全体表示

[ リスト ]

忽然と消えた「脱退ジャニーズの今」を大追跡!(1)赤西仁が辞めた理由は亀梨?
イケメン 2017/03/11 06:00

 2016年12月31日をもって解散するSMAP。17年9月までの契約期間が切れた後の芸能活動が気になるところだ。

 そこで、これまでジャニーズ事務所を退所していったタレントのその後を追ってみた。

 まず、2016年にファンを騒然とさせたのは、5月1日の東京ドーム公演を最後にグループ活動を停止したKAT-TUNだろう。KAT-TUNといえば、メンバーの脱退ばかりが話題になったジャニーズでも異例のグループ。結成当初の6人から半分の3人にまでなってしまった結果の活動停止だった。

 まず、亀梨和也(30)との2枚看板を張っていた赤西仁(32)が、表向きは「ソロ活動をしたい」との希望から、10年8月末をもってグループから抜けた。その理由については、「人間関係のもつれではなく、あくまでも方向性の違い」と説明。しかし、その内実は“グループ結成時からの確執”と言われている。

 かつてのジャニーズ担当記者が、当時のことをこう話す。

「KAT-TUNの結成は01年なんですが、CDデビューできたのは06年でした。CDが出せなかった5年間は、メンバーも相当不安だったことでしょう。そんなある日、記者から『CDデビューはいつになるか?』という話題が振られたことがあったんです。すると亀梨は『俺のソロでよくないっすか?』と言い放った。まあ、これは亀梨流の“記事の見出し向けのサービスコメント”だったと思いたいですが、他のメンバーは明らかにイヤ〜な顔をしていましたね。」

 さらにこの頃亀梨は、05年にドラマ『野ブタ。をプロデュース』(日本テレビ系)でダブル主演した山下智久(31)と期間限定ユニット『修二と彰』を組み、主題歌の『青春アミーゴ』を発売したんです。するとこれがミリオンセラーに達するほどのセールスを記録してしまった。KAT-TUNとしてCDデビューする前に『修二と彰』でデビューを果たし、しかも大ヒットを飛ばした亀梨に、赤西や他のメンバーは相当不満を抱いていたようです」

 特に、赤西の不満は「嫉妬に近い感情だった」と続ける。

「『野ブタ〜』の前に放送された『ごくせん』(日本テレビ系)の第2シリーズで亀梨と赤西が共演した時点では、赤西のほうが人気も知名度も上でした。それなのに『野ブタ〜』以降、あっさりと逆転されてしまった。そのうえ追い打ちをかけるようなミリオンヒットですからね。このときすでに“ゆくゆくは俺はソロで‥‥”という思いはあったようです」





忽然と消えた「脱退ジャニーズの今」を大追跡!(2)田中聖は解雇、田口淳之介は退所
イケメン 2017/03/11 17:00

 常に比較対照された亀梨と赤西のヒリヒリとした緊張感は、他のメンバーにも伝播し、事務所の中でKAT-TUNはすっかり“怖い存在”になってしまった。

「Hey!Say!JUMPの伊野尾慧(26)は、テレビ番組で『怖かった先輩は誰?』と聞かれ、真っ先に挙げたのがKAT-TUNでした。伊野尾がJr.時代にKAT-TUNのコンサートでバックを務めたときに、リハーサルを終えたJr.が、KAT-TUNより先に5種類ほどあった弁当から好きなものを選んで食べてしまったんです。結果、のり弁しか残ってなくて亀梨はブチギレたそうです。また、先輩グループである嵐も『お前たち怖かったよ』と言っていましたから、相当な雰囲気だったんでしょう。結成してからCDデビューまで5年も待たされたことで、焦燥感があったんでしょうね。メンバー同士の仲は決していいムードではありませんでした」(テレビ関係者)

 それでも新曲をリリースするたびに、オリコンチャート初登場1位を獲得。それは、赤西が脱退した後も変わらなかった。

 そんななか、都内に「バーをオープンした」と噂が立つなど“KAT-TUNの問題児”と言われていた田中聖(31)が、13年9月30日に「度重なるルール違反行為があった」として、事務所から専属契約を解除されてしまう。これは、長いジャニーズ事務所の歴史の中でも異例のことだった。このとき亀梨は「報道にあるようにお店だったり‥‥再三、僕らも注意してきた」と噂を肯定し、悔しい表情を滲ませたのだった。

 こうして4人になったKAT-TUNだったが、ファンの熱烈な応援のかいあって、シングルを出せばオリコンチャート初登場1位の座は揺るがなかった。

 しかし、15年11月24日に放送された「ベストアーティスト」(日本テレビ系)で田口淳之介(31)が16年春にグループから脱退をし、併せてジャニーズ事務所からも退所することを発表。同番組で田口は、グループ脱退について「自分自身、30歳を目前にして、これからの人生の歩み方を考えたうえで、メンバーには本当に申し訳ありませんが、自分の道を選択させていただきました」と報告した。

 しかし、今後のビジョンについては明確な発表がなかったため、脱退に納得できないファンが続出。また、グループのCDデビュー10周年を目前にした突然の決断に、ファンの失望はさらに大きなものとなった。そして3月31日、田口はジャニーズ事務所を予定どおり退所する。

 結局、グループに残った亀梨、中丸雄一(33)、上田竜也(33)の3人で5月1日に行ったデビュー10周年記念ドームコンサートツアー「KAT-TUN10th ANNIVERSARY LIVE TOUR “10Ks!”」東京ドーム最終公演を最後に充電期間へ入り、当面の間は3人でそれぞれがソロ活動をすることとなった。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事