L'Art de Vivre

今夜は冬の大三角が美しい。オリオン大星雲も見えるよ。 by 古だぬき

朝日屋のお惣菜




イメージ 1
最近、不定期に 朝日屋に出没しています。

年末でなくとも、週末には行列してるのが スゴイ。

入り口から出口まで、店内の動線が 直線というのも

混雑を うまくさばくための工夫なのでしょうねえ。

松阪牛の競技会で一等賞の牛を 毎年落札するので

有名ですが、実は松阪ではなく 津にあるお店です。

狂牛病騒ぎの時も、マスコミ大注目の中 例年並みの

価格で落札したという オトコマエ〜なお店なのです。

あ、でも当時とは 経営者が変わったようですがね。





ワタクシの狙いは、グラム 数千円なんて すてきな松阪肉ではなく・・・

イメージ 2

お総菜売り場なのでございますよ。



ときには その場で揚げてもらって アツアツを持ち帰り、おやつとして食べちゃうことも!

イメージ 3

イメージ 4 イメージ 5

松阪牛ミンチカツマカロニコロッケカレーコロッケなどが お気に入り。

カツレツトンカツチキンカツなどは そのまま食卓へ直行。

それから、対面の小さな冷蔵コーナーも必ずチェックします。

ローストビーフの切り落とし白センマイトントロなどが

さりげなく置いてあることもあるので 見逃せません。



イイお肉を扱うコーナーの前を ワタクシは素通りするのですが、

いつ行っても ここは混雑してるんですよねえ。 皆さま、スゴイ。

かつて 貯蓄率 全国1位を 2年連続で獲得  したという

地方都市 津市の底力を 実感するわ〜、ほんと。







住所:津市北丸之内20
電話:059−226−2983








この記事に

開く コメント(8)

豪華おせちに舌鼓




おせち料理を 購入するようになって 何年もたつワタクシの実家。

中華のTAUTAU、フレンチの東洋軒、鮨の一重、ハムのモクモク、地元百貨店オリジナル、

と いろいろ試してきましたが、今年のおせちは JR名古屋高島屋オリジナル

意外に簡素なケースの中に、本気モードの料理が ぎっしり詰まってる。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

実家の灯りがLEDのせいなのか、色彩調整が今ひとつなんですが・・・

お酒のツマミに最高!な 料理の数々が、ぎゅぎゅっと詰め込まれています。

オットも じいじも かなり気に入った様子でした。 来年もコレかな?



秋に、たまたま名古屋に出かけた際に 注文してきたのですが。

さすが大きな百貨店、高級有名料亭のおせちも たくさん並んでいましたよ。

でも 写真で見る限り、中身の充実度は 高島屋オリジナルが 一番。

やっぱり この世界も ブランド料が 高くついてるのね〜。





追加のお品も 少々。

 イメージ 4 イメージ 5

名古屋の名店 味の司 石昆の昆布巻き

三重県多気の うおすけ 鮎の昆布巻き といつも迷ってしまいます。

さすがに 昆布巻きについては、高島屋より こちらの方が数段上ね!





黒豆は、お気に入りの和食店 いちのもん の瓶詰。

イメージ 6

ここんちの豆腐スイーツは 楽天のスイーツ部門で1位になったことも。

そして この黒豆は、なんと 食の神様 外宮にも例年奉納されているのです。

ぷっくりと 大きくてツヤツヤの黒豆、子だぬきのお気に入りです。




受験生 子だぬきに遠慮して、どこにも出かけなかった お正月。

食べて、飲んで、寝て・・・ばっかりだから、ほっぺたが ぷっくりしちゃいましたヨ。


あいかわらず 食い気ばっかりのワタクシですが、

今年もよろしく お願いいたします 






この記事に

開く コメント(12)

開く トラックバック(0)



イメージ 2

近年、NASA や Google が イブの夜に、

サンタさんの現在位置を表示してるのは 知ってました。

今年はワタクシも 童心に帰って、 Google の専用サイトで

サンタさんの旅を 見守ることにしよう!

