オトナのオモチャ

天国のハムちゃんたち、ありがとう!

Miniz-Racer

イメージ 1


飾って良し、手軽に室内で走行させても楽しい、

そんなミニッツに嵌り中。

レーシングカーとか乗用車ではなく、

映画やドラマやアニメの中の車種を中心に揃えるのが面白く、

そういう意味ではスカイネット(アオシマ)の商品はマニアックです。


イメージ 2




どうしても1個入手すると、そのシリーズが揃えたくなる衝動が抑えられず

とりあえず4台、並べてみました。


イメージ 3




昔の商品なので、なかなか入手困難な部分もあるのですが、

もう数台、コレクションに加えたい車種があり、

現在探し求め中。




イメージ 4


箱は邪魔でスペースを取りますが、

考え様によっては、手放す時に梱包の手間が省けますし、

何より、箱も立派なコレクションです。






この記事に

開く トラックバック(0)

ミニッツ ナイト2000 K.I.T.T.

イメージ 1


KITT:Knight Industries Two Thousand という略なんですね。

フロントのスキャナーの点滅がとにかく有名になったナイト2000

このスキャナーを真似た車が街にも見かける事ができたり、

中には自転車にも応用されていたり(笑)


イメージ 2


イメージ 3



ミニッツ4台目のナイト2000も、このフロントのスキャナー発光を再現しており、

走行中はLEDの点滅が左右に流れ、停止すると点滅の流れも止まります。

1980年代のマイベストカー4台を手軽に走行させて遊べるのは格別。


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6






TVでナイトライダーが放送されていたのは今から28年前の1987年、

当時は大学生でしたが、毎週水曜日?だったかな、夜21時になると、

少し紫がかった砂漠を背景に、独特の電子音BGMと共にオープニングが始まりました。


イメージ 7


イメージ 8



「エアーウルフ」「白バイ野郎ジョン&パンチ」「アメリカンヒーロー」などなど、

1980年代のアメリカ産のTVドラマは気付くとつい見てしまってたなあ。



イメージ 9






この記事に

開く トラックバック(0)

Femme Fatales

イメージ 1


Femme Fatales:ファム・ファタール

男を壊滅させる魔性の女という意味


イメージ 2


今ではあまり見かけなくなりましたが、

マクファーレン社の商品で5年くらい前に購入。


6 FACES of MADNESS のアクセサリーパックで、

さらにディテールアップできる仕様です。






Red Riding Hood(赤頭巾)

イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5




Dorothy of Oz(オズの魔法使いのドロシー)

イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8





Elizabeth Bathory(血の伯爵夫人)

イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11



まさに、エログロの成せる技・・・・・

マクファーレン社はこういう雰囲気のシリーズ多かったですね。

個人的には、集めやすい時期にもっと集めておけば良かったなと思うけど、

その時はご縁がなかったということ。






この記事に

開く トラックバック(0)

ミニッツ デロリアン

イメージ 1


インターセプター、バットモービルと同じシリーズのミニッツ デロリアン1です。

大好きなデロリアンを入手できて、楽しみながら部屋の中を走らせています。

やはり動かせて楽しめる魅力は、飾って楽しむ魅力と同じ。

しかも、飾っても楽しめるレベル。


イメージ 2


イメージ 3


今年はバック・トゥ・ザ・フューチャーの年になりますね。


イメージ 4


イメージ 5


デロリアンは電飾がノーマル状態で施されていて、

前進&後進で、次元転送装置のケーブルに、

青い光が流れます。


イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8


凄く電飾が映えるので、フロントライトとリアブレーキにもLEDを

組み込む予定です。


イメージ 9


イメージ 10



このシリーズ、まだまだ魅力的な車種があります。

ナイトライダーのナイト2000

ウルトラセブンのポインター

マッハGOGOのマッハ号

西部警察のRS-1

かなり昔の商品なので、入手は困難だと思いますが、

あと何種類か揃えたいなと思っています。




この記事に

開く トラックバック(0)

ハングオンレーサーVOL.4

イメージ 1


少し遅れ気味の記事ですが、

タイヤが付いて、カタチになってきました。

ただ、受信機、アンプ、モーターなどを置くスペースに四苦八苦。


イメージ 2


イメージ 3





スイッチはもっと分解してフレームの中に無理矢理押し込まないと駄目そう。

イメージ 4



とりあえず、リアカウルを装着してみると、一気にテンションあがって

「かっけぇ〜〜〜」と叫んでしまった。


イメージ 5





この記事に

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2015 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事