ここから本文です
こんぶログ
無形文化遺産。日本人の伝統的な食文化『和食』には昆布のうま味は欠かせません。

流氷観測

 この時期になると、第一管区海上保安本部 海氷情報センターのHPをチェックするのが、あらパパさんの日課でもある。

 昆布にとって、良くも悪くも影響をもたらす流氷の動きが気になって仕方がないのです。

 北海道でも道東の羅臼とか根室半島とかが流氷の接岸する土地としては珍しくないのですが、太平洋側に回って、あらパパさんの実家がある浜中町から、もしかするとあらママさんの実家の厚岸を超えて釧路まで到達したり、えりも岬をかわして浦河沖にまで流れていくことだって稀にあるのです。とは言え、あらパパさんが子供のころから比べると、温暖化の影響なのか流氷の大きさもそうだけれど、太平洋側に流れ着くことも珍しくなったようですね。

 そんな流氷ですが、海氷情報を確認すると、今週になって宗谷岬沖十数キロ先に流れついてきたようなので、実際に見たことがないという部下君を連れ宗谷岬まで流氷観測に出かけてみた。
イメージ 1

 昨日のレーダー情報では、沖合に見える白筋の流氷であっても、確実に肉眼で観測できるだろうと思ってのことだったのですが、風の向きが変わったのか、はたまた沖合の雪雲の影響で見えないのか、双眼鏡を覗いても流氷を確認することは出来なかった。
イメージ 2

 風の向きや強さによっては、前日まで流氷に埋め尽くされている海面が、翌朝にはまったく見えなくなってしまうという現象は珍しいことではないので、流氷を見るにはタイミングも大事なこと。

 特に宗谷方面は、道東方面とは違い風の向きとか海流とかも影響してか、過去データを見る限りでは、近くまで流れ着くことは珍しいことなのかもしれない。
 今後も海氷情報をチェックしながら出かけてみたいと思う。
 時間はたっぷりあるので、機会をみて枝幸まで出かけることも考えてみような。

 追伸です。
 神社巡りが大好きなあらパパさんとあらママさんは、年に何回も神社参拝をするのですが、ある本を読んで『神社参りは年に3回以上すると良い』ということを最近知った。その3回というのは、独りで行く、家族と行く、仲間や同僚と行くの3回なのだそうです。理由をこの場に書くと長ったらしくなるので書きませんが、日本最北端の神社より、感謝の気持ちを込めたお参りを部下君と並んで参拝してきました。
 来年からは、仕事初めにお参りしような!!
イメージ 3
宗谷管内の漁業、今年は大豊漁まちがいないです^^v

この記事に

開くトラックバック(0)

サルベージ料理

 サルベージ料理とは、使い切れずに余った食材や、冷蔵庫に眠っている食材を、無駄なく使い切るという、エコな考えから誕生した料理法。らしいです。

 ってことは、使い切れずに余った食材なら、あらパパさんちで普段食べている『昆布』を使った料理はもしかしたらサルベージ!?に…なるかも!?
 だってさ、単純にストックしているレベルではない量なので…余っていると言えば余ってるし…。とはいえ何十年経とうが昆布は腐らないし、いつまでも美味しく頂ける食材なので、そこら辺の食材と一緒にしてもおかしな話だよね^^;

 あらパパさんちの昆布が余った食材かどうかは別として、あらパパさんちでは昨年の4月から、旬のものは旬のうちに、新鮮なものは新鮮なうちに食すという考えで、ストッカー(大型冷凍庫)のない生活を実行しています。とはいえ、家庭用冷蔵庫にある冷凍庫内には、徐々にですが冷凍保管食材が溜まってくるのです。
 ということもあり、今週の初めにあらママさんと話し合い『2週間買い物せず、あるものだけで食事を考えよう』という、2週間続行サルベージ料理を決行することにした。このままでは無駄になってしまうであろう食材の値を高めるためにも^^v

 とはいえ、食材を購入しない2週間とはいえ、貰い物などで食材は増えるし、新年会(明日)や食事会(明後日)やおらほ開店などで、何食かはカバーできてしまう^^;

