ここから本文です
空腹時に見てはいけないブログ
訪問者数1400万人突破ありがとうございます!
2011年10月オープンのハンバーグ店。
今年3月、日テレ「火曜サプライズ」で紹介。
広瀬すず、DAIGOらとともに来店。
イメージ 10
最寄り駅は横浜駅西口または平沼橋駅。
横浜人なら「浅間下交差点の近く」と
言ったほうがわかりやすいでしょう。

メニュー(価格は消費税込)
イメージ 9
黒毛和牛ハンバーグが中心メニュー。
和牛で鉄板ジュージュー系の
ハンバーグというのは他にあまりない。

コーンスープ
ハンバーグ単品のほか、
ライスorパンとカップスープで+370円。
イメージ 8
コーンがたくさん使われていてイイ。

美味しい食べ方
イメージ 7
最初は何もかけずに一口食べ、
次に卓上の岩塩とブラックペッパーで食べる
のがオススメだそうです。

黒毛和牛ハンバーグ(210g)1300円
ソースはデミグラス、オニオン、トマト、和風
の4種類から選べます。オニオンを選択。
イメージ 6
カンカンに熱した鉄板の上に
ハンバーグが2つ割れの状態でサーブされ、
客の前で店員さんがナイフでさらに2分割してくれます。
断面を下にして約1分後に食べ頃。
ソースをかけて食べます。

ピンクロックソルト&ブラックペッパー
イメージ 5
卓上に置かれた調味料。
最初の一口はこれで食べました。

ハンバーグ断面
イメージ 4
和牛らしい穏やかな旨味が特徴。
輸入牛のようなワイルドな感じではありません。
鉄板のフチに置いてあった肉は
こんがり焦げ目が付いていました。

付け合わせアップ
イメージ 3
野菜は軽く茹でた状態で鉄板に載せてあり、
鉄板に載せてサーブしている間に火が通ります。
ただジャガイモはちょっとハード過ぎでした。

牛カツ1280円
イメージ 2
何かと流行の牛かつを試してみました。
黒毛和牛100%のモモ肉赤身です。

牛カツ断面
イメージ 1
レアに仕上げられた牛肉。
何箇所かの筋を除けばやわらかくて美味しい。
ソースはデミグラス風で
ワインか何かのアルコール分を感じました。







この記事に

開くトラックバック(1)[NEW]

当ブログ掲載は約7ヶ月半ぶり。
イメージ 1
私たちの訪問時はハワイからの観光客で
客席のおよそ2/3が埋まっていましたが
店主は「まる玉」のシンガポール店出身なので
イングリッシュオゥケィ!

鶏白湯塩(とりぱいたんしお)660円
この店の絶対的中心メニュー。
イメージ 2
めちゃめちゃピュアな鶏スープです。
外見上の粘度よりもはるかに鶏の旨味が濃密。
相変わらず旨い!
まる玉本店を軽〜く凌駕しています。

麺がストレートに変更!
麺の硬さは柔らかめハリガネまで5段階から選べます。
私は一番硬い「ハリガネ」を推奨。
イメージ 4
曙町の埋金製麺。切り歯26番の細麺。
写真は3月訪問時のもので細縮れ麺ですが、
6月訪問時には以開業初期のストレートに戻っていました。
個人的にストレートへの回帰は大歓迎〜!

SHIN海老醤油710円+海苔110円
イメージ 3
以前はもっとアッサリした感じでしたが、
鶏白湯(とりぱいたん)と鰹出汁、
双方が強く出たスープに変貌。
パンチがかなり強くなりました。

海老スープリフト!
イメージ 5
海老の旨味は以前と同等もしくは増強されており、
なおかつ殻をすりつぶしたザラザラ感
がなくなり食べやすくなりました。

「SHIN海老醤油」
開店初期「鶏白湯(塩)」に馴染みのない客が多く、
地元客に受け入れられやすい醤油ラーメン
メニューに加えたいという理由で誕生しました。
しかし現在では鶏白湯の店としてすっかり定着。
今後は、鶏白湯をさらに前面に押し出す
海老ラーメンに進化することも予想されます。

鶏白湯辛タンメン(天国)820円
フライパンで炒めた野菜に鶏白湯スープを注いで作ったタンメン。
生唐辛子(乾燥させていない唐辛子)が入っています。
辛さは5段階中一番上の「天国」
※「天国」でも中級レベルの辛さです。
イメージ 6
野菜摂取のため「鶏白湯タンメン」を注文したことは
今まで何度もありました。
「タンメン」はスープに野菜の旨味が出てイイ感じですが、
野菜の水分により自慢の鶏白湯スープが薄まるという欠点もあり。
しかし辛味が加わるとそのような感じがせず、
野菜摂取派にはオススメです!





