重力 重き者はレースの支配者

Mの法則とともに 「まとまり系競馬サロンMラジ」こちらもよろしく! keiba-know.seesaa.net/s/

回顧

回顧遅くなりました(^^)そうです、モンハンやってるからです(^^)
ええ、狩ってますとも(^^)

阪神大賞典

サトノダイヤモンド
有馬記念の反動があるか?と思っていたが良い感じでリフレッシュされていた、前半やや掛かっていた様にまだS要素を失わずにここを迎えた事は大きい、次走の春天は軽いレース質になりやすいがおそらくキタサンが出てくるのである程度持久力を問われる流れになるだろう、そうなると崩れないだろう。

シュヴァルグラン
こちらは馬体を減らしての出走で次は無い!みたいな仕上がりでやって来た、ほぼ完璧でできる事はしっかりやられていた、これで差されたのだからもうポテンシャルが違うとしか理由が付けられない。

トーセンバジル
ハービンジャーにしては強い!どこかで必ず重賞勝てるので上手く間隔取って使って欲しい。

スプリングステークス

ウインブライト
かなり馬体を減らしておりやり過ぎか?とも思ったがしっかり集中ししっかり差し切った、皐月賞向きの馬なのだが次走お釣りあるのかな?中間の調整をしっかり見ておきたい。

アウトライアーズ
良いSがありそのSを補完する後ろの要素もある程度しっかりしており思った以上に良い馬である、ただこちらも皐月賞向きだが延長臨戦がどう出るか?短縮で買いたい馬である。

プラチナヴォイス
自分のリズムで走りそのリズムを保って走れるとしぶといタイプ、ただこれ以上格が上がると交互になりそうで次走はキツいだろう。

サトノアレス
キレるディープ産駒、鮮度薄くこの休み明けが全開のはずなので次走からはパフォーマンスを落としていくと思われダウン等のオプションが無いとG1はキツい。

トリコロールブルー
内枠タイプかぁ〜〜外でもある程度の許容があるとみていたのだが完全に走りが集中してなかった、これで皐月賞はダメだろうが出て内枠なら面白かったのになぁ〜〜。


フラワーカップ

ファンディーナ
さて、ソウルスターリングとファンディーナ、この2頭完全にこの世代で能力が抜けてしまっている、もう個体評価どうのこうののレベルではないくらい能力値がかけ離れているので、このファンディーナも評価しにくい!おそらくLSタイプだと思われるがその量で完全にタイプが掻き消されているので何処かで負けてくれないと評価が難しい馬、桜はソウルがやや優勢と見たがスピード値はファンの方が高そうなので何とも言えない、この後どこに来るかわからないが桜ならおそらく一騎打ちだろう。

デアレガーロ
良いSを持っているが今日の様に馬群で揉まれてリズムを保てないと脆いタイプなんだろう、外枠必須かな。

この記事に

開く コメント(0)

阪神大賞典

頭数も少ないし、う〜〜ん。

◎スピリッツミノル
交互、Vライン、前への位置取り、唯一前走2000以下の異端性と活性化、ま、満載だけど……ま、サトノに動かれたら即死かな(笑)

サトノダイヤモンド
間隔開けてリフレッシュ、上がりの掛かる体力型ディープ産駒、量満載で普通に動かれたらどうしようもない、ただ唯一不安はキタサンと接戦した馬の後の成績がイマイチな馬が結構いる事、なので精神はリフレッシュだろうが身体がどうか?馬体減っていたら少し疑おう。

シュヴァルグラン
間隔開けてリフレッシュ、休み明け全開の軽いハーツ産駒、クソスローのヨーイドンならサトノに先着できるかも……

トーセンバジル
間隔開けてリフレッシュ、頭数揃わないレースは走れる条件、上がり性能でどこまでか。

馬券はスピリッツからの馬連、ワイドかな(^^)、基本見るレース。


スプリングステークス

◎トリコロールブルー
まとまったタイプのステゴ産駒、それでもステゴなのでややCか勝っているタイプか?少頭数の外枠で怪しいがまとまりっぽさがあるのでこなせるはず。

◯ウインブライト
こちらもまとまったタイプのステゴ、こちらはCやSがそこそこ出ており混戦なら怖い、少頭数の外枠は合わないかもしれないが前走の勝ち方が圧巻なので勢いで突破して欲しい。

▲ダノンケンリュウ
新馬戦の大敗は経験不足からのもの、ダートからだがリズム付けて来たディープ産駒の初重賞、狙いはここか?

