化学物質過敏症奮闘記

国籍法改悪・外国人参政権・人権擁護法案・美名の売国法案ばかりで最早、日本人はレジスタントか・・・

全体表示

[ リスト ]

中国から飛来する黄砂に「ジクロルボス」が含まれていた。
(週刊ポスト2008/3/28より抜粋)

 (前半略)

 黄砂は、中国大陸内陸部の砂漠や乾燥地帯の砂が上空に巻き上げられ、偏西風に乗って日本に飛来し、大気中に浮遊したり、地上に降下したりする現象のこと。例年、日本で黄砂が確認されるのは3〜5月で、4月にピークを迎える。
 もちろん黄砂は、掃除の煩わしい「黄色い砂」であるだけではない。吸い込むことによって、人体への悪影響も心配されているのだ。大分県立看護科学大学の市瀬孝道教授(生体反応学)が解説する。
 「黄砂に含まれるシリカという成分が肺に入ると強い炎症を起こすことがわかっています。土壌中のカビや細菌も黄砂に含まれていて、アレルギーの症状を悪化

させる。動物実験では、気管に到達すると気管支炎を起こす結果も出ており、人体に同じ降下をもたらす可能性が高い。」
 黄砂の時期は花粉の飛散する時期と重なっているが、花粉症を悪化させる原因にもなるという。
 「黄砂はスギ花粉と比べて6分の1と非常に小さい粒子で、普通のマスクでは防ぎきれない。それが鼻の中に付着すると、くしゃみや鼻づまりとなる。今まで花粉症でなかった人が、黄砂によって花粉症が誘発されることがあるようです。」(市瀬教授)
 黄砂に含まれている「毒」はこれだけではない。実は最近の調査で、黄砂には複数の農薬が含まれていることがわかったのだ。
 昨年4月に環境省が発表した「黄砂実態解明調査中韓報告書」によれば、黄砂中に含まれる21種類の農薬の濃度分析を行った結果、「ジクロルボス」が検出されていたのである。

 韓国では高齢者の死亡率が増加

 ジクロルボスとは、中国毒ギョーザ事件で「メタミドホス」とともに何度も検出された有機リン系の農薬。揮発性が高く、吸い込んだり皮膚に付着すると、頭痛や呼吸困難を引き起こすなど急性毒性が強い物質である。中国では広く一般的に利用されているのに対し、日本では劇物指定されており、購入の際に住所、氏名などの届け出が必要となるため、ほとんど利用されていないという。
 このため、ジクロルボスについても、中国から飛来したとの見方が強い。

 金沢大学の岩坂泰信・特任教授(大気環境学)が説明する。
 「農薬が単独で空中に舞うとは考えられず、むしろ物質に付着しやすい特徴を考えれば、黄砂に付着してやってくると考えるのが自然です。中国では広範囲で使われていますし、日本とは比べものにならないぐらい乾燥していますので、土壌に撒かれた物質が舞い上がりやすいのです。」
 実際、環境省が発表した農薬検出リストの中には、DDTなど日本で禁止されている農薬の名前もあった。

 では、人体への影響はどうなのか。環境省の説明を聞こう。
 「ジクロルボスの検出濃度は最大で1立方cmあたり7.4ピコ(1兆分の1)グラムで数値的にはごく微量で、すぐに人体に影響を与えるというものではありません。」(環境保全対策課)
 ただし、ごく微量でも長年吸い続けることで、人体に影響する可能性が考えられます。
 「たとえ基準値より相当低い値であっても、有機リン系の農薬は神経毒性が強く、長年摂取し続けると、手足のしびれや神経麻痺を起こすことがわかっています。」(前出・市瀬教授)
 実際、不気味なデータがある。韓国の研究機関の02年の調査では、65歳以上の高齢者の死亡率が黄砂の飛来する時期(3〜5月)になると2.2%増加している。しかも、気管支疾患及び心臓血管系疾患に起因する死亡率になると、4.1%も高く、入院患者数は7.8%増加しているのだ。
 
 日本ではこうした本格的な調査はまだ行なわれていないが、背景にはこんな事情があるという。
 「ギョーザ問題でもいえることだったが、日本は中国に対し、外交的に弱腰であるため、黄砂が中国から飛来することすら断定しないでいる。
 北京五輪を控えた中国は環境問題にナーバスになっており、非協力的です。実際、中国、モンゴル、日本、韓国との間で計画されていた黄砂監視プログラムから突如離脱し、気象観測データを国家機密としてしまった。しかし、日本が何より発生源を突き止められないのは、政治問題化を恐れてのことでしょう。」(ジャーナリスト・黄文雄氏)
 気安めにしかならないが、黄砂対策としてはマスクするか外出を控えるしかないという。気象データが未公開のままでは何も変わりそうもない。


