ドクターの春夏秋冬

不妊治療の現役医師が多忙な毎日の中、幅広いジャンルからテーマを選び、語りかけていきます。

全体表示

[ リスト ]

719日、と少し前のことになりますが、十数年ぶりに、大相撲名古屋場所を観戦しました。砂かぶりの席のチケットをもらったためです。
 
16時過ぎに会場へ入りましたが、すでにほとんどの席が一杯になっていました。通された席は、向正面で、テレビから見ると左側の最前列でした。最前列だとは思っていなかったため、ちょっと緊張しました。目の前で力士が口をすすいだり、おしぼりで、顔や体を拭いたりするのがよく見えました。あぐらをかいて座ったため、目線は土俵の辺りで、土俵が高く感じられました。
 
相撲と相撲の間合いが長いのではないか、と子どもの頃から思っていましたが、次々とスムーズに勝負が進んでいき、私の知らないことがたくさんありました。
 
感心したのは、非常にシステム化されていて、スムーズに進行していることでした。
 
力士が変わるごとに座布団を運ぶひとがいて、一人ひとりが入れ替わる際、目立たず上手いな、と思いました。座布団は大きなものを二つ折りにしているため、まるでイスのようになり、力士はそこに座ります。座布団には名前が書いてありました。おしぼりも色とりどりで、大きなタオルなのですが、係は持ってきたおしぼりを桶のふたの上へ順番通りに並べて、それぞれ持ち主の力士に渡るように工夫されていました。また、行司の斜め後ろの席でよく見えたのですが、審判が手を上げて合図を送り、角の水桶のところにいる呼び出しが、おしぼりを広げると、力士は制限時間だとわかります。
審判は時計と、進行を見ながら、何回仕切りをするのか決めていました。とても合理的で、近くにいて初めてわかることばかりでした。
 
懸賞の旗が多いときは20本程あり、2周するのですが、若いお兄さんたちがたくさん出てきて、順番が決まっている様子で、手際よく旗を持ってサーッと土俵上を回ります。その姿は全く無駄がなく、素晴らしい動きだと思いました。
懸賞は、永谷園からイチジク浣腸までいろいろありました。力士が出身した、地元の旅館のものも見られました。
 
力士をよく見ると、皆、満身創痍であることがわかります。ほとんどの力士が指にテーピングをしていました。中には、テーピングをした指を何本かまとめて、さらにテーピングをしている力士もいました。そのままグローブをつけたら、まるでボクシングではないか、というようにテープだらけのひともいましたし、足のサポーターや膝のテーピングも、多くの力士がしていました。本当に大変なのだろうな、と思いました。
 
ひとと、ひととがぶつかるときは、本当におでことおでこが当たる音がして、我々なら一瞬で気を失いそうな場面が繰り広げられていました。
 
体の締まり具合や、体調の良し悪し、足首が痛そうな仕草、など近くで見ると多くのことに気がつきました。
一時話題になった若手の逸ノ城は、体が大きいのですが、太いというよりも足がむくんでいる感じがあり、私の席からも足の静脈瘤がはっきり見え、体調を崩しているようでした。
力士の中には、引き締まった足腰でやる気を感じさせ、最後の仕切りのあとに、土俵の角で気合を入れてパチパチと顔や、胸、腿を叩いているひともいて、勝負だけでなく様々な面で楽しめます。
 
テレビに映ってもよいか、と聞かれ、構わない、と手にしたチケットでしたが十分に楽しみました。
 
絶え間なくいろいろなひとが歩いており、いろいろなことが行われています。呼び出しは、ちょっと暇になると、桶で水をまいたり、ほうきで掃き掃除をしたりし、審判の交代時には、その掃いた砂の山をちりとりでバケツに入れて片付ける係もいます。
 
残念ながら稀勢の里は、あっという間に負けてしまいました。両横綱の日馬富士と白鵬は、万全ではありませんでしたが、勝ちました。前日は両横綱が負け、座布団が舞ったそうです。そのせいか後半では、座布団や物を投げないでください、というアナウンスが盛んに流れていました。
 
隣に座っていた着物のご婦人とは、もちろん初対面でした。相撲観戦に詳しそうだったので、ここは写真を撮ってもいいのか、とお尋ねし、スマホで写真を撮ってFacebookにアップしました。それを見た知り合いの何人かが、テレビで私がどこにいるか探したようです。後から少し話をしたのですが、着物のご婦人は前日も来ていたそうで、連日着物を着て最前列で観戦する謎のご婦人でした。
 
言い訳のようですが、火曜は私の休日になっていて、夕診はありましたが16時過ぎから18時まで愛知県体育館にいました。一時、不妊治療を離れて相撲を見たものの、仕事の癖か、どういう手順でひとは動いているのだろう、ということが気になってしまいました。職業病ですね。この経験も仕事に生かしていきたいと思います。
 
何から何まで実に面白いものでした。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事