ここから本文です
空腹時に見てはいけないブログ
訪問者数1500万人突破ありがとうございます!

書庫全体表示

記事検索
検索
先日の記事では写真と説明だけでしたが
2日後に実食することができました!
イメージ 10
「カミカゼ」の屋号での復活は10年ぶり!

カミカゼが最初に開業したのは2001年。
当時出はじめていた「神奈川淡麗系」の塩ラーメン
を驚くほど進化させた伝説の名店です。
ラーメンフリークのみならず、これに影響を受けた
ラーメン店主も少なくないでしょう。

【カミカゼについて】
2001年7月、横浜市泉区中田西にて開業。
2004年9月、閉店
2005年8月、藤沢市善行にて移転復活
2006年10月、閉店
2014年12月、横浜市戸塚区に「中華そば尋(ひろ)」を開業
2016年2月、行列店なのに閉店
2016年7月、旧「中華そば尋」の隣に「カミカゼ」を開業、
(リンク先をクリックすると当該記事に飛びます)

店内
イメージ 9
店内はコの字型カウンターとテーブル席もいくつか。
調理場も含めて結構広い。
朝からずっと行列ができていたそうですが
この時は終了間近だったせいか空いていました♪

メニュー
イメージ 8
「塩ラーメン」「醤油ラーメン」は旧カミカゼ風で
それぞれ焦がしネギの有無が選べます。
「中華そば」は「尋(ひろ)」の味に近いものです。

塩ラーメン750円
イメージ 7
やった〜!! めちゃ旨い!
これでもかと強引に煮出したような魚出汁ではなく、
ちゃんと綺麗に、美味しいところだけ出ています。
使用している魚介は、屋久島のさば節、伊吹島産のいりこ
うるめ節、血合いの少ないまぐろ節、羅臼昆布の5種類のようです。
一番多く使っているのはさば節とのこと。
スープが冷めてくるとさらに魚介の風味がよくわかります

ラーメンの雰囲気は旧カミカゼ時代と変わりませんが、
実際にはかなり変えてあるようです。
というか「前のレシピは残ってません」(店主談)
旧カミカゼと同じ味にすれば当然美味しいでしょうけど
10年前と比べてラーメンは大幅に進歩しています。
店主はその辺も踏まえて、これでもかと旨味を重ねる
最近の潮流に一石を投じているように私には感じられます。

麺リフト!

麺はもちろん自家製。
色白でポクッとした食感のもの
(→後にちょっと変化)。
序盤はしっかりとした噛み応えがあり、
中盤以降少しユルくなっても美味しい。

塩焦がしネギラーメン800円
イメージ 6
塩ラーメンに焦がしネギが載ったもの。
私は焦がしネギがない方が
魚出汁の風味がよく感じられて好きかな〜。

醤油焦がしネギラーメン800円
+チャーシュー250円+のり100円+メンマ100円

イメージ 5
ベースのスープは塩と同じなのでしょうけど
醤油味になるとちょっと表情が変わります(^^v
隠し味のまぐろ節がいい味出しています。
まぐろ節って前面に押し出すとちょっとクセがあるけど
隠し味としては効果的ですね〜。

醤油麺リフト!
イメージ 4
麺は塩ラーメンと同じもの。
醤油でちょっと色づいた麺も美味しいものです。

チャーシューアップ!
イメージ 3
チャーシューは旧カミカゼ→尋と
大きな変化はなく、バラ肉の煮付けです。
肉がやわらかいのはもちろんのこと、
脂身まで甘く美味しく仕上がっている
レベルの高いバラチャーシューです。
メンマは角材系で歯切れ良し!

中華そば650円
実はこれもかなりオススメ!
イメージ 2
尋と同様、鶏ガラと煮干しを主体とするスープです。
しかし尋時代よりも煮干しの風味がよく、
さらに美味しくなっています!
店主に訊いたら、焼いた煮干しを使用するなど
やはりブラッシュアップされているそう。
煮干しの魚臭さや野暮ったさや苦みを一切出さず
リッチかつ軽やかに仕上げているのがすばらしい!

麺リフト!(中華そば)
イメージ 1
麺は白くてパキッとしたもの。
塩/醤油ラーメンの麺よりも一回り太い。
尋のツルモチ麺も良かったけど
こちらの方が正統派の中華そばという感じがします。

というわけで、大山氏はやっぱりすごかった!
今後色々微調整され、さらに磨きがかかることでしょう。

カミカゼ
横浜市戸塚区汲沢町1202
11:00〜18:00
火曜定休
国道1号線沿い。箱根駅伝の戸塚中継所。
駐車場多数あり
戸塚駅西口(戸塚バスセンター)より藤沢駅orドリームハイツ行きバス乗車
「大坂上」バス停下車

この記事に

2001〜2006年まで横浜市泉区と藤沢市善行で
営業していた伝説の名店「カミカゼ」が
2016/7/29(金)に復活オープン!

