L'Art de Vivre

今度は食べログへのトラックバックができなくなってる。どんどん使いにくくなるなあ。 by古だぬき

子だぬきと大都会



ランチブッフェを楽しんだ後に ワタクシ達が向かったのは、渋谷。

子だぬきの 「ここ行ってみたい」 という リクエストによるものです。

若い子らしく、109とか 行きたいんかな〜と思ってたら、

スクランブル交差点の人波を、自分の目で見たかったんだって。

イメージ 1

人の動きを iPhone の タイムラブスで撮影したら、

早送りの映像が なんだか オモチャみたいでした。





イメージ 2
夕食は、地元では食べられない 珍しい料理をセレクト。

最初は アフガニスタン料理を狙うも、電話がつながらず。

次に子だぬきが 狙いを定めたのが、チュニジア料理

すでにワタクシは パリで食べたことがあったので、

クスクスはチュニジアからフランスへ伝わったのよ

日本では タジン鍋も ブームになって有名でしょ

などと しゃべりながら、大久保に向かいました。

この辺りは、エスニック料理のお店が多いのね。




まずは、スパイスの効いた チュニジア風サラダ ¥850 。

イメージ 3

イメージ 5

いっしょに、自家製パンとハリサも 出されました。

イメージ 4

辛みと旨みが たっぷり。 何に付けても よく合います。




ついで、キッシュ風タジン ¥1200 。

イメージ 6


イメージ 7

正直、どこがどうキッシュ風なのか よく分からない(笑)。

でも とにかく、スパイスが効いてて ウマいのです。





こちら、シュリンプ アラビアータ タジン ¥1550 。

アラビアータという名前通り、しっかり ピリ辛です。

イメージ 8

タジン鍋で煮込んだシチュー というイメージでしょうか。




そして、チキンと野菜のクスクス ¥1400 。

イメージ 9

クスクスの材料は デュラムセモリナ、つまりパスタと同じ。

イメージ 10

このクスクス、自分が知っていたものより ずっと粒が細かくって。

それが ウマいスープを吸っていて、ホント美味しかったです〜。



もう お腹いっぱい・・・なのに、こんなのが どーんと。

イメージ 11

子だぬきが 食べたい!とこだわった グリルの盛り合わせ ¥3100 。

こちらも スパイスがたっぷり効いてて、独特の風味が いいですね〜。




お店は、こぢんまりして 家庭的な雰囲気。

チュニジア出身だというシェフが、丁寧な日本語で応対してくれます。



どの料理も「ものすごく辛い」わけではなく、ピリ辛くらい。

美味しいものを 皆でつつき合って、楽しい時間を過ごしましたよ〜。








電話:050−5869−4835
住所:新宿区百人町1−24−8 新宿タウンプラザビル 2F


この記事に

開く コメント(2)[NEW]

子だぬき 15の春




イメージ 1
あんなに ちっこかった子だぬきも、なんと早 受験生。

担任の先生も、塾の先生も、そしてワタクシが見ても、

希望と現実がズレてて 「どうみても無理でしょ」判定。

地元では、第一希望を県立、その押さえに私立高校を

受験するのが一般的で。つまり落ちると、経済的にも

かなりキビシイ結果になる・・・という仕組みなのです。

最後の最後まで 志望校の決定に苦しんだのですが、

未練があるなら、落ちるのも覚悟の上での受験だろ

とオットも腹をくくり、第一希望の受験を強行しました。





「やっと終わった〜」と 親子で開放感に浸った後は、東京へと出かけましたヨ。

子だぬき慰労の旅だけど、気楽に行くためには、結果発表より前が一番よね。





最初の目的地は、竹芝にあるホテルの大人気ビュッフェ 

イメージ 2

イメージ 3 イメージ 4

ライブキッチンと銘打ってるだけあって、なかなか楽しい〜 



イメージ 5

前菜だけで、こんなに取っちゃった〜。



イメージ 6

ヘルシー&ビューティーがテーマらしいけど、ちゃんと美味しい お肉もあるわ。



イメージ 7

イメージ 8

これ、牛バラのローストビーフだっけ? すごく美味しかった!



でも いちばん気分が上がるのは、やっぱりデザートよね!

イメージ 9

どれにしよう? どれも食べたい!



イメージ 10

チョコレート・ファウンテンのテッパンは、やっぱりイチゴよね 

イメージ 11

特に右奥、イチゴと生クリームの乗ったパンナコッタが 気に入っちゃって。

すっごくカロリー高いだろうな〜と思いながら、もうひとつ食べちゃった!




大人気ゆえに、滞在時間は最大 1時間半。

ワタクシ達は、1時間以上 滞在いたしましたのよ。

ここを訪れるなら お腹の余地は、ぜひデザートのために残しておいてね。






住所:東京都港区海岸1−16−2 ホテル インターコンチネンタル東京ベイ 3F
電話:03−5404−2246


この記事に

開く コメント(12)

オホーツクの新ランチ



オホーツクは、津のど真ん中のビルにある カニの店。

ここんちのランチ1,000円は、とっても お値打ちで、我が家のお気に入り。

土曜日もやってるのが、また嬉し〜い 



ところが先日うっかりと、祝日と重なってる土曜日に 行っちゃいました。

あ〜残念、いつものランチ やってないじゃん!


