ここから本文です
化石の遊歩道
三寒四温・・まだ遠い((+_+))

書庫全体表示

皆さん、こんばんは。
 
先日ご紹介したM笠KM沢、サントニアン〜前期カンパニアンのゴードリーですが、やっとクリーニングが終了しましたのでご報告いたします。
 
まずアンモですが・・若干上下・斜めに押しつぶされて変形しており、思いのほかクリーニングが厄介でした。
ヘソもつぶされた時に奥に引っ込んでしまったよう?でかなり深いです。
 
写真をみるとお分かりになるかと思いますが、気房部は細肋も無くつるっとした感じで、住房部の主肋はやや幅広く・・ちょっとなんと表現をして良いのかが分りませんが、成長する方向に向かって膨らみー収束を繰り返している様にも見えます。
 
イメージ 1
 
反対側はこの様に・・
 
イメージ 2
 
ヘソが潰されてしまってありませんでした。
 
上から見るとちょっとデンセの様な感じがしますが・・
 
イメージ 3
 
いずれにしてもヘソの感じからストリアータムではない事は確かです。
 
以前、同じような感じに地圧で潰されたデンセがありましたので比較してみました。
(コニアシアンのデンセですから肋の感じが違います)
 
イメージ 4
 
やっぱり・・ヘソの深さと気房部の感じがデンセとはちょっと違う様な気がします。
じゃ、なんなんだと聞かれても私の乏しい知識ではさっぱり分りません(笑)。
 
取りあえず
 
 
ゴードリセラスsp.という事で^^;。
 
これでは全然報告になっていないですが・・ゴメンナサイ m(o・ω・o)mゴメンヨ
 
あ、大きさは11cmほどです。
もう少し保存が良ければ判明したかもしれないですね。
 
今度同じ沢に行く時にはちゃんとしたのを採って・・くるよう頑張ります^^。
 
では。(^^)/~
 
 
 
 
 

この記事に

  • 顔アイコン

    こんばんはです。実はヘソはちょっと厳しいかな、なんて思っていましたが、見事に出ましたね。「成長する方向に向かって膨らみー収束を繰り返している様に」← 正にこれがこのアンモの特徴だと思います。前回からそう思っていたのですが、上手く表現できなくて・・・。結局どの種に当てはまるのかはわかりませんが、同じ沢に通えばまた採れると思うので、期待しています・・・今年は無理でしょうか?(笑)
    先日、今年最後の巡検を終えました。ノジュールはゴロゴロしていましたが、ヒグマ君の足跡も沢山ありましたよ! 削除

    [ ZX9-R ]

    2011/10/26(水) 午後 9:37

    返信する
  • 顔アイコン

    折れ曲がっている住房部の保存状態から
    アナゴーかと思いましたが、
    開口部に保存されていた細肋で
    やはり、ゴードリかと…。
    気房部の主肋が気になるので
    私も、ゴードリセラス sp.に一票を投じるしかありません。 削除

    [ fossil1129 ]

    2011/10/26(水) 午後 9:56

    返信する
  • 顔アイコン

    肋の特徴は、固体差、保存状態などを考慮すると
    比較できない部分があります。
    そのようなことから・・
    フイーリング・・全体の特徴から・・
    僕はデンセの♀型の部類ではと・・・どうでしょう?

    [ tsu*a*a0*27 ]

    2011/10/26(水) 午後 10:31

    返信する
  • 顔アイコン

    ZX9-Rさん、こんばんは。

    実はこのヘソ・・私が今まで掘り出したヘソで一番厄介でした。
    周りから少しずつ削り・・なんと4時間近くかかってしまいました^^;。
    自分でも"よーやるわ!"と言った感じです(笑)。

    巡検に行かれたのですね。
    実は私も今日は休みでしたので、予定を立てていましたが・・生憎の天候で取り止めになっちゃいました。
    来週いっぱいは天気も良さそうですが・・どうでしょう。今年まだ行っていない沢があるので本年度最後の巡検にしようかと思っています。

    クマさんの住みかからこっそり?採ってきたZX9-Rさんのノジュール、気になりますね〜^^。

    [ apogon2 ]

    2011/10/26(水) 午後 11:24

    返信する
  • 顔アイコン

    fossil129さん、こんばんは。

    確かに住房部の細肋を見ると間違いなくゴードリーなんですが、この微妙な主肋の感じが頭を悩ませてくれます。

    個体差だろう、と片づけてしまえがそれまでなんですが・・同じような個体をもう一個採らなければいけないですね。
    また目標が一つ出来ました^^。

    [ apogon2 ]

    2011/10/26(水) 午後 11:31

    返信する
  • 顔アイコン

    アンモナイトを採集する機会が少ない茨城県民から見ると、
    アンモナイトの見分け方はまったくわかりません。(笑

    でも開口部に向って膨らんでいく姿はカッコイイですね〜。
    この膨らんでいく姿を見ていたら、思わず陶芸作品のアイディアが浮かびました〜。
    陶芸教室再開記念作品はアンモナイトのオブジェにしま〜す。^^

    浪士710

    2011/10/26(水) 午後 11:40

    返信する
  • 顔アイコン

    りんぞうさん、こんばんは。

    確かにその通りですね。
    全く同じような・・うり二つの個体なんて無い訳ですから。

    デンセの♀型ですか。その発想は無かったです。
    確かメスの方が大きく成長するんでしたっけ。
    そう考えながら改めて標本を見ると、住房部がやけに大きい様な感じがします。