この記事に

開く コメント(0)

回顧

あたんねー!

フィリーズレビュー

カラクレナイ
程良くSありLの後ろ盾もしっかりしてるんだろうね、10頭立てからフルゲートだったのでリズム破綻に賭けたがデムーロ配置でS質付加され外目をリズム良く走り内の馬を大本命馬が潰してくれたので楽だったかな?本番は苦しいだろうし、おそらく来年はスプリント路線にいるタイプだろう。

レーヌミノル
差したかぁ〜〜、ま、ポテンシャルが抜けているのでどんな乗り方でも来れるんだろうけど本質は持続タイプだと思うので桜は逃げて欲しいが、まさか布石を打ったのか?

ゴールドケープ
完全に圧力外からの一撃レーヌが前掃除のカラクレナイが差し馬にプレッシャー、そら最後方からなら楽にレースできたでしょ(^^)本番はもちろんいらない。

ま、以下は詰まったり色々あったので割愛しますがこの先如何の斯うのって馬はいないかな。

中山牝馬ステークス

トーセンビクトリー
???延長で逃げの位置取り掛けて勝って来た馬なので、休み明けでも揉まれたら無いだろうと思っていたら……ナイス騎乗でした!これは買えなかった……

マジックタイム
休み明けでリフレッシュ、良い状態だった、非常に良い精神力をしている馬なので頑張って欲しいのだが引退みたいです、お疲れ様でした!

クインズミラーグロ
まぁ見事に内を割って来た、馬体増えて体調は良かったのだろうがまさか内を割って来れるとはね、参りました。

パールコード
良い馬だと思います、ただスローはダメなタイプで自らレースを動かして持続したレースにしないとどうしてもキレる馬にやられてしまう、メジロマックイーンのレース動画を鞍上にプレゼントしたい。

デニムアンドルビー
馬体増えて良い状態、前回苦しい経験したのでかなり楽に感じたんだろうね、短い距離で揉まれて苦しんだ後の延長がこの馬のタイミング。

ウキヨノカゼ
馬体絞れて非常に良い状態だったはず、ま、物理的に届かないよね(笑)
おそらく短縮ドンと来い!ってタイプでもないだろうが次走ヴィクトリアマイル?追い込みに徹してくれたら面白い。

ビッシュ
体力がないので坂コースはキツい、今後は世代戦ではないので体力勝負になるとダメなのでスローの内枠からという馬になるだろう、多分この馬もう買うとこ無いような気もする。

プリメラアスール
スローの逃げで物理的有利な位置に立っての逃げ馬……ではないのよ!ある程度タイトに行って玉砕するくらいの逃げ馬である、本質的なスピードが足りないイメージなので2000以上の方が良いかもしれない。

この記事に

開く コメント(0)

