ここから本文です
わんdeにゃんde旅社
ケ・セラ・セラ!なるようになる〜♪

書庫全体表示

記事検索
検索

全166ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

金太郎だっこ♪

金太郎だっこと言いつつ、だっこの画像がありません(笑)

しかし、人嫌いだった金太郎が、今では私にだっこされるほど馴れました


イメージ 2


「ん?なにか用?」


イメージ 1


こちらから急に近づくと、この顔


イメージ 3


結局、逃げて行って遠くから私を見ている…
でも、ほんとにだっこできるんですよっ

モーちゃんのおかげで、ゴロゴロ喉を鳴らして、
人に甘える猫になりました〜
気分がのると、膝にも乗ってきてくれます

もっともっと、甘えていいんだよ。

金太郎は今年8歳、ここまで長い道のりでした。

この記事に

開くトラックバック(0)

天気がいい!

おはようございます!
今日もいい天気ですね!

仕事が変わって緊張モードのワタクシです
まだ3日しか仕事していないので、アワアワしています。
過去に同じ仕事していたと言っても、ずいぶん前の話ですし。
一からやり直しです


イメージ 1



仕事はアワアワしていても、犬猫のことはアワアワしていられません。

サスケのお散歩練習も、ほぼ毎日頑張っています
しょっちゅう立ち止まるものの、
念願だった隣の通りまでは確実に行けるようになりました
メルを可愛がってくれたおうちで、お芋ももらえました

ただ、お芋をくれたおばあちゃまが、

「あらあら、なかなか大変なのね、
こう言っちゃ悪いけど、あの子はすごくいい子だったのにね、
まぁ、また毎日いらっしゃい、待ってるから」
って…

誰もがメルと比べるんですよね。
言っときますが、メルだって若い時はかなりヤンチャでしたよ。
みんなが知らないだけで、かなーりお転婆さんでした。
みんな年取って大人しくなったメルのことしか覚えてないから、
どうしてもメルとサスケを比べてしまうんでしょうね〜

比べないで下さいよ…

私はサスケが可愛くてしかたありません。
自分で生んだ子を育てている気分ですよ
バカにされたら、悔しいし悲しいですよ…

例えばね、障害を持って生まれた子を育てているお母さんは、
全力で子供を守ろうとしますよね。
自分の子が障害を持っていることで何か不利な立場になった時、
「うちの子の何がいけないんですか!!」
と相手にかみついて行きますよね。
私もそんなかんじです。
私はサスケのお母さんですから。
母犬になったトーニャさんです(笑)

さてさて、さっすーの話はこれぐらいにして、とりあえず家事します

猫のことも書きたいけど、またあとで

この記事に

開くトラックバック(0)

サスケ頑張ってます!


保育園のお散歩訓練生サスケくん

お友達のクウタ君やら若君が来てくれて、
なんとか保育園まで歩いて登園できるように訓練中〜。

前回はクウタが来てくれて、立ち止まりながら、もう帰る!といいながら、
なんとか保育園までたどり着くことができました
サスケ頑張ったね〜
クウタもありがとう

イメージ 1

若いふたり、動きがはやくてブレまくり〜

イメージ 2

ブレるブレる…

イメージ 3

まともなのが1枚もない(笑)


クウタの体力はすごい。
やっぱり若い男の子だから〜
サスケは、やっぱり体力的に劣ってます。
仕方のないことだけどね。
でも、クウタとは大の仲良し

保育園まで歩くのが、ちょっとキツイのかな、と思う時もあります。
体力ないのもあるけど、足がとても疲れやすいみたい。
そりゃあそうだよね。
サスケが車に慣れてくれたら、カートに慣れてくれたら、
無理して歩いて行かなくてもいいと思うんだけどな。
車に乗るとブルブル
カートなんて怖すぎて飛び降りちゃう
今のところ、歩いたほうがまだいいのかも。

いつも元気に庭を走り回っているから、足の障害のことなんて忘れてるけど、
サスケは間違いなく障害があるんだってこと。
障害のない方の足も、何年かしたら痛めてしまう可能性が大きいんだってこと。
だからって、おとなしくしてるなんて無理なサスケ君ですが〜

まぁ、なるようになるよ。
なるようにしかならない。



関係ないけど、最近食べたラーメン

イメージ 4

ラーメン「どてちん」FC店限定特製味玉味噌らーめん

中盛り頼んじゃったよ
食べ残し厳禁、と書いてあったので、必死に食べたよ〜
いま話題の二郎系だったらしいよ…

忙しいやら更年期やらで、家の中メチャクチャですが〜
たまにはウマイもんでも食べてパワー充電しないとねっ

この記事に

開くトラックバック(0)

