〜東京レトロ散歩〜

♪春に誘われたわけじゃない だけど 気づいて I've Been Mellow♪

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

 前回アップした東京市営店舗向住宅から歩いてすぐの清洲橋通りに面して、「清洲寮」という、ちょっと同潤会アパートと見間違えそうなデザインの集合住宅が建っている。
 昭和8年(1933年)に造られた鉄筋コンクリート4階建てのアパートで、総戸数66戸、長さが70mもあって、近づいてみると意外に大きい。

イメージ 2

「寮」といっても学生寮ではなくて、純然たる民間の賃貸アパート。
 最近、外壁のリフォームをしたらしく、一見古い建物には見えないが、よく見ると、窓のサッシが鉄製で、もちろんエレベーターも設置されていない。

イメージ 3

 間取りは6畳間2つの部屋と 6畳4.5畳の2タイプで、お風呂はないがトイレは水洗で、洗濯場や屋上庭園もあり、建築当初は「ハイカラアパート」と呼ばれていたとか。

イメージ 4
 
 1階は駐車場と店舗になっていて、何屋さんだかわからないけど、こんなおしゃれなお店も。
 
イメージ 5

 駐車場の壁は煤けて真っ黒。

イメージ 6

 駐車場の壁に書かれた注意書き。
 なんと旧仮名遣いだ!

イメージ 7

 中央の出入り口もリフォームされているが、床にはカラータイルが貼られ、壁のスクラッチタイル
や木製ドアがレトロな雰囲気。

イメージ 8

 2階に上がってみると、階段室は外光が入って明るいが、

イメージ 9

 廊下はご覧の通り真っ暗。

イメージ 10

 鉄製のドアに混じってこんな木製引き戸の部屋も。

イメージ 11

 築80年近く経つこのアパート。空き室だらけと思いきや、レトロな佇まいが若い人に支持されて常時満室なんだとか。
 同潤会アパートがつぎつぎと取り壊される中、この清洲寮はメンテナンスを丁寧にしていれば古い建物でも十分使い続けられることを無言でアピールしている。

清洲寮
住所:江東区白河1-3-13
竣工:昭和8年(1933)
設計・施工:大林組
構造:鉄筋コンクリクリート4階

この記事に

開く コメント(12) ログインしてすべて表示


.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2016 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事