脳のマニピュレーションinシアトル

先週、アメリカのシアトルにて脳のマニピュレーションのセミナーに参加して参りました。これで全 4 回のコースを修了したことになります。オステオパシーは筋肉や関節のみならず、内臓やリンパ、神経など体のあらゆる組織に対し手技を施すことができますが、近年では脳の各部位に対して特異的にアプローチする方法が開発されました。  今回は主に脳幹にある各脳神経の神経核に対するマニピュレーションの方法を習いました。例えば、眼球運動に関与する脳神経核へのマニピュレーションは斜視などに効果がありそうですし、三叉神経節や核の活動を正常化させると三叉神経痛や顎関節症などの治療の助けになりそうです。また、第 7 脳神経は顔面の表情筋機能を司りますし、第 9 第 10 脳神経は咽頭部の筋活動や内臓機能をコントロールします。そして第 12 脳神経は舌の筋肉を支配すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


みんなの更新記事