宇宙の海は俺の海

ポ(,,゚Д゚)ポ < 更新おせーぞ

12観戦記

すべて表示

『良薬』 第15節HOME 東京2-0C大坂


≪ダイジェスト≫

http://www.fctokyo.co.jp/home/index.phtml?cont=result/result&game=9140853&year=2012

≪選手評価≫ 

SYSTEM 4-5-1

GK 権田 (7.5) ⇒ MVP!
…4回はあった被決定機をすべて抑えての見事な完封劇。リスタートの狙いも良かったし、課題のセットプレー時のフィジカルコンタクトにも、格段の成長が見て取れる。すばらしい。今シーズンここまで東京が得た勝ち点のうち、半分以上は権田が稼ぎ出したと思えるくらいの充実ぶり。文句なくMVP。

DF 徳永 (7.0)
…後半の終了近くになっても全速で守備に戻る姿に、意識の高さを感じた。クロスに若干精度を欠いたが、攻撃参加のタイミングと「ボールを受ける角度」のポジション取りはほぼ完璧といって良い内容。フィジカルの強さも特徴を発揮したと思う。

DF 加賀 (6.0)
…スピードで相手を封じ込める加賀の持ち味が垣間見れた試合。筋肉系のトラブルからの復帰なので心配な部分もあるが、現状のチーム事情からすれば本職CBの存在は大きい。試合毎に入れ替わった森重のパートナーとしてチームを安定させられるか。前半に見られたミドルなどの攻撃性にも期待。

DF 森重 (5.5)
…要所要所では森重らしいプレーもみられたが、90分間を通しては珍しく安定感を欠いてしまった印象。今シーズンこれまで全試合出場と疲労の蓄積も心配だが、なにより怪我だけは避けて欲しい。彼だけは代わりが効かない存在。

DF 椋原 (6.0)
…前節は悔しい前半途中での交代。そこからの奮起を見たかった試合は本職ではない左のポジションに入ったが、運動量を含めて及第点を与えて良いプレー内容だったと思う。処理の難しいボールを上手くトラップしていたし、前列に入った草民との連携も面白かった。

MF 高橋 (6.0)
…プレーから戦う姿勢が感じられたのは前節の横浜戦と同じだが、イージーなミスが見られてしまうのが少し残念。それでも凡ミスを連発した横浜戦に比べれば、休養を挟んで復調してきた感じは受けた。

MF アーリア (6.0)
…完璧な弾道となった左足シュートはお見事。懐の深いドリブルでボールを持ち出す場面などで、特徴を発揮していたと思う。縦にボールを入れようとする意識は買いだが、そこにサイドチェンジの選択肢も加えて欲しい。

MF 谷澤 (6.5)
…サイドライン際での攻防を含めてポテンシャルの高さを発揮していたと思う。変なボールの失い方もなかったし、ルーカスを使った壁パスへの意識も高かったと思う。あとはシュートシーンにまで持ち込めるようになれるかが今後への期待。次は古巣との対戦だね。

MF 梶山 (5.5)
…良くも悪くもドリブルが一つ多い印象を受けるね。梶山の場合パスを「出せない」のではなくて「出せるけど出さない」選択をすることがあるけど、これがボール運びの中でのアクセントになったり、味方を引き上げるための時間を作り出すプレーにつながっている。ただこの試合では低い位置からのボールの持ち出しだけでなく、トップ下として高い位置で何が出来るかの部分ではもの足りない印象を受けた。

ケガが軽症であることをただただ祈ります。

MF 草民 (6.0)
…低い位置まで落ちながらボールにたくさん触ることで、ゲームにリズムを作り出そうとする草民らしいスタイルが観られた。草民が入ると変則的な4-3-2-1みたいなシステムになるね。課題である「高い位置に侵入したときに何が出来るか?」に関しては、ルーカスへのアシストを含めて2ゴールともに絡んだコトで結果は出したと思う。あとは自身のシュートを観たい。

FW LUCAS (6.5)
…ゴールという結果が出たことが嬉しい。夏に向けてゴール量産といきたいね。ボールが納まることを考えれば、現状での1トップのファーストチョイスはやはりルーコンになると思う。ただボールの「落とし」の部分ではもう少し精度を求めたい。

〜・〜・〜・〜・〜・〜

MF 米本 (6.5)
…ボールや人への「寄せの早さ(速さ)」でヨネらしさが観れた試合。(それが目的ではないが)五輪メンバー入りに向けて、チームでもどんどんアピールして欲しい。米本の課題は「ボールを奪った後のプレー」。注目したい。

FW 千真 (-・-)
…ポジションを取りかけていただけに前節の出来が悔やまれる。チーム内の得点王をベンチに置いておかざるを得ない状況を自分から覆せるか。

MF 河野 (-・-)
…キャップ数は得ているものの、もっと長い時間で観たい選手。


≪point!≫

更新が遅れたので手短に。

前節での不甲斐ない敗戦から1週間でどこまでリバウンドできるかに期待したゲーム。まず勝てたコトは本当に良かった。「勝利」に勝る良薬はありませんからね。

ただ内容的には五分五分、もしくはセレッソが評価されるべき試合でしたね。アタッキングサードからバイタルエリアへの侵入の「回数」と「質」は両方ともセレッソが上回ってました。そこら辺はシュート数や決定機の数が物語っていると思います。一方、東京で評価したいのは「サイドチェンジ」の部分。梶山と高橋から良いサイドチェンジが数本見られましたが、逆サイドでフリーな状況を作れていた両SBをミドルレンジで対角線に捉えるプレーがやっと見られたと思います。続けて欲しいですね。


さて野戦病院と化している我が東京(涙)。ミッドウィークの柏戦は梶山もアーリアもOUTみたいですね。石川・羽生・大竹と2列目のアタッカー陣が壊滅状態ですが、河野や草民、重松などの若手には大きく期待。幸いにもセンターライン(権田−森重−高橋−ルーコン)は固まっているので、若手は思い切ったプレーで監督を驚かしてやって欲しいです。

その他の最新記事

すべて表示

『LALALA (reprise)』 第...

2011/11/21(月) 午後 4:34

≪ダイジェスト≫ 自力でJ1昇格を決められる試合となった鳥取戦。遠地開催のアウェイゲームながら、各種手段でスタジアムで駆けつけたサポーターと共に歓喜の瞬間を迎えようと戦いに臨む東京は、序盤からしっかりボールを回し鳥取ゴールに ...すべて表示すべて表示

≪ダイジェスト≫ 前回大会では準決勝敗退と、チーム創設以来一度も手にした事がない天皇杯。元旦・国立を目指す戦いは久しぶりのJ1チームとの対戦に加え、しかも昨年降格を争ったヴィッセル神戸が相手と因縁深い対戦。試合は序盤こそJ1 ...すべて表示すべて表示

『目標』 第35節HOME 東京2-0水...

2011/11/14(月) 午前 11:43

≪ダイジェスト≫ J1復帰へ向けて大詰めを迎えた東京。試合開始前に行われた他会場の結果により、今節での昇格はならなかったものの、優勝へ向けてはしっかり勝たなければいけないホームゲーム。ところが前半はミスが目立つ上に効果的なパ ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事