 ちなみに今日の食事は、コバタケファームの玄米粥に、リシリコンブと煮干しのダシで作った利尻産天然ワカメの味噌汁、一昼夜塩抜きした香深産糠ホッケを焼いて、自家製紅鮭のスモークとスライスオニオンのサラダ、そして自家製ベーコン添えの目玉焼きに、昆布水で煮た黒豆と大根の糠漬け。
イメージ 1

 糠ホッケとスモークサーモンとベーコンは、あらパパさんにとっての心の師匠から頂いたお品です。やはり手作りは最高ですね。しかもクオリティーが高い、さすがです。
イメージ 2

 冷蔵庫も冷凍庫もスッカラカンになるのは、とても気持ちの良いものです。
 せっかくの旬で新鮮な食材を『すぐ食べてしまうのは勿体ない』という、意味の分からない理由で冷凍保管したり、『安いから』といい大量に衝動買いしてしまうのは、結果的にエコでもないし経済的でもないのです。

 家庭用のストッカー(大型冷凍庫)を所有している方は、今一度、中身を確認してみてください。
 ストッカーは生ごみ捨て場ではありませんからね^^;
 

この記事に

開くトラックバック(0)

国際電話

 国際電話といっても、あらパパさんがかけたわけじゃありません。
 以前、あらパパさんへお問い合わせ頂いた方と、昨晩やっとのことでお話しをすることが出来たのでした。

 11月に掲載したリシリコンブのテイストした記事をご覧になったこの方から、次のようなFBメールが届きました。

 あらぱぱさん、こんにちわ!

 海外在住の○○です。 
 あらパパさんの昆布の記事、いつも與味ぶかく読んでおります。
 海外在住30年、翻訳業のかたわら、「日本の天然調味料&海外で作る美味しい和食」をテーマにした仕事をしています。
 その中でも野菜料理が中心なので、昆布出汁が家でも、外国人向けの料理コースでも料理の基本となります。
 今まで15年間程、南茅部の天然真昆布二年ものを漁協さんから2-3年に一回、15kg単位で購入して使ってきました。一部は料理コースで、外国人の方にもお分けしています。
 今まで、築地や京都の市場、御問屋、あるいは敦賀の○井○○堂さん等を訪ねて、話を聞いたのですが、どうも味や品質の違い、用途別の選択肢等、自分の関心事をクリアにすることが出来ませんでした。
 それで、あらパパさんの今回のテースティングの投稿を見て、一度是非直接ご連絡、お電話させてもらえればと思い立ちました。
 よければ、あらパパさんのTELを教えて下さい。こちらからお電話したいと思います。


 料理の基本、特に和食に欠かせないのはダシ。
 そのダシの中でも昆布は絶対に欠かせない食材。
 日本での昆布の生産量が減産傾向になる理由。
 昆布の販売流通方法。
 昆布の他販売。
 日本国内での昆布の需要。
 日本人と外国人の和食(ダシ)に対する意識や興味。
 漁業者の昆布に対する情熱は『商材か食材か』。
 昆布の産地や採取時期。
 昆布の種類やうま味。
 昆布の使い方や食べ方などの詳しい本。
 作り手、作り方、環境、その製品の細部を知るからこその安心。
 原発の汚染状況などなど。

 海外に住まれる方と電話でお話しするのも初めてでしたし、2時間くらいの長電話をするのも初めての事。
 電話代以上に、昆布の様々なことをあらパパさんから聞けることに値を見出してくれたことなのだと思った。うれしい、超うれしい。
 そして、今年は昆布の生産地を見てみたいということもあり、北海道へいらっしゃる予定をされているそうです。その時は是非、宗谷管内のリシリコンブをご覧いただきたい。そして、タイミングを合わせてご案内したいと思います。
 そのときは、電話では伝えきれない昆布いろいろを現物にてお伝えしたいと思います。今からとても楽しみです。
 ちなみに、以前(5年ほど前)一般消費者用に作った 『北海道のおいしい昆布』も何かのお役にたてればと思いましたのでご紹介します。ダウンロードされてご使用ください。
 ※一部改正したい部分もあります。リシリコンブの繊維についてです。

 毎日毎日、何のために出勤しているのかという鬱憤も、今回の電話で満たされた自己重要感が一掃してくれました。
 これでしばらくは、満たされた自己重要感を使って日々を過ごせるのかもしれません。
 
 が…。来週はどうしようかな??