アドベント カレンダー方式で、毎日 ミニゲームなどが

オープンになってゆくのも 楽しかったです。



本日 サンタさんは、夜7時ごろに

北極圏を 出発したようでした。

イメージ 1










日本へは、だいたい10時半ごろに到着。

那覇、神戸、京都、名古屋、富士山

とメジャーどころを回った後に、なぜか

神奈川県綾瀬市という マイナーな地へ。

東京、仙台の後は ソウルへと 移動。

けっこうな スピード感でしたよ〜。


イメージ 3







途中の 検問(?)で、免許証見せてたりとか。

なかなか 芸が細かいな〜(笑)。




こういうの 準備して作ってた人って すごいな。

夢のある時間を ありがとう〜。




この記事に

開く コメント(10)




イメージ 1

日々、受験勉強にいそしむ (フリをしている) 子だぬき。

「受験生」って 世間様では、水戸黄門の印籠なみに

気を遣われてしかるべき存在らしいのだけれど、

我が家では あいかわらず 放置されておりまする。

たまには 息抜きに連れ出してやるか〜 ということで

( ご相伴するワタクシの 言い訳という説もアリ )、

アフタヌーンティーを楽しもうと 一休.com  を検索。

ストリングスホテル名古屋に 出かけましたよ〜。







ニューヨークラウンジは、ホテル入口のすぐ。 特等席のソファ。

ツリーも ファブリックも とても華やかです。

イメージ 2

いや・・・ しかし・・・ どこかに漂う 違和感。

トイレに行った時も 感じたのだけれど、

なんというか、建物の内装が ビジネスホテルっぽいのです。



窓の外に見えるのは、大聖堂。

イメージ 3

いや、もちろん偽物です。 西ヨーロッパの大聖堂建築は

西が正門、東がサンクチュアリで ほぼ間違いありませんが、

この大聖堂 ( 風の結婚式場 )は、南面してます。

だから ステンドグラスも、背面から 人口灯で光らせてる。


おまけに大安吉日の週末だとかで、ほぼ流れ作業の結婚式、
 
フラワーシャワー、そのあとスタッフが ほうきで掃除する姿まで 目の当たりに 



なんか ヤ〜な 予感。

ラウンジのスタッフに聞くと、「ホテルが 結婚式場を経営 」 ではなく、

結婚式場が ホテルを経営してる らしい。 ますます ヤな予感。

だって、テーブルに セットしてあるナプキン、紙ナプキンだし。



ここのラウンジの アフタヌーンティーは、和 洋 から選べる。

子だぬきは、洋。

イメージ 5 イメージ 6

イメージ 4

美味しいのよ、まずくはないのよ。 でも感動は ない。




ワタクシは、和のアフタヌーンティー。

イメージ 7

いや、だから・・・サーブしたとき エンブレムが横向きでは マズイんじゃないの。

イメージ 8

お重に詰めた 厨房スタッフの問題? ラウンジのサービスの問題?



内容は 充実してるけど、なんだか不満。


同じ価格帯って・・・ ありえない、と思ってしまった。




極めつけは、ワタクシたちの前のソファに

結婚式の参列客とおぼしき 見知らぬ男性が ドカンと座ったこと。

ありえない、ありえない、ありえな〜い!!



少し遅れて気づいたスタッフが 男性に声をかけてくれましたが、

 それがなかったとしても・・・再訪は ないな と 子だぬきと確認し合いました。

残念・・・。





住所:名古屋市中村区平池町4−60−7
    ストリングスホテル名古屋 1階
電話:052−589−0577


この記事に

開く コメント(9)

スペアリブ@MOMO






イメージ 1
最近、おんなじお店にばっかり 行っているな〜。

ということに気づいて、行ってみたのが MOMO

近鉄道路沿いに移転した店舗には、初めてです。

ずいぶん久しぶり・・・ひょっとして20年ぶり?