この記事に

横浜や川崎のYahoo呑みブロガー達
の間でド定番の優良店。

各停しか停まらない京急の子安(こやす)駅から
第2京浜側(山側)の路面に出てすぐ左にあります。
イメージ 7
駅前なのに商店やコンビニもなくひっそりとした街並み。
ただこの店だけが明るく輝き、賑わっています。

以前はキムチ屋さんだったそうですが
料理を修業した息子さんがワインバルに衣替えしたとのこと。

生ハムプレート950円

幹事さんに任せてしまったため詳細不明で
これで2人前の量だと思われたのですが、
なんとこれで1人前とのこと!すごい!
イメージ 6
このメニューに限らず、たっぷりの野菜が
使われているのがこの店の特徴。
美味しいです♪

カラスミハムエッグ950円
これも1人前だそうです。太っ腹!
イメージ 5
カラスミの濃厚なコクと卵黄がよく合います♪
ハムエッグがカラスミのおかげでリッチな味に!

焼ナス肉炒め850円
イメージ 4
まるでサラダのように見えますが
野菜の下にたっぷりのナスと肉が隠れています。
赤いソースはおそらくコチュジャンベース、
肉はプルコギ風の味付けということで、
韓国料理が採り入れられているようです。

鶏赤ワイン煮1400円
二人で取り分けても十分な量。
イメージ 3
赤ワインやバターで丁寧に仕込まれたソースが秀逸。
肉はもちろんやわらかいです♪
ソースを残らず肉で絡め取って食べました♪
肉の下にはアスパラガスやオクラなどの野菜も隠れています。

ブルーチーズギャレット850円
イメージ 2
ジャガイモの細切りを焼き揚げにして
ブルーチーズをたっぷりかけてあります。
下にベビーリーフのようなものが
たっぷり敷かれているのがまたよく合う!

トマトソースパスタ
イメージ 1
アサリ、カブ、オクラ、キノコなど多数の具
を使ったトマトソースのパスタです。
ソースはやや辛めの味付けになっています。
パスタを得意とする店だけこれは間違いない!

また、写真には撮りませんでしたが
酒類が安く、量もたくさんついでくれるという、
呑んべえには嬉しい店です。




この記事に

2015年11月開業。
開業初日以来、2回目の訪問。
どうやら山形のケンチャンラーメンが原形になっているようです。
イメージ 5
豚骨醤油、激辛系、味噌などの「下品系ラーメン」
が幅を利かせる曙町にあって異彩を放つ、
超上品な無化調・淡麗・魚介系ラーメン!

メニュー
イメージ 4
メニューは非常にシンプル。

ラーメン並750円
イメージ 3
スープは動物系不使用・魚介のみ。
スープを飲むと…おっ、これは!
前回より大幅に魚出汁が強くなっています。
店主いわく、魚介の使用量を2倍ぐらいに増やしたそう。
食べた感じは煮干しメインで他にも数種類使っていそう。
店主に尋ねるまでもなく、間違いなく無化調。
すごく美味しいスープです。
魚介出汁が好きな人にはたまらん内容ですね〜。

具アップ
イメージ 2
見た目だけで前回訪問時と明らかに変わっているのは
チャーシューが炙ってある点と、
メンマが細く色白になった点です。
チャーシューはもっと美味しくなる余地ありです。

麺は自家製!
イメージ 1
前回は中細縮れ麺でしたが、
今回は平打ちで極度の縮れ麺になっています。
個人的には以前の麺が好みですが、
今の方が良いという人も当然いるでしょう。

