ここから本文です
しんくんパパの行け行け!ホビーライフ いわき版
〜福島県いわき市でおくるホビーライフ〜

書庫全体表示

今朝のいわきは小雨。
そろそろ上がりそうです。
今日はずいぶん気温が上がるとの予報です。
最近の気温の乱高下にちょっと体がついていかない感じですが・・・
 
さて、今日は艦コレコーナーです。
 
イメージ 1
 
「駆逐艦 磯風」
 
震災で壊れてしまった半完成品モデルの修復作業のうち小型艦艇は今回でひとまず終了です。
 
イメージ 4

「磯風」はこのコーナーで登場した「雪風」「浜風」と同じ陽炎型駆逐艦の12番艦。
 
真珠湾、ミッドウェー、マリアナ、レイテ、沖縄特攻と太平洋戦争における主な海戦にほとんど参加した歴戦の艦です。
中でもガダルカナル撤退作戦では、あわや沈没というほどの損傷を受けるも生還し、軍上層部から称賛を受けたこともあります。
同様の経歴をもつ浜風とは第17駆逐隊の僚艦として行動し、ともに運命の沖縄へと向かいました。
 
イメージ 6

沖縄への途上、米軍機による攻撃により作戦行動が不可能となった巡洋艦「矢矧」は磯風に司令部移乗のために横づけを指示します。
しかし矢矧に近づいたまさにその時、米軍機の襲撃にさらされ被弾。機関を損傷し航行不能となります。
乗組員の必死の復旧作業も実らず、最後は「雪風」の砲撃によって海没処分とされました。
 
 
 
モデルはタカラの「世界の艦船」シリーズより。
雪風、浜風とは金型を共有したバリエーション製品。

 
イメージ 5
 
煙突のマークは菊水です。

 
イメージ 7
 
艦橋、舷側前部、後部とも機銃脇の防弾版があります。
それまでの1/700駆逐艦のキットではこれらの再現はほとんどなされていませんでした。
このシリーズ、マスプロ半完成品ということで精密さでは確かに厳しいところもあります。
しかし、新しい表現に意欲的に挑戦した部分も随所にあり、十分評価に値すると思います。
 
イメージ 8
 
ところで我が家の駆逐艦のうち、震災のダメージが最も大きかったのがこの磯風。
落下の衝撃で細かいパーツがあちこちに飛んでいってしまい、スクリュープロペラ1基が現在も行方不明のまま。
いずれピットロードのフルハルキットあたりから拝借するしかなさそうです。
喫水線モデルなら何の問題もなかったのですが・・・
 

大和の沖縄行きに随伴した陽炎型の3隻が(一応)修復を終えましたので、ここで揃い踏みを。
 
イメージ 2
 
 
煙突マークの○が浜風、△が雪風、菊水が磯風。
 
イメージ 3
 

<ホビーライフメモ>
■今回画像に使用したモデルは・・・
タカラ 世界の艦船 男たちの大和「1/700 日本海軍駆逐艦 磯風」
 
☆★ただいまブログランキングに参加中です★☆
    よろしければポチっと応援お願いします!!
 
  
\¤\᡼\¸ 9

アフィリエイト 私のおすすめ:
ピットロード W-87 1/700 日本海軍 陽炎駆逐艦 磯風 1945 プラモデル(Z5474)

閉じるコメント(0)※投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

閉じるトラックバック(0)※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。

トラックバックされた記事

  • トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事