藤原航太針灸院

痛み・痺れ・麻痺・自律神経症状の難治例の検証と臨床

【所在地・治療費・自己紹介】

すべて表示

所在地・治療費・自己紹介

当院は幾つかの治療箇所を設けている他、往診も承っている為、常に同一箇所にいる訳では御座いません。その為、希望日時と希望場所(往診含む)をお決めになられた上でお電話を頂ければ幸いです。 【治療費】  ※治療時間は治療範囲により異なりますが、おおよそ20〜50分程度です ※青森出張所での治療費は異なります。東京出張所での治療は要事前相談です。必ず下段迄ご確認下さい ※往診や治療場所により治療費は異なりますが、治療内容が異なる事は御座いません ・初診料 1,000円 ・再診料 500円 ・単肢 2,000円 例)右肩が痛い 右腕が痛い 右腰が痛い 右脚が痛い 右股関節が痛い 右膝が痛い等 ・二肢 2,400円 例)両肩が痛い 両腕が痛い 両腰が痛いすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

保存療法の問題点と課題点

2016/7/13(水) 午前 7:35

保存療法の中でも、対処療法と根治療法に枝分かれする事にもなるが、「 保存療法とは?」と一言で言えば、手術をしないで治る手段の事を示す。その症状が手術適応なのか不適応なのかグレーなのか、そして、保存療法の適応なのか不適応なのかグレーなの ...すべて表示すべて表示

症状の改善プロセスから筋細胞の弛緩を直接的に標榜した処置を除外して考察し、暫く経つ。安全性を確保出来る番手であれば太い針は要らない事に気付く。今じゃ2番と3番程度がメイン。昔は10番だったか。 幾ら凝った筋細胞を弛緩させようと太い針を ...すべて表示すべて表示

精神症状と言う捉え方

2016/7/8(金) 午後 1:58

精神症状が身体的処置で症状が改善するのだとしたら、それは精神症状と呼称する事は行ってはならない事だが、その逆も然り、昨今の凡ゆる身体的な機能性疼痛の処置の1つにベンゾ系や抗うつ薬が処方されるようになり久しい。 勿論、精神症状に対 ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事