期待通り、7ヶ月前の訪問時よりも進化していました。
特にスープの美味しさにはびっくり!
さらなる進化が楽しみな店です♪




この記事に

30年前からお世話になっている
横浜駅界隈随一の激安中華料理店。
イメージ 1
ただ安いだけが取り柄なら
舌が肥えた今では相手にしないでしょう。
しかし、ここは別格なのです。

外税告知
イメージ 2
消費税がまだ無かった30年前から
ほとんど値上げしていなかったのですが
昨年12月からついに外税方式になったようです。

サンマーメン486円
450円+消費税。
会計時には10円未満の端数を切り捨ててくれます。
イメージ 3
ただ安いだけではなく、
横浜名物サンマーメンの有力店の
ひとつとしてぜひ押さえておきたい店です。
やや太めの縮れ麺もGood。

ギョウザ292円
税抜270円。会計時に10円未満の端数切り捨て。
イメージ 4
この店に来たら餃子は必食。
外側のパリサク感。餡のホックリ感。
安さを無視して味だけで見ても
横浜市内ではとんとん@星川に次ぐレベルです。

ヤキソバ486円
450円+消費税。会計時に10円未満切り捨て。
この店で餃子に次いでオススメのメニュー。
イメージ 5
塩味で太麺の焼きそばです。
卓上のお酢をちょっとかけると美味しい♪
塩+中華顆粒+紹興酒+ごま油、
…みたいな感じの味構成です。
ちなみにソース味の「鉄板ヤキソバ」もあります。

ヤキソバリフト!
イメージ 6
量はそんなに多くないので、
他に注文せずこれだけで満腹にしたいなら
大盛(税抜+170円)がオススメ。

あんかけ焼きそば680円
これは外税方式導入前(昨年秋)に
食べたものなので税込みで680円です。
イメージ 7
一般の中華屋では海老など海鮮が入らなくても
800円ぐらいするものですが、この店は680円で、
しかも調理クオリティは同等もしくは優れたレベル。
やっぱりCP最強だなあ〜。

あんかけ焼きそばアップ
イメージ 8
個人的には餡が美味しくて野菜の仕上がりが良く、
少々の肉が入ってて、麺がちゃんとしていれば
エビやイカが入っていなくても満足。
この店は680円でその要件を満たしています。

今回紹介した以外のメニューではチャーハンもかなりオススメ!






この記事に

横浜市内で食べたカツ丼まとめ記事です。

嵯が野(さがの)@西横浜

イメージ 1
藤棚商店街の保土ケ谷区寄り、奥の方。
古くからあると思われる蕎麦屋。

ヒレカツ丼(並)860円
味噌汁&たくあん付き。
イメージ 2
卵のトロトロ感や半熟感は皆無ですが
強い醤油感としっかりした出汁が病みつき!

(嵯が野)カツ丼断面
イメージ 3
具にはなぜかタケノコやナルトも入っています。
やっぱ濃いめのツユがハマるなぁ〜。



角平(かどへい)@平沼橋
イメージ 4
綾瀬はるか主演ドラマ「きょう会社休みます。」
にたびたび登場した横浜の有名蕎麦屋。

カツ丼1310円
イメージ 5
いい値段だけあって迫力ある一品。
超厚い肉なのに注文から5分もしないうちに配膳。

(角平)カツ丼断面
イメージ 6
ツユや卵の感じは申し分なし。
ブ厚いロース肉の赤身は美味しいけど
脂身のカタマリ部分がちょっと…。



とんかつ きよし@星川

星川駅近くの裏路地にある穴場とんかつ店。

茶碗カツ丼480円
とんかつや揚げ物の定食がメインの店ですが
ミニカツ丼もやっています。
イメージ 7
いやぁ美味しい。
肉も、揚げ方も、ツユも、卵の綴じ方も
すべてレベルが高い。
フルサイズで出してほしいな〜。



とんかつ こころ@天王町
イメージ 8
井土ヶ谷や伊勢佐木長者町にも支店がある
CPの良いとんかつ屋。

かつ丼660円
イメージ 9
味噌汁とたくあん付き。
一般の蕎麦屋や定食屋では
800円はくだらないカツ丼ですが、
それにほぼ劣らないクオリティで完成度も高く、
この価格ならおトクでしょ!