 

この記事に

開くトラックバック(0)

冬眠

 この時期(12月〜6月)の宗谷管内、昆布の検査が全くない。
 継続されてる統計資料も全くない。あったとしても作成は瞬殺。
 平成9年から12年の4年間、稚内検査事務所は廃止していたからか、あらパパさんたち職員は夏の間だけ出張で来ていると思われている関係者は少なくない。
 先日もある会議後の新年交礼会で、『今日は札幌からいらしゃったのですか』と、関係漁協のお偉いさんから…。
 事務所の再開(平成13年〜)から16年間、稚内の水産ビル4階の事務所で、冬の間は毎日『暇してます』、何時でも遊びに来て下さい…と伝えた。
 存在すら忘れ去られるって、淋しいというより『情けない』という気持ちを強く感じた。
 この環境で、先任者が4年とか3年とか、『良く耐えたな』と、たった1年間にも満たないあらパパさんは痛感しました。反面、この期間、関係者に忘れ去られる程、何もできなかったのか!?それとも何もしたくなかったのか!?といろいろ考えてしまう。今のあらパパさんは既に『何もしたくない』という気持ちが大きい。
 毎日事務所に出勤する意味も、この時期にここにいる意味も全く感じられなくなっている。50歳手前のあらパパさんならまだしも、20歳代の部下君ともなると、この環境をどう過ごさせたら値あるものにできるのか…。

 宗谷管内の昆布も土地も大好きなのだけれど…。
 思考も行動も…冬眠状態だ!!


この記事に

開くトラックバック(0)

自分らしさ

 昆布に対する値観も、仕事というものの価値観も、人生の価値観も人それぞれ。
 それって他人だからではなく、仕事の関係者であってもそうだし、同じ職場の職員間でも違う、家族だって夫婦だってそう。
 そんな価値観の違う世界をもった者同士は基本的に水と油みたいようなものなんだけど、何かしら思いが通じるところもあってうまくいくこともある。仲の良い夫婦がそうかもしれない。あらパパさんとあらママさんみたいに^^v

 したけどさ、心のどこかが通じ合ってる夫婦であっても、何かの拍子にそうではいられないことだってよくあること。夫婦でさえそうなのだから、仕事関係や他人であれば夫婦以上にそうなる可能性は大きい。
 かといって、いきなり『お前のことが嫌いなんだ』とか『別れてくれないか』とか『金輪際取引しません』とか『一身上の都合で辞めさせて頂きます』というようなことを、積もりに積もって切り出すことはあっても、すぐに言葉でいうことはなかなかないものです。誰だって心に秘めるものです。誤魔化したりもします。
 そのような関係になってしまうのは、自分の考えを押し付けたり、相手を否定したり、少しでも困ったことがあると直ぐに自分の考えを正当化させたりと、、、他人に対しての思いやりや、互いに分かろうとする気持ちや考えがないのだと思う。誰しもが経験していることで、あらパパさんだっていつも経験している。

 かといって、そこに気づかず、ずーーっと続けていると、あるタイミングで『あなたとはもう暮らせません』とか『お前らみたいな組織はもういらない』とか言われる時が来るのだと思う。
 そういわれる前に何かに気づかなければならないのだけれど、言われてしまっては時すでに遅し。余程のことがない限り修復は難しい。

 あらパパさんの親世代にはまだまだ『男尊女卑』的な考えもあって、田舎の夫婦であれば『くだらない世間体』というものに阻まれ、サラリーと職位を無くしたどうしようもないオヤヂからサッサと逃げてしまう奥方は、出て行きたい!と心に思っていても滅多にないものです。ですが、都会では普通にあるようですね。
 昆布の世界でも『親方日の丸』的な考え方を未だに持ってる方々がまだまだいらっしゃるようなので、近いうちにぶっ飛ぶところからぶっ飛ぶような気がしないでもないです…。

 世の中、お金がなければ何もできないというけれど、お金がなくたって直ぐに出来ることはたくさんあります。
 誠心誠意をもって対応する。挨拶は大きな声で。笑顔で接する。思いやりや優しさ。そして感謝。
 こんなこと言うと、あらパパさんのくせに…きれいごとだとか、お前は出来るのかとか、何やかんやいう奴らはたくさんいるけれど、これが出来るかできないかで生活も世界も大きく変わることは間違いない。この先10年20年、ロボットには出来ない人間らしい魂的対応が最も必要とされる時代です。
 気持ちが必要のない仕事なら、間違わない休まない文句を言わないロボットの方が、とっても価値があるもんな^^;