引用ここまで

 黄砂に化学物質が付着しているという情報は伝え聞いていたが、今話題のジクロルボスまで付着していた。
 この記事で目新しいのは韓国の事情である。日本より近いのだから影響が大きいのは当然のことであり、日本も早急に健康への影響について調査すべきだろう。何より中国人自身の被害が一番大きいと思うのだが・・・

 ギョーザ問題同様、政治的対応に期待出来ない以上、これも自己防衛するしかないか。そのうち黄砂対策マスクが発売されるかも知れないな。

転載元転載元: 徒然日記

この記事に

閉じる コメント(21)

顔アイコン

風に農薬だなんて恐ろしいですね。
中国本土であればどれだけの濃度になっているのか。
もう人が住む場所ではないのでしょうね。
世界の病原菌、世界の迷惑ですね。
傑作

2008/3/27(木) 午前 6:44 千葉日台 返信する

ども、そういえば毎年、黄砂が飛ぶと花粉症になります。
それまでは花粉が飛んでも症状出ないのに、
おかしいなぁと思ってました。
普通のマスクでだめなら、鼻うがいしないといけないんですかね。

2008/3/27(木) 午前 10:48 C+Cサンダーバード 返信する

顔アイコン

海とか大気は境目などなく世界中繋がってますから防ぎようがないですものね。どうすればいいんでしょうね?

2008/3/27(木) 午後 2:51 Qちゃん 返信する

顔アイコン

耳鼻咽喉科はすごい患者数です。それだけ大気が最悪の状態です。ひさびさに医者に行き驚きました。ポチ!

2008/3/27(木) 午後 10:14 熱田北条 返信する

顔アイコン

千葉日台さん、温暖化だけをとっても大陸の砂漠化は急速に拡大中ですし、それにくっついてくる汚染物質も悪化の一途ですから本当に困ります。お米も越境大気汚染で1割収穫減だそうです。
中共は、汚染データも気象データも隠蔽が酷くなる一方ですから、まともに交渉さえも出来ませんし、これから先が思いやられますね。
転載記事にも傑作どうも有り難う御座います(*^。^*)/~~こうもりこうもり

2008/3/29(土) 午前 0:54 こうもり 返信する

廿八号さん・・という事は黄砂症なのでしょうか(^▽^;)
日本まで飛来するものは微粒子だから、マスクも気密性の高いものでないとだめだし、目からも入るし、髪や洋服なんかも奥に入り込むからタチが悪いですよネ・・
鼻うがいはやった事ないですが、鼻粘膜や口は洗えますが肺に入ってしまったものは洗えませんしネ(~_~;)厳しいですよネ・・・こうもり

2008/3/29(土) 午前 1:05 こうもり 返信する

顔アイコン

qchanさん、本当に困ってしまいますネ・・・
中国には過去10年間は環境中心のODAを続けてきたそうですが汚染は絶望的に悪化の一途のようですし・・近未来の環境悪化は避けられませんし・・
せいぜい我が国の得意とする技術力だのみで・・
SF映画のようにドームを作って黄砂襲来時には密閉して空気を浄化する、とか、地球温暖化が激しく進むと海流も変化して恐怖の偏西風も変わるかも?とかついついSFの世界に遊びたくなります(^▽^;)こうもり

2008/3/29(土) 午前 1:14 こうもり 返信する

顔アイコン

熱田北条さん、矢張り症状を出す人はどんどん増えているんですネ・・
土壌に降り注ぐ汚染物質で、日本の自然破壊、農作物への影響も本当に心配ですね・・転載記事へのポチもどうも有り難う御座います(*^。^*)/~~こうもり

2008/3/29(土) 午前 1:17 こうもり 返信する

顔アイコン

最近は野菜の栄養価が従来の1/3程度になっているという話を聞きました。キャベツ1ヶで取得できるビタミン量はキャベツ3ヶ食べないと出来ないという事です。
農薬漬でミネラル分が失われているのでしょう。
輸入野菜は船での搬送期間の腐食を防ぐためになんと作物に農薬をまぶすことがあるそうです。
だから外国の農家を出たときは確かにキチンと検査をして安全でも食卓でも安全とは限らないですね。

2008/3/29(土) 午前 8:39 千葉日台 返信する

顔アイコン

エントリー記事を読んで、図らずも40年前に中学時代の親友に出した長文の手紙を思いだして仕舞いました。環境破壊、更に毒物化学物質がジエット気流に乗って世界中を駆け巡り、特に大陸に近い日本の山は禿山同然になり、他諸々の被害を受けると書いた覚えが有り、親友は私が気が触れたのか?と思った様でした。黄砂問題は考えられる以上に深刻な問題だと思います。米国でも最近は、特に西海岸で微小ですが被害が報告される様になりました。現時点では日本程関心を呼びませんが、将来を憂う学者が警鐘を鳴らして居ます。支那経済が成長を続ける限り、鈍化しても、13 億人の人口を抱えて居ては事態好転は全く望めず、悪化が関の山です。況して黄砂の資料提供さえ拒む支那の不誠実な態度では尚更です。シリカはケイ酸鉱物であり多岐に渡り、特に各種光学材料に利用され、支那が世界最大の埋蔵量を有する筈です。汚染の素には事欠かないので始末が悪い。更に農薬は微量とは言え含まれる様に成り不安は倍加し続けるでしょう。私はカナダに住む身であり、黄砂被害の心配は有りませんが、地球は精巧なバランスで成立しており、将来違った形で被害を蒙るでしょう。