前の店の時は、とても美味しかったんだけど

量が ものたらなかったんだよね〜、確か。


現在の店内は オシャレで落ち着いた雰囲気。

こりゃ どうみても大人向けのお店になってるわ。

子だぬきを連れてくには、まだちょっと早かったな。






お店の看板メニューは、スペアリブ 280g ¥1400(外税) 。

イメージ 3

写真は2人分。 部位の異なるスペアリブが、1本ずつ来ました。

昔の記憶より ボリューミー。 子だぬきと二人、思わず声が出ちゃった。

イメージ 4

柔らかくて とってもジューシーで、美味しい! 

肉々魔人の子だぬき、あっという間に お腹の中に納めてたわ。

ライスの 大きさも、いくつかあって 便利ね。



さっぱりしたものも要るだろう、と頼んだのが 大根サラダ ¥550 。

イメージ 2

ざっくりと大きめのカット。 予想通り、スペアリブのお口直しには ぴったり。





食べ終わってからも、ワタクシは いろいろ気になって キョロキョロ。

イメージ 5

この黒板メニュー、ランチを念頭に置いたものかしら。




イメージ 6

そうよね、スペアリブときたら やっぱりアルコール  が欲しいわよね。

でも この夜はワタクシ、ドライバーだったので・・・  。




次こそは、ドライバー付きで がっつり行きたいものです。










住所:津市柳山津興676
059−229−0290






この記事に

開く コメント(6)

伊勢うどん+パン!?





地元で最近増殖中のベーカリー・チェーン 513(コイサン)BAKERY

気まぐれに寄り道した パン好きオットの お土産は・・・

イメージ 1

カラフルなサンドイッチが 美味しそう!





ところで・・・

イメージ 2

伊勢うどんパン って、どうなのよ!?

伊勢うどんって言ったら、ふつう コレ  でしょ〜!?


やっぱり、食べてみるしかないわね。

イメージ 3

おお、コレは まさしく もっちり ぶっとい 伊勢うどんだ!




なんだか 炭水化物だらけの食べ物だけれど、

溜まり醤油の 甘辛いタレの味が ピタパンにも よく合ってます。




こういう おもしろパン、他にもあるのかな?

ちょっと 覗きに行きたくなりましたヨ。





住所:津市柳山津興388−10
電話:059−221−0513




この記事に

開く コメント(16)

開く トラックバック(0)

南翔饅頭店



イメージ 9先日、所用で名古屋へ出かけました。


ランチは、ミッドランドの南翔饅頭店へ。

上海の豫園にある 小龍包で有名な老舗で、

ワタクシ、ウン十年前に 食べて以来なのです。

当時の中国では 個人旅行が許されておらず、

現地添乗員さんが 長〜い行列に割り込んで

兌換幣で買ってくれた 包子たちは 手作りの

しっかりした皮に包まれていて、噛むと肉汁が

ほとばしり出て、とても旨かったのですよ〜。






ワタクシのオーダーは、南翔 点心セット ¥2041 。

最初に、ジャスミンティーと 搾菜、生姜が運ばれてきました。

イメージ 1

イメージ 2

この搾菜が とっても美味しかったのですよ〜。

売ってたら、買って帰りたかったわ。





さて、メインの点心 小龍包・・・ あれれ!? 皮が薄い!?

セントラルタワーズにもある 台湾の名店 鼎泰豊の小龍包にそっくり

イメージ 4

これくらいの皮なら、丸ごとを ひと口で食べるのにも ちょうどいい。

お上品さより、旨みを逃さないこと優先の食べ方が ぴったりくる。

でも、最初は 口の中をやけどしないように注意ですね(笑)。



イメージ 3

右は、もち米焼売。 意外に味が濃い。

イメージ 5

精進饅頭からは、ニラの匂いが ぷ〜んと漂う。





イメージ 6

左上の 豚の角煮 は、黒糖の風味が おいしゅうございました。

左下は、上海蟹のミソ入り 春巻。 パリパリの歯触りが 楽しい。

右上は、海老入り汁そば。 これも鼎泰豊にそっくりだなあ。

イメージ 7

ねっ、似てませんか?