 あらパパさんもまだまだ修行が続くけれど自分らしさはそのままで。あらパパさん自身の価値が高まったころ、幸せな理由で人生の分かれ道を選びたい。

この記事に

開くトラックバック(0)

 今回入手できた良質な浜中産のネコアシコンブを、あらパパさんの推奨する自家焙煎で楽しんでみました。

 もともと、他のこんぶにない独特な風味をもつネコアシコンブなので、少々期待をしながらの焙煎でしたが、以前の実験で分かった『粘りのある昆布』の場合は、焙煎するときに粘々成分が出てきて引っ付いてしまう現象があったので、粘り成分の多いネコアシコンブも、そうなってしまうのではないかと思いつつも…煎り煎り。
 なんのなんの、粘るどころかパラパラと焙煎しやすい。 しかも、実の厚さが程良いからか、プックリと膨らみ見るからに美味しそうなのです。 そのまま味見してみたところ、焙煎塩梅も良いからか口当たりもサックサクで、少々苦味は強いようですが悪くない美味しさでした。
 ということで早速に煎じてみて、焙煎在庫してあったミツイシコンブとリシリコンブと味比べもしてみました。
 北海道でも故郷の道東にしか生息していない、値あるネコアシコンブに贔屓目があるのかもしれないですが、あらパパさんは思わず『ネコアシコンブが一番ウメ〜』とつぶやいた。 すると部下君も、『やっぱりそうですよね、僕もネコアシコンブが一番おいしいと思いました』と感想が一致した。

 そうなると、さらに色々と比べてみたくなるのがあらパパさんの性質。昆布コレクションからナガコンブとラウスコンブとマコンブもチョイス。それぞれに焙煎し、煎じて味見してみることにしました。
イメージ 1

 実の厚いもの薄いもの、天然と養殖、粘りの強弱、白粉の出てるものと出ていないもの。
 人の仕事も昆布の焙煎も、それぞれの持ち味はあるのだけれど、向き不向きもあるのだな〜と、愛用しているピンクのフライパンを揺すりながら考えちゃったりしちゃいました^^
イメージ 2


この記事に

開くトラックバック(0)

部下君のお土産

 今日は持込居酒屋おらほの開店日。
 部下君と二人で飲む酒は今日が今年初めて。
 年末年始の長期休暇で帰省(四国)した時の土産話に、あらパパさんはいろいろと勉強になることばかり。行先々でみた昆布の販売状況は部下君にとっても大変勉強になったとの事でした。

 途中立ち寄ったという長野でのお土産に『水尾』という日本酒と、原材料に昆布を使用し煮込んで作ったと言う子持ち鮎姿煮をいただきました。
 水尾の華やかな美味しさに、独特な風味を持つ鮎の甘露煮は、値ある逸品。ノンベイを知り尽くしたチョイス。堪らん美味しさです。

 あらパパさん好みを選べるなんて…これまでの社会勉強の甲斐も少しはあったのかな^^;
 とってもおいしかったです。御馳走様です。
イメージ 1
イメージ 2

 今日は久々の飲酒、1時間も経ってない頃ですが、酔いが回ってきました。
 外は吹雪。さて、帰りますか〜。

この記事に

開くトラックバック(0)

価値観

 老若男女、世の中にはたくさんの人々がいますよね。
 都会と田舎のように住まいも違えば、人種や文化のように国も違ったりします。
 当然、それぞれに価値観というものが違ってきます。
 食生活や趣味もそうですが、性格や人生観までもが影響してくるものです。
 なので、余程の事がない限り、値観が合うという事は難しいのかもしれません。

 今回の帰省でも、あらパパさんを子供のころから知っている方々の故郷に対する思いと、あらパパさん自身の故郷に対する思いは全く別でした。
 故郷を愛しているという部分だけは同じなのですが、それ以外の思いというか考え方は全く別なのです。例えそれが親であってもです。
 この世に生まれ18年育った故郷ですが、その後30年を様々な土地で過ごしてきた人生ですから当然といえば当然なのかもしれませんね。