2008/3/30(日) 午後 11:33 [ gre*n*hub*32 ] 返信する

顔アイコン

千葉日台さん、そうなんですよね、農薬や化学肥料を使うと、本来そこに住んでいた土壌菌や微生物を死滅させる上に、土自体が汚染されガチガチに固くなって美味しい作物も穫れなくなってしまいます。
土から獲れる作物は土の栄養をそのまま反映しますから、土が死んだら栄養のない作物しか獲れません。
収穫後の化学薬剤の使用は輸入野菜にはつきものですが、これまた「ポスト・ハーベスト」という如何にも美しい言葉が付けられ、その実態は、恐ろしい量の農薬びたしのものですね。
矢張り、地産地消で化学薬剤を使わない、昔ながらの露地栽培の旬野菜が一番ですネ♪こうもり

2008/3/31(月) 午前 0:54 こうもり 返信する

顔アイコン

greenthubさん、40年も前にそんなお手紙を出されたとは、その先見の明にびっくりでございます♪
中国共産党の大爆走に関しては、最近ネットでは色んな情報が取れるものの、その実態を知る人ほど改善など望めないと絶望視しているらしいので、暗澹とした気持ちになってしまいます。
中共が崩壊しても影響を被るし、このまま汚染を振りまいて存続しても大迷惑、そして、自分の国土は汚し放題で周辺各国に侵略し、月まで行こうとしていますから・・中共の国家規模の汚染は確実に全世界に及びますね。こうもり

2008/3/31(月) 午前 1:04 こうもり 返信する

顔アイコン

日本人の食生活のスタイルから変えなければならないですね。
今の手軽便利と言う言葉に騙されてはいけないですね。

2008/3/31(月) 午前 7:19 千葉日台 返信する

顔アイコン

千葉日台さん、本当に食べるという事は生きる事そのものであり、本来、大変な事だと思います。
生産者のご苦労もさることながら、だしを取るにもワカメなどの乾物をもどすにも、手がかかるもの程本物の美味しさと栄養があり、反面、手軽便利になるほどにそこから遠のいていく気がします。
昔ながらの美味しい本物の味がどんどん衰退してる現状に危機感を抱いています。こうもり

2008/4/1(火) 午前 0:41 こうもり 返信する

最近は雨の日の方が落ち着きます。黄砂って怖いですよ。やっぱりあの国から飛来していて、しかも花粉よりも小さいミクロの粒でしょ?長い間吸い込み続けたら絶対に人体に悪影響あるんだし・・・
今回ばかりは韓国人が気の毒。

2008/4/2(水) 午後 11:53 keinoheart 返信する

keiさん、雨の方が落ち着きますネ〜♪.+:。(ノ^∇^)ノ゜.+:最近は雨も匂うけど汚染ダストを4、6時中吸わされるよりはまだマシですね(((; ̄* ̄)う・ぷ・ぷぅ・・こうもり

2008/4/3(木) 午前 1:27 こうもり 返信する

私も今年は何年かぶりかで花粉症の症状が酷いのですが、「ジクロルボス」が含まれている黄砂が原因かもしれないと思うと、余計に病状が悪化しそうです。
傑作
TB

2008/4/8(火) 午後 10:00 益荒男 返信する

coffeeさん、それはご愁傷さまでございます。黄砂と言いつつその実態は、砂の成分2割くらい、あとは粉塵・汚染物質だらけの有害ダストだそうです。
誰でも具合が悪くなる筈ですネ(((; ̄* ̄)
傑作・TBどうも有り難う御座います(*^。^*)/~~こうもり

2008/4/10(木) 午前 0:01 こうもり 返信する

顔アイコン

旧日本軍が中国や朝鮮におこなった仕打ちを考えれば、日本人は何も言えないような気がする。

2008/11/23(日) 午後 3:03 [ nanking_atrocities ] 返信する

顔アイコン

福井県の原子力発電所のある美浜地区の植物から過去3ケ年の実績を超えたセシウム137が平成23年に観測されましたが、これは過去の大気圏核実験によるものです。

福井県環境放射能測定技術会議報告書より

2011/7/18(月) 午前 5:24 [ 水・土壌汚染を学ぶ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(2)


.


みんなの更新記事