そこに目に入ったのが、NEW ランチ の文字。

1,400円だって。 試してみよう!





まずは、ワタクシのオーダーした Aランチ

イメージ 1

カニ豆腐、カニ天ぷら、カニめし というトリオ。

カニめしは、だし茶漬けでも楽しめるんだって。 すてき〜。

イメージ 3

イメージ 2

思っていたよりずっと、カニの肉が 乗っていたわ。 美味しい〜 

意外と量もあったけど、出汁茶漬けで あっさり完食しちゃった。






こちらは 子だぬき選択の Bランチ

イメージ 4

カニ豆腐、カニ焼売、カニコロッケ、カニ天巻き

イメージ 6
イメージ 5






どちらも美味しかったけれど、ワタクシ達のお気に入りは Aランチ。

だし茶漬けも楽しめるカニめしが 良かったのです。

今年は 土曜日重ねの祝日が多いから、また機会がありそう。






この記事に

開く コメント(4)

朝日屋のお惣菜




イメージ 1
最近、不定期に 朝日屋に出没しています。

年末でなくとも、週末には行列してるのが スゴイ。

入り口から出口まで、店内の動線が 直線というのも

混雑を うまくさばくための工夫なのでしょうねえ。

松阪牛の競技会で一等賞の牛を 毎年落札するので

有名ですが、実は松阪ではなく 津にあるお店です。

狂牛病騒ぎの時も、マスコミ大注目の中 例年並みの

価格で落札したという オトコマエ〜なお店なのです。

あ、でも当時とは 経営者が変わったようですがね。





ワタクシの狙いは、グラム 数千円なんて すてきな松阪肉ではなく・・・

イメージ 2

お総菜売り場なのでございますよ。



ときには その場で揚げてもらって アツアツを持ち帰り、おやつとして食べちゃうことも!

イメージ 3

イメージ 4 イメージ 5

松阪牛ミンチカツマカロニコロッケカレーコロッケなどが お気に入り。

カツレツトンカツチキンカツなどは そのまま食卓へ直行。

それから、対面の小さな冷蔵コーナーも必ずチェックします。

ローストビーフの切り落とし白センマイトントロなどが

さりげなく置いてあることもあるので 見逃せません。



イイお肉を扱うコーナーの前を ワタクシは素通りするのですが、

いつ行っても ここは混雑してるんですよねえ。 皆さま、スゴイ。

かつて 貯蓄率 全国1位を 2年連続で獲得  したという

地方都市 津市の底力を 実感するわ〜、ほんと。







住所:津市北丸之内20
電話:059−226−2983








この記事に

開く コメント(8)

豪華おせちに舌鼓




おせち料理を 購入するようになって 何年もたつワタクシの実家。

中華のTAUTAU、フレンチの東洋軒、鮨の一重、ハムのモクモク、地元百貨店オリジナル、

と いろいろ試してきましたが、今年のおせちは JR名古屋高島屋オリジナル

意外に簡素なケースの中に、本気モードの料理が ぎっしり詰まってる。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

実家の灯りがLEDのせいなのか、色彩調整が今ひとつなんですが・・・

お酒のツマミに最高!な 料理の数々が、ぎゅぎゅっと詰め込まれています。

オットも じいじも かなり気に入った様子でした。 来年もコレかな?



秋に、たまたま名古屋に出かけた際に 注文してきたのですが。

さすが大きな百貨店、高級有名料亭のおせちも たくさん並んでいましたよ。

でも 写真で見る限り、中身の充実度は 高島屋オリジナルが 一番。

やっぱり この世界も ブランド料が 高くついてるのね〜。





追加のお品も 少々。

 イメージ 4 イメージ 5

名古屋の名店 味の司 石昆の昆布巻き

三重県多気の うおすけ 鮎の昆布巻き といつも迷ってしまいます。

さすがに 昆布巻きについては、高島屋より こちらの方が数段上ね!





黒豆は、お気に入りの和食店 いちのもん の瓶詰。

イメージ 6

ここんちの豆腐スイーツは 楽天のスイーツ部門で1位になったことも。

そして この黒豆は、なんと 食の神様 外宮にも例年奉納されているのです。

ぷっくりと 大きくてツヤツヤの黒豆、子だぬきのお気に入りです。




受験生 子だぬきに遠慮して、どこにも出かけなかった お正月。

食べて、飲んで、寝て・・・ばっかりだから、ほっぺたが ぷっくりしちゃいましたヨ。


あいかわらず 食い気ばっかりのワタクシですが、

今年もよろしく お願いいたします 






この記事に

開く コメント(12)

開く トラックバック(0)



イメージ 2

近年、NASA や Google が イブの夜に、

サンタさんの現在位置を表示してるのは 知ってました。

今年はワタクシも 童心に帰って、 Google の専用サイトで

サンタさんの旅を 見守ることにしよう!