 お〜っと!! 
 タイトルの価値観から人生観に脱線しそうなので、面倒くさい話はこの辺にして…。

 価値観の話です。
 端的にいうと、物の価値が分かるか分からないかで、その物を必要とするかしないかが決まります。
 例えば卵ですが、スーパーで10個入りの卵が150円で売ってます。その横に、ちょっと高価な6個入りで370円の卵が売ってます。さてどちらを購入しますか!?
イメージ 1

 一般的には、10個入り150円の卵を購入すると思います。
 そこには価値があるからというより、単に安いからという理由の他に、6個入りで370円の卵との価値(生産方法や労力などなど)の違いが分からないからだとあらパパさんは思う訳です。
 何故そう思うかというと、10個入り150円の卵を購入された方が、コンビニのおつまみコーナーに売っている150円の茹で卵(半分に割った2個分)を、躊躇もなく購入するからです。
 茹でて、冷やして、殻を剥いて、半分に切り分ける。たったこれだけの労力に2つで120円の価値があると思うからなのでしょうか?いやいや、そこまで考えて購入してないかもしれません。でもね、結果的にそういうことになるのです。

 そうかと言えば、ガソリンの価格が120円から130円に上がると、高くて高くて困ってしまうと嘆いている方々をよくお見かけするのですが、その差はたったの1㍑10円です。
 それなりの高級車に乗ってる方でさえ、1㍑8㎞は走ってくれるでしょう。あらパパさんの所有している超高級車(カローラ―フィールだ―)は、遠乗りすると1㍑18㎞も走ってくれます。
 寒い寒い北海道の真冬に稚内から浜中町までの道のりを、片道8時間以上もかけて往復で1000㎞も走りぬいてくれる車のエネルギーに、高級車で1250円、あらパパさんの超高級車で555円の差額がそんなに価値の無いものかと不思議でなりません。

 要は価値観って、物に対する価値を分かっているか、分かってないのか、分かろうとしているのか、分かろうとしていないのか、分かる場がないのか、なのだと思う。

 そう考えると昆布だってそうかもしれない。
 昆布は高い、昆布の使い方が分からない、昆布は無くても困らない、製品の種類が多すぎ、選別が面倒、お金になるまで時間がかかりすぎる、中間マージンが多すぎやしないか、昆布業界には自由が無さすぎる…。 
 お〜っと、またまた脱線しそうだ^^; 話を戻そう…。

 昆布を生産してくれる漁業者にもいろいろ、中間で関わっている組織だっていろいろい、昆布を消費者へ売ってくれる昆布屋さんもいろいろ、昆布を消費する方々もいろいろなので、その価値観がそれぞれにどのような価値観なのかの違いもあるけれど、基本的な昆布の価値ってものを分かっているか、分かってないか、分かろうとしているのか、分かろうとしていないのか、分かる場がないのかは、卵やガソリンと同じな気がする。
 ってか、世の中の全てのモノやコトもそうだと思うのです。

 あらパパさんが、10個で150円の卵より、6個で370円の卵を普通に手にすることができるのは、その価値(生産工程と人の労力を知っている)を十分に理解していることで、単に金額(単価)ではなく価値を見ているからなのです。

 今年はその『価値観』という部分に焦点をあて、昆布というものを見つめ直してみたいと思います。
 他人の価値観を変えることは簡単な事ではありませんし、変わるものでもありませんし、変えたいとも思わなくなったので、あらパパさん自身とあらパパさんに関わる全ての方々の幸せのために、あらパパさん自身の価値観を見つめ直し、世に発信(自己責任)してみようと思う訳です。
 正直なところ、ブログを始めた8年ほど前から比べても、かなり変わってきているので、この先10年も経てば、もっともっと変わっているのだろうと思う。 世の中が!ではなく、あらパパさん自身がです!!勘違いしないでくださいね^^v

 これから先10年、人生の分岐点は何回もあるような気がするのです。どちらを選ぶかは、損得だけではなく価値と楽しさで選びたいと思います。親の思いや世間体を気にしているような人生は、もう卒業だな。
イメージ 2
 
