知って得する?リフォーム知識

少しでもリフォームを考えてる方の目安になればと思います

全体表示

[ リスト ]

サイディングの目地補修

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

        ● サイディングの目地補修 ●

 近年外壁にサイディング(ボード)を使った住宅が増えています。

 メリットとして施工が早い・職人の腕の差で見た目に大きな差が出にくい・

 モルタルに比べて軽く耐震性に優れる等から多く使われますが、反面のデメリットは

 変形、反り上がりが起こりやすくクラックが出易く耐久性に乏しいが一番に挙げられる。

 最近は意匠性や耐久性に優れる窯業サイディングの開発が進み塗装の

 メーカー10年保証などもあります。

  
 サイディングは高さ約45cmの板をつなげていきます、縦には凹凸で綺麗にはまるのですが

 横部は切断面が出る為、約1cm程度空けて隣のサイディングを張ります。

 多くの場合この1cmの 「目地」 と呼ばれる部分にコーキングを打ちます。

 目地は早い家で3〜4年で割れ始め10年頃になるとほとんどの家で見られます。

 塗装の際こうした部分の補修が必要です。

       ■補修例■

 ●コーキングの表面に少し割れが出ている場合

       上からコーキング材を塗り表面に新しいコーキングの層を作る方法が一般的。

 ●コーキングの割れが酷く中が見えている・見えそう
  サイディングとの接着面から剥がれている
  完全に硬化している

       このような場合上塗りではすぐに割れてくる恐れがあります。
       
   ______     ________
   サイディング | //////|サイディング
   ______| //////|________
            ↑  ↑
      コーキングの  古いコーキング
      接着が切れた
      部分

 
☆ コーキングの増し打ちでは接着が切れた部分に入り込まなかったり、反対側の接着面も

 今後割れる事が考えられるので打ち変えを薦めます。

 カッターナイフで古いコーキングを抜き取り、サイディングの切断面にコーキングプライマー

 を塗布し、コーキングを充填します。この際コーキングプライマーを塗った方が密着性が

 良くなります。

 耐久性の良い塗料を使うなら尚更こういった部分までしっかりと処置する事が望ましいです。


 しかし、このような工程は一般の塗装工事では見積りに入っておらず、増し打ちによるクラック

 補修が一般的です。

 手間が掛かる割りに値段に反映されず、塗装屋とは別のシール屋さん(コーキング屋)の

 作業の為工事費が割り増しになります。

 工事内容の説明時には触れられる事もない場合がほとんどです。基本的には割に合わない

 手間の掛かる工事は避けて通るのが普通です。


 標準的な工事と手の掛かった工事はこう言った所でも差が出ます。仕上がってしまえば

 見た目で判断は出来ない部分なので抜かれがちですが、予算があればこのような工事法も

 あります。


         *次回はタッピング補修です*


アフィリエイト   私のおすすめ:
塗装屋が書いた塗り替えの本です。わかりやすいので私も持っています。

閉じる コメント(0)

コメント投稿
名前パスワードブログ
絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

閉じる トラックバック(0)

トラックバックされた記事

トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。

.

Yahoo! Choctle
楽しい話題がいっぱい(Y! Suica)

プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事