以下はチェーン店です♪

小諸そば(四谷新宿通り店)

都内では「富士そば」に次いで幅を利かしている
立ち食いそばチェーン。

かつ丼セット600円
素そばor素うどんと半カツ丼のセットで600円。
イメージ 12
立ち食い店のカツ丼のレベルは全体的に上がっていますが
これはその先端を行っていると思います。

ゆで太郎
Wカツ丼520円

イメージ 10
立ち食い蕎麦チェーンのカツ丼は
10年ぐらい前まで激マズなのが多かったけど
最近ではかなり良くなりました。

かつや
カツ丼(竹)702円

「梅」(並カツ丼)は529円で、
「竹」は肉の量が1.5倍になっています。
イメージ 11
3年ほど前よりツユのケミカル感が増した気が…。
それでも完成度はなかなかですけどね〜。




この記事に

開くトラックバック(1)

単独記事としては約2年3ヶ月ぶりの掲載。
基本的にはBARですが、
腕のいいコックを雇っているので料理もうまい!

店主は推定40代のイケメン。
コックさんはハライチ澤部似(って本人は否定するかも)。

記事中の価格は消費税込みです(会計時には10円未満の端数切り捨て)。

ニソワーズサラダ1069円

イメージ 1
ズッキーニ、黒オリーブ、プチトマト、パプリカ(赤・黄)など
色とりどり入ってどれも新鮮シャキシャキ。
トマトビネガーのドレッシングもメチャ美味しい♪

ボローニャ風ミートソース1177円
麺は数種から選べますがフィットチーネを選択。
イメージ 2
これでもかというほど基本に忠実な作りは
他にありそうでない完璧な仕上がり。
ソフリットから自家仕込みで、
ラグーソースの仕上がりも申し分なし。
本職のイタリア料理店でもここまでしっかり
作れる店はどれほどあるか。

温卵と厚切りベーコンのカルボナーラ1177
これも麺の種類を選べますがフィットチーネを選択。
イメージ 3
温泉卵が載るクリーム入りの日本式カルボナーラ
と思いきや、食べてみると美味しい!

カルボナーラアップ
イメージ 4
生クリームが入る日本式カルボナーラとしては
ほぼ文句のつけようのない完璧な仕上がり。

ロンリコ151(ストレート)702円
イメージ 5
アルコール分75.5度の最恐ラム。
ただ強いだけではなく風味や旨味が非常に豊か。
ほんとこれ旨い!大好きです♪

アップルパイアラモード648円
イメージ 6
リンゴのフィリングから自家仕込み。
超美味しいです。
上記のロンリコ151を垂らしかけると
さらに旨さが増幅!

Dixie Grill (ディクシーグリル)
横浜市神奈川区反町1-3-9
045-312-3582
18:00〜翌2:00(土日祝は17:00から)
不定休
東急東横線・反町駅より徒歩4分
京急・神奈川駅より徒歩6分
JR東神奈川駅より徒歩10分


この記事に

野毛界隈には鰻店がいくつもありますが
中でもここは昭和6年創業で、
このあたりでは最老舗と思われます。
イメージ 1
三河産の活鰻を使用しているそうです。

おもなメニュー
イメージ 2
近年のうなぎ高騰で高くなったとはいえ、
横浜三大有名鰻店(わかな・梅林・横浜野田岩
などよりもお値段はリーズナブル。

奈良漬け270円
イメージ 3
奈良漬けをつまみながら鰻重のできあがりを待ちます♪

卓上調味料
イメージ 4
山椒がミル入りなのが好印象(^^

上うな重4320円
イメージ 5
「上」は鰻の量が1尾半。
肝吸いとお新香は料金内に含まれています。

肝吸い&お新香
イメージ 6
肝も美味しいです。
お新香はおそらく自家製でしょう。

鰻重アップ
イメージ 7
まず、しっかり味濃いめで甘さ控えめのタレが好み!
一般に、格の高い店では鰻本来の味を楽しむために
タレがアッサリめになっている場合が多いのですが、
野毛は下町。B級といわれようが旨けりゃOKという所か。
炭焼ではなく電気ロースターを使っているようでしたが
焼き具合もほぼ申し分なし。

鰻重断面
イメージ 8
身が柔らかすぎず、しっかりした食感も好み!
かといって皮がブヨブヨしたり、
身が締まって噛みにくいことは断じてありません。
そしてご飯の焼き具合が硬めなのも好み!