私はまだ行っていないのですが
先遣隊が行ってきたので、
今回は写真と説明のみになります。
食レポは近日中にアップします。

2日後に実食。記事はこちら!
   ↓     ↓
http://blogs.yahoo.co.jp/arapro7/57397361.html

■2016/9/14の記事

http://blogs.yahoo.co.jp/arapro7/57449088.html

イメージ 8
場所は国道1号の戸塚中継所。

開店祝いの花
イメージ 7
同業者や関係業者からのお花が届いています。

メニュー
イメージ 6
メニュー構成は以前のカミカゼと似ており、
さらに「中華そば尋」に近い商品もあるようです。

店内
イメージ 5
以前のカミカゼでもディスプレイされていた
レトログッズも再び出番を迎えたようです。

塩ラーメン750円
イメージ 4
くじら軒、中村家、流星軒等から始まった「神奈川淡麗系」。
カミカゼも当初その系統に括られていましたが
この店の「塩ラーメン」は、単に淡麗で芳醇なだけでなく
圧倒的なコクと厚みを備えたものに進化。
最新のラーメンを追いかける当時のマニアを唸らせたのです。

いや、マニアだけにとどまらず、神奈川淡麗系の店で
カミカゼの影響を受けている店は少なくないはず。
「伝説」という表現は決して大げさではないのです。

麺リフト!
イメージ 3
自家製麺。
低加水色白の細麺で、
以前のカミカゼに近いタイプです。

具アップ
イメージ 2
チャーシューはバラ肉で、
旧カミカゼや尋と大体同じ作りと思われます。
メンマは角材系に変わりました
(旧カミカゼでは細めの濃茶色、尋では長い穂先だった)。

元「中華そば尋」
イメージ 1
店主の大山氏は今年2月まで、
すぐ隣のこの場所で「中華そば尋」
を営業していました。
連日売り切れの繁盛店になったにもかかわらず、
急遽立ち退かなければならない憂き目に…。

※念のため再び書きますが、
今回の記事は食レポではありません。
写真紹介と経緯説明のみです。


実食記事はこちら!
  ↓   ↓
http://blogs.yahoo.co.jp/arapro7/57397361.html

カミカゼ
横浜市戸塚区汲沢町1202
11:00〜18:00
火曜定休
国道1号線沿い
駐車場多数あり
戸塚駅西口(戸塚バスセンター)より藤沢駅orドリームハイツ行きバス乗車
大坂上バス停下車



この記事に

当ブログ既掲載の店ばかり4店のまとめ記事です。
すべてお気に入り店ですよ〜♪

とんかつ こころ@天王町
CPの良いとんかつ店。
ロースかつ定食は700円と安い。

もち豚ロースかつ定食1100円
イメージ 1
ワンランク上の肉を使用。
添付品は普通のロースかつ定食と同じです。

もち豚断面
イメージ 2
ふんわりとした肉感とさわやかな甘味が特徴。
味や見た目からすると白豚系でしょう。
黒豚のような分かりやすいコクと甘味もいいですが、
良質な白豚は、一見淡泊のようでいて
実に力強い風味と旨味を内包しています。

バッファローキング@鶴ヶ峰
輸入牛の赤身が大好きな人におすすめ。
深夜2時半までやっています。

エンサラダメヒカナ
イメージ 9
ステーキやハンバーグ類を注文すると
もれなくついてくるサラダです。
これ最強の旨さ!

ロースステーキ(300g)1900円
焼き方はミディアムで注文。
ライスやパンは別料金です。
イメージ 3
風味や食感からするとオーストラリア産の
肩ロースと思われます。
いわゆるステーキソースというものはなく、
肉にはバターが載っているだけ。
卓上の醤油、塩、胡椒、ガーリックパウダー
などをお好みでかけて食べます。

ステーキ断面
イメージ 4
正直、とろけるようなやわらかい肉ではありません。
所によってはスジや固い部分もあります。
しかしそれ以上に圧倒的な旨味と肉感が魅力的。
霜降り和牛とは比較にならないほどの旨味です。
ステーキはやっぱりこうじゃないと!

横浜スープカレー しんぺー@鶴ヶ峰
札幌「らっきょ」の流れを汲むスープカレー店。
今までスープカレーにあまり良い印象がなかった人
もぜひ食べてほしい優良店です。

完熟トマト牛挽肉詰めのスープカレー
(焼きチーズのせ)1500円

イメージ 5
5月のマンスリーメニュー。
いつ行っても安定して旨い。
綱島や関内にも札幌スープカレー店があるのですが
はっきり言ってしんぺーの方が比較にならないほど旨い。

トマト断面!
イメージ 8
トマトの中には牛挽肉がたっぷり詰まっています。

中山菜館@反町
香港料理や焼き物を得意とする店。
定食類も充実しており、1人でも気軽に入れます。

海老のマヨネーズ風味和え1080円
イメージ 6
エビマヨ大好きなのでメニューにあれば高確率で注文する私。
数千円もする高価なエビマヨは別として、
今まで食べた2000円以下のエビマヨでは一番美味しい。
なんと言ってもエビのカリッ・プリッ感が秀逸!

