ここから本文です

あおぞら花月のブログ

書庫日記

記事検索
検索

全13ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

この度、2011年8月27日〜9月2日まで『Yell,Laugh&Peace上映会@いわき』を開催する運びとなりました。

『Yell,Laugh&Peace上映会@いわき』とは
今年3月、第3回沖縄国際映画祭は、"私たちにも、できることがきっとある"をスローガンに、3月11日発生した東日本大震災へのチャリティを目的に開催されました。

「沖縄から発信した被災地へのエールを、世界中の映画祭につなげる」ことを主旨に、映画祭開催期間中だけではない活動の実現を目指して参りました。

そして、この主旨にご賛同いただいた香港国際映画祭、台北映画祭、釜山国際映画祭、ニューヨーク・アジアン・フィルム・フェスティバル、ヴェネチア国際映画祭の6つの映画祭に加え、沖縄国際映画祭からの推薦作品9作品を『Yell,Laugh&Peace上映会@いわき』にて無料上映をさせていただきます。

福島県いわき市の映画館「ポレポレいわき」を会場に、「Laugh(笑い)でPeace(平和)」な作品を上映し、いわきの皆様にエールを贈ります。

今回の悲しい出来事に見舞われた被災地の皆さまに対して、沖縄国際映画祭スタッフはじめ、世界各国の映画祭関係者のできることは、今後の復興に向けて、映画を皆様にお届けすることで、少しでも「感動」や「元気」を感じて頂くことだと考えております。

【上映作品】
■香港国際映画祭からの推薦作品
『CHICKIN AND DUCK TALK(ホンコン・フライド・ムービー)』
監督:クリフトン・コー
キャスト:マイケル・ホイ、リッキー・ホイ、シルビア・チャン

■台北映画祭からの推薦作品
『海角七号 君想う、国境の南』
監督:ウェイ・ダーション 
キャスト:ファン・イーチェン、田中千絵、中孝介、レイチェル・リャン

■釜山国際映画祭からの推薦作品
『ホームランが聞こえた夏』
監督:カン・ウソク  
キャスト:チョン・ジェヨン、ユソン

■ニューヨーク・アジアン・フィルム・フェスティバルからの推薦作品
『アブラクサスの祭』
監督:加藤直輝
キャスト:スネオヘアー、ともさかりえ、小林薫、本上まなみ、ほっしゃん。、たくませいこ

■ヴェネチア国際映画祭からの推薦作品
『SOMEWHERE』
監督:ソフィア・コッポラ
キャスト:スティーブン・ドーフ、エル・ファニング

■沖縄国際映画祭からの推薦作品
『阪急電車 片道15分の奇跡』
監督:三宅喜重
キャスト:中谷美紀、戸田恵梨香、宮本信子 ほか 

『A Crazy Little Thing Called Love』
監督:プッティーポン・プロムサカ・ナ・サコンナーコン、ワシン・ポクポン
キャスト:マリオ・マウラー、ピムチャノック・ルーウィーセートパイプーン、スターラット・ブッタポーム

『クロサワ映画』
監督:渡辺琢
キャスト:黒沢かずこ、渋江譲二、光浦靖子、大久保佳代子、椿鬼奴 ほか

『映画ドラえもん のび太の恐竜』

また、上映会期間中 吉本タレントが、日替わり支配人として、ポレポレいわきに来場の予定です。作品上映終了後のシアターや、コンセッションスタンドやカフェなどに、神出鬼没に登場し、ご来場の方々と一緒にYell,Laugh&Peace上映会@いわきを盛り上げます。
<8月>
27日(土) 三瓶、ペンギンナッツ
28日(日) ペンギンナッツ
29日(月) おしどり
30日(火) サバンナ八木、なかやまきんにくん、ペンギンナッツ
31日(水) ほっしゃん。、ネゴシックス
<9月>
1日(木)  レイザーラモン
2日(金)  しずる
(出演者は予告無く変更する場合がございますので、ご了承ください。)

品川ヒロシ監督作品「漫才ギャング」緊急上映決定!
8月27日 12:30〜
第3回沖縄国際映画際上映作品「漫才ギャング」の
監督である品川ヒロシが今回の上映イベントの主旨に賛同、
是非 いわきの皆さんに作品をご覧頂きたいとの思いから、急遽上映が決定いたしました。

