浅見相場道場

商品先物で金相場を中心とした個人ブログです。

金投資

すべて表示

金は堅調 海外高写し

2月24日(金)11:33  
 
 
 24日午前の東京市場、東京金は急伸。11時17分現在、新甫2月限は4511円、12月限は4512円(+30円)となっている。米3月利上げ観測の後退やドル安を受けて、NY金が1250ドル台へ上昇したことが背景。ドル円は112.80円台と円が上昇している。
 
 23日のNY金先物は急反発。中心限月4月限の立会引けは1251.4ドル(+18.1ドル)となった。前日のFRB議事録での3月利上げ観測の後退、ドル安加速、米新規失業保険申請件数の増加、原油高等が手掛かり。米株式市場は依然として史上最高値水準にあるものの、ドル高とならないことや、トランプ政権の政権運営、欧州主要国の総選挙への不透明感から、逃避買いが誘われやすいことも堅調な要因となっている
 この日ドル安が進んだのは、ムニューシン米財務長官がテレビインタビューで、「おそらく低金利が長期化する見込み」「ドル高には一定の問題がある」と発言したことがきっかけの模様。トランプ政権の減税案に関しての言及が無く、28日の米上下施政方針演説で、トランプ米大統領は減税に関する具体案を示さないのではとの観測が浮上している。
 
 8日に付けた高値1246.6ドルを上抜け、心理的節目1250ドル台へ上昇した。抜けきれなければ株の上昇を理由に、手仕舞い殺到の危険性もあったと思われる。これで、200日移動平均線(1262.9ドル)トライの可能性も出てきた。
 
 
 
ブログ村へのクリックにご協力ください 
 
 
 
  カテゴリ別取組高表(TOCM) 
  
http://www.tocom.or.jp/jp/souba/torikumi/index.html 
  これからの主な経済指標発表予定

.


みんなの更新記事