中山の香港風焼きそば780円
イメージ 7
オイスターソース風の味付けと
もやしのシャキシャキ感のコントラストがいい。
中華街などでもこれと似たタイプの焼きそばを食べましたが
この店の方が美味しい♪





この記事に

先日、まとめ記事で取り上げたファイヤーバーグを独立記事に。

札幌発のハンバーグチェーンです。
挽きたての肉を その日のうちに調理しているのがウリ。
イメージ 8
店のHPによると、北海道、東北など計12店あるようです。
関東では横浜店のみ。

基本メニュー
イメージ 7
基本のハンバーグは626円(税抜580円)と安い。
しかもライス(大盛無料)・みそ汁・ミニサラダ付き!

ハンバーグは150gと250gがあり、
ステーキやエビフライなどとのコンボもあります。
追加トッピングも各種あり。

ベーコン&チーズハンバーグセット(250g)1274円
+熟成カレーセット129円

イメージ 6
プラス120円(税抜)でライスをカレーに変更。
その場合、味噌汁が付かないようです。

ベーコン&チーズハンバーグ
イメージ 4
大サイズ250gのハンバーグを選択。
レギュラー150gならば259円安くなります。

ベーコンチーズハンバーグ断面
イメージ 5
肉汁バースト系ではないものの、
つなぎで膨張したタイプでもなく、
適度に肉感があって好みです。
同価格帯のファミレスより明らかに良質。
トッピングに関しては、チーズやベーコンよりも
目玉焼が合いそうなハンバーグでした。

ハンバーグカレー778円+ザンギ(2個)259円
(ミニサラダ付き)
イメージ 3
ハンバーグカレーも試してみました。
札幌発の店だけにザンギのトッピングもしてみました。
ザンギは別途タレも付いています。

ハンバーグカレー断面
イメージ 2
こちらはレギュラー150gのハンバーグ。
どうやらこの店のハンバーグは
欲張らずに白米の定食でいただくのが良さそう。
次回はWハンバーグ+エッグかな〜。

ザンギ(3個)410円
イメージ 1
タレは「油淋鶏ソース」と「塩」から選べます。
写真は油淋鶏ソースですが、塩も試してみました。
私は一応塩がおすすめ。




この記事に

2016年7月15日開業ホヤホヤの新店。
麺匠るい斗が味とコンセプトを変えて2号店を出店!
イメージ 9
環状2号内回り沿い。
今年2月、1号店は隣の物件へと移転。
そして元の場所が2号店に衣替えされました。

メニュー
イメージ 8
2号店のコンセプトは
大分佐伯ラーメン
新潟生姜醤油ラーメン

の2本立て!

新潟生姜醤油ラーメン650円
+チャーシュー200円+味玉100円

イメージ 7
まずデフォのラーメン650円というのが良心的。
青島食堂インスパイアと思われる作りで、
豚骨系と思われるスッキリしたスープの中に
生姜がビシッと利いているのが特徴。
初めての人でも違和感なく受け入れられる味です。
幡ヶ谷で食べた長岡生姜系よりも美味しい!

チャーシューアップ(生姜醤油)
イメージ 6
小さめに切ったチャーシューも
青島食堂(秋葉原店)と似ています。
なにげにこういうの好み♪

麺リフト(生姜醤油)
イメージ 5
麺は中太・平打ち・黄色系。三河屋製麺です。
青島食堂は細麺でかなり延びやすいものだったので
この辺は独自の改良を施しているのでしょう。
私はこちらの方が好きですね〜。

大分佐伯ラーメン650円
+チャーシュー200円+味玉100円

イメージ 4
一言で説明すれば豚骨醤油ということになりますが、
いわゆる「横浜家系」とは全くの別物。
なんと言っても強めに利いたニンニクの風味。
それと、カドのない甘めの醤油味が特徴です。
これクセになるな〜♪

佐伯具アップ
イメージ 3
やわらかいバラチャーシューがたくさん。
炒めモヤシのエキスもスープにしっかり馴染んでおり、
佐伯ラーメンの味を構成する要素として欠かせない存在。

佐伯麺リフト
イメージ 2
色白でやや低加水の中麺(三河屋製麺)。
大分では食べたことがないけど、
「このスープならこんな麺が合うでしょ!」
とイメージしたとおりの麺でした。

ネギ玉チャーシューご飯350円
イメージ 10
生姜がかなり利いており、
G麺7のしょうがダレ玉子丼に似た構成。
チャーシューやネギが多めに入っているので
G麺7よりおトクじゃないでしょうか〜。

大分佐伯、新潟長岡、どちらも美味しかったけど、
個人的には大分佐伯ラーメンが気に入った!
どちらも横浜には今までなかったラーメン。
ぜひ普及させてほしいものです。

隣の1号店
イメージ 1
すぐ隣にある1号店。
客数が多いのでより広いこちらに移動したそうです。
以前「ラーメン本舗。」があった場所。
商品内容は2号店と異なります。

niるい斗(にるいと)
横浜市港南区下永谷5-1-21
045-823-1190  
11:00〜14:00
18:00〜21:00
火曜定休
地下鉄・下永谷駅より徒歩約12分
環状2号線沿い
駐車場は1号店と2号店の間に17台(両店共通)


この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事