中華の鉄板デザート、杏仁豆腐

イメージ 8

とろりとして 美味しかったよーん。





今度は もっとお腹を空かせていって、

鼎泰豊と南翔を はしごして、食べ比べてみたいなあ〜。






住所:名古屋市中村区名駅4−7−1 ミッドランドスクエア 4F
電話:052−527−8823

この記事に

開く コメント(6)





イメージ 1
朝から 諸々の用事を済ませて、いざ津まつりへ!

お城西公園は 朝から けっこうな人出でしたが、

ワタクシ達のお目当ては、フェニックス通りの出店。

準備中は 雨が降ってて ちょっと大変そうでしたが、

お昼前には雨も上がり、暑くもなく寒くもなく、で

出歩くには絶好のお天気となりましたよ〜 


あちこちから太鼓の音が聞こえてきて にぎやか。

太鼓の出場が、高虎太鼓以外にも増えてきてる。

よさこいとは違って、今は まだ珠玉混交ですね。






津まつり伝統の しゃご馬にも出会いましたよ。

イメージ 2

イメージ 3

ちっちゃい頃、これに追っかけられて ぎゃん泣きしたよな〜。

幼少時の子だぬきは、見ただけで 硬直してたっけ(笑)。




ワタクシ達が まず足を止めたのは、ブゾアンの出店。

イメージ 4

温かな 鶏のガランティーヌが 3つも串に刺してある 

香ばしい、旨い、ボリュームたっぷりで、大満足〜。

スパークリングワインとの相性も VERY GOOD でございます 




そして HIRO’S では、パンのみでなく ガレットを発見!

やったー! イベント向きの特別メニューなのね 

イメージ 5

イメージ 6

ほんのり そば粉が香ばしい もっちり生地に クリームソース、

とろ〜り半熟卵 & とろとろチーズ & 旨みたっぷりベーコン。

こんなシンプルなのに、なんで こんなに美味しいの〜!?




子だぬきのリクエストは、いたろう津ぎょうざ

イメージ 7

給食の津ぎょうざも、これくらい温かくて美味しかったらな〜

というのが 子だぬきの言い分ですが、多分それは難しいよね(笑)。





そして どうしても素通りできないのが、朝日屋松阪牛サイコロステーキ

イメージ 8

5切れ¥500 は、さすがの お値段。

でも、ひとくち食べて 子だぬきと顔を見合わせたほどの、圧巻のウマサ。

これ、相っ当に イイお肉を カットしたものなんじゃないかな〜。

実は 食いしん坊のワタクシ達、あまりの旨さに感動して

もう一度 お代わりを買いに戻ったのでございます。






そしてデザートは、こちら ミルクパレットアイスクリーム

イメージ 9

ブルーベリー味と ミルク味。 お勧めは、絶対ミルク!

とっても美味しいので昔から お気に入りの味だったんだけど、

最近 店舗では ミルク味はソフトクリームのみになってるので、

アイスクリームのミルクは イベント中心の レアものなのです。





そして お土産も たっぷり買い込みました。

イメージ 10

油正純米大吟醸&蔵開き参加票に、

ルフランマカロンチーズタルト

そして、東京 東洋軒で評判だという メンチカツのサンド!

イメージ 11

これ、¥2000 と なかなかの お値段なんですが、

絶対 食べてみたかったのよね〜。





今から まつりに お出かけになる方にも、

きっと 美味しい出会いがありますよ〜!!




この記事に

開く コメント(7)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事