    ゴードリセラス・デンセプリ子・・ですね^^。

    [ apogon2 ]

    2011/10/26(水) 午後 11:45

    返信する
  • 顔アイコン

    浪士710さん、こんばんは。

    見分け方・・私もまだまだ混乱中です^^;。
    陶芸教室再開記念に是非アンモのオブジェ、作って下さい!
    大きな渦巻きの真ん中にちょこんとお菓子が載るようなお皿を希望します(笑)。

    >開口部に向って膨らんでいく姿・・
    これにとり付かれて早ウン年・・まだまだ未熟者ですが、かろうじてなんとかなっています(笑)^^。

    [ apogon2 ]

    2011/10/26(水) 午後 11:54

    返信する
  • 顔アイコン

    画像を拝見する限り、私もデンセに1票です。
    住房はデンセの場合個体差が激しく
    チューロニアンとサントニアンで特徴が異なる等という話も
    ありますが、どうかなあと思っています。
    気室の肋がはっきりしないのは
    保存状態と考えてよいのかなと。 削除

    [ 蛙頭雨爺 ]

    2011/10/27(木) 午前 10:45

    返信する
  • 顔アイコン

    ゴードリはゴードリですね
    アンモも種類が多くてややこしや〜です
    いつも写真綺麗です

    [ はにわ ]

    2011/10/27(木) 午前 10:54

    返信する
  • 顔アイコン

    うわ〜っすごい!

    ヘソってベテランになるとこんなにきれいに出せるものなのですね(@@)

    すごいっ


    ぽち

    あれこしぇふ

    2011/10/27(木) 午前 11:33

    返信する
  • 顔アイコン

    蛙頭雨爺さん、こんばんは。

    ゴードリーやプゾシア、テトラなどはいわゆる普通種アンモと呼ばれ各時代を通して沢山産出する訳ですが、そもそも当時の海ではそれらがザルですくっても採れるほど沢山棲息していたと言う事から来ている訳ですよね(当時ザルは無かったと思いますがw)。
    個体数が多い訳ですから、当然同じ種類でも個体差というのはかなりの確率で発生すると思います。
    りんぞうさんのコメントにメスではないかとの事が書かれていましたが、そういう推測も合わせ、やはりゴードリセラス・デンセプリカータムの個体差という事で落ち着くのでしょうか^^。

    ただ、個体差・雌雄別というくくりだけで説明してしまうと、プゾシアやテトラの個体差があまり見られないと言うのも不思議なような気がします。

    [ apogon2 ]

    2011/10/27(木) 午後 8:02

    返信する
  • 顔アイコン

    はにわさん、こんばんは。

    本当にゴードリーは手ごわいですね^^;。
    この種類だけで一冊の図鑑が出来そうな気がします(笑)。
    >いつも写真綺麗です・・
    有難うございます^^。
    でも写真をPCに取り込んでからリサイズやγ-補正などかなりいじくり回しています^^;。
    やはり黒地にアンモは良く映えますね〜。

    [ apogon2 ]

    2011/10/27(木) 午後 8:06

    返信する
  • 顔アイコン

    シェフさん、こんばんは。

    いやいや、そんなに驚かなくても(笑)。
    頑張って練習すれば誰だって削れるようになります。

    多分100m離れた的に弾を当てるより簡単だと思いますよ〜^^;。

    [ apogon2 ]

    2011/10/27(木) 午後 8:11

    返信する
  • 顔アイコン

    ???です…。
    一枚目の画像ではテトラの気房にテヌイの住房がくっついたようにも見えます。
    たまに出るよく分からないアンモには困ってしまいますよね。

    [ 化石大臣 ]

    2011/10/28(金) 午前 0:13

    返信する
  • こんにちわd( ’u’★

    アンモナイトがこんなに凛々しく見えたのは初めてです
    1枚目が・・・まさに、アンモ騎士☆・・・・・失礼しました☆

    いい色してますね♫ぽち

    ろざりお

    2011/10/28(金) 午後 0:37

    返信する
  • 顔アイコン

    化石大臣さん、こんにちは。

    >たまに出るよく分からないアンモには困ってしまいますよね・・
    本当にそうですよね。
    個体差なのか種類が違うのか・・私たちでは判断できない物がまだまだ沢山あると思います。
    そんな事を思いながら沢を歩くと、小さくて置いてこようかというアンモもちょっと気になってじっと見てしまいますよね。

    [ apogon2 ]

    2011/10/28(金) 午後 4:44

    返信する
  • 顔アイコン

    ろざりおさん、こんにちは。

    アンモ騎士☆・・ですかぁ^^。
    殻口の石がちょっと邪魔ですが、これを取ってしまうと殻口全体が壊れてしまうような気がしてそのまま付けてあります^^;。
    色は他のM笠地区のアンモに比べるとやや薄く、あめ色・・とでも言うのでしょうか、とても綺麗な色だと思います。
    裏側の保存ももう少しちゃんとしていれば良かったのですが・・まぁこんな所で勘弁して下さい(笑)。

    [ apogon2 ]

    2011/10/28(金) 午後 4:50

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事