ここから本文です
この春で小学校六年生の男の子が中学受験を目指します!

書庫全体表示

紅白饅頭を必ず

 3月28日、年度末最後の金曜日の西宮は風のない暖かい一日でした。学童にある息子を迎えに行った足でマンションギャラリーへ。
 
 今日が新居の「鍵引渡し日」でした。
 
 内覧会で注文したオプションを確認したいのと、間もなくの引っ越し日までに家具の配置を検討しておかねばなりませんので、日はすっかり落ちてしまいましたが新居へ向かいました。
 
 早く見たくて気持ちがはやるのがカーテンです。
 生地サンプルで思いっきりイメージを膨らませて選定したつもりですが・・・
 芦屋でも門戸厄神でもこれまでの新居にしたマンションのフローリングは濃い茶色でした。よってカーテンも無地の濃い茶色にしておりました。
 
 食器棚などの家具の色も合わせておりましたのでそのまま今回もフローリングは濃い茶色に。しかし、今回はカーテンを変えました。無地の濃い茶色を止め、ジャガード織の光沢のあるベージュに。実際に設えたら部屋にどう映るのか・・・
 
 息子の部屋には青色のカーテンに、赤と青がさし色のピンストライプのレースを選びました。
 
 部屋に入ったものの、照明器具をまだつけておりませんの非常灯だけではよくわかりません。
 まあ、いずれも無難なチョイスですので大外れはしていないでしょう。明日の朝出直して再確認しましょう。
 
 鍵を申し受ける際に、マンションギャラリーではお世話になった担当者がみなさん御揃いで出迎えてくれました。
 「おめでとうございます。」
 多くの笑顔でお祝いの挨拶を受けながら、短いながらいくつもの曲折を経てきたことを思い起しておりました。何回やっても、住み替えはやはりタフな仕事です。
 
 
イメージ 1
 
 
 1年生になる春は門戸厄神のマンンション、三年生の春は西宮北口のマンション、それぞれの竣工と共に新学期のスタートを切ります。
 その都度、新築祝いの紅白まんじゅうを頂いております。
 
 
 これにて、「塾弁」を塾の受付に預けなくても済む足回りを確保・・・西北のどの塾からでもご飯を食べに一旦帰宅することができるようにしてやれます。
 
 この住み替えが奏功し、4年後の中学一年生の春には、マンションギャラリーのきれいなお姉さんからではなく、このオヤジから息子に紅白まんじゅうを渡してやりたいものです。
 
 
 
 
 

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事