フィリーズレビュー

では今回は先ず個体評価を!
レーヌミノル
さて、先ずこの馬に先着した馬
モンドキャンノ
ソウルスターリング
リスグラシュー
フローレスマジック
アエロリット
アドマイヤミヤビ
さて、どうですか?ま、これでこの馬が弱くないって理解できます。
この馬はS主導でとにかくリズム良く走ると崩れないタイプでSが強い馬だが特化はしておらず割と許容量も持っている、今回上記の様な馬がいるでしょうか?まぁいないですね(^^)そうなればこの馬が自分のリズムで走れば先ず負けないと思います、この馬は軽い休み明けのクイーンカップを逃げられない逃げ馬を使って好走したので今回ある程度のストレスと逃げれなかったら危ないんじゃないか?と思われる方もおられると思うと思います、S主導馬はリズムを崩すとどれだけ相手が弱化していても平気で惨敗します、じゃそのパターンになるんじゃないの?勿論その想定もしていて、あのメジャーエンブレムが桜で似たような臨戦でやって来て内で包まれリズムを崩して敗れました、僕はメジャーエンブレムはこのパターンを想定してバッサリと切っていました、しかし正直ビビりました、メジャーエンブレム内から差して来たんですよ(^^)あれだけリズム崩したのに……そして敗れたのはシンハライト、ジュエラー、アットザシーサイド、そうなんです、やはりリズムを崩してもある程度のポテンシャルがあれば相手が弱ければそれなりの実力馬にしか負けないのです、今回レーヌミノルはその桜でのメジャーエンブレムの立ち位置なのだが、この馬にはプラスになる要素が沢山ある、先ず外枠、これは揉まれる可能性が下がる事、もう一つはカラクレナイという「ローエングリン産駒」のポテンシャルをそんなに見せていない馬が猛烈に人気しているという事、これは人気の圧力が分散されるという事、そしてレーヌミノルには差しとは言わないが控えての競馬をしていない事はないという事、これはある程度の許容量があるという事、なので今回逃げられてリズム良く走られたら完勝、控えてリズムをある程度崩しても辛勝と、ま、結局崩れないと見たわけです、なら素直にここから入るのが現実的と思われます。

さ、ここからは「流れ」を見ます、今回の圧力馬はレーヌミノルとカラクレナイです、そしてレーヌミノルはランクが2つ程上なので前の馬はかなりキツいと思わる、カラクレナイは後方だろうから狙うなら差しよりやや前の馬を狙うのがベストか?
と言う事で。

◎レーヌミノル
△ラーナアズーラ
△ビーカーリー
△ゴールドケープ
△フラウティスタ
△クインズサリナ
△ジューヌエコール
△アルミューテン
△アンジュデジール

馬単8点

中山牝馬ステークス

こちらは「流れ」をメインに、このレースはビッシュ、マジックタイム、パールコードと先行、差し、追い込みと圧力が分かれそしてその圧力を持った馬が共に休み明けでリフレッシュされているのでリズムを持っている馬や交互のタイミングの馬などでないと苦しいレースとなりそうである。

◎ウキヨノカゼ
S、L強く交互のタイミングにバッチリで破壊力もあるタイプ。

◯マジックタイム
休み明けでリフレッシュ、ある程度精神力もあり、馬場も差し傾向なのでこれは切ってはいけない、ただ外厩でやり過ぎての大幅馬体減だけ注意。

▲パールコード
パワータイプなので早目押し切りがベストだが、リフレッシュされている状態なので崩れ難い臨戦。

△リーサルウェポン
短縮で馬場味方にして。

△デニムアンドルビー
ダ→芝のショック、先行布石欲しかったが走れるタイミングだろう。

この記事に

開く コメント(0)

回顧

弥生賞

カデナ
スローでぐるりと回って差し切り体力と量で持って来た、次走は流石に厳しいだろうがダービーは……ダービー馬らしい馬ではある。

マイスタイル
逃げの位置取りショック、ストレスあるので最高の乗り方、こちらも体力があり次走厳しいだろうがスーパーハイペースの差しとかになれば来るかもしれない、めんどくさい馬である。

ダンビュライト
もう、ここしかない!ってタイミング、L質で先行して体力を生かしきった、もちろん次はいらない。

ベストアプローチ
こちらも頑張った、恐らく広いコース向きなので次回東京の延長なら怖い、そう、青葉賞である。

コマノインパルス
やはり思った通り格に跳ね返された、勢いあり来れても良いタイミングだったがダメだった、バゴはG3までかな。

グローブシアター
なるほど想定より2枚は弱い事が判明、ただマイナス体重だったように体調がイマイチだったのかもしれない、それでも負けすぎなのでこの後は暗い。

ダイワギャグニー
ラジオでも言ったがこれは飽くまで感覚論だがこの馬そもそも強くない、前走の圧勝も圧勝感が全くなく、何と無く着差が付いちゃったってイメージ、こちらも今後は軽視の方向で。

この記事に

開く コメント(2)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事