 上の写真は、平成28年浜中産のネコアシコンブです。
 怪我が原因で採取に専念できなかった漁業者が、自家用のおぼろ昆布用にだけ選りすぐって採ってきたものです。その中から十数本分だけ、あらパパさんの昆布コレクション用に分けていただきました。ありがたいです。
 昆布を出荷するときの製品規格とは違い、おぼろ昆布を作るときに必要な品質は、厚みもそうですが、柔軟のある旬のもので、乾燥方法は『天日』であることが最も良い条件なのだそうです。

 価値とは、物差しで測れるようなものではないのでしょうね。

この記事に

最後の教え

 人の死はその人の最後の教えと聞きます。
 死を持って教わる事は、教わる方々も感じ方はそれぞれに違うでしょう。

 年末年始、叔父から人生にとって最も大切なことを2つ教わりました。


 1、家族や仲間、関わる全ての方々を大切にし感謝する人生を過ごすこと。
 大切な方々の涙の分だけ、叔父の偉大さと愛を感じました。


 2、家族や仲間を悲しませるようなことのないような人生を過ごすこと。 
 大切な方々の涙の分だけ、叔父の無念さを痛いほど感じました。


 後悔先に立たず。人生、悔いのないよう見習い頑張りたいと思います。
イメージ 1

 同じ北海道といっても、道北から道東の道のりは遠いですね。
 たとえそれが親であっても、おいそれと向かってあげることが出来ない距離と環境に、今回ほど辛さを感じたことはありませんでした。
 近ければすぐにでも飛んで行けるし、毎日でも行けるのだけれど…。
 仕事の関係で参列することのできなかったカミさんは心残りだったと思う。

この記事に

ありがとう

 貧乏な昆布漁師で生まれ育った父の兄妹弟は男6人女1人。
 あらパパさんの父は浜中漁業協同組合の職員でしたが、本家の伯父さん(次男)と弟の叔父さん(五男)は昆布漁師を継ぎました。
 全同各地の現在の昆布漁家では、二人の息子が継ぐなんて考えられない状況ですが、この頃の環境ではそれほど珍しくもない継承状況だったのではないかと思います。
 本家と別家、家も隣、お正月やお盆になると未だに兄妹弟が集まるという仲の良さは、流石荒井家だなぁ〜なんて思ったりもして…。

 あらパパさんも帰省すると、本家とか別家とかに顔を出したりします。そうすると、やっぱり昆布の話になるんです。今年の漁模様はどうだとか、品質はどうだとかいろいろね。そんな時は一瞬だけ甥っ子ではなく、検査員の顔になったりするのですが、昔々から変わらない『昆布の検査方法や関わり』について、あらパパさんにとっては悩みの種でもあったので、何気に叔父さんに話をしたことがありました。
 あらパパさんの仕事って『世の中にとって大して役に立ってないのではないか』、『昆布漁師にとっての役割も希薄化してきたのではないか』、『正直なところ必要なくなってきているのではないか』とかいろいろね。

 そしたらさ、叔父さんが一言。
 たかゆき、『この世に必要の無い仕事なんてないぞ』、『誰かの役にたたない仕事なんてねぇんだ』、『必要で役にたってるから給料がもらえて生活していけるんだぞ』、ありがたいべや!! って。

 その時、何かが吹っ切れました。仕事以外にも『昆布』というものを見つめ直し、色々と関わる切っ掛けにもなったし、『昆布の魅力』を再確認することもできて、様々な場面で仕事にも活かせる知識や経験や人脈、そして何より度胸というものも手に入れることができました。とはいえ、根底には内気なあらパパさんが未だ健在なんですけどね^^;

 のぶおじちゃん。
 逝く順番は全く違うので、そこだけは見習う気はないけれど、おじちゃんから習った精神とか優しさとか心意気とかは、これからの人生も見習いそして楽しんでいきたいと思う。
 ブログにこのようなことを書くべきか書かないべきかとも悩みましたが、誰に何をどう思われても、今の気持ちや様々な想いなんかもひっくるめて記録したいと思いました。

 おじちゃん、本当にありがとう。心から感謝してます。そして楽しい想いでもありがとうございました。今、走馬灯のようにいろいろな想い出が浮かんできます。

イメージ 1

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事