【開催概要】
イベント名称:Yell,Laugh&Peace上映会@いわき
開催日程:2011年8月27日(土)〜9月2日(金)
会場:ポレポレいわき 福島県いわき市平字白根町1-15 tel:0246-22-3394
HP:http://sekaikan.net/

鑑賞料金:無料(但し、事前の申し込みが必要) 
鑑賞整理券の申し込み方法:往復ハガキ、E-mailで応募、抽選。
締切:8月22日必着
応募先:往復はがき
〒960−8602 福島市太田町13−17 
福島民報社 企画推進部 「エール,ラフ&ピース無料上映会」係宛
電話:024−531−4161 FAX:024−531−4343
E-mail:kikaku@minpo.ne.jp
住所、氏名、年齢、電話番号、希望鑑賞作品名と日時(第2希望まで)、希望人数(4名まで)を、往復ハガキの返信面、メール本文に記入の上、上記宛先へ応募ください。
★ご招待に関するお問い合わせ:福島民報社 企画推進部 電話:024−531−4161

主催:吉本興業株式会社 
後援:ふくしまFM、福島中央テレビ、福島テレビ、福島民報社、ラジオ福島  ※50音順



この記事に

ショウショウ、じゃぴょん、おしどり、バース、タネンチュ・国場が、千葉県旭市飯岡町 の旭市飯岡保険センターを訪問しました。当初用意していた席がすぐに埋まるほど、多くの方が訪れました。

イメージ 1

司会を務めた、じゃぴょんの進行で、バース、タネンチュ・国場、おしどり、ショウショウの順で、ネタを披露していきました。

イメージ 2

イメージ 3

タネンチュ国場は、この日新ネタの手品ネタを披露しました。

イメージ 4

おしどり2人は、得意の針金アートを披露すると、会場の子どもたちが大喜びでした。

イメージ 5

ショウショウの2人のものまねを入れながらの漫才では、会場が爆笑と「おー!」という歓声が交互に上がりました。

イメージ 6

最後に、舞台上で、子どもたちとの記念撮影会が行われました。みんな勢いよく舞台まで走って行きました。

イメージ 7



この記事に

宮城県気仙沼市を、ハローケイスケ、カートヤング、増谷キートン、とっしー、ムーディ勝山、若井おさむが訪問いたしました。
最初に訪問したのが、気仙沼総合体育館です。避難している方のうち、数十人の方が観覧されました。

イメージ 1

次に訪問したのが、気仙沼中学校です。こちらでも、避難されている方々に演芸を披露いたしました。

イメージ 2

最後に訪問したのが、九条小学校です。この日は夏祭りが行われており、とても賑やかな雰囲気でした。

イメージ 3

子どもたちが舞台にかぶりつき状態で、とても盛り上がっていました。
ちなみにこの写真を引いて行くと。

イメージ 4

「右から左へ受け流すの歌」を熱唱中のムーディ勝山でした。

イメージ 5



この記事に

岩手県気仙郡住田町役場駐車スペースで行われた「2011 住田町大感謝祭」に、トラック移動あおぞら花月が行われ、

オール阪神・巨人、まちゃまちゃ、チャド・マレーン、アホマイルド、レアレアが出演いたしました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

トリのオール阪神・巨人の漫才が終わると、オール巨人が歌を披露しました。

イメージ 6

また、プロ野球阪神タイガースの主力選手の寄せ書きサインが、住田町長へ手渡されました。

イメージ 7

そして最後は出演者全員で炊き出しのお手伝いをしました。

イメージ 8

イメージ 9



この記事に

幹てつやと桂三扇、そして宮城県住みます芸人・スーパーギャルズが、宮城県石巻市立大須小学校を訪問しました。
まずは、スーパーギャルズによる前説からスタートです。

イメージ 1

桂三扇による小噺。この後、玉すだれ芸披露し、小学生の喝采を浴びました。

イメージ 2

そして、「ミキミキミキミーキ、幹てつや〜」のおなじみのフレーズが始まると、会場からも手拍子が沸き起こりました。

イメージ 3

最後は出演者一同による、手話での「チューリップ」の歌を披露しました。

イメージ 4



この記事に

全13ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事