マスイってナニ?

麻酔に関係した意外にまじめな話

全体表示

[ リスト ]

CRPS 痛みの悪循環

 
CRPS
 
複合性局所疼痛症候群
は原因も治療法もよくわからない。
そもそも診断されている人達が
本当に同じ病気かもよくわからない。
 
そんな病気なので
治療法は
あらゆるペインクリニックの
知識をもって
いろいろ試すしかありません。
 
ですから
一番ペインクリニックっぽいです。
 
よく言われるのが
 
痛みの悪循環という言葉です。
 
痛みは病気になった時の警報機です。
 
体が悲鳴をあげれば
痛くなり
体を休めようとします。
 
病気が治れば
警報機はオフになり
痛みがなくなります。
 
これが通常の反応です。
 
ですから
たとえば
急性の病気を考えると
 
風邪やインフルエンザにかかっても
普通の人は1週間くらいで
回復しますから
 
発熱や関節痛などの
つらい症状も
生体の反応としては必要な
正しい反応なので
放っておけばいいわけです。
 
理屈でいえば
家で寝ていれば
勝手に治るわけです。
 
でも
普通の人は放っておくと
痛くてだるくてつらいので
風邪薬とか解熱薬とか使うと
かなり楽になることをみんな知っているし
もし風邪じゃなかったら
どうしようって心配するから
病院に行くのだと思います。
 
数年前に
新型インフルエンザが騒がれたときに
家内が高熱でものすごく具合が悪くなりました。
 
家内は家族に医療関係者がいることを考慮して
念のために発熱センターに相談すると
インフルエンザではなさそうなので
近医を受診するようすすめられました。
 
ところが
夜間当番である病院に連絡したところ
大きな病院に行ってくれとのこと。
 
それならば
僕の勤めている病院ならいいかなと
連絡したところ
勤務している家族でも
新型インフルエンザの可能性がある場合は
夜間帯にはいっさい診察しないとのこと。
 
家内は持病もかかえているので
なんとかならないのか頼み込むと
インフルエンザは寝ていれば治ることを
医者なのにわからないのかと
怒られてしまいました。
 
まず
インフルエンザなのかもわからないし
持病もってるし
もし本当にインフルエンザだったら
僕もうつっているかもしれないから
検査した方がいいのに。
 
自分の病院への愛情は急降下です。
というか今でも恨んでいます。
 
 
新型インフルエンザ騒ぎは
その後
うやむやになりましたが
こんな対応の世の中で
本当に毒性の高い感染症があふれたら
どれだけの医療関係者が
命をかけるのでしょうか?
 
震災で頑張っている
いろいろな方々も
頑張っている分
ちゃんと報われるような
世の中になって欲しいです。
 
おっと
話が
ものすごく
それてしまいましたが
 
このように
急性の病気は
どんなにつらくても
後遺症が残らなければ
何もかも治ってしまうものがほとんどです。
 
それが
なんらかの理由で
 
慢性化してしまうと
 
面倒なことになります。
 
理由はわからないけどとにかくすごく痛い!
 
→痛くて交感神経が優位になる自律神経のバランスが崩れる
 
体に力が入って筋肉が硬直する
 
血行が悪くなってよけいに治りが悪くなる
 
→あまり長期化すると精神的にもおかしくなる
 
→痛いし気力もなくなり動かさなくなる
 
→動かさない場所が固まって委縮してしまう
 
→委縮してしまうともっと痛くなる
 
というように
 
負の連鎖が続いてしまいます。
 
根本的に
何が原因なのかを解明して
原因を取り除くことが
西洋医学として
論理的な治療法ですが
 
そもそも原因がなんだか
わからない場合
どうしようもなくなります。
 
だから
原因だけを考えるのではなく
 
痛みの悪循環である
 
負の連鎖のどこかを
 
断ち切ることが
 
治療の方針になります。
 
僕は東洋医学について
疎いので
えらそうなことはいえませんが 
東洋医学では
どちらかというと
対症療法的な治療に近い感じがします。
 
違う病気でも
体のバランスが崩れれば
それを補ってあげる。
 
同じ病気でも
症状が違えば
違う薬を使う。
 
CRPS
も原因がよくわからないので
治療法は
対症療法です。
 
そして
どの治療法が
患者に適しているのか
それぞれ違うので
いろいろ試すしかないです。
 
注意点は
 
治療法の副作用をよく理解すること
 
いろいろ試した分
効果がなくて
副作用だけあった場合
 
病気の痛みに加えて
さらに
違った病気を増やすことにもなりかねません。
 
危険性が高い治療法を
いきなりやるべきではありません。
 
つらくて
気が狂いそうで
もう何でもやってくれ!
という気持ちになりますが
 
できれば
自分だけで判断せずに
冷静な人のアドバイスを
聞き入れて下さい。
 
 
 
 
 

閉じる コメント(5)

原因が分からない病気を治さなきゃいけないんですか。
大変ですね
頑張って下さい!!

2011/5/21(土) 午後 11:02 まゆタン

顔アイコン

それらしききっかけはあるんですけど
なんでそんなに具合が悪くなってしまうのか
よくわからないんですよね。
いろいろ説はありますが。
患者さんが一番
なんで治らないんだ
って思ってるでしょうけど。

2011/5/21(土) 午後 11:53 ますいくん

少しでも痛みが気にならなくなると良いですね。

2014/4/6(日) 午後 7:42 ますいくん

マスイです。

ワタクシも、Dr.ますいくんがおっしゃる通り、原因不明の痛みで、痛みの負のスパイラルの王道を数年間、歩み続けたクチです(^_^;)


やはり、生活もココロの中も痛みで充満してしまい、結局、オツムもやられてしまいました(苦笑)仕事も辞めざるを得ず、シャレになりませんでした。

痛みというのは、余りにも直接的で、本当に心がしぼんでしまうものですねぇ

私は数年かけて、痛みから脱出できた比較的ラッキーな患者だと、今は感謝しています。

朝、目が覚めて、一番始めに感じる感覚が“痛み“という生活を何年も経験しましたが、一年前に痛みを全く感じない朝を迎えました。健康的な思考を持った人間なら、嬉しさが炸裂してもおかしくないメデタイはずのことなのに。。。

嬉しいどころか、

“おかしい!そんなはずない!私は騙されないワ”と逆上、動悸と頻脈を発症して、ドクターに精神安定剤を処方されるという、お笑い沙汰になりました。

一ヶ月は動悸と頻脈に苦しみました。この時、痛みの奴隷になっている自分を再確認しました

2014/4/28(月) 午前 8:46 [ cm2*2*cm ]

実際に慢性痛に苦しんだ人の話は説得力あります。

2014/4/29(火) 午後 9:22 ますいくん

コメント投稿
名前パスワードブログ
絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

閉じる トラックバック(0)

トラックバックされた記事

トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。

.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事