ドクターの春夏秋冬

不妊治療の現役医師が多忙な毎日の中、幅広いジャンルからテーマを選び、語りかけていきます。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全56ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

今年は東京に第3のクリニックを開院する準備の年になりました。
開院は来年4月の予定です。場所は東京の広尾にある愛育病院が移転した後の愛育クリニック内で
浅田不妊治療(仮称)ユニットとして準備しています。今まで関東方面から来院されていた患者さんは便利になると思いますし、転勤等で関東に引越しをされる患者さんにも嬉しい知らせではないかと思います。何よりも天皇陛下の為に作られた恩賜財団の病院で不妊治療ができるということは、浅田の不妊治療が認められたようで嬉しく思うと同時に大きな責任も感じています。
今まで以上に品格も求められ、我々のチームにとってステップアップの良い機会とも捉えています。今まで私が行ってきた不妊治療を、より多くの患者さんに広く届けられることを幸せに感じています。
今年も老骨にムチ打って頑張ります。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

2017年が始まりました。

2017年が始まりました。
昨年は私の人生で2回目の癌手術をした年になりました。
10年前に腎臓癌の手術をしましたが、昨年11月の前立腺癌手術は最新のダヴィンチという
ロボット式腹腔鏡を使用しての手術でした。人生で2回の癌手術をしたことは幸か不幸かは
分かりませんが、何はともあれ、主治医からは“前立腺癌が私の死因の原因にはならない”
と明言して頂きました。


当院では昨年1年間で2036名の方に妊娠反応がでました。内訳は1945名が体外受精・顕微授精の融解胚移植での妊娠です。91名は一般不妊治療の妊娠です。そのうち50名が人工授精、41名が排卵誘発、タイミング等でした。順調に経過された方には幸せをお届けできたと思います。







この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

今年も終わりになりました。1年間お世話になり、ありがとうございました。

今年も例年通り忙しい1年でした。

私は人生で2回目のがん手術を受ける特別な年になってしまいました。

腹の6箇所の傷のうち、臍上の一番大きな傷はまだ赤いし、痛いです。

しかし、予想された大きな副作用はなく、徐々に仕事に復帰できたのは幸いでした。

まるまる2週間休みましたが、当院の成長し充実したスタッフのおかげでクリニックは

休診することなく診療を続けることができました。当院スタッフと皆様に心より感謝致します。

休んでいる間“私も62歳になるので生き方、働き方も少しずつ変えなければ”と病室で考えていました。成長したスタッフがもっと責任を持って働きやすいクリニックにしなければいけない、と思っています。

来年は、また大きな試練と成長があります。


来年もいい年でありますように!!




この記事に

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

入院(4)

やる気のない入院の日々で、普段は忙しくて絶対見られないテレビドラマを見ることができました。再放送&本放送のドクターX、科捜研の女、サスペンスの○○○殺人事件等々・・・
医療ものは相変わらず、地位と名誉と金のために動く悪玉医師と大学等の権威を否定し患者のためだけに動く善玉医師という単純な構図のものです。白い巨塔以来ほとんど変わっていない、と感じました。ちなみに白い巨塔の再放送もありました。自分はプライベートクリニックで自分の信念に合ったサイエンスである治療ができて本当に幸せだと感じました。もし、私がいまだに大学にいたとしたら、こういったドラマの影響で同じことをしていてもあまり尊敬されないような空気があれば、残念だなと思います。
ただ、今回のアメリカ大統領選のトランプのように「政治はもう、政治家ではだめだ」という世界的風潮があるように「医療はもう、医者ではだめだ」と言われるようになるのでしょうか?
もうとっくにそう言われているか?
医者にかかると、病院へ行くと殺されるというような本はいっぱいあるか?

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

入院(3)

何よりも入院中驚いたのはトランプの勝利でした。約20年前のアメリカを思い出すと信じられないというのが率直な感想です。
何度もいろいろなところで書いてきましたが、アメリカに行って最初に感じたことは、人格と実力と収入がかなり一致しているということでした。地位ある人は感じの良い実力のある人ばかりでした。その頃の日本は、まだ終身雇用で会社でも大学でも年功序列的でしたので、本当の資本主義はこうなのだと思っていました。ただし、人種別はありましたが、エグゼティブはそれを表には決して出さないよう注意を払っていることが感じられました。私が留学したジョーンズ・インスティチュートでは目に付く受付には、多くの黒人女性が雇われていました。しかし、白人ドクターの秘書はみんな品のいい白人老婦人で、老婦人を採用するのはセクハラで訴えられるリスクを回避するためだと聞きました。それほど注意を払っていたのです。アメリカ白人の建前と本音はある程度、理解しているつもりでしたので、今回のトランプ勝利の結果は信じられません。私もトランプはありえないと思っていました。女性問題、セクハラ発言、結婚歴、離婚歴、何度も破産し結局大金持ちになったビジネス歴等どれをとっても、大統領候補としての演説にも立たせてもらえないと思っていました。私は
Back to the Future を見ていた世代なので、トランプ大統領は映画の中のジョークそのもの、100%そんなことはない、あればアメリカが滅茶苦茶になると思っていました。
しかし、現実は・・・
時代は変わる、アメリカも変わるのだと実感しました。ちょっと落ち着くとマスコミが実は“トランプはいいひとではないか”“実力があるのではないか”“家族はいい人が多い”等々、マスコミが早くも変わってきたことに驚きました。
選挙では何を言ってもいいのか? 何を信じて投票すればいいのか?
平気でうそを言っていいのか? 平気で人を傷つけてもいいのか???
疑問は膨らむばかり・・
勝てば官軍か?!

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全56ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事