アイコン

    chokoboさん♪
    あ、ハーヴァードの教授ですか?どんな教材として使われたのでしょう?

    アンダンテ

    2013/1/31(木) 午前 10:05

    <<コメントに返信する
  • 顔アイコン

    チャコティ副長♪
    原作も凄いのでしょうが未読で
    様々な要素の詰まった話をあそこまで纏め上げる監督の手腕は凄いですよね。

    アンダンテ

    2013/1/31(木) 午前 10:07

    <<コメントに返信する
  • アバター

    そうなんですか〜!
    これはまた、より哲学的宗教的な話ですね〜!
    この話を知っているのと居ないのとでは、映画の感じ方がかなり変わって来ると思います。
    こちらにもTBさせてください(>_<)

    木蓮

    2013/1/31(木) 午前 10:28

    <<コメントに返信する
  • 顔アイコン

    もくれんさん♪
    このリチャード・パーカーの事件を知って、またまた考え込みました。コレを知ってから観たらどうだったのだろう?と。
    TBありがとうございます。

    アンダンテ

    2013/1/31(木) 午前 11:25

    <<コメントに返信する
  • そんなことがあったというのはチラリと聴いていたんですが
    名前の由来と繋がってたんですね。
    面白いですね〜。勉強になりました。

    pu-ko

    2013/2/2(土) 午前 6:19

    <<コメントに返信する
  • コレどちらなんでしょうね。
    リアリストの人はあとの話を信じルんだろうと思ってました。
    そしてそうじゃないと信じなかったっていうのが日本人っていう役がまたうまいなって思ってました。
    日本人てリアリストが多いですものね。
    作者はこのお話も参考にてあの作品になったのでしょうね。
    実は私は最初のお話のほうが好きなのでそっちです。

    ひかり

    2013/2/2(土) 午後 6:48

    <<コメントに返信する
  • 顔アイコン

    pu-koさん♪
    どちらもフィクションにかわりは無いのですが、そこをジックリ考えさせる所が作者、上手いですよね。

    アンダンテ

    2013/2/2(土) 午後 9:57

    <<コメントに返信する
  • 顔アイコン

    ひかりさん♪
    どちらにしても「フィクション」なのですが、どちらかを考えさせることによって、どちらかがノン・フィクション?と錯覚させ考えさせるという意味でも作者は、上手いと思いました。
    結局、どちらでもOKなのだと思います。

    アンダンテ

    2013/2/2(土) 午後 10:00

    <<コメントに返信する
  • 顔アイコン

    「リチャード・パーカー」って人の名前ですから、何かあると思って

    ましたが、そういうことだったんですか?どうしても原作が読みたくて

    先日、図書館へ行ったら予約2人待ちでした。やはり映画を見た人で

    読みたくなった人がいたんですね。

    [ phk*m7*9 ]

    2013/2/22(金) 午後 2:30

    <<コメントに返信する
  • 顔アイコン

    phk*m7*9 さん♪
    原作者が、どこまで意図していたかは不明ですが、知れば知るほど判らなくなるようにも思います。コメントありがとうございます。

    アンダンテ

    2013/2/23(土) 午前 0:12

    <<コメントに返信する
  • 顔アイコン

    原作と名前が違うんですね〜。
    しかもそういう背景があったとは知って良かったです♪
    ありがとうございました☆

    かず

    2013/4/29(月) 午前 7:02

    <<コメントに返信する
  • 顔アイコン

    かずさん♪
    いろいろと想像させられました。それが狙いだったのでしょうが、しっかり嵌っりました!
    こちらへもTBありがとうございました。

    アンダンテ

    2013/4/29(月) 午前 10:53

    <<コメントに返信する
  • 顔アイコン

    そこまでの意味が隠されていたんですね。奥が深い映画ですね。

    shi_rakansu

    2013/8/29(木) 午後 9:38

    <<コメントに返信する
  • 顔アイコン

    シーラカンスさん♪
    実際の所はどうなんでしょうね?でも、様々な出来事が伏線となって後半に活きていたので、色々考えさせられました。答えは出ないんですが(苦笑)

    アンダンテ

    2013/8/29(木) 午後 11:40

    <<コメントに返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

閉じるトラックバック(2)

トラックバックされた記事

  • 『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』 不思議なストーリーをリアルにした映像

    先週末から公開の『 ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 』をIMAX3Dで観てきました! せっかく地元にIMAXシアターを作ってくれたので、IMAX上映の映画はなるべくIMAXで観ようかなと。 『 スター・トレック イントゥ・ダークネス 』冒頭10分間の予告も観れますしね( ̄∀ ̄*)イヒッ                   LIFE OF PI       2012年 127分 あらすじ: 小説のネタを探していたカナダ人...

    No Movie, Not My Life!

    2013/1/31(木) 午前 10:28

  • ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日

        なぜ少年は、生きることができたのか。         ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日         インドのポンディシェリで動物園を経営していたパテル一家は、カナダのモントリオールに移り住むことになる。   ところが16歳の少年と両親、多くの動物たちを乗せた貨物船は、...

    ちょいと一休み♪

    2013/4/29(月) 午前 7:02

トラックバック先の記事

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事