アドベント カレンダー方式で、毎日 ミニゲームなどが

オープンになってゆくのも 楽しかったです。



本日 サンタさんは、夜7時ごろに

北極圏を 出発したようでした。

イメージ 1










日本へは、だいたい10時半ごろに到着。

那覇、神戸、京都、名古屋、富士山

とメジャーどころを回った後に、なぜか

神奈川県綾瀬市という マイナーな地へ。

東京、仙台の後は ソウルへと 移動。

けっこうな スピード感でしたよ〜。


イメージ 3







途中の 検問(?)で、免許証見せてたりとか。

なかなか 芸が細かいな〜(笑)。




こういうの 準備して作ってた人って すごいな。

夢のある時間を ありがとう〜。




この記事に

開く コメント(10)




イメージ 1

日々、受験勉強にいそしむ (フリをしている) 子だぬき。

「受験生」って 世間様では、水戸黄門の印籠なみに

気を遣われてしかるべき存在らしいのだけれど、

我が家では あいかわらず 放置されておりまする。

たまには 息抜きに連れ出してやるか〜 ということで

( ご相伴するワタクシの 言い訳という説もアリ )、

アフタヌーンティーを楽しもうと 一休.com  を検索。

ストリングスホテル名古屋に 出かけましたよ〜。







ニューヨークラウンジは、ホテル入口のすぐ。 特等席のソファ。

ツリーも ファブリックも とても華やかです。

イメージ 2

いや・・・ しかし・・・ どこかに漂う 違和感。

トイレに行った時も 感じたのだけれど、

なんというか、建物の内装が ビジネスホテルっぽいのです。



窓の外に見えるのは、大聖堂。

イメージ 3

いや、もちろん偽物です。 西ヨーロッパの大聖堂建築は

西が正門、東がサンクチュアリで ほぼ間違いありませんが、

この大聖堂 ( 風の結婚式場 )は、南面してます。

だから ステンドグラスも、背面から 人口灯で光らせてる。


おまけに大安吉日の週末だとかで、ほぼ流れ作業の結婚式、
 
フラワーシャワー、そのあとスタッフが ほうきで掃除する姿まで 目の当たりに 



なんか ヤ〜な 予感。

ラウンジのスタッフに聞くと、「ホテルが 結婚式場を経営 」 ではなく、

結婚式場が ホテルを経営してる らしい。 ますます ヤな予感。

だって、テーブルに セットしてあるナプキン、紙ナプキンだし。



ここのラウンジの アフタヌーンティーは、和 洋 から選べる。

子だぬきは、洋。

イメージ 5 イメージ 6

イメージ 4

美味しいのよ、まずくはないのよ。 でも感動は ない。




ワタクシは、和のアフタヌーンティー。

イメージ 7

いや、だから・・・サーブしたとき エンブレムが横向きでは マズイんじゃないの。

イメージ 8

お重に詰めた 厨房スタッフの問題? ラウンジのサービスの問題?



内容は 充実してるけど、なんだか不満。


同じ価格帯って・・・ ありえない、と思ってしまった。




極めつけは、ワタクシたちの前のソファに

結婚式の参列客とおぼしき 見知らぬ男性が ドカンと座ったこと。

ありえない、ありえない、ありえな〜い!!



少し遅れて気づいたスタッフが 男性に声をかけてくれましたが、

 それがなかったとしても・・・再訪は ないな と 子だぬきと確認し合いました。

残念・・・。





住所:名古屋市中村区平池町4−60−7
    ストリングスホテル名古屋 1階
電話:052−589−0577


この記事に

開く コメント(9)

スペアリブ@MOMO






イメージ 1
最近、おんなじお店にばっかり 行っているな〜。

ということに気づいて、行ってみたのが MOMO

近鉄道路沿いに移転した店舗には、初めてです。

ずいぶん久しぶり・・・ひょっとして20年ぶり?

前の店の時は、とても美味しかったんだけど

量が ものたらなかったんだよね〜、確か。


現在の店内は オシャレで落ち着いた雰囲気。

こりゃ どうみても大人向けのお店になってるわ。

子だぬきを連れてくには、まだちょっと早かったな。






お店の看板メニューは、スペアリブ 280g ¥1400(外税) 。

イメージ 3

写真は2人分。 部位の異なるスペアリブが、1本ずつ来ました。

昔の記憶より ボリューミー。 子だぬきと二人、思わず声が出ちゃった。

イメージ 4

柔らかくて とってもジューシーで、美味しい! 

肉々魔人の子だぬき、あっという間に お腹の中に納めてたわ。

ライスの 大きさも、いくつかあって 便利ね。



さっぱりしたものも要るだろう、と頼んだのが 大根サラダ ¥550 。

イメージ 2

ざっくりと大きめのカット。 予想通り、スペアリブのお口直しには ぴったり。





食べ終わってからも、ワタクシは いろいろ気になって キョロキョロ。

イメージ 5

この黒板メニュー、ランチを念頭に置いたものかしら。




イメージ 6

そうよね、スペアリブときたら やっぱりアルコール  が欲しいわよね。

でも この夜はワタクシ、ドライバーだったので・・・  。




次こそは、ドライバー付きで がっつり行きたいものです。










住所:津市柳山津興676
059−229−0290






この記事に

開く コメント(6)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事