オトナのオモチャ

天国のハムちゃんたち、ありがとう!

映画の中のオートモービル

イメージ 3



映画の中には個性的で超カッコいい車が登場する事があります。

バットモービルやインターセプターなど、

時代が変わっても根強く支持されるマシンたち。

そういうマシン、何故か80年代あたりに多い気がする。

ゴーストバスターズのEcto-1とか今でも斬新だと思うし、

ブレードランナーのスピナーは言うまでも無くコアなファンが多い。



自分にとって映画に出てくるマシンで大好きなのは、

マッドマックス(1979)の黒のV8インターセプター

イメージ 1





バットマン(1984)のバットモービル

イメージ 2




バック・トゥ・ザ・フューチャー(1985)のデロリアン

イメージ 4





TVドラマで有名になったナイトライダー(1982)のナイト2000

イメージ 5

フロントスキャナーの点滅を見ると、あのテーマ曲が脳内で再生され始める。。。。




映画ではないですが、国産では、マッハ号のインパクトも凄いものがありますね。

イメージ 6



どのマシンも美しいですね。






この記事に

開く トラックバック(0)

ハングオンレーサー VOL.2

イメージ 1


ラジコン作るのって結構楽しいです。

このハングオンレーサー、ネットで見ると、ギアがすぐ壊れるみたいだったので、

強化ギアとアルミモーターマウントをオプションで変えました。

フルベア化とブラシレスモーターへの変更は定番なのでそちらも変更。

他にもオプションパーツを揃えればキリが無い状態なので、

見た目重視でメッキフレーム&スイングアームを(笑)



イメージ 2


寒くて手がかじかんでなかなか作業も進まず、

ライダーもお手上げ状態になっています(笑)


一点パーツが届くのを待ってるので、しばしここで小休止。




この記事に

開く トラックバック(0)

カリオストロの城  あれから4年

イメージ 1


今夜は通算??度目のオンエアかわかりませんが、

「カリオストロの城」がありますね。

このOPキャッチと同時に流れる「炎のたからもの」を聴くと、

正直、目頭が熱くなる。。。。。



確か、中学生の頃に映画館で見てから、トータルで20回くらいは見たかな。

でも、また何故か見てしまう・・・・そんな魅力がある作品。





イメージ 2


イメージ 3


しかし、DVDとかでは見た事がありません。

やはり、カリオストロの城は昔の水曜ロードショーとかで見た時のように、

途中にCMが入った方が良かったりします。

何故かわからないけど、TVの洋画劇場がまだ家族団欒の象徴だった頃を

懐かしく思い出すからかなあ。





イメージ 4



カリオストロの城から4年後を描いた「あれから4年」

わずか10分程の音声のみの朗読ですが、なかなか趣深い。









この記事に

開く トラックバック(0)

ハングオンレーサー

イメージ 1


京商の1/8オートバイラジコン「ハングオンレーサー」のNSR500





イメージ 2


イメージ 3


オートバイのラジコンは自分が中学生の頃に京商「エレックライダー」がありましたが

当時は非常に興味あるものの、見かける事はありませんでした。

上記画像のように、ほとんどフレームが完成した状態で梱包されており、

あとは、モーターやらラジオコントロールメカニズムの搭載が組み立て部分です。





イメージ 4


イメージ 5


1987年に京商「グランプリレーサー」が出て、NSR500ロスマンズ、RGV-γペプシを

購入して友人と遊んだ記憶があります。

二輪で華麗に走るマシンに驚愕したものです。






イメージ 6


今回入手した「ハングオンレーサー」、発売は今から20年くらい前ですが、

何度かスポット生産で再生産されています。

このラジコン、買いたい買いたいを思いつつ、20年入手できなかったのですが

ロスマンズカラーのレーサーが大好きなので、今回頑張って入手しました。




イメージ 7


中身はプラモデル感覚で組み立てれますが、

組み立てるには結構時間を要すみたいです。





数年前に再生産されたロットのものから、ガードナー版が版権の問題からか無くなり

デカールもガードナーのものがオミットされています。

作製するのはドゥーハン版なのですが、実は車体のスポンサーデカールも版権関連で

何種類かのデカールがオミットされています。


やはり、制限の付いたバージョンは面白くないので、

ガードナー&ドゥーハンをチョイスできるバージョンを探して購入しました。


この記事に

開く トラックバック(0)

NSR500 ロスマンズ

イメージ 1


昔のコレクションから、ホンダNSR500 ロスマンズ

時代的に1983年頃から2000年までのマシンですが、

まだタバコメーカーがメインスポンサーだった頃のカッコいいカラーリングのマシン。


イメージ 2



スポンサーのロスマンズはタバコメーカーですが、

当時、カラーリングに憧れて衝動買いしたりしました。

ラッキーストライクあたりの感じかな?って思ったけど、実際はマルボロとか以上に、

とにかく不味くて吸えなかった記憶しかない。





イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8






個人的には、まだ立体化されていませんが、

1988年型のNSR500が1番好きだったりします。

イメージ 9


イメージ 10


1988年型のNSR500、いつかコレクションに加えたいです。





この記事に

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2015 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事