最近のできごと



え〜、今日は休みです

ホームセンターのお仕事は昨日で辞めました
明日からは、またデンキ屋に戻ります
7年以上ブランクあって、今さらデンキ屋に戻るのは不安もありますが、
レジでひたすら客をさばくだけの仕事には限界を感じました。

採用されないと思うけど、試しに面接!
と思って面接受けてみたら、その場で採用されました
心の準備ができていなかったので、
一瞬「えっ!?ちょっと考えさせてください!」と言いそうになってしまった(笑)
それも変な話だよね
働きたいから面接受けに来たんだろ、って話だよね

ブランク長いから、とりあえずリハビリから。
レジ研修バッチリしないと売れないし。

頑張るしかないっしょ
やるしかないっしょ

    


実は1か月ほど前、左胸にしこりがあるのがわかって、
さすがの私も、これは何かマズイものでは?と思い、
今月初めに市内の産婦人科に行きました。
前日に電話で確認したところ、
初診の人は予約しなくていいので、婦人科に来てください、と。
病院に行くと、待たされたあげく、
「この症状だと婦人科じゃなくて内科になります、
同じ病院でも入り口も受け付けも違います、
今日は内科は休みなので予約も入れられません、
産科の先生も診てくれないことはないですが、
先生は今、お産の処置に入ってしまったので、何時間待つかわかりません、
待っていても、やはり内科で診てもらうべきと言われるかもしれません」
と受付嬢に言われ、
そんならもういいよ!とその病院を出ました。

自分が病院に行く時間なんて、そうそうとれない私は、
なんとかその日のうちに診察を受けたかったので、
もう一か所の近くの病院に電話を入れてみました。
「予約なくても見てもらえますが、時間はかかると思います」と。
いちど電話を切って職場の上司に電話を入れ、
2日後に休みがとれたので、その病院で予約をとりました。

移転したてでピカピカの産婦人科。
診てくれたのは院長らしきじいちゃん先生でした。
和やかな雰囲気の中でエコー見て、
たしかにクッキリしっかりふたつのしこりがあるのが見えました。
悪いもんじゃなさそうだ、でも精査しないといけないね、
とマンモグラフィーの検査をすることに。
マンモの準備するのに少し待ち、初のマンモ体験へ。

まずは異常を感じない右胸から。
そして、肝心の左胸。
と、そこでトラブル発生〜
私、左のぱいぱいペタンコに挟んだまま、すっごい無理な姿勢で待機中、
シャッターが下りなくて撮影ができないと
院長やら技師やら看護師やら出てきてわいのわいの…

結局エラーが出て故障ということで、その日の検査はできませんでした
数日後に修理に来てもらうけど、すぐに使えるようになるかわからない、
よかったら専門の病院を紹介します、と…

あぁ〜、私、時間がないんですけどぉ〜〜〜

このままではどうしようもないので、大病院に紹介状を書いてもらうことに。
その大病院で予約がとれたのは、今月末…ガックシ
あっちこっち行ったら、お金も余分にかかるじゃないかぁ〜。
とはいえ、病院めぐりに疲れていたので、もう何でもいいや、と。

胸が痛むような時もあるし、なんだかイヤ〜な気分ですが、
もうどうにでもなれっ、どうにかなるさっ!です。
悪いもんじゃないという言葉を信じて。
悪いもんだったら、家族のためにも、犬猫のためにも、
まだ死ぬことはできないので治療することになるでしょう。
そうなるとまた、お金の心配が…

なんとかなるさ〜、
ケセラセラ〜


       


さて、前回予告の猫の里親募集ですが、
写真のサビ猫は里親募集しないそうです。
ややこしや〜
関係ない子の画像送られてきたので勘違いしたわいな。
来月アタマぐらいにちゃんとした画像が送られてくるはず。
らしいです。
とりあず、トーニャのところには里親募集中の子はいません。
いや、正しくはいるが。
2匹ほど…

イメージ 1

チョビ♪


イメージ 2

ボンボン♪

やっぱり、まだ諦めちゃいけないね。
運命の赤い糸って、どこから見つかるかわからないもんね。










この記事に

里親募集の予告

イメージ 1



サビ猫の「ちこ」です

詳細は後日。

この記事に

開くトラックバック(0)

全166ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事