この店ではドジョウやフグも扱っており、
八幡丼(鰻とごぼうの玉子とじ丼)も
この店の名物だそうなので、
次回はそのあたりを攻めてみたい♪



この記事に

2014年1月開業。
約1年ぶり、4回目のブログ掲載。
イメージ 9
基本的には行列不可避な店。
夜の部や、昼の遅い時間などでは
タイミングが良ければ並ばずに入れる場合もあり。

国道1号沿いノボリ
イメージ 8
ノボリが特注品になったようです(^^

わんたんらーめん900円+味玉100円
スープは鶏ガラ主体で、カツオや昆布などの魚介が入り、
鶏油で全体をまとめるというネオ清湯タイプです。
イメージ 7
スープは開業以来、醤油が強かったり、鶏が強かったり、
魚介が強かったりとバランスを幾度も変えていますが
基本的な構成に変わりありません。
現在は均衡型になっています。
個人的には今のバランスが好きですね〜。
とにかく、素直に美味しいと納得できる味です。

麺リフト!
イメージ 6
麺は開業以来変わらず三河屋製麺の
中細低加水ストレート。
開業当初はやわらかめに茹でていたのですが
今ではしっかり硬い感じです。

麺、スープともに出身店の一番いちばん
とは別物と言えますが、完成度は高い。

わんたんリフト
イメージ 5
皮のツルツル感、餡の豊満感も申し分なし。
横浜市内のラーメン店のワンタンとしては
味のほうさく、流星軒の限定メニュー用ワンタンと
並んで最旨レベルではないでしょうか。

煮干し油
イメージ 4
ラーメンの提供と同時に配膳されます。
これを入れると煮干し感が増して味変。
個人的には入れない状態が好きですが
後半にこの注射器の1/3程度を入れて気分転換しています。

横浜市内の醤油淡麗系ラーメンでは
尋(移転復活予定)、麺s慶@西横浜
と並んでお気に入りの店です。

つけ麺800円
つけ麺は開店当初の2014年4月以来の注文。
イメージ 3
麺皿にはドロドロの昆布水。
つけ汁は通常スープを濃く味付けてあるものです。
別皿でザラメ(orきび砂糖?)、塩、柑橘(すだち)果汁が付いています。

つけめんリフト
イメージ 2
ラーメンと同じ麺。
ズルズルと啜れば満足感はそれなりに高いのですが、
やはり、ラーメンのほうが完成度が高くて好きかな〜。

スープ割り
イメージ 1
つけ麺のスープ割りは別器で配られます。
美味しいので全部堪能しましょう♪





この記事に

ラーメンのチェーン店では唯一たまに食べたくなる
京都背脂ラーメンの店。
イメージ 7
メガドンキホーテ狩場インター店の1F
(横浜市保土ケ谷区)にあります。

特製醤油九条ネギラーメン
(背脂多め・麺硬め)864円

イメージ 6
普通のラーメンでも卓上ネギ入れ放題ですが、
良質な青ネギを堪能するにはこれがオススメ。
数量限定を謳っているものの
夜でも大丈夫な場合が多いようです。
鶏ガラ化調ベースのクリアな醤油スープに
背脂が浮くという構成。
旨調強めですがバランスは良好。

麺リフト!(かため)
イメージ 5
低加水でポキポキ系の細麺。
スープによく合っていると思います。

具アップ!
イメージ 4
チャーシューは超薄切りのが2〜3枚。
でも何かコレ好きです。
ネギがスープに絡む感じもいい。

タンメン野菜150円
イメージ 3
別皿提供です。
野菜を摂取できたのでよし。

焼めし定食(+248円)
イメージ 2
この店でいう「定食」とは
ラーメン類+小サイズのチャーハンor餃子or揚げ物
をつけたものです。
定食だけで10種類以上あります。

チャーハン海苔巻き
イメージ 1
トッピングの海苔(108円)を
単品注文して巻いてみました。
焼めしは新福菜館ほど色黒ではなく、
味付けも油感もそう強くありません。
旨調はやはり強め。





この記事に

開くトラックバック(1)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事